nn的BLOG

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:Deferred Tax ( 7 ) タグの人気記事

Q&A: 税効果会計(および近況報告)

It’s 0:10 a.m. I’ve just arrived home now.
I’ve been working overtime these days, but I’m not much exhausted.
I’m rather excited all the more because I’m now working in a field where I can take full advantage of all the knowledge I’ve acquired through USCPA exam preparation.
I didn’t know that there’s such a field in my company, but here I am; and I’m here partly (or largely) because I got through the exam. Now that I got a chance to enhance myself in the business field, I strongly recommend you to challenge anything if you think you can take advantage of it in future!

During the last three weeks when I didn't have an access to the Internet, I’ve been receiving question emails from some readers of my blog to my cell phone, and I’ve been replying them via email sent from my cell phone.

Today I got another one on my way back home. Let me share the question here together.

------Question from K-san------------------------------------------------------
昨日、Deferred tax(SFAS 109)を見ようかと思い、サーチしてみたのですが、なかなかヒットしませんでした・・・。なにかいい検索法をご存知でしたら、お願いいたします。
関連ですが、MCで、よくthe current provision for income taxes (expense)を求めなさい、という問題が出てきます。これはJEでいうIncome tax payableの相手方ことだと理解でいいのでしょうか?
--------------------------------------------------------------------------------------


Following is my answer provided in Japanese.

Kさん、こんにちは!
Deferred tax(SFAS 109)の検索というのは、FASを見たい、ということでしょうか?それなら私のサイトにリンクがあります。

>このページ (←ページトップのプルダウンからでもアクセス可)
a0050593_0291845.jpg


その他、DTに関する一般的な関連サイトなら、関連キーワード次第で検索結果も変わりますね。この辺はいろいろ試行錯誤するしかありませんね。
下記はnn的で過去にDTについて触れた箇所です。

http://nn77.exblog.jp/tags/Deferred+Tax/

次に、JEにおいて、”current” provision for income taxes (expense)の相手科目は確かにIncome tax payableだと思いますが、Income tax payableの相手科目が必ずしもcurrent provision for income taxes (expense)とは限りませんね。Tax Payableを立てながらも(=納税義務が発生するにもかかわらず)、当期のTax expenseとして費用化されない、ということは、会計上は税金の前払い、つまり、DTAの計上ということになります。来期以降、Reverseするのにあわせて、少しずつ費用化していくのですね。まさに税効果会計!

I hope my comment above will be of some help for you.
If any part of my comment seems to contain inappropriate explanation, please correct me. Thanks in advance!

See you!
[PR]
by nn_77 | 2007-11-20 00:30 | >FARE

Deferred Tax Assetの問題

このblogを通じて知り合ったkikiさん、(USCPA取得を目指す現役の米国のビジネスマンの方)が、ご自身のblogやCPA-NETを活用して受験勉強に取り組まれています。
私自身もそうやって受験勉強していましたが、とても有効な方法だと思います。インターネットの利点を活かして、情報の共有や意見の交換ができて、勉強の「底力」みたいなものがつくと思います。

さて、そんなkikiさんのページを今日拝見して、私が当時とても苦しんだ繰延税金資産の問題がありました。

----- Quoted from Mr. kiki’s blog -----------------------------------------------------------------------
Cahn Co. applies straight-line amortization to its organization costs for income tax purposes, but expenses all costs as incurred for financial statement reporting. For tax purposes a 15-year period is used. Cahn has no other temporary differences, has an operating cycle of less than 1 year, and has taxable income in all years. Cahn should report both current and noncurrent deferred income tax assets at the end of:
Year 1 Year 14
a. No     No
b. No    Yes
c. Yes    Yes
d. Yes   No

Choice "d" is correct, Yes - Year 1; No - Year 14. Since there is no related balance sheet account the deferred income tax asset is classified based upon its expected reversal date. In Year 1 a portion of the deferred income tax asset will reverse during the year, therefore it must be classified, as current while the balance will reverse in subsequent years. In Year 14 the remaining deferred income tax asset is classified as current since no deferred income tax asset will reverse in more than one year.
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

DTAのスキームの基本を理解する上でとてもいい問題だと思いましたので、以下、nn的考え方をメモしておきたいと思います。

この問題は、Organization Cost(創業費)の会計上と税務上の取り扱いの違いから生じるTemporary Differenceについての問題ですね。

ポイントは、
1.Temporary Differenceが解消されていく過程を理解しているか?
2.Tax PayableとTax Expenseの違いがわかるか?
3.Deferred Tax Asset / LiabilityのCurrent・ Non-currentの意味がわかるか?

