人気ブログランキング |
nnのCPA試験の旅 in Hawaii CPA試験の旅 in Hawaii

Hello again!


by nn_77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

【バスについて】

←Click here if you liked today's diary. Thank you.

今日は、バス情報です。この記事をはじめ、受験体験記の一連の情報は2006年8月上旬時点での体験談です。実際に皆様がハワイに行かれる際には、必ず、ご自身で、ホテルのフロントなどで確認をしていただけますよう、お願いいたします。m(_ _)m

”The Bus”は、どこまで乗っても2ドル。安いので便利です。結局私は試験場への行き帰りは全部バスでした。

パッと見たかんじ、2種類のバスが目に付きます。

これか、
a0050593_2285039.jpg

これ。
a0050593_2285985.jpg


しかし、自分が乗るべきバスを見分けるとき、この見たの色や柄で目で区別せず、フロントガラスの上部や、乗降口の側にある電光掲示板の内容をチェックします。

フロントガラス上部とか、
a0050593_21491373.jpg

a0050593_21494070.jpg



アンバサダーホテル←→テスト会場間であれば、2番、13番、あるいはアルファベットのBのバスで行けます。(2006/8/1現在です。実際どうかは、滞在するホテルで確認するといいでしょう。)

バス停はこんな感じです。
a0050593_7195844.jpg

アンバサダーホテルだと、真ん前です。ホテルの人は30分おきくらいに来るよ、と言ってくれましたが、実際は、それよりも間隔は短いように感じました。でも、たまたまかもしれません。

1ドル札2枚をもって、待ちます。というのも、乗ったら、すぐお札を入れるからです。
こんな機械に。
a0050593_23283570.jpg
 

8月2日の日記に書いたように、前のほうのシートは、車椅子の人が着たらどけるようになっているので、慣れてきたら後ろのほうに座ったほうがいいのですが、慣れるまでは、前のほうがいいと思います。

理由①:運転手の側のほうが、何かのときに声をかけやすい。
理由②:アナウンスが聞きとりやすい。

前のほうは、いわゆるシルバーシートではあるのですが、特段、対象の方が乗っていなければ、現地の若い人もバンバン前に座ってるので大丈夫。お年寄りや、体の不自由な方がこられたら、サッと席をあければよいだけです。

バスの留めかたは、日本なら、「次、停まります」サインを出すために、席の近くのブザーを押しますよね。あの感覚で、窓際を走るワイヤーを引っ張ります。
a0050593_20443221.jpg


引っ張ると、
STOP REQUESTEDというサインが運転席上部で光り、次のバス停で停まります。

因みに、テストセンター周辺の地図と、写真の関係はこんな感じです。

( ↓ クリックすると拡大します)
a0050593_230591.jpg


上記の地図の番号の場所で、黒い矢印の方を向いて撮った写真が下記です。


地点1
a0050593_2311737.jpg


地点2
a0050593_2315382.jpg


地点3
a0050593_232134.jpg


地点4
a0050593_233365.jpg



一番心配なのは、降りるべき場所でバスを止めて降りることができるかどうか、ですが、リスクヘッジの手段はだいたい下記3点です。

① 乗車時に、運転手に自分がBishop streetで降りたいことを伝えておく。

② 他の乗客で親切そうな人を捕まえて、自分がBishop streetに行きたいことを言っておく。(優しい人をゲットすると、「まだよ」とか「ココだよ」とか教えてくれる。)

③ 地図を見ながら、常に現在位置を確認しておき、それらしいところで降りる。
(地図を見せて、この辺でおりたいんだけど、次くらいでいいかな?などと聞いてみるのも良いかもしれません。)


ときどき、車椅子の方などが乗車されます。

乗車の様子
a0050593_1141091.jpg


降車の様子
a0050593_116895.jpg



前のほうに座っている場合は、サッとどきましょう。
前方のシートは、そばの人が折りたたんで、車椅子スペースに変身するからです。

a0050593_1131240.jpg


すると、
a0050593_23111549.jpg





また、わりとよくこうしたステップが自動に上がり下がりする乗り降りがあるのですが、これが少し時間が掛かります。バスの時間がそれほど時間厳守でもないのはそのせいでもあると思います。テスト会場までバスを使うときは、テストセンター周辺で最後の1~2時間を詰め込むくらいのつもりで、余裕を持ってホテルを出たほうが良いと思います。
by nn_77 | 2006-08-10 13:23 | USCPA (general)