nn的BLOG

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:Ethics ( 9 ) タグの人気記事

【Q&A (中途半端。。。)】 DE州 CPA合格後申請手続きの件


1. 最新版の申請書の9に、「Ethics Examの結果をBoard officeへ送るようAICPAにリクエストして」とあるのですが、こちらの手順についてご存知でしょうか?

2.申請書13に、「Dates Attended」「Degree」とありますが、こちらは単位取得日、取得単位数という理解で問題ないでしょうか?

3.どうも最新版の申請書からSocial Security NumberのExemptionなるものが必要になったようです。このExemptionの3に、「私は○○として、Delaware Licenseを申請します」とあるのですが、この○○になんと書けば良いかもしおわかりになれば、教えていただけないでしょうか?



oshimaxさん、こんばんわ。返事が遅くなり大変申し訳ございませんでした。。。

どうすべきかという正解はわからないにしても、自分のときはどうだったのか、をせめて紹介できれば・・・と思って申込書をみたのですが、oshimaxさんの申請書の番号(9,13)が私が見ているものとずれています。 私が見る先がまちがっているのでしょうか?

2006年以降に申し込んで合格した人は下記フォームで、
http://www.dpr.delaware.gov/boards/accountancy/documents/Accountancy_CPA_Certificate_and_Permit_to_Practice.pdf

私のように2005年以前に申し込んで合格した人は下記フォームかとお思うのですが、
http://www.dpr.delaware.gov/boards/accountancy/documents/Accountancy_CPA_Permit_to_Practice.pdf

項目番号からすると、oshimaxさんとは異なる用紙を私がみているのでしょうか?

oshimaxさんはいつ受験申し込みをされたのでしょう?


上記のズレが解決しないとミスリードになるかもしれませんが、とりあえず、下記見てみましょう。。。


1. 最新版の申請書の9に、「Ethics Examの結果をBoard officeへ送るようAICPAにリクエストして」とあるのですが、こちらの手順についてご存知でしょうか?

私の頃は、何にもしませんでした。Ethicsの結果は自動的にBoard Officeに送られるということだったので。事実、そうなりました。(ただ、掲示板で、何人かの方が、ここがスムーズにいかず、時間がかかった、というお話をされていたのを読んだ記憶があります。)


2.申請書13に、「Dates Attended」「Degree」とありますが、こちらは単位取得日、取得単位数という理解で問題ないでしょうか?


私の時の申請書で「Dates Attended」や「Degree」を書いたのは学歴、つまり、日本の大学の学歴と、DE州で受験申込するにあたり必要な会計・監査の単位をANJJO経由でとったモンタナ州立大学の単位取得履歴です。下記のように書きました。
a0050593_239578.jpg



3.どうも最新版の申請書からSocial Security NumberのExemptionなるものが必要になったようです。このExemptionの3に、「私は○○として、Delaware Licenseを申請します」とあるのですが、この○○になんと書けば良いかもしおわかりになれば、教えていただけないでしょうか?


私が合格してから、アメリカの規制が厳しくなっていろいろな州で手続きにSSNが要るような話を聞いたことがあったのですが、こうしたexemption formがちゃんとあるんですね~。知りませんでした。 やっぱり、Certified Public Accountantとか書くのでしょうね。州のBoardはいろいろな資格の承認をやっているので、「どの資格」というのが特定できればいいような気がしますが。でも、これもまた公証をもらう書類なんですね。。。



なんだか、パッとしない回答ばかりでごめんなさい。申し訳ありません。

このblogをご覧になられている方で、最近の手続きをご存じの方がいらっしゃたら教えてください。宜しくお願い致します。m(_ _)m
[PR]
by nn_77 | 2008-11-07 23:24 | USCPA (general)

アップデート情報:Ethics のテキスト

以前、このblogでEthicsのテキスト取り寄せからCertificate取得に至る手続きなどを紹介してきましたが、やはり、当時から1年近く経過するなかで、少し変わっているようです。先日、K.Tさんの掲示板で、本件に関するやり取りがあり、そこからの情報です。

Ethicsの巻末の問題の問題数  以前:100問   現在:70問

また、私が取り寄せたEthicsの本の番号は#732308だったのですが、上記の掲示板で情報提供してくださっていた方の本に付与されていた番号は#732309だったようです。

いろいろ変わるんだなー、と思って、当時の日記を開いて、リンク先をチェックすると、このCPE(継続教育)の書籍を購入できるサイトCPA2bizのウェブサイトデザインも随分変わっていますねー。ブログに貼り付けた画面イメージとのギャップが・・・

http://www.cpa2biz.com/index.jsp

当時registerした時のユーザーID、パスワードでログインしたら、まだ、入れました。
手続きの流れ自体は大きく変わってないのかな。

Ethicsの本はコレかな?

