nn的BLOG

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:nn's 受験ガイダンス ( 14 ) タグの人気記事

How to knock down AUD? (3)

I've been writing about how to prepare for AUD section of USCPA exam since the day before yesterday.

Meanwhile, I got a question from Kima san.

--- 【Question from kima-san】-----------------------------------------------I thought that it would be wise to practice simulations and written communications in order to raise the scores of MC sections, but this method did not work. I tend to get good evaluations on Sim. and WC, but my MC scores does not go up!
Why do you think it tends to be like this?
--------------------------------------------------------


Thank you, Kima san for leaving your question here on my blog.

It's true that solving a lot of SIMs would help you in deepeing your understanding about topics, which then leads to improvement of your MCQs accuracy.

However, MCQs could require some other skills besides deep understanding, and those skills are usually nurtured by practicing MCQs again and again.

It is usually difficult to measure how much you are prepared for SIMs because the questions are organized well in SIMs. Even when you can get a good score at a SIM problem in your textbook, that doesn't guarantee you are going to knock down SIMs in a real exam.

To the contrary, it is relatively easy to know how much you are prepared for MCQs. Solve the MCQs in the same manner as a real test condition and, at least, the accuracy ratio should be 80% or even higher. The point is that there shall be NO difficult questions or topical areas for you when you are sitting for the exam. It could be possible that such topical areas don't appear in the real exam, but nobody will never know which topial area doesn't appear in the real exam and so you cannot run a risk, of course. Thus, you shall be prepared for all the topics by the time you sit for the exam.

Why not try the random settings of GREIM CD-ROM? (Or you may try solving the problems of your paper taxtbook in the same manner.)
Then the questions appear at random manner: eg) PPS sampling comes first, followed by a question about FRAUD topic, and then IR, CR, AR matter apperas finally. If you fail to chose correct answers just because of random order of questions' topical areas, then taht means you're not prepared to AUD exam. Use this approach and try solving again and again until you don't hesiate to chose correct answer without turning to elimination method. Then you may well be ready for AUD if you are also prepared for SIMs by the time.

Above is just my idea, which naturally tends to be very subjective.
But it seems to have some trueth in it.
[PR]
by nn_77 | 2008-05-27 13:33 | >AUD

How to knock down AUD? (2)

When you challenge an exam that covers a broad field, you tend to think that you cannot cover whole the field with perfect understanding and so you apt to give up trying to understand all part perfectly; you might try just to do your best to cover the textbook.
But such effort doesn’t always guarantee your success in the exam. It’s because the exam doesn’t test whether you did your best in learning the subject. It doesn’t matter how much effort you made in the exam. The test is only concerned about whether you have acquired enough understanding to be considered as a professional CPA.
So if you think your understanding is not perfect, or if you think you understanding seem to be superficial, then you don’t have a chance.
I sometimes hear someone say that s/he isn’t ready to sit for the exam due to lack of preparation time. It’d be impossible, however, to pass a section of USCPA exam when you feel you aren’t prepared enough. So, in a sense, whether you pass the exam or not is determined before you sit for the exam. That could be determined by whether you’ve already acquired enough knowledge by the day of exam. If you haven’t, then, the chance that you can get it would be very remote, I think.

I’ll keep on writing this topic.
[PR]
by nn_77 | 2008-05-26 00:18 | >AUD

How to knock down AUD? (1)

It’s May 29th today, actually. I’ve been negligent in keeping my blog for several days.
While I was away from my blog, I have received two email messages from two different readers of my blog. To my surprise, the two wrote about the same topic and they asked me the same question: how to conquer AUD?
I have seen many people who were struggling with AUD exam. They said they have no idea about how to get through AUD exam after failing AUD exams several times.
I think I can understand how discouraging it is, when you fail an exam and there seem to be no way to reach the goal. But there certainly is a way that leads to the goal. And actually I have seen people passing AUD exam. In order to respond to the requests of the two, from today I’ll write what I think important to pass AUD, most or all of which are already mentioned here on my blog so far. But, anyway I’ll write about it just to show my idea, and just to show what I’ve seen, experienced, and thought through my own experience.
[PR]
by nn_77 | 2008-05-25 00:12 | >AUD

【Q&A】 How did you spend the last few days before exam?

Hello, guys. How are you doing?
Me? I'm preparing for the exam I'm going to sit for tomorrow.
I'm just cramming...

By the way, I've received a question with regard to USCPA exam today.

--- 【Question from yuwa-san】-----------------------------------------------
Hello nn,

I would like to have your advice.
How did you spend the last few days before exam?

This is not specific to BEC, but it would be appreciated if you give me some comments on BEC as well. I'm a little nervous now and your advice for taking time at last moment will be of great help!

Thanks,
yuwa
---------------------------------------


I tried to remember how I spend those last few days before the USCPA exam back in 2006, but I couldn't remember.

So I check out my past diary to see how nn was doing back in those days...

> nn's Diary of 7 days before the exam

Wow, looing back those days, I came to remember how I was doing then.

とにかく重視したことは、問題を解くこと。つまり、本番環境に慣れることです。

テスト数日前。もちろん、この段階で、各分野の理解や最低限の暗記は済ませておかなければなりません。

しかし、それができていても合格できない場合があることを、私も多くの諸先輩方の努力を見て知っていました。なぜ、そうなるのか。

やはり、それは、試験本番の環境、つまり、限られた時間で問題を処理していく「作業」に不慣れであることから生じるものだと思います。

普段、過去問やっていつも9割以上なのに、なぜ本番でうまくいかないか?

