nn的BLOG

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:Receivable Collection Period ( 1 ) タグの人気記事

質問コーナー (Re:売掛金回収期間)

おはようございます。今日も、質問コーナーの時間です。
お便りを頂きましたので紹介します。

>NNさん,こんばんは!
--- 時差がありますね(笑) おはようございます!

>BECの勉強をしています。分からないとこなどあるので、nnさんのブログのBECの箇所を読み返して、理解を深めています!!
--- そうおっしゃっていただけると、嬉しいです。でも、professional skepticismをもってお読みください。間違ってるかもしれませんよー!

>日本語のところもあるので、私にはとてもありがたいです!
--- どうもです。でも、最近、ブログに日本語が増えすぎて、英語欠乏症になりつつあるnnですので、またしばらく英語になるかも。 引き続きご愛顧いただければ幸いです。


>棚卸資産の回転率、ラーメン屋さんの例、かなり納得できました(笑)!!
分かりやすいですホントヽ(^o^)丿
--- Wow. あれも読んでいただけたのですか。ありがとうございます。
m(_ _)m

あれからもう1ヶ月以上経つのか。。。
もう本試験まで50日しかないなぁ。。。
早い!ヤバイ!マズイ!(吉野家の反対の法則)

>そこで、質問なんですが、
>売掛金回収期間(Receivable Collection Period)
>=Average receivables÷Credit sales per day

>となっています。

>どうして、Credit sales per dayなのか、分かりません。。
>receivables collection per dayなら意味はわかるのですが(>_<)



今回のご質問は、

Receivable Collection Period
= Average receivables ÷ Credit Sales per day

VS

Receivable Collection Period
= Average receivables ÷ receivables collection per day

ですね!

まず、検証したら、これら2つの計算結果は同じであることが分かりました。

例を考えて見ましょう。

●売掛金回収期間を求める
(売り上げは全て掛売りのA社のデータ)
 ・年間売り上げ 36,500ドル。
 ・1日平均売り上げ 100ドル
 ・平均AR残高 9,000ドル

テキストの公式だと、
Receivable Collection Period
= Average receivables ÷ Credit Sales per day
= 9,000 ÷ 100
= 90日

となる、と。 で、ここで、売掛金「回収」期間なんやから、

Receivable Collection Period
= Average receivables ÷ receivables collection per day

やんか!とのご意見。

では、こっちの式で考えて見ましょう。

上記の例では、
 ・年間売り上げ 36,500ドル。
 ・1日平均売り上げ 100ドル
 ・平均AR残高 9,000ドル
   →「平均」なわけだから、仮に、期初ARも期末ARもたまたま平均値の9,000ドルだったとする。

すると、下記が作れます。

     
-------------------------------
期初  9,000  |
売上 36,500  | 回収 ?
--------------------------------
期末  9,000

? には、計算すると、$36,500が入りますよね。

     

--------------------------------
期初  9,000  |
売上 36,500  | 回収 36,500
--------------------------------
期末  9,000

従って、1日あたりのAR回収額は$36,500÷365日=$100

ここで、

Receivable Collection Period
= Average receivables ÷ receivables collection per day

を使って考えてみると、
$9,000÷ $100 = 90日

あれ、いっしょ!

。。。ということで、まず、計算としては、どちらでもよさそうです。


しかし、いろんなテキストどれみても、

Receivable Collection Period
= Average receivables ÷ receivables collection per day
 ではなく、

Receivable Collection Period
= Average receivables ÷ Credit Sales per day

を使っています。あえて後者のほうが好まれる理由をいくつか考えてみました。

理由1)発想の問題
「何日で回収できるか」と考えてもいいのですが、ここではむしろ、「ARが何日間outstandingか?」という発想なのだと思います。
ある会社が、全てCredit salesで販売していたら、販売仕分け 仕訳 は全て

Account Receivables *** / Sales ***

になりますよね。

さっきの例で、毎日、100ドル売り上げたら、
Day1 Sales=100, AR(累計)=100
Day2  Sales=100, AR(累計)=200
Day3  Sales=100, AR(累計)=300

    ・
    ・
Day90 Sales=100, AR(累計)=9,000

さて、91日目には、どうなるでしょうか?

Day91 Sales=100, AR(累計)=9,000

あれ、AR(累計)=9,100ではないのか? 違いますよね、Day91には、Day1の売り上げ100が回収されてしまうので、Day91のARの動きは

朝一番の残高 9,000 + その日の売上げ100 -Day1の売上げ
の回収 100
= 9,000

で、これ以降ずーっと9,000となるわけです。

つまり、ARについては、
(1) Sales per dayの額(例=100)だけ毎日増加していき、
(2) Sales per dayの額の90倍に達したら、それ以上増加しない。なぜなら、初日の回収が始まるから。
(3)ゆえに、Sales per dayの何倍の額でARの増加がストップするかを確認すれば、1件1件のARの回収に何日要するのかが分かる仕組みになっている。

ということだと思います。

ここまでで、

Receivable Collection Period
= Average receivables ÷ Credit Sales per day

でもいいことが分かりますよね。


理由2) Sales(per day)の方が指標として使い勝手がいい

残る疑問は、なぜ、

Receivable Collection Period
= Average receivables ÷ receivables collection per day

の方が不人気なのかということですね。冒頭で確認したように、こっちでもいいはずなのに。

ここからは完全に私見ですが、

ひとつには、財務分析において、Sales(及びSales per day)が扱いやすいということがあると思います。上記でも、Sales per dayはSales を365で割るだけですぐ算出できましたが、Receivable collection per dayの算出にはワンクッション置きました。 手間がひとつ多かったですよね。また、Salesは、粗利率(gross profit margine)の算出や、経費率など、諸データを出す上で指標に使われやすい数字でもあります。同じ使うなら、receivables collection per dayよりも、Credit Sales per dayのほうが、便利で一般的、というイメージが私にはあります。

それから、Sales per day(あるいは、Purchase per day)にくらべると、 collection per dayという考え方は、感覚的に、商慣習の実体とずれるというのがあるのではないかと思います。 Sales(売上)はセールスマンが日々頑張って営業してあげていますし、Purchase(仕入)も、タイムリーに行って品切れを防ぐことが大事なので、日々、とは言わないまでも、月中にある程度頻繁に起こると思います。これに対し、これら取引きの決済となるcash payment や collection は「月末締め翌月末払い」といった形で、まとまって起こることが多いので、cash collection per dayというのは、managementにとっては、少しピンとこないところがあるのかもしれません。(銀行も25日や月末などの特定日は為替部門がてんてこまいです。)

以上です。今回は、あまり面白くもなく、またスカッとしない回答ですみませんでした。m(_ _)mここらあたりが私の知識の限界かもしれませんね(笑)

Thank you for your question email. Answering it deepend my understanding as well.

Let's keep working for USCPA exam study! See you again. Bye!
[PR]
by nn_77 | 2006-06-10 08:00 | >BEC


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