http://www.cpa2biz.com/AST/AICPA_CPA2BIZ_Specials/CPA2BIZ_Bestsellers/PRDOVR~PC-732302/PC-732302.jsp

値段は変わって無いけど、コース番号が#732310になっている。改定は進んでるんだな。。。

Excerptsの辺りを見た感じでは、中身はそんなに変わってないみたいだけど。

これまで自分がCPAの勉強を進める中で、これは保存しておこうと思った情報は、ブログトップメニューの「USCPA info」に集約してきました。自分がCPA試験に合格するまでの間、ウェブ上のいろいろな情報に助けられてきたように、自分もまた、何がしかの形で情報シェアリングに協力できれば、と思ったからです。
でも、時々、K.Tさんが運営するUSCPA受験生の掲示板なんかをみてると、「あぁ、いろいろ変わっていくんだな・・・」と思うことしきりです。

nnのblog、だんだん陳腐化しているので(impairment testしなきゃ!)、皆様、これからも、ご覧頂く際は、あくまでも「参考まで」ということで、ご容赦下さい。m(_ _)m
[PR]
by nn_77 | 2007-07-25 10:29 | USCPA (general)

最終回: Certificate到着! そして。。。

今日、ついに、Certificateが到着しました!!!
(2006.9.29、申請書発送分です)
a0050593_0451422.jpg


ハワイでの本試験を8月上旬に終えて、同月末に合格を確認し、その後Delaware州のウェブサイトにも登録されたことは確認したのですが、こうして、今日、Certificateも受領して、晴れて、USCPAとなりました。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
私が登録をしたこのDelaware州は規制緩和が進んでいて、みんな、事業は他州・他国でしているくせに、とりあえず本社登記だけはデラウェア州にするものだから、ペーパーカンパニーの登記が多いと聞きます。

関西ローカルの人間でアメリカ合衆国に無縁である私とにとっても、デラウェア州は同じように、ただ資格登録した州というだけ。という感もあります。

そんな私に、時を同じくしてCPAとなった米国にお住まいのLisaさんから、デラウェア州のお写真を頂戴しました。先般、実際にデラウェア州に行かれたそうです。

そんなLisaさんが、「他の受験生の皆さんにもDelawareや、アメリカの事が少しでも身近に感じられれば」と、この「nn的~」にお写真を寄稿してくださいましたので、下記に紹介させていただきます。

(↓頂いたのは写真だけで、下記のキャプションやデザイン・レイアウトはセンスの無いnnによるものです。ご容赦ください。)

a0050593_19333041.jpg

正直、USの中でもあまりぴんとこない州だったのですが、こうして実際の写真をみると、「あぁ、この州にCPAとして登録されたんだなぁ。」と実感がわいてきて、感慨深くなります(Lisaさん、ありがとうございました!)

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

さて、さっき、右のメニューコラムに載せている「USCPA受験フロー」の一番最後に、「Certificate受領」のリンクを設定し、Certの写真を載せたこのページに飛ぶようにしました。これで、「1.CPA試験とは?」から始まり、自分の進捗に合わせてリンク設定などしてきた「USCPA受験フロー」もついに完成しました。

このメニュー欄のフローを開始したころと今とでは、業務の環境も、人間関係も、自分のスキルも、物の見方も、全然違います。頑張って挫けずに道を模索すれば、絶対に道は開けてくる、ということを改めて実感しました。一時など、業務に追い詰められて、CPAの勉強どころではない時期もあったのですが、ネット上の受験仲間が、私を刺激してくれたおかげで、再び歩き出すことが出来ました。

そう、今日に至るまでに、いろんな方々と触れあい、たくさんのことを学んできました。(そうした方々のうちの半数以上の方とは、オンラインでしかお話したことがありません。そう考えると、ネットってすごいですね!)皆様との出会いがなければ、きっとこの日を迎えることはできなかったと思います。合格してからも、新しくコメントを残してくださる方もいて、皆様バックグラウンドが違うので、そんな皆様とのコミュニケーションから学ばせていただくことも、やはりたくさんあります。

こうして、閲覧頂いたり、コメントを下さった皆様に、改めて、深く、深くお礼申し上げます。ありがとうございました!

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

目の前のCertificateには、こう書かれています。

“Delaware Board of Accountancy certifies that nn has met the qualifications provided by the Laws of the State of Delaware to be known and styled as a Certified Public Accountant or any other words, letters or abbreviations lending to indicate the same until this Certificate be revoked or the registration thereof canceled.”

