nn的BLOG

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:Impairment ( 3 ) タグの人気記事

【Q&A】 Assetの評価 (昨日・一昨日の記事の補足)

一昨日昨日と【Q&A】として掲載していたImpairment、減損会計の話について、当初ご質問を下さったkikiさんからメッセージを頂きました。

--- Comment from kikiさん --------------------------------------------------------------------
問題文のrecoverは回収ということなんですね。そしてimpairment後FVが上がりCAを超えてもresoreしないのですね。改めてBeckerのテキストを見ると、Assets held for useの場合、restoration not permitted、Aessets held for disposalの場合、restoration is permitted、と書いています。この記事を見て、この意味がよくわかりました。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

そうそう、上記も大切なポイントでしたね。

nnは受験時代、下記のように考えていました。

> Aessets held for disposalの場合、restoration is permitted

・・・ 売る気満々の資産なんだから、今、売れたら一体いくらになるのかが大切。だから、前期に時価評価して切り下げていても、また値上がりしていれば、当然、それも反映。(ただし、元の簿価を超えるのはダメ
・・ 但し、当該資産は、もはや購入当時の目的では機能していないので、「Other Assets(その他資産)」に分類してしまう。もはや、収益に貢献させるつもりもない資産と化しているので、減価償却も、もうシナイ。 ← 理由は、一昨日昨日の記事に書いた減価償却の目的をご参照ください。)


> Assets held for useの場合、restoration not permitted

・・・ 売却するつもりがなく、ずっと使い続ける資産なのだから、ちょっと時価が上がったくらいで簿価を切り上げするなんてダメ。
・・・ それよりも、当該資産の購入コストと、当該資産のもたらす収益などを将来に渡って適切に対応させていく(matchingしていく)コトのほうが大切だから、そのために、減価償却や減損会計の適用をしていく。

↑ が理由でそうなったかどうかは知りませんが、そう考えるとつじつまが合うので、覚えやすかったです。皆さんも実践されていると思いますが、私も、こうやって、「なぜ?」を考えながら、その答を(自分で勝手に:汗)作っていくと、諸々のルールが覚えやすかったです。

常に問題意識をもって「なぜ?」を考えながら勉強していく、というのは一見大変なようですが、実は、そうやっていくほうが、トータルでは楽ですよね。
[PR]
by nn_77 | 2007-07-24 20:07 | >FARE

【Q&A】Impairmentとrecoveryの関係 パート2

===前回のあらすじ============================================
Impairment accounting(減損会計)も含め、資産の会計処理におけるrecoveryという単語の意味は、「減価償却費用の計上=初期投資コストの回収(recovery)」というものだった。
ところで、「一度、減損処理したら、その後、万が一、時価>簿価だったとしても、時価評価にあわせて簿価を回復させるということはしない」というルールの中の「回復」に当たる言葉、これもやはりrecoveryなのだろうか、それとも他の英単語がつかわれているのか?(他の単語の方が、紛らわしくなくていい)
==============================================================

ということで、リサーチをすることにしました。

nnはいつもGoogleからリサーチを開始します。
今回も、

減損、impairment、fas

などのキーワードで検索。

すると、FAS144が、減損会計に関するstandardだということが分かりました。
FASの見方は、以前この記事でも紹介しましたが、こうしたFASBのサイトに、PDFで連番で上げられているので、URLのFASの番号が入るところに、144と入れてやると、すぐに見つかりました。

コレです→ http://www.fasb.org/pdf/fas144.pdf

あとは、このPDF上のどこに、「時価評価にあわせて簿価を回復させるということはしない」という記述の英文があるかを見つけるだけでした。


・・・が、ココからが大変でした。ザーッと目を通してみたり、PDFの検索モードで色々調べてみるも、ノン・ネイティブのnnには荷が重過ぎました。 (T▽T)

まずは、recoveryやrecoverで調べてみたのですが、昨日書いた減価償却による当初投資コストの”回収(recovery)”の意味での使われ方しか見つかりません。

「時価評価にあわせて簿価を回復させるということはしない」とう日本語の英訳を考えて、improvementとか、fair valueとかで調べますが、うまく見つけられません。