本番では、時間が限られています。プレッシャーも大きいです。部屋の雰囲気もあります。PC試験です。 こうした色々な環境の制約があるなかで100問以上の問題を解いていき、かつ、正解しなければなりません。家でコツコツじっくり問題を解いて理解力を育んでいくのとはまた全然違います。

そうした特殊な環境の中で実力をだせなければ、「普段、過去問やっていつも9割以上なのに。。。」となってしまいます。つまり、実力が出せないわけです。

では、どうするか。沢山の問題を、極力テストに近い環境で解きまくる、これに尽きますね。
私は再三このブログの中でタイムマネジメントの重要性に言及してきましたが、それもまた、前述の「慣れ」の状態実現を促進するテクの一つに過ぎません。

ですので、まずは、問題になれるように、解いて、解いて解きまくってください!

--- it would be appreciated if you give me some comments on BEC as well


以前、質問回答コーナーで「BEC対策って何が大事?」という記事を書きました。今回のyuwaさんのご質問もこの記事へのコメントとしていただいたものです。

この記事なかでは、下記のように結論付けています。

【結論】==========================

「理解する問題」と「知識として知っておく」問題を下記のように分けて、仕上げを行う。

・下記3つについては、理解のあやふやなところをテキストや問題解説を利用して、「しっかり」理解する
(1) Managerial Accounting (原価計算を始めとする管理会計の分野)、
(2) Finance(財務管理、ファイナンス)、
(3) Capital Budgeting(NPVなどの投資判断)

・上記以外の分野は、この時期に手を広げすぎてもきりがないので、手元の問題集を完璧にするべく、何度も何度もする。
(注:この時期、手元の問題集はもう完璧であるとか、或いは本番まで1ヶ月以上あるということであれば、この分野は手広くいろんな問題にあたって問題情報収集=自分の引き出し増やす作業をしてもいいと思います)
=============================

上記の記事で触れたことと、本記事前述の「タイムマネジメントが大切」を総合すると、「考えて解く問題」と「知ってるか知らないかだけの問題」を区別する練習をするといいと思います。

本番では、パッと見て分からない問題の対処に悩むと思います。とばしても、セクションをまたぐと元には戻れないし、いくつか分からない問題を諦めだすと、「もう、これ以上は捨てられない」というところに必ず来ます。

BECは、「考えて解く問題」と「知ってるか知らないかだけの問題」がわりとはっきりとしている科目だと思います。MCQを解くスピードの目安は、私の受験の頃と構成が変わっていなければ、1問平均1分~1分半だと思います。パッと見て分からない問題にであったら、これが2分とか3分になるわけですが、そこまで引っ張って考える問題かどうかは、特にBECは、「考えて解く問題」と「知ってるか知らないかだけの問題」かで変って来ます。、「考えて解く問題」で2分~3分まで延長してもいいように、「知ってるか知らないかだけの問題」を潔く割り切る心意気(?)が必要になると思います。

・・・と、口で言うのは簡単ですが、いざ、実践してみると、ましてやそれが本番だと、なかなかうまく取捨選択できないものです。

なので、冒頭の話に戻るのですが、問題を、極力本番に近い状況で解きまくって、上記のようなタイムマネジメントや問題の取捨選択の勘所を練習することが肝要と思います。

yuwaさん、試験本番が近づいているのですね。頑張って下さい!!

And I'm always crossing my fingers for those who are preparing for the success in USCPA exam. I also have to work harder for next challenge.

Lastly, let me finish today's article with my favorite line in the movie "Back to the Future."

"If you put your mind to it, you can accomplish anything."
[PR]
by nn_77 | 2008-05-07 23:38 | USCPA (general)

【Q&A】 DE州でCertを取得した後、CPEは必要?

Hi, all. How have you been?
I've been struggling to get myself accustomed to the new working environment. (>_<)/

To my honor, I've been receiving questions regarding USCPA exam by email from the readers of my blog. And I make it a rule to introduce those Q&A communications when it seems to be public interest among USCPA candidates.

I got one the other day, which was:

--- Question from S-san ----------------------------------------------
こんにちは、初めてお便りさせていただきます。
デラウェア州CertificateでのCPE要件についての情報をあつめようとウェブサーフィンしている間に貴ブログにたどり着きました。
デラウェア州CertificateでのCPE要件についてご存じでしょうか?
実は私、本年2月にDelawareのCPA Certificateを得たのですが、CPE要件がどうなっているのか今ひとつわからず困っております。
Delaware州のウェブサイトをみるかぎり「Certificate」の場合には毎年のCPE受講は要求されていないように見えるのですが、今ひとつ確信が持てません。
せっかく得たCertificateをCPE要件未達などで失いたくはないと思い、どなたか詳しい方はいらっしゃらないか、と探している次第です。
-----------------------------------------------------------------------------

And, below is my response:

結論から申し上げると、私は、デラウェア州では、Certificate自体はCPE(continuing professional education )などしなくても期限が切れたりするものではないと考えます。

というのも、デラウェア州のウエブサイト上のFAQにある、この部分に当該記述があるからです。


デラウェア州に関して言えば、Certificate取得のルールが、ココにも書かれているように、2006年1月1日よりも前に出願した人と、2006年1月1日以降に出願した人とで違います。

2006年以降の出願者は、Certificateだけの取得というのはできず、Permit to practice、いわゆるライセンスの取得も同時に行わなければなりません。ライセンスを保有するからにはCPEも必要です。 実際、これがあるべき姿なのでしょう。受験に合格して、Certを取得して、名刺にCPAなんて書きながら、CPEはしていない、、、というのは確かに問題ありですものね。

2006年よりも前に出願していた私は過渡期ルールの適用対象となり、Certificateだけの申請が可能でした。 ということもあって、CPEは特にしていません。。。

nnは会計監査の仕事には従事していないこともあり、名刺にはCertified Public Accountant of the United States (not in public practice)と記載しています。
そうすると、名刺の受け手からは、当然、その手の知識・情報を求められてしまいますので、今でも、機会があるたびに、勉強したことを復習したり、時々は米国の会計、税務事情をネットでリサーチして情報を仕入れたりしています。

It's not easy to keep working in the daytime and studying at night, but , obviously, that would make a big difference!
[PR]
by nn_77 | 2007-12-15 14:13 | USCPA (general)

CPA試験 合格の目安?