機械的な一文ですが、まさに、こうしたcertificationにdeserveするような自分になれるように頑張ってきた日々でしたから、こうして、明言してもらえて、やっぱり、「やったぁぁぁぁ!」という感じです。

ということで、今日、このCertificateの受領をもって、「USCPA(←これが、abbreviationですね)になる!」という目標を立てて歩んできた一連のnnの物語が、今日で終わりました。最終回のこの日まで、「nn的~」にご来訪くださった皆様、本当にありがとうございました。

















さて、物語の終わりは、次の物語の始まりでもあります。

USCPAとなったからには、その名に恥じないような努力を、引き続きしていかなければ!と思います。引き続き、仕事に、勉強に励みながら、たくさん吸収できるよう、雨にも風にも、そして飲み会にも負けず、頑張りたいと思います。これまで学び、経験してきたことを「活かして」!!

書いている内容は日々気まぐれですが、根底には上記のような想いをもって、これからも綴っていきたいと思いますので、そんな「nn的~」を、これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。

それでは、また!
[PR]
by nn_77 | 2007-01-30 00:57 | USCPA (general)

Certificate申請手続き総括 (nn の場合)

今日は、Ethicsの申請手続き(主に、最後の送付関係)の体験談を記録しておこうと思います。

昨日のように、CPAの勉強については、今後も、きっかけを見つけて書いていければ、と思っていますが、手続き的なことについて書くのはいよいよ今回が最後になるかもしれません。

一応、一覧性を持たせたいので、前の日記のページへのリンクも織り交ぜながら、時系列で記録しておこうと思います。

尚、下記については、単に、nnがこうやって今申し込みを済ませた、という記録にしかすぎず、これで上手く行くのか、果たしてCertがちゃんと手元に届くのかは、私もドキドキしながら待っている状態ですので、手続きは単に真似っ子されないようにご注意下さい。くれぐれも、ご自身で、「私の場合はどうすべきか?」を意識して、お調べください。
m(_ _)m

0:4科目合格!

1:デラウェア州のCertの意味と要件について考える
     http://nn77.exblog.jp/d2006-09-25

2:で、申込もうと思い、先ずは、Ethicsの試験に合格せねばならず、
   その為には本を買わないといけないということなので、オンラインで、書籍を買う。

     http://nn77.exblog.jp/d2006-09-04

3:本が家に着いたら勉強開始。私はひたすら読みました(笑)
     http://nn77.exblog.jp/d2006-09-15

4:読み終わったら、巻末の100問の問題を制覇。
     全部4拓だけれど、90問以上の正答率が必要な為、慎重に慎重に・・・

5:100問の回答が決まったら、オンラインで採点を受ける。
     オンライン採点サイト→ http://www.aicpa.org/cpe/cpegrading/

6:結果を即チェック・・・90点以上、お願い!
     http://nn77.exblog.jp/d2006-09-24


   ・・・と、ココまでは、そこそこ具体的なことを上記リンク先の日記で書いてきました。

で、なんとかEthcisに合格できたので、あとは、Certificateの申込書を送るだけ。

ということで、

7:Certificate申請書の作成

http://www.dpr.delaware.gov/boards/accountancy/forms.shtml
上記で、「Application for Original or Reciprocal Certificate:」からWORDもしくはPDFファイルをダウンロードすると、デラウェア州のCertificate申請書が出てきます。
Permit to Practiceの申請書なども載っているので、間違えないように注意しました。

用紙はA4で3枚でした。他の方のblogを読んでいて、

DelawareからのCongratulations Letterの封筒に同封されていたのはA4で2枚だけだったので、これだけでいけると思ってしまい、バタバタした~

というお話があったように思います。3枚目は、公証を取得するときに、先方が日付を書いたりサインしたりするものです。こちらがサインする場所が1箇所だけありますが、これは公証のその場で(on the spot)で目の前でサインするものなので、3枚目は、米国領事館(大使館)に到着するまで、ずーっとブランクです。


8.公証取得
要領は、前に、願書を出すときにやったのとまったく同じでした。
大阪の米国領事館(ちなみに、先日の大阪定例会場のすぐ近くです)は、毎週木曜日の14:30
~15:30のみ、ということなので、こっちのスケジュールを調整しなくてはいけません。

領事館では、
(1) 入り口では、飛行機に乗るときみたいな(or 映画で見た、マフィアのボスに会う前に拳銃や盗聴器を持っていないか調べられるときにされるみたいな)ボディーチェック

