nn的BLOG

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:leverage ( 1 ) タグの人気記事

【Q&A】レバッレッジって?

----ご質問 -- ----------------------------------------------------------------------------------
最近よく耳にするFXとか、投資の話で「レバッレッジをきかせて・・・」とよく言いますが、どういうことですか?
----------------------------------------------------------------------------------------------------

以前、LBOについて記事を書いたことがありますが、あれも文字通りLeverage効果のある投資でした。

http://nn77.exblog.jp/d2007-06-21

今回は企業買収というよりは、よくFXと称される外為証拠金取引など、個人投資家が良く耳にする観点からレバレッジなんぞや?を見て見ましょう。

今、例えば、下記のような投資を例に考えて見ましょう。
***************************************************************************
1ドル=100円の時に1000万円を払って、10万ドルを買います。
1ドル=103円の時に10万ドルを売って、等価の円を買うと1030万円になります。
結果、30万円儲かります。
(注:実際はドル円の両替に1ドルあたり1円かかるので、10万ドルを買うときと10万ドルを売るときにそれぞれ10万円の手数料がかかるので、合計20万円の両替手数料がかかるので、儲けの純額は30万円―20万円=10万円、です。)
***************************************************************************

両替だけで30万円(純額10万円)儲けられるのはスゴイと思いますが、そのためには、元手となる10万ドルを買う(仕入れる)必要があります。

1ドル100円なら、10万ドルは1000万円。 高いですね。

でも、将来1ドル=103円になったら、この10万ドルは絶対に売る、つまり手放すわけです。欲しいのは、為替差益3円の部分だけ。だったら、この10万ドルを最初に1000万円も払って、「買う」必要は本当にあるのでしょうか?将来1ドル=103円になったらすぐ手放すのだから、ちょっとの間だけ、借りることはできないでしょうか?

これが最近FXや株の信用取引なんかで取られてる手法ですね。例えば、10万円という保証金を差し入れることで、上記のようなスケールの取引きをさせてもらえるわけです。

これは、10万円を払って10万ドル(1000万円)を買うわけではありません。

10万円を保証金として預けて、10万ドル(1000万円)規模の取引きをさせてもらえるだけなのです。

10万円差し入れて1000万円相当の10万ドルを買って、後でその10万ドルをそのまま売る、と言うと、10万円を元手に、一度は1000万円相当の金が手元に来るように錯覚しますが、厳密には違います。

10万円の保証金を差し入れることでこちらを信用してもらって、業者に10万ドルを市場から買ってきてもらって、後日、1ドル103円になったときに、その10万ドルをまた業者に紙上で売ってもらうだけです。そして、「為替差益」に相当する30万円(純額10万円)だけ、受け取ります。これがいわゆる「差金決済」取引きというやつです。

だから、一度も、自分の手元に10万ドルを持って、「おぉ、これが10万ドル(1000万円)かぁ!」と感動を味わうことはありません。

でも、10万円で1000万円規模の取引きができるんですから、スゴイですよね。これがよくいうレバレッジ(てこ)を効かすというやつです。下記だと、レバレッジ100倍。

a0050593_131859.gif



FXを外為証拠金取引といいますが、まさに、証拠金で外国為替取引をしているわけです。

商品先物取引も、この意味においては同じようなものだと思います。小豆や大豆や小麦の商品先物市場がありますが、別に、小豆を大量に買うわけではありません。あくまでも、証拠金を担保に、大量の小豆を買ってもらって、将来、それを売ってもらって、儲けた差額金だけ手にするわけですね。
株式投資の信用取引も似たようなスキームかと思います。

で、なにがリスクかというと、先の例で言えば、1ドル=103円にならない可能性もあるわけです。いつまで経っても1ドル=101円どまりだったり、例えば、逆に円高になって1ドル=90円になったらどうなるでしょう?
そうなったら、10万ドルは、円に両替しても、900万円にしかなりません。100万円の損失ですね。先に説明した両替手数料も合わせると、120万円の損失です。10万円の投資をして、10万円全額失うどころか、追加で110万円の借金を背負うことになります。

まさに、ハイリスク、ハイリターンの例ですね。

FXに関して言えば、業者にもよるようですが、差し入れた証拠金以上のロスが発生する前に取引き清算or 差し入れ保証金の追加を迫ってくるところが多いと聞きます。もし、この仕組みがキチンと機能すれば、実際には、差し入れ証拠金以上のロスを被ることはないですね。

ただ、こうした管理がなければ、レバレッジを効かせすぎると、投資元本以上のロス(効かせたレバレッジの分だけ大きなロス)を被る可能性があることがあるのが、この種の投資のやっかいなところかもしれません。
[PR]
by nn_77 | 2007-07-26 12:55 | >BEC


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