CPA試験でよく話に上がるのが、スコアが前回より上がった/下がった、ということや、今回は手応えがあった、とか、手応えがあったのにfailだった、とかいう話です。問題集を解いていて90%以上解けているのに、本番で60代のスコアが出てしまう、、、といった話も耳にします。このギャップはどこからくるのでしょうか?

まず、「手応え」とは何でしょう?恐らく、本試験で出た問題が、自分が見たことのある、解き慣れている問題のシェアが高い場合、「手応えあり」という感想になるのだと思います。

ところが、
自分が見たことのあ問題がたくさん出た=良いスコア
とは限りません。

下記で採点方法のことが書かれています。
http://www.cpa-exam.org/cpa/computer_faqs_3.html
この中で、The passing score is 75 on a 0-99 scale. The scale of 0-99 does not represent "percent correct." と書かれています。
A score of 75 indicates examination performance reflecting a level of knowledge and skills that is sufficient for the protection of the public.
ということですから、問題集でMC30問中23問正解することと(正答率76%)、本試験で75点を取ることとはかなり差があるように思います。「sufficient for the protection of the public」が75点になるようになっているということですから、75点を獲得する為に必要な「正答率」というのはかなり高いような気がします。

また、受験者にとっては、どうしても、「正答率」の感覚が手応えになるのですが、この正答率を正確に見積もることはとても難しいように思います。CPA試験の中には、採点されないダミーの問題もあると聞いたことがあります。だとすると、めっちゃできた問題の中に採点されないダミー問題がいくつかあって、わからないから飛ばした何問かの問題の中にダミー問題が全くなかったら、それだけで「正答率」すら変わってきます。

さらには、MCは4拓問題ですから、とにかくa~dのいずれかを選択して、回答欄を埋めることが出来るので、本当はできていなくても、なんとなくできた気にもなります。計算問題ではなく、セオリーを問うような問題だとその傾向が強いかもしれません。

よく、正答率が高いと、テストレットが進むにつれて難易度があがる、といいます。これはどうも本当らしいのですが、しかし、受験生が本試験を受験していて「お、難易度があがった」と正確に体感できるケースは少ないのではないかと思います。テストレットが進むにつれて上がる「難易度」は、テスト運営者側が客観的基準に基づいて問題の難易度を割り振っているのだと思いますが、実際に本番の試験会場で受験者が感じる「難易度」は、それよりももっと遥かに主観的なものです。BONDが苦手な人にとっては難易度が高い問題も、BONDが得意な人にとっては難易度が低~中なわけです。「オレ、確かに難易度があがっていった」と思っても、単に、自分が不得意な分野のMCが多かっただけかもしれませんものね。


私の本試験での「正答率」の「手応え」は90%くらいだったと思います。1つのテストレットの中で、見たこともない問題は1~2問くらいで、あとは全部解けた「つもり」でした。見たこともない1~2問も、その場で考えて、自分なりの答を創りだして、それにもとづいてa~dの間で答を選びました。「ど・れ・に・し・よ・う・か・な」でa~dを決めた問題はありません。(例外的にBECだけは、1つのテストレットに3問くらい「わからない」問題がありました:涙)

その結果がこれです。

AUD: 79(Aug.1 '06)
BEC: 79(Aug.2 '06)
FAR: 89(Aug.3 '06)
REG: 85(Aug.4 '06)

合格者の中には、90代を取る人も居ることや、私なりに、上記の「正答率」の「手応え」であったことを考えると、「思ったよりも低い」数字であったことになります。しかし、本稿の冒頭でみてきたことを考えると、このんなものかな、とも思います。
[PR]
by nn_77 | 2007-09-27 09:19 | USCPA (general)

日本語が先か、英語が先か? 卵が先か、鶏が先か?

先日、AUDの勉強は日本語を通さず英語でやったほうがいい、なんて書いたらご指摘がありました。CPA掲示板でも沢山情報提供を下さるNihao KTさんからです。
いろんな考え方もまた、本blogの目的の一つである情報シェアリングの一環になると思うので、ここで改めてご披露させていただきます。

Commented by Nihao KT at 2007-09-16 07:54 x
>AUDITは極力、和訳を通さず、英語で覚えていくほうがいいのかもしれませんね。

 実はこの点、思うところがあります。

 「AUDをPASSする為、また実務で使いこなす為、絶対に必要だ」と、確信していることは、以下2点です。

1:AUDの本質をしっかり理解できていること。
2:AUDの本質を、最終的には「英語を通して」理解できるようになること。

 「1」の本質理解が達成されなければ、問題を解けません。また、「2」の「英語を通じての理解」がなければ、本番MCでの選択肢間の微妙な差異の読み取り、実務で使いこなすこと、ができません。
 
 よって、最終的には、「英語を通じて」の理解が必要になると思います。

 ですが、そこにたどり着くまでの1ステップとして、「1」における、和訳を使って定義の本質をしっかり理解することも有用かと思います。なぜならば、そもそも本質を理解できなければ意味がないからです。そして、本質を理解するには、自分が一番得意な言語(日本語)を使うのが一番だからです。(特に、英語が苦手な場合には。)

実際、自分がどのように勉強していたかを考えると、最初は和訳を使って、そして次に英語のままで、という形で理解していたように思えます。次第に、AUDで新しいものに接しても、和訳は必要なくなり、英語のままで理解できるようになっていったかと思います。

 人によって、英語力レベルには違いがあります。よって、「最終的には英語のままでAUDを理解する」というというゴールにたどり着きさえすれば、和訳も有用かと思います。実際、私は和訳を使いAUDの本質をみっちり理解し、最終的には英語のままAUDを理解できるようになり、AUDをPASSしました。(今、AUDを使えるか、と言われると、AUDの知識は遠く彼方なのですが・・・)

 AUD勉強に和訳も交えるという私の意見、nnさんはいかに考えられますか?



