<   2008年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

Silly pride.

Today I was doubted about things of which I've been proud for a long time. I was so much disappointed. I still am...
After all, what I know about accounting is still quite limited and there are so many more basic things that I shall learn about accounting practices even after I got through the USCPA exam. Besides my English is nothing but a Japanized juken eigo. I knew it. But when someone pointed it out directly to me, I got so discouraged.
It's always so difficult and tough to accept the truth when the truth betrays my confidence.
But that IS the reality. I have to accept it and have to think about the way to improve the situation.

I know it, but yet I cannot get over what I've experienced today.

Silly pride. Stupid nn.
[PR]
by nn_77 | 2008-04-30 00:28 | Memories | Comments(4)

Nothing particularly?

Since I started updating my blog, the number of visitors has been increasing, which motivates me to keep writing my blog.
But, sometimes we have a day when we have nothing particular to note on the blog.
What should you do on such a day?

… No, no, no. I’m wrong. There shall be something to be noted during the day. I should be aware of those things that should be noted here. Time goes by like an arrow and days keep going even when I’m not aware of that speed.

I shall be more careful so as not to waste my life even a second. Let’s pay attention to things in order to learn things to improve myself everyday.
[PR]
by nn_77 | 2008-04-28 00:03 | miscellaneous | Comments(0)

日記やっとおいついた

ということで、今日1時間で、4月16日の日記から、ダァーっと一気にまとめ書きしてしまいました。雑感も多かったですが、USCPA試験に関する実務的なこと(REGのQ&Aや試験制度のこと)も書くことができました。
まるで夏休み最終日に宿題の絵日記を書きまくる小学生です。(そういえば、小学生の夏休み最終日は、本当にそうしていました。さかのぼって日記を書くときに一番困るのは「天気」欄で、1か月分の新聞を全部めくっては、絵日記の天気を埋めていたように思います:笑)

明日からまたどうやって続けていけるのか不安ですが、でも、自分の為にも続けたいと思います。

今日は朝から掃除機もかけたし、洗濯もしたし、、、、おっと、洗濯物を取り込まねば!

ところで、掃除機って、部屋のあちこちを掃除しているうちに、あのホースがねじれてしまって、ときどき本体を「くるっ」てしてやらないといけないの、面倒くさいですよね。 (>_<)

最近、主夫なnnです。
[PR]
by nn_77 | 2008-04-27 17:55 | miscellaneous | Comments(8)

Bar

今日は土曜日。
夕刻、家の近くのBarで独り呑んでいました。

帰り道にたたずむそのお店、前から入りたいなと思いながら、なかなか勇気を出せずに入れずにいました。
普段も結構お客さんが沢山入っていてにぎわっていて、なんとなく独りで入りづらかったんですね。

今日はお客さんがいない様子だったので、覗いてみました。

お酒、種類も豊富で美味しかったです。

アマレット(杏系のリキュール)の入ったカクテルが好きな私は、ゴッドマザーを注文。
甘さの中にもウォッカのスッキリした感じがあってよかったです。

ここでマスターに質問。
「お店によって『フレンチコネクション』と言っていたりするけど、同じなの?」

マスター答えて曰く、
「『フレンチコネクション』はブランデーベース。『ゴッドマザー』はウォッカベースで、『ゴッドファーザー』はウィスキーベースなんですよ」

なんだ、そういうことだったのか~。

それでは、ということで、続いてフレンチコネクションとゴッドファーザーも頂きました。
どれも美味しかったです。確かに、それぞれの味の違いがベースの違いであることが分かりました。

私はフレンチコネクションが一番好きかもしれませんね。


マスターも若い気さくな方で、いろいろお話してくれました。
普段お店に来ている人たちは、近くの方々で、みんなそれぞれバラバラに独りで飲みに来て、たまたま一緒に話をしている、ということでした。

東京って、そういうところがあるんだなーと最近ときどき思います。もっとドライなところかと思ったら、優しい人も多いし、地域の居酒屋さんなんかで、常連さん同志が楽しくお酒を飲み交わす。
この東京という世界を、もっといろいろ見てみたいな、と思いました。
[PR]
by nn_77 | 2008-04-26 17:53 | Memories | Comments(0)

勉強Day

今日は外部の研修に参加しておりました。お勉強Dayです。
(無論、研修後、オフィスにもどりましたが。。。)

勉強で身につける知識と、業務を進めるノウハウというのは車の両輪だと思います。
どちらか片方が欠けるとバランスを失い、前に進めないのです。

私は知識も仕事の進め方もまだまだ修行が足りないので、早く研鑽していかないとダメです。
バランスも悪いので、ときどき迷走します(>_<)

