nn的BLOG

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:Organizational expenditure ( 1 ) タグの人気記事

創業費 Organizational expenditure

**【ご質問内容】 *************************************
REGの「創業費Organizational expenditure」ですが、自分はANJOのテキストを使っているが、2005年度版で、テキストとオンラインで見れる授業(msubillings大学)と違う内容なっているようで、2006年よりルールが大きく変わったみたいで、どんなところが変わったでしょうか?
教えていただけますか。よろしくお願いします。

Posted by 「CPA受験生」さん (2006.10.28の記事へのコメントより抜粋)
*************************************************

「CPA受験生」さん。こんにちは。先程は、中国語をご教授頂いて、ありがとうございました。m(_ _)m  中国語、まだまだ「你好(ニーハオ)」「饺子(ぎょうざ)」「好吃(おいしい)」くらいしか分からないnnですが (^_^) 、これからは本格的に勉強をして、先ずは来年3月に、中国語検定4級(笑)を目指したいと思いますので、今後とも宜しくお願いします!

さて、ご質問の件に移りましょう。「創業費Organizational expenditure」の改正点ですね。

まずは、結論から。
私が閉鎖直前のANJOのウェブサイトよりプリントアウトしたCPA2税法の変更点補足資料によりますと、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ポイント】
(1) 初年度は$5,000まで控除できる。
(2) 残額は180ヶ月で償却(may be amortized over 180 months)
(3) 会社の営業開始月(the month that the corporation begins business)から
  月割りで償却する。
(4) 創業に係る経費が対象であるが、株式発酵関係に関する費用(expenses incurred
  in connection with issuing stock)は対象外。
  (例)株式の印刷費用、証券会社への手数料(commission)は対象外

以上、『2006年度 CPA2税法(Federal Taxation) 主な変更点:補足資料』16ページより引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということです。以前は、単に「創業費は60ヶ月以上で均等に月割り償却」でしたよね。

さて、倒産した予備校の閉鎖されたホームページからの情報ですし、私自身も、試験勉強をやめてからもう3ヶ月が経過(早い!)していますので、こうした情報がどこまで正確かは怪しいものです。msubillings大学のフォローアップも無事続いているようですので、もし、質問などできるようでしたら、是非、ご確認されることをおススメします。

な~んて書きながら、nn自身も気になったので、いつものようにIRS(Internal Revernue Service)のウェブサイトで調べてみました。

そしたら、下記のように該当する記述をぱらぱらと発見しました。(赤字/青字はnnがほどこしたもの)

(1) 初年度は$5,000まで控除できる。

http://www.irs.gov/publications/p535/ch08.html#d0e6639 より一部抜粋
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Business start-up and organizational costs are generally capital expenditures. However, you can elect to deduct up to $5,000 of business start-up and $5,000 of organizational costs paid or incurred after October 22, 2004. The $5,000 deduction is reduced by the amount your total start-up or organizational costs exceed $50,000. Any remaining costs must be amortized. For information about amortizing start-up and organizational costs, see chapter 9.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記赤字部分で触れられていますね。
また、上記青字箇所をみると、創業費が$50,000を超過すると、その超過部分はこの$5,000のphase-out要因になるみたいですね。確かに、この事についても、Anjoのアップデートデータの別の部分で確かに触れられていました。


さて、次です。

(2) 残額は180ヶ月で償却(may be amortized over 180 months)
(3) 会社の営業開始月(the month that the corporation begins business)から月割りで償却する。


http://www.irs.gov/publications/p535/ch09.html#d0e7041 より一部抜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
However, you can elect to amortize certain costs for setting up and organizing your business. For costs paid or incurred before October 23, 2004, you can elect an amortization period of 60 months or more. For costs paid or incurred after October 22, 2004, you can elect to deduct a limited amount of start-up and organizational costs (see chapter 8). The costs that are not deducted currently can be amortized ratably over a 180-month period. The amortization period starts with the month your active trade or business begins.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記赤字部分に(2)と(3)のことについて触れられていますね。
で、上記、青字部分によると、今回のルールの適用の分かれ目は2004年10月22日のようですね。この日以降に支払われた創業費が今回のルールの適用対象。で、それ以前に支払われたものは旧ルール(60月以上での償却)が適用されるようです。
ちなみに、a limited amount (chapter8参照)とあるのは、さっき(1)で確認した$5,000のことですね。

次は、最後のポイント。

(4) 創業に係る経費が対象であるが、株式発酵関係に関する費用(expenses incurred in connection with issuing stock)は対象外。
(例)株式の印刷費用、証券会社への手数料(commission)は対象外

http://www.irs.gov/publications/p535/ch09.html#d0e7139 より一部抜粋。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Nonqualifying costs.
The following costs are not organizational costs. They are capital expenses that you cannot amortize.
  ・Costs for issuing and selling stock or securities, such as commissions,
    professional fees, and printing costs.

  ・Costs associated with the transfer of assets to the corporation.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・上記赤字部分で触れられていますね。


さて、以上見てきた限りでは、どうやら、倒産前にAnjoが公開してくれたアップデート情報については、一応、IRSのウェブサイトでも裏づけがとれるようです。

でも、nnの勘違い、なーんてこともあるかもしれませんので、くれぐれもそのあたりは、読者の皆様の自己責任で採用、不採用のご判断をお願いいたします。

それでは、今日も皆様のCPA勉強が順調に進むことを祈って、今日はこの辺で。
[PR]
by nn_77 | 2006-10-29 23:53 | >REG


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