(2)1Fで、写真付IDを没収され、引き換えに通行証をゲット。(帰りには反対取引)
私は、会社からもらったプラスチックの写真付健康保険証カードでOKでした。運転免許証もありますが、別途、2階でも公証手続き時にも呈示が要るとのことだったので、ここでは、たまたま写真がついていた健康保険証にしておきました。パスポートは必ずしも要らないようですが、写真付IDといえば、運転免許以外だと、結局、パスポートがお手軽なのかもしれませんね。

(3) 2Fの窓口で公証したい旨を告げ、先ずはVisaカードで$30を決済。

(4) 次に公証人がでてきて、「何書かれてるか分ってる?」と英語で聴かれ、”Yes ,sure.”と言ったら、「じゃあ、ここにサインして」と言われる。これが、例の申請書A4の3枚目。
サインしたものを返すと、向こうが、3枚を綴じて、公証のサインと刻印みたいなのをしてくれる。

※公証は厳正な手続きなので、書類の内容や手続きの流れは、ご自身でしっかり確認・理解してくださいね。 【参考事例】


・・・これで、公証済の申請書とマネーオーダーが準備できたので、後はこれをEMSで送るだけ(のはずなんですが。。。)

ということで、カバーレターを準備してから(←後述)、郵便局へ。

9:マネーオーダーの作成
 Anjoから前にもらった受験ガイダンスの資料ではCertの申請料は$61となっていたのですが、下記のリンク先をみると、どうも、申請時期によって変わるようで、これを見て、「今は(as of September 2006)、$67なんだろうなー」と思い、67米ドルのマネーオーダーを作成することにしました。

料金表
http://www.dpr.delaware.gov/boards/accountancy/fees.shtml

郵便局の、外国送金の窓口へ。「ま、数千円かな」と思ってたら、結局、手数料が2千円くらいかかったので、1万円札がそのまま羽を生やして飛んでいってしまいました(涙)

マネーオーダーを作るときの申込書、3回くらい失敗しました。
初めは小切手の受取人を「Delaware State Board of Accountancy」と書いていたのですが、

Anjoの資料をみると・・・

マネーオーダー宛先
  =State of Delaware


申請書送付先
  =Delaware State Board of Accountancy


・・・と書かれていました。

ホンマかいな、と、DE州のウェブサイトを見ると、下記ページで、
http://www.dpr.delaware.gov/boards/accountancy/newcertificate.shtml
次のように書いていました。
Check or money order made payable to the "State of Delaware"

ということで、マネーオーダーの受取人は、"State of Delaware"にしておきました。
ちなみに、マネーオーダー受取人住所も、申請書の郵送先も、住所は「Cannon Bldg, Suite 203, 861 Silver Lake Blvd., DE 19904 USA」でいい、とAnjoの資料に書いてたので、この件については、裏をとるのも面倒くさく、今は亡きAnjoを信じることにしました。


10.EMSで発送!
今度は郵便局の郵便の窓口に行って、EMSの封筒と宛先を書く紙(←what should I call it?)を貰い、

宛先:Delaware State Board of Accountancy
住所:Cannon Bldg, Suite 203, 861 Silver Lake Blvd., DE 19904 USA

で送付。

因みに、同封したものですが、
Anjoの資料曰く、マネーオーダーと、公証済のCert申請書だけでいいようなことを書いていたのですが、私は、その他に、カバーレターや他の書類の原本コピーも同封しました。どんなものを同封したのかについては、カバーレターの文中にも記載しましたので、最後に紹介します。

なぜ、これら資料も入れたのかというと、デラウェアのCertificate申請制度の特例期間措置に自分が入っているという主張を少ししておこうと思ったからです。あとは、AICPAからDEに通知されるから要らないといわれているのにEthics合格の画面コピーを入れたり、とにかく、「Cert下さい」モード必死の送付をしました。

これで上手く行くのか行かないのか。失敗したとき、原因は上記手続きの不備なのか、私の申込時点(2005年12月12日発送)の問題なのか、それは、これから、判明します。。。
(だから、安易に手続きを真似っ子してはいけませんよ。まだ、これが正しいという保証はありませんので・・・要注意!です)


これで、手数料千何百円かを払ってEMSを発送した、というのがnnの現状です。2ヶ月くらいでCertが送られてくるかどうか、ドキドキ中であります。

重ねて申し上げますが、手続き関係のことは州の違い、個々人の状況などで違ってくることも十分考えられますので、上記情報はあくまでも、参考にとどめていただければと思います。単に、nnがこう考えて、ああしただけ、の記録、ということで、ご容赦下さい。