早く人に迷惑をかけずに仕事が出来るように、周囲に貢献できるように、自分自身のブラッシュアップが急務です。

でも、勉強できること、仕事を通じて自分の向上を狙っていけることは幸せだと思います。

勉強がしたくてもできない子供がたくさんいる国もあれば、仕事に就きたくても仕事にありつけない人たちも沢山います。
仕事があっても、ただ、生活の糧を得る為に仕事をするのに精一杯で、仕事を通じて何かを得よう、といったビジョンを得ることができない状況の人たちも沢山います。
そんな中で、今、自分が冒頭のようなことを考えながら仕事ができることは、人としてこの世に生まれて今、生きていて、本当に幸運なことなのだと思います。
仕事でくじける事は少なからずありますが、自分の弱さに甘えないように、逃げないように、歩んで生きたいと思います。
[PR]
by nn_77 | 2008-04-25 17:33 | 仕事 | Comments(2)

Pass

先日、東京のプロ目トリックセンターで受験した仕事関係の外部試験、今日、合格を確認できました。周囲から合格して当然といわれてプレッシャー大でしたが、何とか一安心。
。。。したのもつかの間で、関連の試験を3週間後に受験しなければなりません。
受験漬けです。

しかし、プロメトリックセンターでカウントダウンタイマーを見ながら時々画面の計算機をつかってMultipule Choiceを解いていると、本当にUSCPA試験を思い出します。

でも、先日の試験は、ただひたすら過去問題を解いて挑み、試験時間が何分なのかも事前に知らずに受験したようなていたらくだったので、勉強の迫力はUSCPA受験勉強のころに遠く及びません。あのころの勢いも早く思い出して、身につけて、また頑張らなければと思います。
[PR]
by nn_77 | 2008-04-24 17:27 | 仕事 | Comments(0)

USCPA受験制度

帰宅すると、モンタナ州立大学(MSU)-ビリングス 日本事務所から通知が来ていました。
元ANJO生であったため、合格した今もフォローアップの通知がときどき送られてきています。

が、今回の通知書を見ると、「モンタナ州立大学の救済は2008年8月迄となります」とありました。いよいよMSUのサポートも終わってしまうんですね。

受験勉強については、ANJOで一通りやっていれば、あとはWileyやGleimなどの問題集をこなしながら内容を深めていくだけなのでそれ自体は独学も可能なのですが、試験情報のアップデート、ここの部分は予備校がないと辛いんですよね。

まず、会計、監査、ビジネスロー、税法、などの試験なので、当然、制度が変われば、受験内容も変わります。年金会計、以前はこうだったけど、今後はこう変ります、みたいな。

こうしたアップデート情報を受験勉強のかたわらで拾っていくのは大変なんですよね。

あと、受験制度そのものの変更。

メイン州なんかは、4大卒(または卒業みこみ)で受験できるようになったんですね。
会計やビジネスの単位は不要とのこと。私のように大学でこうした単位を一切とっていない社会人にとっては狙いやすい州になりましたね。

> メイン州受験要件について

NASBAの試験時の操作画面のチュートリアルも随分見やすくなりましたね。
> NASBA- Uniform CPA Examination Tutorial

また、2008年8月から受験料の値上げもあるようですね。。。
[PR]
by nn_77 | 2008-04-23 17:08 | USCPA (general) | Comments(0)
--- Question from kima-san -----
nnさんのブログで、分からないことが分かった時、とっても爽快です。
例の脳科学者が言う”アハ”体験って、こういうことでしょうか。。。(^^)

今日も、また質問があるのですが、お手すきの際、教えてください。
宜しくお願いします。

【質問】
REGのWCの勉強をしていたら、”税法上の会計処理”という論点を問う問題だと思いますが、
Cash methodとAccrual methodの定義と、それぞれのMerit, Demeritを答える問題がありました。

そこで、Cash methodであればincomeの認識、つまりProfitの認識が、現金を実際受け取るまで遅らせることができる。
だから、課税されるタイミングが、当期から翌期以降に遅らすことができるので、Accrual
methodよりメリットがあると、
書いてありました。
ここでいうメリットというのは、当期に限って、2つのmethodを比べたら、Cash
methodにメリットがある、ということを
言っていると理解すればいいのですか?

