nn的BLOG

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:inventory ( 2 ) タグの人気記事

質問回答コーナー:連結会計の処理 (お詫び&訂正編)

実は、昨日の記事の解説が間違っていました!

今朝、目が覚めてから、見直してみたら、おかしな箇所があることに気づきました。

「あ~あ、やっちゃった。」 というやつです(涙)

既に、ご質問を頂戴したkikiさんからの御礼コメントまで入っていました。
やっぱり、プロのCPA試験講師には遠く及ばないnnでした。

しょげていても仕方が無いんで、昨日の記事の修正版を以下に書きます。


--------------------------------------------------------------------------------------

さて、昨日は、kikiさんからの連結についてのご質問への回答を試みたわけですが、今朝、読み直すと、おかしいところが2点!

1: 過大計上されているInventoryは$150,000なのに、仕訳で消しているInventoryは$100,000! (→これは数字を$150,000に直せばよし!)

2: 過大計上されているProfitを消す、とか言いながら、(Cr.)サイドにProfit項目を持ってきている。利益項目を消すなら、(Dr.)サイドにもってこないといけないのでは? 


いろいろ、考え直して、下記の回答にたどり着きました。

(Dr.) P社のSales 250,000  / (Cr.) S社のInventory 150,000
                         P社のCGS     100,000


後で図で確認しますが、先ずは、そもそもの今回のtransactionのjournal entryをピックアップしていきましょう。

1) P社が、在庫のうち$100,000 について、$150,000 の利幅を乗せた上で、S社に販売した。

> まず、P社のSalesがたちますね。
A/R       250,000  /  Sales     250,000

>そして、P社の在庫が減ります
CGS      100,000  /  Inventory  100,000

2) S社は、$250,000 で在庫を積み増しました。これは全部売れ残って、当期の販売には充てられていません。

> S社は、仕入れの仕訳だけですね。
Inventory     250,000  /  A/P    250,000


・・・で、今回は、そもそもS社とP社を一体としてみたときに、当該在庫については何の販売活動も実現していないことになりますので、上記がそもそも無かったことにしてしまえばいいわけです。

全部の反対仕訳をすると、


Sales      250,000   /  A/R      250,000
Inventory  100,000   /  CGS      100,000
A/P       250,000   / Inventory   250,000 

で、これをInventoryが両サイドにあるので、これを整理すると、

Sales      250,000   /  A/R      250,000
A/P       250,000   /  CGS      100,000
                   / Inventory   150,000 


となります。一応、上記が答と思われますが、もしP社とS社の間でA/PとA/Rの決済が済んでいたら、

Sales      250,000   /  CGS      100,000
                    / Inventory   150,000

となります。Payableの決済が済んでいるというのは、Cash$250,000が、P社のCashから、S社のCashに移っただけなので、両社を一体としてみた場合、結局Cash accountから出ていないことになりますものね。


さて、上記の仕訳の正当性を図でも確認してみましょう。


まず、Sales $250,000 の消去について。

昨日、図で見たように、今回、こうなります。
a0050593_1301455.jpg


P社の売上げのうち、$250,000は、S社のI/Sに流れずに、S社のBalance Sheetに流れ込みます。全く売れてないので、年間の利益の流れを測るI/Sには登場せず、年末時点での在庫にまるまる計上されるだけです。しかし、両社のI/SをGrossでみると、黄色の250,000の売上げの部分がSalesに含まれてしまっています。このままだと、$250,000が、外部への売上げに含まれてしまいます。したがって、これを消す必要があります。

だから、「Sales $250,000 の消去」は必要ですね。


次に、CGS $100,000の消去について。

さっき、「P社のSalesを消去した」という事実をみたとき、もう一つ、セットで調整しておく必要があったものがあります。

それは、P社のCGSの調整です。

P社のIncome Statementを見ると、Gross Profit Rate(売上総利益率)が一目瞭然。P社は400,000のモノを1,000,000を売り上げて、600,000の利益を出す会社です。

で、さっきしたのは、このP社の売上げのうちの250,000について、「いや、それはまだ、外部には売れてないから」と言って、Sales 250,000を無しにしたのでした。

先程確認したP社のGross Profit Rateから逆算すれば、現在のP社の単独I/SにおけるCGS $400,000のうち、$100,000はこのSales 250,000に対応する部分です。($250,000×40%)

今、P社のSales $250,000を「無し」にするのであれば、P社のCGSからこの$100,000も「無し」にしなければなりません。つまり、下記のCGSの黄色部分の消去ですね。
a0050593_12422563.jpg


