nn的BLOG

最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:Holder in Due Course ( 2 ) タグの人気記事

Holder Through HDC

先日、手形法で調べ物をしていたときにふと思いついてPersonal Defence vs Real Defenceに関する記事を書きました。

今日は、会社法を見ていて、Holder through Holder in Due Courseに関することを見つけました。譲渡時の株式の効力について、「善意取得」というところで、USCPAで学んだHolder in Due Courseと同じような記述があったのです。

USCPAの受験で勉強したのは、こんな感じでしたね。

a0050593_021199.jpg


受験生当時、ちょっと苦手意識をもっていたのは、Holder through a HDCについての理解です。

Holder through a HDCは、たとえ「Personal Defenceの存在を知っていても」、基本的にはHDC同様に、そのPersonal Defenceの有無に関わらず、Noteの発行人に支払い請求をできるのです。

Personal Defenceがあるなんて知らずに取得した「善意」の人がHDCになれるのは理解できます。でも、Personal Defenceがあることを事前に知っている人がHDCから受領することでHDCと同じ権利を持てるなんて、なんだか違和感がありました。

しかも、例外的に、

1) Holder in Due courseの前に当該NOTEの所持人であった人間が、
いったんHDCに譲渡して、その後にHDCから再取得しても、Holder
through a HDCにはなれない。

2) 当該NOTEに影響を与える詐欺や違法行為に関わったものもまた、HDC
から取得してもHDCにはなれない。

という項目まであります。

一体、このNoteに問題があることを知っているHolder through a HDCは、HDCと同様の権利を持ちうるのか持ち得ないのか、こんがらがってきました(当時)。

ま、ルールとしては上記にあるとおりなので、それを淡々とルールとして覚えてこなしていました。(そんな淡々理解は定着が悪く、よく、「あれ、どうやったっけ」となりましたが。。。)

で、今日、別の試験の関係で会社法を見ていて、冒頭に書いたとおり、株式の移転取得に関するところで「善意取得」に関する項目が出てきました。「あ、これ、Holder in Due Courseやんか~ ♪」と思って読んでいると、目からうろこのヒトコトが。

上記の例に即して書くと、こんな文章でした。

「HDCが、いったんPersonal Defenceの事実を知らずに善意取得した後に、さらにHolder through a HDCが、そのNOTEにPersonal Derfenceが生じていることを知りながらもそのNoteをHDCから譲り受けた場合、それでもそのHolder through a HDCは有効な所持人としてMakerに請求できる。そうしなければ、Personal Defenceの事実が公知になった後、HDCはそのNoteを誰にも譲渡することができなくなってしまい、善意取得を認められた意味が半ばなくなってしまう。

・・・たしかに。

なるほど。HDCを守るために、Holder through a HDC にも、HDCと同様の権利を与えてあげないといけないんですね。たとえそのHolder through a HDCが、Personal Defenceのことを知っていたとしても。。。

ただ、この制度を悪用して、Personal Defenceの当事者が、Holder through a HDCのステータスを得ることができないように、あの例外ルールがある、ということ。

ナットク。 やっぱり、「なぜ、そうなのか?」をセットにして学ぶのとそうでないのとでは、全然、覚えやすさが違いますね~。 Don't you think so?
[PR]
by nn_77 | 2008-03-10 00:12 | >REG

たまにはUSCPAのテキストも読み返す

米国公認会計士試験の勉強に使っていた頃のテキストは今も本棚のすぐ触れるところに残っています。実際、月に1回以上は、何かを見直しています。

今日も、日本の手形債権のことを調べていて、「人的抗弁」、「物的抗弁」という言葉を見て、あれ、英語でなんていうんやっけ?と思い、REG(ビジネスロー)のテキストを開いて復習。

そうそう、Personal DefenceとReal Defenceでした。

手形市場において、制度を整備する側としては、基本的に流通を保障したいので、人的抗弁は正当所持人(Holder in Due Course)には通用しません。 手形を割引して入手する際に、「この原因となったもともとの商取引において、なにかトラブルとかなかっただろうか?」なんてことを、手形の一枚一枚について考えていたら、手形なんて割引購入できないからです。なので、こうした(主に当事者間の商取引に関する)トラブルについては、手形の流通を妨げさせないように規定されています。これらがPersonal Defence、人的抗弁ですね。

とはいえ、盗まれた手形や、振り出された後で、流通するうちに、勝手にゼロ一つ増やされて10万が100万になった手形が提示されて「おい、100万払え」といわれてもかなわないので、これらはReal Defence(物的抗弁)として、振出人がHDCに対して手形の支払を拒絶することができる理由として認められています。

Taking this opportunity, let's see how we described and defined things above in English.

According to my textbook,

To be a holder in due course, a taker of negotiable instrument (流通証券) must
(1) be a holder of a properly negotiated negotiable instrument,
(2) give value for instrument,
(3) take the instrument in good faith, and
(4) take without notice that it is overdue, hs been dishonored, or that any person has a defense or claim to it.

Examples of Personal Defence
(1) Breach of Contract
(2) Lack or Failure of Consideration
(3) Prior Payment
(4) Unaouthorized Completion
(5) Fraud in the Inducement
(6) Nondelivery
(7) Duress, Undue Influence
(8) Mental Incapacity (if the State Law says it's voidable)
(9) Illigality
(10) Theft by holder or Subsequent holder after theft

Examples of Real Defence
(1) Forgery
(2) Bankruptcy
(3) Fraud in the Execution
(4) Minority
(5) Mental Incapacity, Illegality, Extreme Duress
(if the State Law says it's void)
(6) Material Alternation

時々こうして見直さないと、いざというときにスッと出てこないですね。

おっと、日本の法律を調べていた途中でした。
本命の勉強にもどらなければ。

では、また。
[PR]
by nn_77 | 2008-02-17 23:23 | >REG


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