<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a start of something new?

It rains a lot this morning here in Singapore.
Usually it is difficult for me to crawl out of the bed in the morning. However, this morning I was able to wake up without difficulty at 5:00.

Then, treating in mind a couple of items that have disturbed me in the last few weeks, I realized I was finding some answers for them, feeling them dissolving smoothly in my mind.

Among the items were:
- some business topic
- how to change oneself overcoming problems
- identity as Asian

Would like to write about them if I can catch time to do that.

[PR]
by nn_77 | 2015-10-28 08:09 | Comments(0)

仕事

今日は提出した企画書について、詰めが甘いと部長からお叱りと共に却下をされて凹んでしまった。

その後、別の案件の対応方針の相談で強面の課長に相談しなければいけないことがあった。

いつもはこの人への相談は、相手への恐怖から、かなり入念に準備をしてから臨むので、つい後回しになったりする。

しかし今日は、今朝、部長から駄目だしを頂いて少しヤケになっていたこともあり、(とは言っても)昨日から準備していた事もあり、思い切ってそのままチャレンジしたら、なんとか切り抜けることができた。

(今日学んだ事)
1. いい格好をしようと思わないこと。
いい格好をしたい、よく思われたい、褒められたい、相手の評価を(自分のために)得たいと思うから、怒られるのが怖くなる。
そもそも、自分はこれまでに何度も会社で失敗しては怒鳴られ、一度は外に放り出され、昇進も当然に遅れ、もはや失うものは無いはず。最近は少しいい感じでやってきていたので、ちょっと調子に乗りすぎていたのかもしれない。欲が出ていただろうか。
今の立ち位置はゼロからのスタート。
何も失うものは無いはず。怖がらず、本質的で無い事を恐れずにやっていこう。

2. ↑などと思う人は周りにはいないことを心得て、相手の価値観を察する思いやりを大切にする事。

人はみんなそれぞれ大切にしているものがある。そんな相手の価値観に配慮し、それを尊重することは社会で生きていく上でみんなにも自分にも大切なこと。

相手から受ける自分の評価を恐れて迎合しようとせずに、失うものは無いと勇気を持つことと、相手の価値観を尊重しないことは違う。

意固地になって自分の考えに固執するのは、それもまた、自分の価値観をいったん壊すことに自分で抵抗している、失うことを恐れている証だ。

変にこだわらず、相手の価値観を出来る限り尊重することもまた、「1」の、自身が何かを失うことを恐れない事、の実践を通じておこなえるはず。




[PR]
by nn_77 | 2015-10-13 07:57 | Comments(0)