2007年 09月 21日 ( 1 )



先日「質問回答コーナー」で扱ったBONDの問題について、その後、追加質問を頂戴しています。

--- (Question from Nihao KTさん)---------------
>On April 1, 20x1, Saxe, Inc. purchased $200,000 face value, 9 % US Treasury notes for $ 198,500, including accrued interest of $4,500.

の文章の解釈。どうやったら、上記の問題文が、「本問では額面200,000の債券を安く194,000で買って6,000の得をしました。」という結論に結びつくのでしょう?

 僕としては、Issuerが、額面200,000のBondを198,500のDiscountでIssueした、よって1500のDiscount、としか読み取れないんです。そして、「accrued interest of $4,500」とは、「accrued interest revenue?」はたまた「accrued interest expense?」と、よくわからないんです。この部分で、躓いているんです。

 nnさんが上記問題文をお読みになって、すぐに「本問では額面200,000の債券を安く194,000で買って6,000の得をしました。」と解釈されてますが、どうやったらこのような解釈に結びつくかお教え願えませんか?
-----------------------------------------------------------------


では、まず、先日の問題をちょっと変えて、あのbondがdiscount発行ではなく、parで発行されたとして、考えて見ましょう。私の好きな、小話スタイルで(笑)

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
1/1、元旦に200,000円の債券がある会社から発行されたので、太郎くんは即日その債券を200,000円で買いました。。債券の表面には「12/31、年末には額面200,000円と年率9%の利率を払います」とあります。発行者の会社は9%で200,000円借り入れしたことになり、

CASH 200,000    /    Bond Payable 200,000

太郎くんは、反対に年率9%の投資をしたことになります。

INVESTMENT 200,000     /     CASH 200,000

さて、それから3ヶ月が経ち、4/1になりました。お正月に200,000円もの現金を払ってしまった太郎くんは、資金繰りが大変になってしまいました。手元にあるのは、例の債券だけ。。。

結局、太郎くんは、花子さんに債券を売って現金を得ようとおもいました。

太郎「かくかくしかじかなので、200,000円のこの債券、買ってよ」

花子「いいわ、じゃあ200,000円で買ってあげる」

太郎「え~!年末には18000の利息もつくんだから、218000円で買ってよ~」

花子「何言ってんのよ。私が今、太郎に218,000円払って、年末に債券発行者から218,000円貰うんだったら、私、何の得もしないじゃない。私が今、200,000円で買って、年末に200,000円も、利息の18,000円も貰えるから、だから私が買うんじゃない。
アンタは黙って200000円受け取っておけばいいのよ。現金なくて困ってんでしょぉ?」

太郎「(涙目)でも、僕も、今日まで3ヶ月間は売らずに我慢してきたんだから、せめて、3ヶ月分の利息、4,500円(=200,000*9%/12ヶ月*3ヶ月)つけて、204,500で買ってくれないかな?それに、花子さんだって、この債券買ったら、9ヶ月後に、200,000円と、利息18,000円を受け取るんだから、『年率』だと9%以上の得になっちゃうよ。だから、花子ちゃんが満期に受け取る18,000のうちの4,500だけ、今、僕に頂戴。」

花子「ふ~ん。じゃあ、仕訳はこうね?」

太郎
(Dr.)CASH 204500   /   (Cr.)INVESTMENT 200000
                         INV. REVENUE 4500

花子
(Dr.)INVESTMENT 200000   /   (Cr.)CASH 204500
INV. RECEIVABLE 4500


花子「つまり、私は、この債券の3ヶ月分の利息相当額4500円を含めて204500円でこの債券を太郎から買う。4500円は債券発行者の代わりに私が立て替えたようなもので、満期に債券発行者から貰えるから、今は、INV. RECEIVABLE 4500をたてておく。」

太郎「さすが、花子。そう、そのとおり!で、満期に君は、こんな仕訳をするんだ」

花子
(Dr.)CASH 218,000    /   (Cr.)INVESTMENT 200,000
                         INV. REVENUE 13,500
                          INV. RECEIVABLE 4,500

花子「ええ。年末には218000円の現金を受け取り、その内訳は、元々の債券そのものの購入額200000円、太郎に立て替え払いしてた分の清算4500円、私の9ヶ月間の投資利息13500円ということね。」


*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

以上が、BONDの問題、特に利払い期日の間に売買が行われるときの、Accrued Interest (経過利息) の正体です。イメージ、OKでしょうか?