貴重なご投稿、ありがとうございましたm( _ _ )m

さて、nnはいかに考えるか? “以下に”書きます(寒っ!)

> AUD勉強に和訳も交えるという私の意見、nnさんはいかに考えられますか?
--- 同感です。私の考えもNihao KTさんと概ね同じです。

ただ、AUDなんかは特に、まず英語でSASの当該箇所などを読んで、その後で、分からないところは日本語で勉強する、という風にしたほうが「安全」だと思います。(英語力云々の話を言い出すと、もう、話が「ひとそれぞれ」ということで終わってしまうので、今回はあえてその点には触れません)

確かに、この方法を、ゼロから独学でこれをするのは確かに大変ですね。私の場合は、英文と和文をサンドイッチする構成になっていたANJOのテキストを使っていたのでそう思えるのだと思います。ANJOのテキストでは、ほぼ全ての箇所において、まず、英語で説明されたパラグラフを読んで、それから後に日本語解説が続く、という構成になっていました。これに随分助けられたと思います。

英語と日本語はかなり大きな差がある言語だと思います。ANJOのテキストを読み進めながら、全く同じ内容のことを日本語と英語で、それぞれの言語で書いているのを、学習者として読んでいると、随分違う「印象」に感じたのを今でも覚えています。同じ事柄を2つの言語の表現でそれぞれ見ることで理解を深められたとは思いますが、日本語だけで読み進めていくのは、怖かったです。というのも、特に、AUDのような概念的なことを勉強するのに、この「印象」というやつの影響は大きいと思ったからです。
だから、その時に思いました、「こりゃ、日本語で読むと誤解して覚えて、混乱して、かえって二度手間になるかもなぁ」って。それでAUDは特に、まず英文を読んで、それから「あれ?」と思うところを中心に日本語の説明を読むようにしました。

後に、某予備校の日本語びっしりのテキストを見たことがあります。これまたANJO生だった私の主観ですが、「このテキストで勉強するのは厳しいな」と率直に感じました。翻訳としては正しい、けど、こんな「正しい」訳を整理して並べているだけでは「学習者」に伝わりにくいんじゃなかろうか、と感じました。米国の試験なのに、翻訳から入っていくスタイルで勝負するなら「もっと分かりやすくて、かつ、あとで英語に置き換えやすい訳」(←できるかな?確かに、難しいなー)でなければいけない」、と。

なので、Nihao KTさんの仰る"「最終的には、「英語を通じて」の理解が必要"、"AUD勉強に和訳も交える"のどちらにも同感ですが、先ず、最初は、英語で勉強、というか、当該部分の説明を英語で読むほうが、安全で、そして実は案外、楽な方法だと思います。

でも、ANJOのテキストのような、あんな構成のテキストでなければ、実際問題難しいかもしれませんね。

ANJOのテキストが無い状況で、手元にオール日本語の教材しかなければ、オール英語の教材をあわせて準備するでしょう。そして、まずは、オール英語の方に、ザーッとでいいから目を通して、その上で、もちろん「?」な部分も多々でてくるので、そこを埋めるべく日本語の教材に目を通す。そして「?」を解決しながら、既に英文で大体分かっていたところについても、日本語で読み返すことで理解が深まっていく、という感じで進めると思います。

性格の違いもあるかもしれませんね。
新しくDVDプレーヤーを買ったときに、マニュアルを全ページ読んでから初めてDVDプレーヤーのリモコンに触れるか、それとも、まずはいろいろリモコンを操作してみて、「あれ、一時停止はどうするんや?」とか、疑問に思うたびにマニュアルの当該箇所を見に行くか。

私には、先ずは日本語でAUDを勉強する、というのは前者のように感じます。で、とりあえず英語でやってみて、よく分からないところは日本語を見てみる、というのは後者かな、と。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

先日のノート作りの話なんかと違って、この手の勉強論の話は、議論のための議論に陥るリスクがあるので、今日はこの辺でおしまいにしたいと思います。

手段はさておき、合格すれば、勝ちです。
自分が正しいと思える方法を自己責任で見つけて、正当な対価(時間、金、努力)を支払って、合格しましょう。

その為に必要な情報交換の一環として、今日は上記のNihao KTさんからのご意見も紹介いたしました。
今度のCPA定例会(オフ会)でも、上記みたいな勉強のこと、あるいは、キャリアビジョンのこと、日頃の勉強と仕事の両立のこと、もう、いろいろ、じゃんじゃん話して、呑みましょう!
[PR]
by nn_77 | 2007-09-16 09:33 | USCPA (general)

4科目を1度に受験して合格することについて考えてみました



このところ立て続けにemailで頂戴している質問。
それは、「どうやって、4科目を1度に受験して合格することができたのか?」というものです。

この種のトピックについては、右のメニューの「nn’s受験ガイダンス」に載せています。
a0050593_15342710.jpg

とくに、「その2:受験勉強の流れ」で、4科目受験に関する考えに触れていますので、また、ご参照下さい。

私が4科目受験に決めた理由はシンプルです。
理由1:渡航費を節約したい。(4回渡航する予算が無い)
理由2:ダメ社員のnnには、1年半の間に、会社を4回も休むことが許されない。

