<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

気づけば

異国の勤務地で、熱燗を片手に、独り、
今日の自分の仕事を反省。

会社に入ったばかりのころも、思えば
こんな感じだっけ?と、振り返って
入社年を思い出したら、もう、17年も
過ぎていた。そりゃもうすぐ40に
なるはずです。

中身は進歩がないのかな?

考えさせられる今日この頃です。
[PR]
by nn_77 | 2015-01-20 20:21 | Comments(0)

ええカッコしない

ええカッコしようとする気持ちは、うまく管理できれば、自分自身のパフォーマンス向上につなげることができる。良質の仕事をしたり、体作りをしたり、人の輪をつなげていったり。。。

しかし失敗すると、自己嫌悪に陥りやすい。相手から評価を得られないばかりか、叱られる(嫌われる)ことになれば、ええカッコできないからだ。

そこで落ち込んでクヨクヨしたり、自分で自分を責めるのは、実は、精神的な自傷により他者から許されたい、相手に受け入れられたい、という、ええカッコにむけた、原状回復/人間関係回復欲求かもしれない。

こういう書き方をすれば、いかにこれが自己中心的な我儘な欲求であるかがわかる。そこには、ええカッコへの通過点として、まず相手に許されたい、という、自分本位の気持ちしかない。許されて楽になりたいというのも、本質的にはこれと同じ。


このレベルからの脱却の為には、まず、自己と他者を自分の精神の中ではっきり切り離して考えないといけない。

相手を思いやる気持ちは、純粋にヒトを大切にしたいという愛情から生成して行為に移すべき。見返りを求めてはいけない。ええカッコしたいという、自分の欲求を動機にヒトを大切にしようとしない。それをすれば偽善になる。ヒトを育てるために敢えて叱るということができず、むしろ相手のミス、未熟な仕事に怒ってしまうのも、相手を思いやる気持ちが無いからだ。


他方、心の中で他者から切り離した「自分」、こちらは、他者からの受容の有無にかかわらず、自分で勝手に受け入れたらいい。自分で受け入れられなければ、自分で受け入れられるように、自分勝手に努力したらいい。自分自身を相手にええカッコするのだ。自分自身が許せるレベルにまで、自分で近づけばいい。そのええカッコ認定に相手を巻き込もうとするから、その我儘さ故に、自分でも気づかぬうちに、自分で自分を苦しめることになる。

これは、誤解されると、仕事の完成水準を自分で決めたらいいということになりそうだけど、決してそうではない。

それはまた、次回。
[PR]
by nn_77 | 2015-01-06 06:48 | Comments(0)

自分を責めず、逃げない

今日も失敗した。

コミュニケーション上のミス。

相手からも周りからも何も言われてはいない。

ただ、自分の中で、発言の少し後に、後悔。ああ、あんな言い方すべきではなかった、と独り、悔やむ。

僕は何なのだろう。

失言関係は、小学校の頃の記憶から、反省が、いや、後悔が、今も心に巣食っている。

外国語の単語なんか全然覚えられなのに、何でこんな公会計、いや、後悔系は頭を離れなんだろう。

誰に責められたわけでもないが、自分で自分が嫌になって、只今、シンガポールで独り、熱燗を煽っている。


数日前に、自己分析をノートに独り書きしながら考えた。

自分を自分で責めるのは、許しを得たい裏返し。

オトナなら、失敗を事実と受け入れて、できる最大の反省を、相手に許しを乞う以外の方法で、自己改善として、着実に実現しなきゃ。 ずーっと将来に、傷つけたその相手にまた出会えたら、その時は、「いいね」と言って貰えるような自分を目指して。

自分を自分で独り「無責任に」責めずに受け入れよう。

本当に為すべきことに、ホンの少しでも近づくように。
[PR]
by nn_77 | 2015-01-05 21:31 | Comments(0)

早起きダイエット

今朝は4時に起床。

腕立て伏せの後、時速7キロのウォーキングを
心拍数140を目途に、中国語CDを聞きながら
30分行った。

部屋に戻り、シャワーを浴びてコップ一杯の
ココア味プロテインを朝食代わりに飲み(旨い!)、

パソコンでざっと今朝のニュースを見て、
いま、ブログに投稿中。この時点で5時23分。

内臓脂肪と皮下脂肪の両方が気になってきた
今年40歳。

この習慣を続けることができれば、朝のゆとりも
うまれ、こうしてブログに投稿したりすることも
できるのだけれど。さあ、どうかな。

飲み会で以下に自制してお酒を控えることが
できるかが重要かも。
[PR]
by nn_77 | 2015-01-05 05:20 | Comments(0)

謹賀新年

いよいよ2015年になった。

USCPAの受験勉強していた年からちょうど10年になる。

このブログも長い休眠期があったとはいえ、それだけ古いものになるのか。。。
こうして残るのがクラウドの利点というところか。

これまでの10年間は、仕事では、特定の分野で集中的に勤め上げてきた。この経験で培った業務経験にしがみつくことなく、今年はまた、新しい側面を身につけていきたい。

家庭面では、家族と過ごす時間を十分有効に使ってこなかった反省がある。今年は家族をもっと大切にしたい。

仕事に没頭、残業の日々、というのは、努力しているようで、サボっているとも言える。どうすれば時間内で物事をこなしていけるか、ということを考える真剣さがまだまだ足りない、甘いのだ。

やることは多い。

給料を頂く以上、残業でも休日出勤してでも、なんとしてでも納期までにやってあたりまえだ、と、個人的には思う。

しかし、ギリギリでこなしているうちは、自分の成長幅が、業務経験から得られるスキルアップ、察知力に限定されてしまう。

世間は広い。自分の会社の中すら、まだまだ広い。自分の時間に幅を作ることを真剣に考えないと、今見えている世界だけで定年になる。家族との想い出も限られたものになる。

簡単なことではないが、ニッコリ余裕を保ちながら、人の二倍の汗とスピードで処理して、残業時間や自己犠牲に頼らないスタイルの構築をしたい。

真剣に考えなければ。

工夫を重ねる努力をせずに、これらをサボって、ただただ処理のための残業を重ねる自分は、昨年までで終わりにしたい。
[PR]
by nn_77 | 2015-01-01 06:29 | Comments(0)