Salesを消すのですから、対応する部分のCGSも消さなければいけない、ということです。販売が成立しなかったことになるのだから、そのコストも発生しなかったハズ。

ということで、、「CGS $100,000 の消去」も必要ですね。

目ざとい方は、上記の図で、利益の部分のオレンジ色の$150,000も減らなければ、と思われたでしょう。

その前に、今度は、S社のB/Sを見てみましょう。

今回、このInventoryは、P社から、S社に対して“on the same terms as sales made to third parties. ”で「販売」されたわけです。つまり、P社は、ちゃんと「利益」を上乗せしてS社に売っているし、S社の当該在庫は、P社が上乗せした利益の分だけ、過大計上されていることになるんですね。 さっき、P社の上乗せ利益は$150,000であることを確認していますから、下記のような図がイメージできますね。

a0050593_1314284.jpg


この$150,000は、関連会社内で在庫を移しただけで発生している額になりますから、いわば、幻のInventoryです。S社を単体で見るならこれも込みでInventory、ということでいいのですが、P社、S社を一体としてみるとき、こんなInventoryは、消去しなければいけませんね。

したがって、「Inventory $150,000 の消去」も、やはり必要ですね。

ところで、ここで消去するInventory $150,000は、S社のEnding Inventoryです。
よくあるInventoryのボックス図で考えると、S社のEnding Inventoryの減少は、S社の当期CGSの増加につながり、結果的に、S社の利益が$150,000減ったことになります。

さっき、上記で見た、P社のI/Sのオレンジ色の$150,000との調整がここで図れるわけですね。さっきのP社のI/Sのオレンジ色のところでは$150,000が多いままにしていたみたいだけれど、いま、S社のEIを減らすことで、結果的にS社I/Sの利益が$150,000減ったから、連結ベースでの利益はちゃんと調整が図られることになります。


---------------------------------------------------------------------------------

以上です。
昨日の記事を一生懸命ご覧頂いた方、ごめんなさい。

これが、プロのCPAだったらクライアントさんの信用を失い、顧問料返せ!という事態になるだろうし、CPA予備校の講師だったら、授業料返せ!ということになってたんでしょうね。

まだまだ、甘ちゃん、ド素人のnnでした~(涙)


こんな感じですので、nnの記事は、常にだまされないように、critical viewをもってご覧ください。

ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。 m(_ _)m
[PR]
by nn_77 | 2007-09-25 13:14 | >FARE

Error Correction regarding Error Correction!

On Aug.17, 2007, I gave my idea about the questions given on the CPA net. I gave a second thought about my response regarding question#1, and corrected my idea in the following way.

The question was,

"The physical inventory count on Dec 31, 01, improperly excluded merchandise costing $39,000 that had been temporarily stored in a public warehouse. The company uses a periodic inventory system. How should we make an adjustment to the journal entry."

Now, in my opinion, the AJE should be

(Dr.) CGS 39,000 / RE 39,000 (Cr.)

Following are my reasoning.

1. Why should we debit RE by $39,000?
a0050593_12551546.gif

Understated Ending Inventory of FY2001 results in the overstated CGS of FY2001, which leads to the understated Net Income of FY2001. The amount of Net Income of a period is accumulated at the equity part and is carried over to the next period. Thus, the understated Net Income of FY2001 leads to the understated R/E of the next period.
In this case, R/E of FY2002 is understated by $39,000, and you have to make an adjustment by crediting (increasing) R/E of FY2002 by $39,000.

2. Why should we debit CGS by $39,000?
a0050593_12553476.gif

Understated Ending Inventory of FY2001 results in the understated CGS of FY2002, on the condition that Ending Inventory of FY2002 was counted correctly. For adjustment, you have to increase CGS of FY2002 by debiting $39,000 CGS.

By the way, my idea above is still conditional!
It could have two other variations depending on the condition given in the situation of the question.

1) When the error was found before tne year end inventory counting, it should be as follows.

(Dr.) Inventory 39,000 / RE 39,000 (Cr.)

In my previous post, I wrote "on the condition that Ending Inventory of FY2002 was counted correctly." If the year end inventory counting was not conducted at this point and the amount of EI was not fixed yet, then we should increase the amount of Beginning Inventory of FY2002.


2) If the tax rate is given in the question, the adjustment of R/E should be net of tax. Say, if the tax rate was 40%, then it should be:

(Dr.) Inventory 39,000 / RE 23,400 (Cr.)
             / Taxes Payable 15,600 (Cr.)

Adjustment of the RE is done to adjust the effects from the previous year's incorrect Net Income, which was the result of calculation after deducting tax expenses of the period. The effect of over/understatements of some accounts affects both Net Income and Tax Expense of the period, which should be adjusted by restating R/E and Tax payable of the following periods.

Above correction was added to the CPA-NET article in question.
If my idea above still has some flaw, there will appear some arguments again. Let's see.
[PR]
by nn_77 | 2007-09-03 12:53 | >FARE


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