とても格好悪い理由ですが、これが現実です。。。

さて、勉強の仕方とか、複数科目受験との比較は、上記で紹介した記事で書いているので、ここで詳しくは書きません。しかし、ひとつだけ、押さえおきたいと思います。

ポイント:複数科目受験の方が、実は勉強時間が少ない(という考え方もできる)

僕は勉強を開始してから、受験するまで3年くらいかかっています。
これを4で割って、1科目9ヶ月、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、私の実感は4科目すべてを3年弱勉強した感覚です。頻度の高い継続的復習が記憶をかなり強くする、という話を、中学や高校の時に塾の先生が言ってました。私の場合、4科目をそれぞれ3年間勉強したのだから、かなりの定着はあったのでしょう。ここで、再確認したいのは、4科目を3年間=12年間ではないということです。あくまでもかけたのは3年間。ちょびっとずつでも、毎日4科目に触れて勉強していると、感覚的にはそうなるんです。
複数科目受験だと、1年半で4科目ということは、単純に考えると、1科目について4ヶ月程度ですね。私の各科目3年にくらべると、その時間はわずか9分の1というわけです。短期集中型ですね。こっちのほうが向いている人も居ることは事実だと思いますが、これは想像以上にタフで精密な作業だと思います。(少なくとも、勉強に3年要した私にとっては。)
4ヶ月で1つの科目を仕上げることが神業のように凄いことは言うまでもありません。しかも、「必ず」合格して、かつそれを「4回連続」続けなければなりません。
もし、私が1度の渡航で4科目受験して一度に全部合格したのが、特大ホームランのイメージだとしたら、1科目ずつ受験して期限内に合格するのは、4打席連続ホームランを打つイメージです。 どちらかが、圧倒的に簡単とか難しいとかいえないことはお分かりいただけるのではないでしょうか。

じゃあ、4科目を同時に勉強するって、どうするのか?それは、冒頭でご照会した過去の記事などご参照いただければと思います。受験から1年たって感覚が風化した今の私よりも、当時の受験直後の記事のほうが、いいのでは、と思います。

もちろん、私の勉強方について、個別具体的なご質問があれば、いつでも、時間が許す限り、この場でお答えしたいと思います。いつでも、ご照会コメントを残してください。

最後になりましたが、3年にわたる受験勉強のモチベーションをずっと支えてくれたのは、このブログへの皆さんの励ましコメントと、そして受験仲間に対する競争意識、そして合格した仲間への羨望・妬み・嫉妬(←そう、私は小さな人間です!)であったことは間違いありません。そうした受験仲間の皆さんに、あらためてお礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました!
そして、これからも、受験生の皆さん、合格者の皆さん、CPA受験には関係なくても当ブログをご覧頂いている皆さん、今後とも宜しくお願いいたします。

それでは、また。
[PR]
by nn_77 | 2007-05-29 01:41 | USCPA (general)

【質問回答コーナー】 BEC対策って何が大事?

いつも「nn的~」をご愛顧頂き、皆様本当にありがとうございます。
当初は平均30人の訪問者数だったのが、現在では、毎日、約80人の方に来ていただいています。英語や(nnの変な)中国語で書く日も少なからず続いているのに、変わらずご訪問いただけることが、何よりの活力になっています。 太謝謝!(Thank you very much!)

さて、久しぶりに、昨日の記事に、CPA試験に関する、ご質問コメントを頂戴しましたので、下記にご紹介したいと思います。

Commented by Tomocch!さん----------------------------
じつは私は今月末に(BECを)受験を予定しているのですが、
今の所、本当に掴みどころがない、という感触です。

私もグライム(ブック)メインに進めてきましたが、
nn先生のように"金融ビジネス"に直に触れてませんので、
そういう視点で対処する問題は難儀になってしまいます。。。
(原価計算、会社構造の理解などの苦手意識はありませんが)

自身でもUSENの問題からAICPAリリース問題など、
そのトレンドを掴もうとはしていますが、手ごたえ的には...
なので、そんなプロの目から見たところで思われること、
何らかアドバイスをぜひいただければと思います。(お勧め資料など)
-------------------------------------------------------------

以下、お返事です↓↓

Tomocch!さん、はじめまして! nnと申します m(_ _)m
コメントありがとうございました。こうして初エントリーを頂ける日は、この「nn的~」やめずに続けていて良かったなと思い、嬉しく思います。

私はANJO受講生で、かつ問題集はWileyだったので、Tomocchi!さんとかぶっていないので、「お勧め資料など」の紹介は難しいです。TomocchさんがおっしゃっているBISKのAICPAリリースの問題は、今の時期、全体を再確認する上で、質・量ともにちょうどいいのではないかと思います。(当ブログの右のメニューの下の方の【直前対策ツール】の項目にリンクを設定しています)
私は、それ以外は、99%、Wileyのみでした。他に資料は(ANJOテキストと自作のものを除いては)一切使っていません。
ひたすら通勤電車(行き)でWileyがボロボロになるまで何度も何度もやりました。

・・・と、「お勧めの資料」というご質問へのダイレクトな答は、残念ながら上記しか持ち合わせていないnnですが、それでは、折角初投稿いただいたのに、申し訳ありません(恥)。

一応、私も受験経験者なので、個人的経験に基づいて、この機会に、今一度、BECという科目を概観し、BECまであと2週間の今、「私なら」どうするかを、以下に書きたいと思います。