で、上記の話、債券額面についてはParでの債券売買でした。
今度は、この話を展開して、債券の額面をDiscountする方へ持ってってみましょう。
先日の問題のシチュエーションに近づけます。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

太郎「じゃあ、204500円で、この債券買ってくれるね」

花子「嫌だわ。そんな値段で買うわけないでしょ」

太郎 「( ̄□ ̄;)!! だって、さっきは・・・」

花子「さっきのは、この債券の表面利息の取り分を議論しただけ。それについては、さっきの話でいいわ。でも、私は、この債券、額面で買うなんて嫌よ」

太郎「だって、額面は200,000円なんだから、それでいいじゃないか。それで年率9%相当の利息も貰えるんだし・・・」

花子「だから嫌なのよ!今、市場で運用したら、10.05%位のリターンはあるのよ。なのにわざわざ9%の債券なんて普通に買う訳ないじゃん!」

太郎「じゃあ、この債券、買ってくれないの~(>_<。)」

花子「こら、男が泣くな、もう!誰も買わないとは言ってないでしょ。額面そのまんまでは買わないって言ってるの。そうね~、194,000円なら買ってあげる。」

太郎「う~ん、買いたたかれるのはしかたないけど、また、なんで194,000円なのさ?」

花子「いい?この債券を私が買ったら、私は満期に218,000円受け取るのよ」

太郎「額面200,000円と9%の表面利息18000円でしょ」

花子「そう。でも、その利息のうち4500円は太郎に立て替え払いするぶんが戻ってくるだけだから、、私の正味の投資リターンは213,500円なの」

太郎「わかるよ。それで?」

花子「私が今、194,000円でこの債券を買って、満期に受け取るリターンが213500円。利回りはいくらになる? 」

太郎「213500÷194000だから、、、あ、10.05%だ!」

花子「わかった? 200,000円のこの債券を194,000円で買えば、つまり6,000円のディスカウントで買えば、私は最終的に、今の市場レートと同じ利回りの投資ができるのよ。もちろん、これとは別に、太郎が表面利息について3か月分の取り分を今受け取ることが出来るように、私が一端立替払いする4,500円も払うわ。」

太郎「つまり、仕訳はこうなるんだね」

太郎
(Dr.) CASH 198,500       /  (Cr.) INVESTMENT 200,000
Loss from Discount sale 6000 / INVESTMENT REVENUE 4,500

花子
(Dr.) INVESTMENT 194,000       /  (Cr.) CASH 198,500
INTEREST RECEIVABLE 4500     /

満期の処理

花子
(Dr.) CASH      218,000 / (Cr.) INVESTMENT 194,000
                     /    INTEREST REVENUE 13,500
                     /    INTEREST RECEIVABLE 4,500
                     /    GAIN          6,000

花子「そういうこと。じゃあ、はい、198,500円。」

太郎「ありがとう、花子さん!」

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

・・・という感じです。いかがでしょう?
経過利息を整理する仕訳と、額面のPremium/Discountの仕訳が混じると、ちょっとややこしいかもしれませんね。

尚、上記の小話(←にしては長すぎる!)の最後の仕訳は、最後に”GAIN 6,000”としてますが、これは、今回、満期に実際に当該債券を手放したからです。Realized Gainですね。

これが、もし、債券の満期が来年以降で、今回は期末決算の関係で当該債券のF/S上の額を評価しなおすだけだとしたら(先日の問題みたいですね)、当該債券がTradingか、Available for Saleか、Held to Maturityかによって、また、仕訳の扱いが変わってきます。

以上、ひさびさの小話スタイルでした~。
[PR]
by nn_77 | 2007-09-21 08:37 | >FARE | Comments(6)