コンフォートレターと呼ばれる確認書 ~ 日経新聞より

昨日の日経新聞(2007.1.16)に、コンフォートレターの記事がありましたね。

『監査人の責任明確化 資金調達の確認書 ルール案合意 証券業協会と会計士協会』 という見出しになっていました。

comfort letter に「虚偽や誤りがあった場合、企業や引受証券に対する監査人の損害賠償責任は受け取った報酬の範囲に限定する」 ことにしたそうです。

記事によると、これまで、この点についての明確なルールが無かったので、監査人が損害賠償リスクにビビッて、Comfort letterの交付を渋りがちだったんですって。それで、企業の資金調達が滞るおそれもあったとか。

上記は日本の話ですが、こんな新聞記事が、なるほどー、と読めるようになったのもUSCPA試験のおかげです。 記事本文中にコンフォートレターという単語が出てきたときは、おぉ、と思いました。

せっかくですから、米国ではこの辺、どうなんかいな、と思って、いつものリサーチ、ならぬネット検索をしてみました。

"Professional Ethics Issues: Comfort Letter Requests"
By Charles E. Landes, CPA


上記では、コンフォートレターを要求された場合の対応について、CPAの目線から書かれていて面白いです。 コンフォートレターを要求する側(資金の出し手)は、出来るだけ強力な保証をCPAからとりつけようとするけれど、Confort letter ごときで、そんな強力な保証が出せるはずもありません。 そこまで望むなら、ちゃんとauditなりをキチンとしなければ。お金はかかるけど。

ということで、上記記事では次のようなオチが書かれています。

"In my experience, typically, once I would call them with my client on the line, and explain to them the cost entailed, they would quickly back off their request."

そうやって話をきりだすと、先方もびっくりして、「そんな金かかるんやったら、もう(簡単な確認状で)ええわ。」と引っ込むそうです(笑)

また、上記記事の中で、standard(基準書)の引用箇所として、SAS 72 (= AU 634)
"Letters for Underwriters and Certain Other Requesting Parties"と、SSARSのAT9101 が上げられています。

そういえば、受験時代も、AU634は勉強しましたね! 私の語呂合わせにも、当時追加したかったのですが、いい語呂あわせが思いつかず断念しました(涙) どうしても、634(ムサシ・武蔵)が頭にこびりついて、そこからいい文章ができなかったんです。残念。

でも、今日の復習で、頭に焼きつきました。 日経新聞さん、ありがとう! 
[PR]
Commented by はじめまして。 at 2007-01-17 22:49 x
先日コメントをいただいたるち。です。(わかりますでしょうか・・・)
nnさんからコメントいただけるなんて思ってなかったので、
かなりびっくり&とても嬉しかったです。ありがとうございますm(__)m

あと、会社のこともご助言いただいて・・・
悩んだってどうにもならないことなので、アフター6は先輩のことは頭から消し去ってます(笑)
長く続かないことを祈りながら。。。

あと、勝手にブックマークしててゴメンナサイ。
いつも、凄いな~と思いながら、英語の勉強も兼ねて拝見させていただいてました。
これからもよろしければお邪魔させてくださいね。
私もいろんな方に刺激を受けながら、ボチボチ頑張っていきます♪
Commented by nn_77 at 2007-01-18 13:37
るち。さんこんにちは。コメントありがとうございます♪
私も、偶然にるち。さんのblogを発見できて、こちらの方こそ、「びっくり&とても嬉しかったです」^_^
初めてなのに、adviceめいたコメント残してごめんなさいね。
でも、本当にそうですよ。辛いことも、ぜったい長くは続きませんし、逆もそう。
この歳になって、自分の経験からも、つくづく、人生「無常」だな、と思います。だから、しんどいときも希望がもてるし、上手く言ってるときも、今のうちにしんどいときに備えて頑張っとこう、と思えます。
・・・な~んて書いてる私ですが、私もるち。さんのblogを拝見して、自分を反省したり、考えさせられたり、大変刺激を受けました。こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。 それでは、また!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nn_77 | 2007-01-17 00:07 | Comments(2)