散々手続きに悩まされてきたCPAの手続き関係、情報共有が図れればと思いながらこのブログで紹介してきましたが、それも今回で、とりあえず完了です。

今後も、こんな、勉強の話は自己啓発のためにも、機会を見つけてブログに書ければとは思っています。

中国語や英語や、その他さまざまな(業務要請による)勉強も迫っておりますので、そんなこんなも織り交ぜたblogとして、引き続き「nn的~」を続けていきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。 m(_ _)m


最後に、上記書類に同封したカバーレターの文面をご紹介します。下記はあくまでも、nnの状況に照らして書いたものですので、このまま丸写ししたら、通用しません。(nnはいついつ合格したので、、、とかかなり具体的な情報まで落とし込んでいますから。)
Therefore, 決してコピー&ペーストなんかせず、あくまでも参考にとどめてくださいね。

私がCertificateの申請に同封したカバーレター
[PR]
by nn_77 | 2006-10-02 23:37 | USCPA (general)

Notarization

Today I paid a visit to the US consulate to get my USCPA cert. application form notarized. In Osaka, the notarization service at the US consulate is available only from 14:30 to 15:30 on Thursday, which I think is inconvenient.
I somehow managed to spare time for that, which was possible because my current workplace is near the US consulate.

I got my documents notarized successfully, but a lady who was there to get her documents notarized had trouble for that. (, though it didn’t look like CPA documents anyway.)

The staff over the bullet proof glass asked the lady if she understood what’s written there, and she answered 「ええ、多分。大体は・・・」 Upon feeling the uncertainly in her reply, the staff rejected to proceed further. The staff explained; you’re going to give an oath for the contents of the documents, and so you should be pretty much aware of what’s written there. It does make sense. When you’re going there to get notarization, please be careful not to give them the feeling that you’re not sure about the documents you present.

I saw another guy having trouble there. I was 耳ダンボ。
He was also trying to get the documents notarized. It sounded like it was concerning the transaction of a corporation. The consulate staff required an article of corporation, which he didn’t have with him. Listening to their conversation, I was satisfied myself that I could understand the meaning and the importance of “an article of corporation,” which I learned in BEC. Having experience of working in a bank, I am familiar with「商業登記簿謄本」, which document I required in so many cases in a course of the business. But, I didn’t know the term “article of incorporation” until I encounter it in BEC study. No matter how much I might boast my English literacy, I would have been just a fool without practical knowledge about such terminology...

Now, again I concluded my experience in USCPA exam study meant a lot to me.

And, 覚えたことは、極力忘れぬように、今後も思い起こしたり、活用したり、していきたいと思います。 But, できるかな。。。?
[PR]
by nn_77 | 2006-09-28 18:23 | USCPA (general)

デラウェア州のCertificateに関して

今まで予備校や人の情報を頼りにデラウェアのCertに関する情報を得ていたnnでしたが、この機会に、自分で調べてみました。

たどり着いたのが、
デラウェア州のウェブサイト(http://www.delcode.state.de.us/
     ↓
TITLE 24 Professions and Occupations(http://www.delcode.state.de.us/title24/
     ↓
CHAPTER 1. BOARD OF ACCOUNTANCY
http://www.delcode.state.de.us/title24/c001/index.htm#TopOfPage

上記から抜粋した、下記#106にCert保持(permit to pracitce無し)での名乗り方について、#122に今回の制度移行期間の特例について述べられているように思います。

認識に誤解・不備があるかもしれませんので、有識者の方から、ご訂正やご意見など頂ければ幸いです。

---(QUOTE from the website introduced above)--------------------------
§ 106. Certificate or permit required.
(a) The use of the title or designation "certified public accountant" or the abbreviation "CPA" or any other title, designation, words, letters, abbreviation, sign, card or device tending to indicate that a person is a certified public accountant shall be limited to a person who holds a valid certificate and permit to practice issued by the Board pursuant to this chapter or issued under the laws of another jurisdiction, except that a person who holds a valid certificate, but is not engaged in the practice of certified public accountancy or public accountancy, may use the abbreviation "CPA"; provided, that it is clearly indicated that such person is not holding himself or herself out as practicing certified public accountancy.
(※太字赤字はnnが勝手に施したものです。原文では太線にも赤字にもなっていません。)
-----------------------------------------------------------(UNQUOTE)------------


(nnの理解)
・CPAって肩書きを名乗ったり使ったりしていいのは、certificateとpermit to practice(=つまりはlicense? )を取得した人だけ。
・但し、certificateはあるけどpermit to practiceが無い人も、自分をCPA業務に就いているものとして示すもので無ければ、CPAの肩書きを名乗ったり使用してもいい。


