トレーニング始めよう

まだまだ、サクッと治らない自分のメンタル構造。

過去何十年も身に着けてきた思考回路は簡単には変わらない。

いつも、ブログの記事は事前に構成など考えずに思いついたまま、発送を紙に落とすつもりで書いている(今のこれもそう)

昨日の記事を書いていて出てきた、誤った自己像、という考えは我ながら悪くないと思った。

自分を解ってくれと訴えても、自分の自己認識が正しくないから、いつまでもギャップにフラストレーションを感じるんだと思う。

今、改めて自分を見つめ直して見ると、、、

自分の問題の一つは、素直じゃないことだな、と思った。

  これは結構、僕という人間の問題の本質にあたるのかもしれない。自信がないから、自己評価が低いから、思考形成は様々な角度から幾重にも織りなす。昔、ESSでディベート競技に明け暮れた時期があったけれど、常に肯定側と否定側の両方の立場で意見を作っていくあのディベートは、自分の精神構造に自然と合致したんだと思う。

  しかし、これまでずっとそうした思考回路できた僕は、引き換えに素直さを失ってきたんだと思う。誰に対しても、自分自身に対しても手放しでイイねで終わらない。

  そんなのって、ヒトを疲弊させるし、面倒くさいやつですよね。自分が自分自身にすら疲弊していたから、独りで飲みに行って、更にクヨクヨしてたんだと思う。

   そんな日がいつまでもいつまでも続いた。原因を把握し、問題解決のアクションを取れていないのだから、当然の帰結だ。

   では、どうしたらいいか?

   もっともっと、素直にシンプルに感じて、考えて、やたら分析したり、逆の観点で見たりなんてしないで生きていくようにしてみよう。

   そして、その為の、具体的な訓練をしていこう。

    いつも講師キャラでやってきた(c.f. 前々回の記事)僕は、ヒトの話に共感してそこから学ぼうとする行動に恐ろしく乏しかったんだと思う。

   具体的に行動を変えていくために、ヒトの話には笑顔と好奇心で聴く姿勢を示し、相づちをうまくうち、しっかりうなずき、へーそうなんだ、えっ、本当に?なんていうリアクションをしっかりしていく「訓練」を日々の会社や家でのコミュニケーションに取り入れようと思う。

   思えば、そういうことをわざとしていたのは、営業の商談時や一部の目上の人との会話だけだったかもしれない。

   家族や会社の身近な人たちとのコミュニケーションにおいてはそんな努力を怠ってきた気がする。。。反省。

   残された人生の時間はもう折返し地点を過ぎたけれど、今からでも自分の人間性を意識的に良くしていく努力をやってみよう。



[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nn_77 | 2018-06-15 15:11 | Comments(0)