【結論】==================================
・下記3つについては、理解のあやふやなところをテキストや問題解説を利用して、「しっかり」理解する
(1) Managerial Accounting (原価計算を始めとする管理会計の分野)、
(2) Finance(財務管理、ファイナンス)、
(3) Capital Budgeting(NPVなどの投資判断)

・上記以外の分野は、この時期に手を広げすぎてもきりがないので、手元の問題集を完璧にするべく、何度も何度もする。
(注:この時期、手元の問題集はもう完璧であるとか、或いは本番まで1ヶ月以上あるということであれば、この分野は手広くいろんな問題にあたって問題情報収集=自分の引き出し増やす作業をしてもいいと思います)
=====================================

【以下、上記理由】

経済学や、その他のIT関係、一般投資理論関係、Business structureの辺りに関して、BECはその気になれば本当にいろんな問題が出せるし、実際、「なんじゃこりゃ」問題が多いと聞ききます。そんなん知らんわ!みたいな知識を問う問題がだされるという・・・。この際限なさというか、広がりが、試験問題としてのBECをつかみ所の無いものにしているように思います。(なんせ、BECのEはEnvironmentですから!概念も広い!)ここに、試験としてのBECについてのSIM問題作成の難しさがあり、それ故まだ導入されていないのだと思っています。(注:完全な私見です。)

そんなフワフワしたBECの中で、試験上、ベースの理論・考え方の「理解」が重要なのは

(1) Managerial Accounting (原価計算を始めとする管理会計の分野)、
(2) Finance(財務管理、ファイナンス)、
(3) Capital Budgeting(NPVなどの投資判断)

だと思います。BECの幅広いトピックスの中で、特にこの3つは、「基本理論の理解」とそれをもちいた「応用力」が試されるからです。

ココで私が言う「応用力が試される問題」というのは、一見、さっきの「なんじゃこりゃ」問題(知ってるか知らないかだけの問題)に見えるけれど、実は、ちゃんと考えたらわかる問題です。


(1) Managerial Accounting (原価計算を始めとする管理会計の分野)
Tomocch!さんは原価計算関係の辺りに苦手意識はないとおっしゃられているので、上記のニュアンスはお分かりいただけるのではないかと思います。原価計算の辺りであれば、DM, DL、OHが、それぞれどんな過程を経て、最終、CGSやEnding Inventryに反映されるか、という「一連の流れ」を理解・把握すれば、大体どんな問題にも対応できますよね?これが、もし、「CGMの計算問題」、「over/under-applyの問題」、「Fixed-OHの標準原価計算の問題」と、バラバラの独立したトピックとして捉えていたら、多分、おっつかないような気がします。
全体の壮大なストーリーのワンシーン、ワンシーンとして理解できていると、自分の中で川上から川下までのストーリーができるので、どっから問題だされても、なんとかなる、という感じになると思います。


(2) Finance(財務管理、ファイナンス)、
ファイナンスの分野も、テキストはわかりづらいものが多いので、専門外の方にするとなじみにくいですが、実際のところ、本質は、
・商売をする。
・そのために元手がいる or 先行投資が必要。
・いくら位の調達が妥当?(←この「調達」がまさにfinance)
→販売のペースと回収のペースは・・・くらい。
→だから、資金繰りが要るのは・・・日の間だけ。
→だから、・・・ドルくらいがちょうどいい。

という話だと思います。これに枝葉がついて、「でも仕入れの支払いをもっと待ってもらったら、」とか「株式発行よりも社債で調達したほうがいいんちゃうか?」といった話があるわけですね。

(3) Capital Budgeting(NPVなどの投資判断)
上記の話にも似てきますが、Capital Budgetingのあたりについても、Pay back, ARR, NPV, IRRの4つが基本ですが、それぞれを、バラバラに理解せず、Pay backから考え始めて、短所を考えながら、それを補うべく次の方法に移り、最後はIRRまで「発展」させる形で理解すると、それぞれの考えが見えてきます。私も、ANJOの授業で何度きいても分らなかったNPVとIRRの関係。通勤時もずーっと、「あれがあーなって、で、こっちだとこれがこーなるから・・・」と考えてました(←変なおじさん!)そして、ある日、朝のラッシュの大阪駅を歩いていて、ふーっとひらめいたのを覚えています。「おお、これや!」って。

抽象的な書き方をしてしまいました。ごめんなさい。テキストも見ず、昔の日記をチェックしながら、徒然と書いているので・・・いつもの悪い癖です。

ただ、上記を通じて伝えたかったのは、(1) Managerial Accounting (原価計算を始めとする管理会計の分野)、(2) Finance(財務管理、ファイナンス)、(3) Capital Budgeting(NPVなどの投資判断)のところは、しっかり「理解」することが「できる」分野なので、すべきだと思うのです。(逆に言えば、他のトピックは、理解するものというよりも、知っておくもの、という感じがします。)
一つの目安というか、バロメーターとしては、上記の3つのトピックについて、例えばお手元の問題集などの中で、「解説を読んでも解らない」問題がないか?ということです。

知識を問う内容なら解るもなにも、ただその解答に記述された事実を「知る」しかないのですが、理解を問う問題が多い上記3つの分野で、解説を読んでもわからない問題がいくつかある場合、根本の理解がぐらついている可能性があります。

私も、こんな性格なので、とことん考えたほうですが、結局、理解を促すヒントはすべてANJOのテキストにありました。今思えば、私も、初めの頃は、「なぜそうなるのか?」を理解せず読み進めたので、結局、「理解」ができなかったのだと思っています。

受験生の頃から、このブログ「nn的~」を通じて、様々な疑問を、コメント投稿者の方々や、他のCPA受験ブロガーと議論しながら、考えを深めてきたのが良かったと思います。

確かに、経理実務についていたり、金融業務に携わっているほうが、上記の「理解」もしやすいことはマチガイありませんが、門外漢が「理解できない」あるいは理解する上で「著しく不利な」内容ではないと思います。キチンと考えると、理屈がみえてきて、「なるほど」にたどり着くはずです。(もともと、そうやって、いろんな人に考えられた末に生まれてきた事柄なのですから!)