---(QUOTE from the website introduced above)--------------------------
(b) The use of the title or designation "public accountant" or the abbreviation "PA" or any other title, designation, words, letters, abbreviation, sign, card or device tending to indicate that such person is a public accountant shall be limited to a person who holds a valid permit to practice. (27 Del. Laws, c. 98, § 1; Code 1915, § 981; Code 1935, § 1092; 24 Del. C. 1953, § 103; 55 Del. Laws, c. 193; 60 Del. Laws, c. 198, § 1; 65 Del. Laws, c. 167, § 1; 70 Del. Laws, c. 186, § 1; 71 Del. Laws, c. 139, § 1; 75 Del. Laws, c. 128, § 2.)
--------------------------------------------------------------(UNQUOTE)------------

(nnの理解)
・PAって肩書きを名乗ったり使ったりしていいのは、certificateとpermit to practice(=つまりはlicense? )を取得した人だけ。


PAっていう呼称もあるんですね。こちらはCertifiedって、ワンクッション置いてないので、正に「(当然CPAを取得している)職業会計士」ということでしょうか。なので、Cert持ってるだけで、PAと名乗ったら、これはダメ、ということですね。

逆にCPAの場合は、Certifiedとつけることで、逆に、「Certifyされただけ」 という解釈も成り立つので、単なる保有資格として名乗ったり名刺に書いたりする分には、permit to practiceがなくても、差し支えないということでしょう。
逆に、Certificateがあるだけで、permit to practiceが無いのにも関わらず、PAサービスの提供者と思われるような誤解を招くような形でCPAを名乗るのはルール違反ということですね。 なるほど、と思いました。

さて、私にとっては、肝心の移行期間特例ルールの話ですが・・・

§ 107. Certificate and permit requirements for certified public accountancy.

長いのでQUOTEできませんが、上記を読むと、Certificate とPermit to practiceは一緒に付与されるもので、1年以上の実務経験、その他要件があるようです。

但し、コレまでは、certificateとpermit to practiceの間に差を設けていたデラウェア州。下記で移行期間特例を設けているようです。
---(QUOTE from the website introduced above)--------------------------
§ 122. Status of existing certificates preserved.
(中略)
(d) Any person who has applied to take the Uniform Certified Public Accountant Examination listing Delaware as the state of application prior to January 1, 2006, shall be granted a certificate under the prior law and regulations upon submitting an appropriate application to the Board and the Board having approved such application as meeting the applicable requirement as of December 31, 2005. (60 Del. Laws, c. 198, § 1; 65 Del. Laws, c. 167, § 1; 71 Del. Laws, c. 139, § 1; 75 Del. Laws, c. 128, §§ 7, 10.)
-------------------------------------------------------------(UNQUOTE)------------

(nnの理解)
・2006年1月1日より前に、CPA試験に申し込んだ人は、旧ルールでcertificateがもらえる。

ということで、人任せで教えてもらっていた情報、(今さらながら)どうやら本当のようです。あとは、12月中旬に発送した私の願書が、キチンとこのルールに当てはまるように先方で記録されているかどうかですね。Effective when sentであればいいのですが。。。

今週、発送する予定ですので、追って、報告いたします。(うまくいったとして、2ヶ月くらいかかるのかな?)
[PR]
by nn_77 | 2006-09-25 13:22 | USCPA (general)

Ethics合格

この1週間、通勤の行き・帰りの電車内で(必死に?)やってきたEthics、今日、インターネットで受験し、無事95点(100点満点中90点以上が合格)で合格することができました
a0050593_2158431.gif


95点。ついに、K.T師匠の99点は超えられませんでした。やりながらテキストを都度レファレンスできるとはいえ、90%超の正答率というのがどれくらいしんどいかはGLEIMで散々体験していたので、正直、とても緊張していました。

週が明けたら、マネーオーダー作成して、領事館でCert申請書に公証を取得して、EMSで送りたいと思います。

ただし、懸念が2つ。

1: まだ、最後に来るといわれているCongratulations Letterなるものは到着していない。
(それに同封されているというCert申請書はウェブサイトからもダウンロードできるので、待たずに手続きする予定)

2: デラウェア州のCert廃止への移行期間特例に自分は当てはまるのか?
この点は更にブレークダウンすると、
(1)この話、ホントか? →オリジナルソース発見しました。
ANJOソースのこの話だが、デラウェア州のBoad of Accountancyのウエブサイトとか見ていても、どうもそれらしい記述が見つけられない。私がざっと見た範囲だけでは、Certの申し込みにはwork experienceは要らないという記述しかみつけられないのだが。。。予備校から供給された情報だが、結局オリジナルソースは確認していない。。。
→オリジナルソース発見しました。

