タグ:木工細工 ( 1 ) タグの人気記事

このゴールデンウィークは家族サービスで東京めぐり。1歳の娘を連れていける範囲で、
日帰りでいろいろお出かけしています。

そんな中、一昨日、代官山に行った時に、このようなおもちゃを見つけました。
a0050593_1421979.jpg

車が坂道レーンをつぎつぎと下に落ちて行くおもちゃです。

これを見て、なんだか娘にプレゼントしてやりたくなり、「よし、つくってやろう!」と腕まくり。

さっそく、帰りにホームセンターで材料を買いました。もちろん、工具もです。木工細工なんか、高校の技術の授業以来です。
a0050593_1365849.jpg

のこぎりやセメダインが懐かしい~。

いきなり切りだして、あとから「サイズがあわない!」となっては遅いので、まずは、エクセルをつかって、設計図をつくります。
a0050593_1371270.jpg

・・・いい加減ですが、ま、無いよりましでしょう。


次に計測。切るべき寸法を測り、鉛筆で印をつけます。
a0050593_1374029.jpg

(妻から裁縫箱のメジャーを借りてきました)

切るのはこののこぎりです。450円くらいでした。
a0050593_1375428.jpg


十年以上ぶりのノコギリです。マンションのベランダでギーコギーコ。近所に響いていないかな。。。
a0050593_138684.jpg


案の定、切った端っこがバリバリになってしまいました。
a0050593_1381511.jpg


バリをとるべく、紙やすりで磨きます。紙やすりは木材の切れ端に巻くと使いやすいです。
a0050593_1382869.jpg


一通り、パーツを切り出すことができました。
a0050593_1383898.jpg


つぎはいよいよ、貼り付け・組み立てです。接着にはこのセメダイン。まだあるんですね。
懐かしい~。
a0050593_1384760.jpg


ねちょ~、とセメダインをつけます。つけすぎないように気をつけるのがポイント。
a0050593_1385948.jpg


4つのコースレーンができました。お店で見た見本をケータイで写真とってきたので、チェックしてみると一番下のレーンだけ長かったので、同じようにしています。
a0050593_1391158.jpg


ためしに円柱木材を短く切ったタイヤ(?)を転がしてみると、うまく転がりました。
a0050593_1392276.jpg


コースレーンと支柱を仮組みして角度を検討します。
ここで分度器を買ってくることを忘れたことに気付きました。しかたなく、目分量で角度を決めていきます。
平行四辺形の向かい合う辺の長さは確か等しかったはず・・・などと考えながら、いろいろな間隔を定規で測定しながら。。。
a0050593_139332.jpg


決まったら線を引きます。なんども引きなおしてしまいました。
この作業が一番時間がかかりました。ここで失敗したら終りなので。。。
a0050593_1394747.jpg


1時間かけて、納得のいく線が引けました!
a0050593_1395687.jpg


いよいよ貼り付けです。セメダインをつけて、線にあわせてレーンを支柱にはりつけていきます。
a0050593_140757.jpg



反対側の支柱もはりつけます。この上から重石をのせるので、力を加えるべき個所に、木材の切れ端をはさんで、圧力が高まるようにします。
a0050593_1401815.jpg


重石には英語の辞書を使用。反対側は中国語の辞書。nn的です(笑)
a0050593_1403072.jpg


接着完了までは約3時間待ちます。料理番組のように3時間後のものがでてきたりしないので、その間、田舎の両親の為に娘の動画と写真をパソコンで編集してDVDレンダーしながら待ちます。

DVD制作作業がひと段落ついたころ、重しを外してみると。。。
a0050593_1404236.jpg

無事、固まっていました。土台も付けていないのに、キチンと自立しています。
土台には穴(ホゾ)をあけないと接着材だけで垂直に土台に立たせるのは難しいかな?と思っていましたが、これなら何とかなりそうです(耐久性の問題は残りますが。。。)

a0050593_140514.jpg

ためしにスティックのりの蓋を転がしてみたら上手く転がりました。途中で少し引っかかったりしていたので、車を作る時に工夫をする必要がありそうです。

ここまでは順調のようです。さて、娘のビデオ編集の続きを・・・あ、もう午前二時。今日は寝ようかな。。。


※上記はあくまでもnnの記録用に掲載しているものです。素人が思いつきでつくっているだけですので、真似して失敗したり、事故が起きないよう、十分ご注意ください。私も自分の娘に渡すまでには、もっと細部の調整をして、部品の誤飲やバリのトゲや、そうしたことで事故・怪我にならないよう、もっと見直すつもりです。
[PR]
by nn_77 | 2009-05-05 01:41 | Memories | Comments(3)