タグ:Defered Tax ( 1 ) タグの人気記事

【Q&A】 FARの質問回答

I said I got a couple of quesitons regarding USCPA exam topics and answered them.
Whenever I respond to those questions, I always ask for permission to put our communication on my blog so that possible incorrect answeres could be pointed out by the readers.
I got a permission from T-san for putting our communication here on my blog, which is put below.

---------Message from T-san

nnさん、

あけまして、おめでとうございます!
昨年はFARに関しての質問に快く答えていただき、ありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。
(なるべく自力で解いていきたいとは思っていますが^^;)

さっそくですが、わかれば教えていただきたいことがあります。

① 社債のSRがMRより高いのに、発行価格がディスカウントになるという事はありえますか?
SR6%で年2回の利払いで10年なら、使う係数は「3%の20回」というものですか?
問題自体がわからないので、このような質問となってしまいましたが、ありえるんでしょうか?無いですよね??

② (1)available-for-sale securitiesと(2)trading securitiesの期末評価替えについて
評価替えの際、増減額を(1)は unrealized gain/lossで計上するのに、
(2)はrealized gain/lossで計上するのはなぜですか?(2)はまだ売却したわけでなく利益が実現したわけじゃないのに。この質問自体があっているのか、微妙なんですが・・^^;
下記は現在のところの私の理解です↓
(1)はunrealized gain/lossをnet incomeに反映させず、B/S(OCI→AOCI)に計上
(2)はrealized gain/lossをnet incomeに反映させる
仮に、(1)を翌期に売却することになり、gain/lossが出る場合、前期計上したunrealized gain/lossを相殺してrealized gain/loss を計上。
(2)の場合は前期末に評価替えした有価証券と売却価額の差額が realized gain/lossとなる。

③先日、EPSに関して質問させていただきましたが、変換社債や変換PSなどがある場合、diluted EPSの計算をすると思いますが、計算してbasic EPSの方が少ない事ってありえますか?

④Tax liability とTax expenseの違い。(このblogのQ&Aに税効果会計の問題解説にあった「ポイント」です)最近、税効果会計の問題をやればやるほど、よくわからなくなってきてます。
anjoのMC程度ですと機械的に回答できますが、MCや模試での応用?となるとよく理解していない事に気づきました。簡単にで良いので教えて下さい。簡単にはいかないかもしれませんが^^;




こんにちわ、nnです。下記、私の考えを列挙してみました。
参考になりましたら幸いです。


① 社債のSRがMRより高いのに、発行価格がディスカウントになるという事はありえますか?

USCPA試験の問題にはしづらいかもしれませんが、ありえるかもしれませんね。
普通は、SRがMRより高いと、その分、社債は魅力的になり、投資家の買いが集まって、結果、値段が高くなり、プレミアムがつき、その分、投資家にとっては利回りが下がり、最終、利回りはMRに収斂する、という流れです。しかし、社債が魅力的かどうかは、SRだけで決まるのではなく、社債発行者の業績や、マーケット環境など、いろいろな要因できまります。社債ではありませんが、サブプライムローン関連証券が良い例ですね。いくら表面利回りが高くても、もう、評価下がりまくりですよね。満期にちゃんと元利金を回収できないリスクが高いので、超ディスカウントですよね。社債だって、発行企業の信用が著しく低ければ、たとえSR > MRでも、ディスカウント発行になることはありえるかもしれませんよね。


SR6%で年2回の利払いで10年なら、使う係数は「3%の20回」というものですか?問題自体がわからないので、このような質問となってしまいましたが、ありえるんでしょうか?無いですよね??