ANJOのテキストも、この辺は和文で説明されていて、引用英文がありません。

こまった。

さて、どうするか。。。  (-。-)y-゜゜゜

と、何気なく本棚を見ると、目に留まったのはWILEY。

そうだ、僕は英文の問題集を持っているじゃないか。この解説欄には、きっと英語で説明がある。

WILEYのどこを見ればImpairmentの記載があるかなんて、受験から1年たった今でもすぐ分かる。(WIELYがうまく構成されているだけのことだけど)

あった、ここだ。MCの解説をみるとするか。どれどれ・・・

“・・・ SFAS144 specifically states that restoration of previously recognized impairment loss is prohibited.”

あった (^_^)v ナルホド、RESTORATIONか~!

でも、今思えば、最初からコレを見ていれば、減損会計=FAS144ってすぐわかったのだ。
(――;)

さて、FASBのサイトのFAS144のPDFで、”restoration”で検索すると、、、


ページが分かれてて見にくいけど、書いてますね。
“Restoration of a previously recognized impairment loss is prohibited.”

a0050593_23464434.jpg


ということで、

「一度、減損処理したら、その後の減損テストを経て、万が一、時価>簿価だったとしても、時価評価にあわせて簿価を回復させるということはしない」

・・・の部分は、「impairment後は recover restor しない筈」と覚えればもう、ここでつまずかない、といことですね。

以上、前回と今回の記事を経て、本件、解決!(^o^)/

ということで、SIMのWritten Communicationの締めの決まり文句で、今日も締めくくりたいと思います。

If you have any further question, please feel free to contact nn.
[PR]
by nn_77 | 2007-07-23 23:45 | >FARE

【Q&A】Impairmentとrecoveryの関係 パート1

週末に、ご質問メールを頂戴しました。FARで頻出のImpairment Accounting(減損会計)に関する問題です。今日の日記と、明日の日記の2回に分けて、追いかけてみたいと思います。


-----(Question from my friend in US)--------------------------------------------------------------------
質問したいことがありましたので、メールしました。Beckerからですが、93年の過去問です。

On January 2, 1989, Reed Co. purchased a machine for $800,000 and established an annual depreciation charge of $100,000 over an eight-year life. During 1992, after issuing its 1991 financial statements, Reed concluded that: (1) the machine suffered permanent impairment of its operational value, and (2) $200,000 is a reasonable estimate of the amount expected to be recovered through use of the machine for the period January 1, 1992, through December 31, 1996. In Reed's December 31, 1992, balance sheet, the machine should be reported at a carrying amount of:

a $0
b $100,000
c $160,000
d $400,000

Choice "c" is correct. When a permanent impairment has occurred, the book value is reduced with a credit to accumulated depreciation. Depreciation of the remaining balance is taken over the remaining life. The $200,000 is depreciated over 5 years, or $40,000 for 1992. The carrying amount on December 31, 1992 is $200,000 - $40,000 = $160,000.

質問は問題文の(2)の意味です。a~dの中で選ぶので、cになると思いますが、アンダーラインのところが気になりました。(2)はimpairment後、 carrying amountが$200,000になったと読み取ったのですが、自分の中では納得ができませんでした。impairment後はrecoverしない筈だったので、腑に落ちないです。しかし、dは明らかに(1)を無視するのでカットして、やむを得ず、cを選んだ次第です・・・。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------



Impairmentの問題を復習するのに非常に良い問題ですね。ご質問の件も含めて、いろんなポイントから整理できる問題だと思います。

まず、ご質問の点から端的にお話しましょう。

質問の点は下記のみですね。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** **
$200,000 is a reasonable estimate of the amount expected to be recovered through use of the machine for the period January 1, 1992, through December 31, 1996.