【結論】==========================

「理解する問題」と「知識として知っておく」問題を下記のように分けて、仕上げを行う。

・下記3つについては、理解のあやふやなところをテキストや問題解説を利用して、「しっかり」理解する
(1) Managerial Accounting (原価計算を始めとする管理会計の分野)、
(2) Finance(財務管理、ファイナンス)、
(3) Capital Budgeting(NPVなどの投資判断)

・上記以外の分野は、この時期に手を広げすぎてもきりがないので、手元の問題集を完璧にするべく、何度も何度もする。
(注:この時期、手元の問題集はもう完璧であるとか、或いは本番まで1ヶ月以上あるということであれば、この分野は手広くいろんな問題にあたって問題情報収集=自分の引き出し増やす作業をしてもいいと思います)
=============================

あとは、BECに限った話ではありませんが、タイムマネジメントも本番では大事です。そして本番でいきなりやっても、なかなかうまくいかないと思いますので、ちょうど今の時期から練習されるといいかと思います。
(参考:右のメニュー【ペース配分について】 http://nn77.exblog.jp/d2006-08-11 )

それでは、長―――――――――――くなってしまいましたが(ごめんなさい!)、
Tomocch!さんをはじめ、これからBEC(そして他の科目も)を受験される皆さんのご成功を、心よりお祈りしています。うまくいきますように!! GOOD LUCK!
[PR]
by nn_77 | 2006-11-07 21:19 | >BEC

nn’s 受験ガイダンス: 質疑応答編

質問 from melonさん==========================
nnさんはどうやってREGに合格できるだけの力を身に付けられたのか、お暇が
あれば是非おしえてください。
====================================

先日、上記のようなご質問を頂戴いたしました。お答えできる範囲(=今、思い出せる範囲)で、この場でご報告させて頂きたいと思います。

その前に、一応、Disclaimerを。。。(←これもREGのトピックでしたね!)
----【Disclaimer】--------------------------------------------------------------------------
私の場合、予備校のようにいろんな方々の受験データなどを持ち合わせているわけでは無いので、「『これだけ』だと勉強不足」とか「『最低限』これだけはしないといけない」といった、「基準」は分りません。
私が、ずっと書いてきたことは、結局、nnはこうやって合格した、という話でしかなく、私がやってきたことが合格に向けての必然かというと、当然そうでは無いでしょうし、では、どこまでが最低限必要なのか、何さえおさえておけば大丈夫なのか、といったことは、どうしても私の経験ではわからないのです。ご理解、ご容赦下さい。
----------------------------------------------------------------------------------------------

では、REGの勉強について(nnの場合)

1. 勉強を始める前の段階での予備知識
TAX
  ・FARを終えていたので、
     (1) 収入と課税所得の違いというか、Book incomeとTaxable incomeの
       違いという概念については予備知識があった。
     (2) パートナーシップという組織形態があることは知っていた

  ・FP資格の関係で、日本の基本的な税務知識や、相続案件の勉強をしたことがあった。

LAW
   ・業務経験を通じて、契約関係の法務、約束手形・荷為替手形の知識、債権回収・管理、
   担保関係、与信先倒産対応といった事柄について学ぶ機会があった(といっても日本ル
   ールですが)

2. 勉強に使ったテキスト類
  ・ANJOのテキスト、ビデオ、問題集
    ひと通り、ビデオに沿ってテキストを読んで、普通に通信教育を受けました。TAXについ
    ては、ANJO問題集だけで、ANJOの単位試験をパスするくらいのレベルには持っていく
    ことができました。

3. その後の問題演習に使ったもの

・Wileyのみ
模試や、BISKまのサイトに載っているAICPAリリースの問題を除いては、Wileyのみです。
他の科目も同時並行で勉強していたので、REGはMCもSIMも、Wileyだけしか出来ませんでした。

4. 勉強の深度 (どこまでやるの?的な話)
本試験前に、何をどれくらい、どのレベルに達するまでしたのか?ということも関心事かと思いますので、以下に記述します。

(1) 問題演習
Wileyについては、問題番号の横に正解したらマル、間違ったらバツをつけました。受験直前には、マルが一個しかついていない問題もあれば、マルとバツが合計で7つも8つもついている問題もありました。
一度バツがついたら、その問題については、バツの数よりマルが多くなるまで、更には、マルばっかり印がついて、バツが相対的に目立たなくなるくらいまで、やったからです。

上記のようにWileyをやりこみ、ひと通り、「なぜそうなるの?」かが理解できない問題はなくなり、全部解けるようにはなったと思います。ただ、他の3科目を同時に勉強していたので、準備量としてはREGが一番少なく、受験するまではREGが一番不安でした。(受験してみたら、殆ど全部解けたので、受験後に一番不安だったのはBECです。)


(2) 内容理解
上記のようにWileyで演習問題をする以外は、全て理解重視に努めました。

私のブログのカテゴリ「REG」に、勉強の一部を紹介していますが、

http://nn77.exblog.jp/pg/blog.asp?iid=6&nid=nn77

こうして、他の受験生の方と問題を一緒に検討しながら、本質ができるだけ理解できるように努めました。オンライン上で共に議論できる、意見を交換できる仲間がいたことは大きかったですね。アメリカの掲示板のCPA Netもよく投稿しました。(アッチでの私のハンドルネームはnn77です。)