これはまた別の話題でしょうか?上記は、問題次第ではFARで良く見る形です。

例)元本=100万円
・6%、年2回利払、10年
→100万円の6%は6万円、これを10年間に10回行う。
→実際は年2回支払ということは、半年に3万円ずつ払う。これを10年間続ける。
→つまり、3万円ずつの支払を10年間に20回行う。
→3万円は100万円の3%
→つまり、3%の20回


--- ② (1)available-for-sale securitiesと(2)trading securitiesの期末評価替えについて
評価替えの際、増減額を(1)は unrealized gain/lossで計上するのに、(2)はrealized
gain/lossで計上するのはなぜですか?(2)はまだ売却したわけでなく利益が実現したわけじゃないのに。
この質問自体があっているのか、微妙なんですが・・^^;

下記は現在のところの私の理解です↓
(1)はunrealized gain/lossをnet incomeに反映させず、B/S(OCI→AOCI)に計上
(2)はrealized gain/lossをnet incomeに反映させる
仮に、(1)を翌期に売却することになり、gain/lossが出る場合、前期計上したunrealized gain/lossを相殺してrealized gain/loss を計上。
(2)の場合は前期末に評価替えした有価証券と売却価額の差額が realized gain/lossとなる。

上記の理解は基本的に正しいと思いますよ。ただ、(2)は、unrealized gain/lossをnet incomeに反映させる、だと思いますが。。。
Trading Securitiesは機関投資家などが短期の売買目的で保有、つまり、今期のNet
Incomeを上げるために、安く仕入れて、高く売る、みたいな証券です。つまり、卸売業でいえば仕入在庫みたいなものです。在庫は、LCMで時価と簿価を照らし合わせて、評価損があればIncome Statement上に反映されましたよね。売買目的有価証券も、その期に売買して儲けることが目的なのですから、その期に帰属する損益を計算する上で、仕入在庫の評価損は、その期のNet Incomeを計算する上で勘案しよう、という考え方だと思います。

一方、その他有価証券は、その期に売買差益で儲けることが目的ではないので、時価評価して損益があっても、その期のNet Incomeを計算する上では勘案しません。中長期で保有していれば、時価が上がることも下がることもあるので、都度Net Incomeに反映させるほうがmisleadingだともいえるかもしれません。数年間で評価損がでる期もあれば、評価益がでる期もある、そんな通年のブレをAOCIで吸収しようというわけです。他にAOCIに計上される項目も、同じような主旨っぽいですよね。


③先日、EPSに関して質問がありましたが、変換社債や変換PSなどがある場合、diluted EPSの計算をすると思いますが、計算してbasic EPSの方が少ない事ってありえますか?

ありえますよ。お手元の教材のDEPSのところにも、「DEPSの報告を行うのは、BEPS>DEPSとなり、潜在株式に希薄性があると認められる場合のみ」という表現がどこかにあるはずです。計算してみて、BEPS<DEPSの場合は、BEPSの報告しか行いません。


④Tax liability とTax
expenseの違い。(このblogのQ&Aに税効果会計の問題解説にあった「ポイント」です)最近、税効果会計の問題をやればやるほど、よくわからなくなってきてます。anjoのMC程度ですと機械的に回答できますが、MCや模試での応用?となるとよく理解していない事に気づきました。簡単にで良いので教えて下さい。簡単にはいかないかもしれませんが^^;

Tax liability = Tax Payable、これは税務署に支払う必要のある金額で、B/Sの負債項目です。一方、Tax Expenseは会計上その期に属する税務費用で、Income Statement上の項目です。Temporary Differenceが一切なければ、Tax Expense = Tax Liabilityですが、実際はTemporary Differenceがあるので、両者に差異が生じます。この差異のうち、借方の差異をDTAで、貸方の差異をDTLで調整しているわけです。あと、USCPA試験問題では、Current Tax Expense とDeferred Tax Expenseを併せてTax Expenseと称する問題もあるので気をつけて下さい。

下記で仕訳もしながら解説しておりますので、参考になれば幸いです。
http://nn77.exblog.jp/d2007-11-20

以上です。参考になりましたら幸いです。
[PR]
by nn_77 | 2008-01-03 21:17 | >FARE | Comments(0)