アンダーラインのところが気になりました。(2)はimpairment後、 carrying amountが$200,000になったと読み取ったのですが、自分の中では納得ができませんでした。impairment後はrecoverしない筈だったので、腑に落ちないです。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** **

ナルホド、そうですね。Impairment testの末に、時価評価し直して減損処理したら、翌期以降、時価が上昇しても、時価の回復に会わせて当該資産の(減損後の)簿価をまた上げたりしない(回復させない)ということでした。

でも、ここでのrecoverというのは、上記で確認した、時価評価の上昇にともなって簿価を元に戻す、という意味ではないのです。

ここでのrecoverというのは、その固定資産から将来流入が期待される価値(キャッシュフローなど)によって、固定資産に費やしたコスト(=その資産のB/S上の簿価)をリカバーできるか、という意味のrecoverなんです。

以上で「あ、そうか。」と思われたら、もうそれでOK。本件解決です。

・・・が、私の自己満足の為に、以下、蛇足を続けます。

ポイントは2つ。「資産計上における”recovery”という言葉の意味」と「資産計上におけるImpairmentの必要性」のふたつです。


ポイント1:資産計上における”recovery”の意味

減損会計(Impairment Accounting)の考え方をはじめ、諸々の会計ルールの目的はfair representation of financial statementsです。まず、この目的を達成するために、固定資産の計上はどうするべきかを考えて見ましょう。

冒頭の例題のように、ある年に800,000ドルの機械設備を購入したとします。確かに、その期に一括払いで800,000ドルを支払ったわけですが、その額を全額その期の費用としてexpenseしていいでしょうか?確かに、Cash flowはそうなのですが、収益と費用を対応させて考えるmatching principleで考えると、こうはいきません。

なぜか?

もしも、最初の年に8000,000ドル全部計上してしまうと、残りの8年間はもう費用計上の必要がなくなります。残りの8年間で、この機械がどんどん生産をしていって、収益を上げていくわけです。残りの8年間のIncome statementだけをみると、あたかも、当初の800,000ドルの支出無しに、毎年それだけの収益を上げたように映りますね。これではfinancial statementsがfairにrepresentされていません。

 では、どうすべきか?

問題によれば、800,000ドルのこの機械は、向こう8年間、当社に収益をもたらしてくれるわけです。だから、この当初の800,000ドルの支出は、向こう8年間に毎年入ってくる収益を稼ぐための支出なのです。ですから、費用計上も、向こう8年間に渡って収益の計上とあわせて段々行っていきます。
この為に、一度、800,000ドルを資産化して、その後、毎年100,000ドルずつ減価償却(depreciation)していくわけですね。

(購入時)
Machine  800  / Cash  800

(1年後の減価償却)
Depreciation Exp.  100 /  Machine  100
(BV of Machine = 700)

 ココが大事! ( ..)φ

 つまり、当初の800,000ドルの設備投資は、毎年100,000ドルずつ回収されているということになるんです。

 え? 100千ドルずつ回収じゃなくて、100千ドルずつ支出されているんじゃないかって?

 Machine購入の費用だけ考えたら、そうですね。でも、そもそもMachineを買った目的は、Machineが生産して、売上げを伸ばしてくれるからです。

 例えば、ある年の800,000ドルのMachineの導入によって、その後8年間、毎年の売上げが150,000ドル増加したと仮定しましょう。800,000ドルをS/Lで償却していくなら、単年度でみると、

Sales   150,000
Expense  (100,000)
Net Income  50,000

これは、言葉で表現すれば、
「昨年、800,000ドルのお金を投じて、機械設備を導入した。そのおかげで、今年は、150,000ドルの売上げが上がった。これは、(機械をS/Lで償却という前提で考えると)今期は、当初に投じた800,000ドルのうち、100,000ドルの回収を行い、さらに50,000ドルの利益を得られた
ということです。つまり、毎年、機械設備を償却するのは、当初の投資コストを毎年費用化しているという側面と、当初の投資コストを毎年回収している、という側面の両方を併せ持つのです。後者の側面から、この現象を見たとき、冒頭で紹介した、

「ここでのrecoverというのは、その固定資産から将来流入が期待される価値(キャッシュフローなど)によって、固定資産に費やしたコスト(=その資産のB/S上の簿価)をリカバーできるか、という意味のrecoverなんです。」

という意味がご理解いただけるのではないかと思います。


ポイント2:Impairmentの必要性
 減価償却は、はじめに決められたルールに従って、規則どおりに行われていきます。冒頭の問題であれば、800,000ドルの機械を向こう8年間で残存価格ゼロで償却していくと決めたからには、毎年、100,000ドルを機械的に費用計上していくことになります。
機械的に行うということは、前段で見たように、機械がキチンと収益を上げようが上げまいが、そうした商売の現状は無視して、行われるということです。これだと、下記みたいな年もでてきます。