(2)ホントだとして、私は大丈夫か?
ANJOに再三確認の上、私が願書を出したのは2005年12月12日。返信用ハガキがもどってきたのは翌年1月。一応当時、EMSのウェブトレースで、先方に12月15日には「お届け済み」であることを確認した画面のハードコピーは残してあるのだが。。。

う~む、今ひとつあやふやですが、とにかく申し込んで、あとは先方の出方を待つしかありません。


ところで、今回、ウェブでEthics試験を受けるに当たり、SSN(Social Security Number)が必須入力項目になっていて、唖然。ほぼ、丸一日、インターネットリサーチしたり、掲示板に質問を出したり、バタバタしてしまいました。 もう、国際郵便ベースで解答用紙を送るしかないのかな・・・と、くよくよし始めた、その時、偶然にも、K.TさんからEthicsに関連したemailを頂きました。メールの内容は当然、本件とは別の主旨のものだったのですが、まるで、海の向こうから私の苦境を見ていてくれたかのような、極めてタイムリーなコンタクトでした。

ご連絡いただいた事柄への返信がてら、ついつい、甘えて、自分の困った状況を相談したら、「SSNのところは、誕生日で大丈夫だったよ」とのお答え。 ああ、やっぱりそうだったんだ!
じつは、よっぽど、0000000とか入力しようかと思ったのですが、失敗が怖くてそれはできなかったのです。でも、なるほど、誕生日とは。 入力してみると、さくっと進んで、無事終了しました。(注:本来どうすべきなのかは、正式には分かりませんし、上記やり方をここで推奨・保証するものではありません。ただ、私は今のところ、うまくいっているというだけです。)

些細なことと思われるかもしれませんが、こんなことでも、もし、K.Tさんが教えてくれなかったら、僕は行き詰ってたと思います。(思い余ってAICPAに2度も国際電話してしまった。時差のせいで留守電だったけど。)

勉強内容もさることながら、こうした手続き的な事、本当にこのUSCPA試験については、経験者のアドバイスほどありがたいものはない、と改めて痛感しました。こうしたネットワーク、本当に貴重だと、あらためて実感した次第です。本当に、ありがたかった。K.Tさん、この場を借りて、本当にありがとうございました!

来週は大阪で定例会があります。私も参加したいと思っています。
きっと、貴重な情報交換の場となるに違いないので、本当に楽しみです。
[PR]
by nn_77 | 2006-09-24 21:21 | USCPA (general)

I resumed CPA study

←Click here if you liked today's diary. Thank you.

赤字は、「おかしいよ/間違ってるよ」とご指摘を頂いて加筆・修正した部分です。中国語は初級レベル、英語もノンネイティブ受験英語のnnです。こうした指摘、大大大歓迎です。これからも、是非、いろいろ教えてください!
m(_ _)m


我昨晚被去喝酒。 / 我昨晚被去喝酒。
(Last night I was asked by the coworkers to come with them to have a drink.)

Seven glasses of plum wine, or 梅酒, was enough to make me drunk.
Arriving home with a drunken head, I found the ethics textbook had arrived.
a0050593_21574127.jpg

I was getting excited opening the envelope because it was for the first time for me to actually receive the good that I ordered on the internet.

Waku, waku. (not WACC, WACC)

请看这本书。(Look! This is the book I ordered.)
a0050593_2157182.jpg

全书共有三百页 (含有100个问题的考试页)。
(It has approximately 300 pages, including an exam of 100 questions.)

It’s a kind of correspondence course.
After I finish reading the textbook and succeed in the following exam with higher than 90% accuracy, I will be entitled to receive a sheet of CERTIFICATE from the board of accountancy of Delaware.

The book was much thinner than I thought it would be.

这本书用的文字比Wiley用的文字非常大!
(Besides, the size of the letters is much larger than the one used in Wiley. )
a0050593_21541877.jpg


昨晚, 醉汉nn熟记了二十汉语词, 看了这本书四十页。
(Last night, I memorized 20 Chinese words, and read 40 pages of the ethics textbook.)

So, maybe I could say I achieved the daily quota (ノルマ) of the day!

・・・翌日まで記憶が残っていればの話ですが。。。

----memo-----
被 bei •••make the following verb passive
约 yue 1 invite
[PR]
by nn_77 | 2006-09-15 21:54 | USCPA (general)

Ethics 始動

I've already received the scores of BEC, REG, and FAR by mail, which were identical to the scores that I confirmed on NASBA's website. I strongly hope the one on AUD will arrive soon with the score identical to the online score report.