最終的には、Anjoのテキストに書かれているくらいの内容であれば、各単元のごくごく基本的な説明や論点はテキストを見ずに英語でブログに書くこともできるくらいになったと思います。(limitationやphase outの数値などはテキストみないと思い出せなかったと思います。)

あとは、このブログでもこれまで何度も紹介してきた「ちっこいノート作戦」や「ポストイット(付箋)作戦」で、日々、記憶の定着に努めました。会社帰りに夜のオフィス街を、attachment やperfection の要件を英語でブツブツ暗唱しているnnは不審者であったに違いありません(笑)
他に暗唱したことといえば、TAXのWC に備えて、課税ルールの英文はよく暗唱しました。
住宅ローン金利の控除(1百万ドルまでのやつ)と住宅担保借入の金利の控除(10万ドルまでのやつ)の違いとか、あんなやつですね。

もともと性格が暗いので(?)、会社帰りに、自分で自分に英語で質問して、その質問に自分で答える、といった、独りSimulation を 、落語のようにしたりもしていました。 会社帰りに繁華街の前を歩いてたら、客引きのお姉さんに、白い目で見られて(別の意味で)ひかれてしまいました(笑)

そんなこんなを繰り返して理解を深めて、問題集もWileyとその他いくつかの模試などを少しして、後は本番でした。

● 本番の当日の日記へのリンク

上記日記で紹介したようなやり方でタイムマネジメントを行いました。REGは各テストレットの問題数が中途半端なので、こうしたタイムマネジメントも大切だと思いました。

ところで、先日、当ブログに、Nihao KT さんがコメントを残してくださいました。

「いかに深く論点を理解して、いかに速く多くMCをこなすか、が自分にとって大切なこと、と思っている今日この頃です。」

私もCPAの受験勉強はホントに上記に尽きると思います。

今、私自身、さっきの当日の日記を読み返しながら、NihaoKTさんのコメントについて思うのは、

1)「深く論点を理解する」
→ 見たことの無い問題や、数をこなせなず記憶があやふやな分野の問題でも、しっかり理解していれば、慌てずに考えると解けるようになる。
(私自身、本番で、一瞬「ゲッ、何これ!?」と思うことが多々ありましたが、文字通り胸に手を当てて深呼吸して、よく考えたら、1分半も考えると、とりあえず解法が見えてきました→その分、費やした時間を他の簡単な問題でリカバーしないといけなかったのですが。。。)

2)「いかに速く多くMC をこなすか」
多量の問題をタイムマネジメントに沿って解けるように、問題演習を行う。つまり、限られた時間内に一定の問題量をとくのに必要なリズム間を養う。


以上が、私が歩んできた勉強方法のざっくりした概観です。
私の場合、使ったツールは、科目によってWileyだったり、Gleimだったりバラバラなのですが、大まかな勉強のアプローチは4科目とも同じような感じだったと思います。

受験直後の手応えとしては、MC は、分らない問題は、1テストレットに1つか、多くて2つくらいだったと思いました。「30問全部できた!」と思ったテストレットもよくありました。
SIMも捨てた問題は一つも無かったです。WC も僕なりに全部書きましたし、リサーチも一応、全て、それらしきものを拾いました。

ただ、「この問題はやったことある。これはこうして解く問題だ!」と確信して解いたのは60%くらいだと思います。残りの40%は「この問題は知らないなー。(or 解き方忘れたなー)でも、このトピックの本質はこういうことだから、その理屈でいくと、こう考えて、こう計算するはず・・・あ、一応、選択肢に答があるぞ。これにしよう。」といった具合でした。(←本質理解が足りていなかったら、これは出来なかったと思います。)

だから、試験後は、「一応ほぼ全部答えられた。でも、自分でその場で考えたのも多かったので不安」といった感想でした。

それで結果が、
AUD:79、BEC: 79、FAR:89、REG:85 

合格は合格でよかったのですが、あの手応えで70点代! 危なかった!というのが正直な気持ちです。受験勉強日記の著者KTさんも何度もご自身のブログで述べられてますが、これ以上無いというくらいバッチリやりこんで、結果的に、そこそこの成果に落ち着くというのがこの試験だな、と思います。

90点代かな?と思ったら80点代で、80点代かな?と思ったら70点代。だから、75点を目指すのではなく、80点、できれば90点くらいを目指して、その手前で着地する、という心象をお持ちの合格者ブロガーさんのお話をよく見ました。私自身そう思います。

以上、いつものように、徒然なるままに、だーっと書いてしまいましたが、CPA試験勉強、特にREGについて、何をどうやってどの程度詰め込んだかを書いてみました。(書いてみたつもりなのですが、書けているでしょうか・・・?)

ここまでご覧頂けた皆さんも、どうかnnのとある日記の一ページと思って、読み流してください。というのも、冒頭のDisclaimerの通りだからです。

今日も受験生の皆さんの勉強が、予定通りにはかどりますように祈っています。

それでは、また!



----【今日調べた中国語】---------------------------------------------------------
*ただの勉強メモです。本文とは一切関係ありません。。。

终于 zhōng-yú : finally
难倒 nán-dǎo: 困り果てる
时髦 shí-máo : trendy
意思 yì-si: 意味
发音 fā-yīn: pronunciation
相似 xiāng-sì: alike
这样 zhà-yang: in such a way
另外 ling-wàiその他に

错误:我要更学汉语!
正确:我更要学汉语!
-----------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by nn_77 | 2006-10-12 19:28 | USCPA (general)


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