Profitの認識を遅らすことができても、翌期以降にどうせ認識して、課税される時が来るのだから、
メリットもデメリットもないと・・・考えてしまうのですが。もし税率が将来あがるようなことがあれば、
かえってデメリット?なんて、考えたりしたりすると、頭の中が混乱してしまいました。(x_x;)

Kima


アハ体験、大切ですよね!
アハ!と思った理解は、一期一会の貴重な「理解の瞬間」なので、是非、自分が「アハ!」と感じたポイントをテキストやノートにメモをして、後日になってもその「アハ!」を「再生」できることが肝要かと思います。私も、「おぉ、なるほど、そうか!」と思ったことは、メモに押さえるようにしています。そうして残したメモは、どんな予備校のテキストよりも自分にとっていちばん分かりやすい説明文になりますものね。

さて、では早速、ご質問の件、みてみましょう (^_^)/

---------------------------------------------
Profitの認識を遅らすことができても、翌期以降にどうせ認識して、課税される時が来るのだから、メリットもデメリットもないと・・・考えてしまうのですが。------------------------------------------------------------


するどい。おっしゃるとおりですね。
その理解は正しいですよ。FARのDEFERRED TAXのTEMPORARY DEFFERENCEに通じる考え方ですね。私も当時、同じように考えて???と感じた記憶があります。

今思えば、おっしゃっている回答案の主旨はこういうことでしょう。

税金を収めるとき、手元に現金がないと困りますよね。税金が払えないから。

普通、そんなことにはならないですよね。儲けて、現金を手にするから課税されるのだから、手元の現金から納税すればいいはず。

でも、ACCRUAL METHODだと、

AR 1000 / SALES 1000

となるので、手元に現金がなくても、ARしかなくても課税されてしまいます。もちろん、今その税金払えば、来期にARがCASH に変わったときに税金払う必要ないので通算では同じことです。

でも、手元に現金ないのに納税する為には、借金したり、資産処分したりして納税ね為の現金を調達せねばならず、大変です。調達コストもかかるでしょう。

遺産相続とかで、大きな家屋敷をを相続したけれど、それにかかる相続税を払う現金がないので、結局、相続した家や土地を売却して納税した、という話を聞くことがあります。

そういう意味では、やっぱりCASH METHODの方が、納税者的にはたすかるんですね(^-^)

いかがですか?ご参考になれば幸いです。

それでは、また!
[PR]
by nn_77 | 2008-04-22 16:53 | >REG | Comments(2)

誤解

北京オリンピックのこともあり、中国や、日本、そして各国のいろいろなことがTVや本でいろいろと触れられていますね。
ときどきよくないな、と思うのは、「中国は」とか、「アメリカは」とか、そういう国名を主語にした本を出したり、TVのコメントがあったりすることです。

例えば、「日本は○○だから・・・・だ」なんて書くと、日本人がみんなそうみたいに思いますよね。国名が主語になる事は怖いと思います。
せめて、「日本政府は」とか「当時の中国当局は」とか「アメリカの軍部は」とか、もう少し主体を絞り込んでコメントしたほうがいいですよね。

こんなことからその国に対するイメージが出来上がって、いろいろな誤解が生じているのが本当のところだと思います。
[PR]
by nn_77 | 2008-04-21 16:33 | miscellaneous | Comments(0)

信頼

誰かに裏切られたような気持ちになるとき、辛い気持ちになりますね。
裏切られることを恐れて、最初っから相手に心を開かなかったりすることもありませんか?

裏切られる、というのは、「信頼してたのに」とか「あの人なら分かってくれると信じてたのに」みたいな気持ちからくるものだとおもいますが、そこにはいつも自分自身の「甘え」があることに気づきます。
人を本当に信じるということは、その事柄(お願い事とか、相談事とか、秘密保持とか)に対して、相手に「大きく」依存することです。つまり甘えることです。
そうやって甘えるのは、相手に対して非常に負担が大きく、本当は親子の間でも難しいことです。まして、他人であれば、なおさら難しい。

そんな難しい「甘える」という行為を「信頼」という言葉に置き換えて、「信じていたのに」というと、なんだか相手の方が悪いような表現になり、相手にそれだけ依存した自分の「甘え」は言葉に出てきません。

私が言っていることは、「人を信じるな、疑え」ということなのか?と問われると、そうかもしれません。
しかし、それは相手の悪意を想定しろ、というのではありません。疑心暗鬼になれというわけではありません。

人はみんな社会の中でお互いが役割を果たして支えあいながら生きていると思います。独りでは生きていけません。
だから日常の中で人を「信じる、頼る」こと無しに私たちの生活や仕事は成り立たないでしょう。

だから、せめて、このことを胸に留めておきたいと思います。

「信頼」とは「甘え」と表裏一体の行為であり、単に「信頼」するというのは(親子間くらいであれば辛うじて成立しうるかもしれないくらいの)無責任な行為であって、したがって誰かを信頼するときは、相手が信頼に応えやすいような状況をセットで提示してあげるくらいの心配りが無いと毛頭成立しないのだということを。

上記は、相手を信頼する側の立場の考え方です。
相手から信頼を受ける場合については、相手が「甘えたい」状況を理解して、できるだけ相手を甘えさせてあげられるように、努めたいですね。
それが「信頼を得る」ということにつながり、その誠意が伝われば、今度は、自分が相手を「信頼したい」ときに救われるような気がします。
[PR]
by nn_77 | 2008-04-20 16:15 | miscellaneous | Comments(0)