Today I moved on to the next step: ethics exam.

According to what I learned from Anjo, I should be entitled to receive CERTIFICATE by passing the ethics exam.since I sent my application for USCPA exam before Dec.31, 2005.

How to proceed the ethics exam was provided on the Anjo's website, which is not available since the bankruptcy of Anjo. Upon hearing the news of Anjo, I went to Anjo's website and printed out the info about how to apply for the ethics exam, because I thought I wouldn't be able to get an access to Anjo's website soon and thoght that such info as I would need in future should be copied right away though I wouldn't need them soon.

Now the time has come to use the info that I copied at that time.

Today I read the hard copy carefully, and learned that the first step is to buy a book, titled "Professional Ethics: The AICPA's Comprehensive Course."

About this material, you can choose between a book and a CD-ROM. But, checking out the bloggers' experience on Ethics exam, I decided to buy a BOOK.



Following is the process I took today following the guidance provided by Anjo.

※ 下記は以前のANJOのウェブサイトにあった情報を元に、私がやってみた流れを紹介しているだけです。同じようにすればうまくいく事をnnが保証するものではありませんので、何か問題が生じてもnnは責任を負うことができません。何卒、ご了承ください。
申し訳ありません m(_ _)m


1) www.cpa2biz.com にアクセスする。(右のコラムのステップ10の「On-line AICPA store」にリンクを設定しています。)

2) トップ画面右上の「Sign in」をクリック
a0050593_859333.jpg


3) このサイトで出版物を購入する為に、まずは最初に登録手続きが必要。
画面右のNew Customerのセクションの「Register」をクリック
a0050593_92323.jpg


4) 画面左上の Non AICPA Membersのセクションの「Continue >>」をクリック
a0050593_92475.jpg


5) これが登録画面。
  ・メールアドレスは、後で発注確認メールが届くので、ダミーではなく、
   ちゃんと連絡が取れるものを選ぶ。
  ・電話番号は国際電話用で。
    81(日本の国番号)-0を除いた市外局番 - ※※※※ - ※※※※
  ・"Are you a CPA?"の項目は"NO"を選択
  ・Terms & Condition に同意するYesをクリックした上で、
   最後に"Register"ボタンを押す。
a0050593_93240.jpg


6) 上記(2)のトップ画面にもどって、左上のSerch機能を使って、
  "Professional Ethics"を入力し、"GO"を押す。
 (2段目の in の後は、デフォルトで入っているAll of CPA2Biz siteのまんま)
a0050593_23305092.gif


7) 画面中央のHighlighted Results と題された黄色い部分に表示される検索結果にある、「Professional Ethics: The AICPA's Comprehensive Course」をクリック
a0050593_23322473.jpg


8) 書籍が表示される。確認の上、下のほうにダウンスクロールすると本かCDかを選ぶ画面に到達する。nnは本を選んで、数量が1であることを確認して、Add to Cartをクリック。
a0050593_2333622.jpg


9) 確認の上、Check outをクリック
a0050593_23332976.jpg


10) Shipment Methodの欄で、日本在住のnnは「International」 を選択。
   発送先住所登録の為、「Ship to」欄の Edit/Add/Delete Address(es)をクリック。
a0050593_2334783.jpg


11) 発送先住所を登録。
・Address TypeでResidentialなら自宅、Businessなら勤め先ということだと思います。
・Address Nameには家の表札の名前。
a0050593_9584484.jpg

・その他、必要事項を入力し、Addをクリック

12) 確認の上、Continueをクリック
a0050593_23424464.jpg


13) 支払い方法(Payment Method)のEdit/Add/Delete Card(s)をクリック
a0050593_23431642.jpg


14) クレジットカード情報を入力し、Addをクリック。
・用心のためもあり、クレジットカード情報を残すのは嫌いなので左下のチェックボックスのチェックは、はずしておきました。

【ここは画面のショットを撮りわすれました。ごめんなさい】


15) 入力内容を再確認の上、画面一番下のアンケートに答え、最後にContinueをクリック
a0050593_23362292.jpg


16) 画面の内容を確認の上、画面一番したのPlace Orderをクリック
a0050593_23363480.jpg


以上でした。

そういえば、僕は多分、ネットショッピングなんて生まれて初めてするのではないでしょうか?
これで、ちゃんと届くのかドキドキです。

因みに、費用は、

・本の値段: $123.75
・Shipping & Handling Charges: $37.13
・Sales Tax: $0.00
・Order Total: $160.88

でした。。。涙。
[PR]
by nn_77 | 2006-09-04 09:00 | USCPA (general)


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