例:2年目には、同業他社も同じような機械を導入して似たような製品を販売し始めたので、価格引下げ競争が始まり、想定していた収益が上げられなくなった。今期なんか、売上げが1000ドルになっちゃった。

Sales   1,000
Expense  (100,000)
Net Income  (99,000)

こんな状況でも、「機械的に」減価償却をすると、上記のようになります。
これを、言葉で説明すると、
「昨年、800,000ドルのお金を投じて、機械設備を導入した。そのおかげで、1年目は、150,000ドルの売上げが上がった。これは、(機械をS/Lで償却という前提で考えると)最初に当初に投じた800,000ドルのうち、100,000ドルの回収を行い、さらに50,000ドルの利益を得られたということだ。ところが2年目は、1000ドルしか売上げがなかった。これは、未回収コスト700,000ドルのうち、100,000ドルの回収を行い、結果99,000ドルの赤字になったということだ
・・・となるのですが、後半の赤字の文章、なんだか変ですね。計算としてはそうなりますが、99,000ドル赤字になるなら、そもそも100,000ドルの回収なんてできないですよね。

なんでこうなったのかな~?と考えると、機械設備が陳腐化して、もはや、毎年100,000ドルの減価償却(=資産の費用化=初期投資の分割回収)をするだけの価値が、その機械になくなってしまったからです。

じゃあ、どうすればいいか?

そう、Impairment(減損)です。機械の価値を、今一度見直して、陳腐化した後の安~い簿価に切り下げて、それを減価償却していけば、また、感覚的に「初期投資の分割回収」みたいに思えるような減価償却が再会できますね。
で、簿価を見直した結果、こうなったわけです。

“$200,000 is a reasonable estimate of the amount expected to be recovered through use of the machine for the period January 1, 1992, through December 31, 1996.”

「今後、‘92年から’96年にかけてこの機械を使用して回収できる費用(=減価償却できる総費用=B/S上の機械の簿価)は、合理的に見積もって、ま、200千ドルってとこだな。」

上記の「回収」にそうとうするのが、今回問題になった、”recover”の正体ですね。

ところで、減損処理というのは、2つのステップでしたね。

1: Impairment Testを行う
「当該資産が将来生み出す(現在価値に割り引かない単純な)キャッシュフローの総額」と、当該資産の簿価を比べる。

2:時価評価を行う
Impairment Testの結果、資産簿価が将来CF総額を下回っていたら、当該資産の時価をチェックして、時価で評価しなおす。時価が下がっていたら(普通は下がっている)、Lossを計上する。(LossはIncome from Continuing Operationsの計算に含まれる)

なぜ、おさらいしたかというと、この上記のステップ1のImpairment Testですが、私の手元のANJOの問題集では、別名”Recovery Test”と書かれています。つまり、Recovery Testとは、減価償却による当初投資コストの”回収(recovery)”がちゃんと行えるかどうか?をテストするものなのです。

以上、資産の会計処理におけるRecoveryのニュアンス、もう、よろしいでしょうか?


ここで解説を終わらないのが、しつこいnnです。

冒頭のご質問にあった誤解のもう一つの要因は、

impairment後はrecoverしない筈だったので、腑に落ちないです。」

ということでしたね。

そう、おっしゃるとおり、一度、減損処理したら、原則、上記のステップ2で、万が一、時価>簿価だったとしても、時価評価にあわせて簿価を回復させるということはしないのでした。Impairment処理では、資産の評価は、変わらないか、下がる一方。

recoveryという英単語、上記のルールでも登場する「回復」という言葉とあわせて考えると、本当に、紛らわしいですよね。

実際、FASBでは、そんな紛らわしい表現になっているのでしょうか?

よし、追いかけよう  ロ-ロ^
nnは、米国のウェブサイトの原文(FAS: Financial Accounting Standards)を調べることにしました。

(つづく)
[PR]
by nn_77 | 2007-07-22 23:38 | >FARE


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