だと思います。私自身が上記3点を理解するのに、非常に長い時間(月日、いや、年月)を要しましたしたので、その意味では、とても思い入れの深いトピックです。(笑)

さて、実際に、シチュエーションを作って考えてみましょう。

この話が2001年度の話と仮定します。売上げは$11,500で、費用は問題のOrganization Cost$1,500のみ、とします。税率は40%としましょう。

すると、

【2001年度】
Sales: $11,500
Organization Cost $1,500
Net Income: $10,00

税率40%なら、$4,000の税負担・・・Tax Expense $4,000


ところが、税務上は、Org. Costは15分の1の100だけ損金(deduction)扱い。

よって、

Revenue:$11,500
Deduction: $100
Taxable Income: $11,400

税率40%なら、$4,560の税負担。(=$11,400 × 40%)


ということで、Tax Payable (今期の課税所得にかかる税金の額。来期に税務署に収めるので、今期年度末時点では、まだ納税してないので、税務署に対するTax Payable)は、$4,560。

ところが、冒頭に見たとおり、Income Statement上の、Tax Expenseは$4,000

その差$560は、いわば、税金の「前払い」になるので資産、つまりDeferred Tax Asset。

Tax Expense $4,000 / Tax Payable $4,560
DTA $560

因みに、上記の$560は、
( Organization Cost 1,500 - Deduction: 100 ) × 40%
・・・とも一致する。そもそもこれが原因なのだから。


じゃあ、来年、どうなるか。計算の便宜上、翌年度は、前年度と同じだけ収益だけあって、一切費用がかからなかったと仮定します。すると、

【2002年度】
Sales: $11,500
Expense: $0
Net Income: $11,500

税率40%なら、$4,600の税負担・・・Tax Expense $4,600


ところが、税務上は、今年も”また”、去年発生したOrg. Costは15分の1の100だけ損金(deduction)扱い。(つまりこれが、発生年度から15年にわたって償却していく、ということ。)

よって、

Revenue:$11,500
Deduction: $100
Taxable Income: $11,400

税率40%なら、$4,560の税負担。(=$11,400 × 40%)

ということで、Tax Payable (今期の課税所得にかかる税金の額。来期に税務署に収めるので、今期年度末時点では、まだ納税してないので、税務署に対するTax Payable)は、$4,560。

ところが、冒頭に見たとおり、Income Statement上の、Tax Expenseは$4,600

このままだと、Journal Entryの貸借があわない。

Tax Expense $4,600 / Tax Payable $4,560

ここで、資産計上されているDTA$560から、$40を取り崩すと、貸借があう。

Tax Expense $4,600 / Tax Payable $4,560
                  DTA $40


上記で見たように、2001年度に$560として積み立てたDTAのうち、$40は今年度、つまり1年以内にreverseしましたね。
ですから、2001年度積み立てた$560のDTA、実は、昨年度末の時点で、下記の2種類に分類されていたのです。
DTA-Current・・・$40
DTA Noncurrent・・・$520

で、DTA Currentが、2002年度に Revereseして調整に使われた、というわけです。で、2002年度末のB/Sでは、また、$520のうち、$40がCurrentに振り替えられて・・・・

DTA-Current・・・$40
DTA Noncurrent・・・$480

となり、翌年度以降、ずーっと同じことが続いていきます。
つまり、この間、ずっと、"both current and noncurrent deferred income tax assets"が、年度末のB/Sに計上されるわけですね。

そして、2014年度も同じことが行われます。2014年度末の時点でB/Sに残っているDTAは$40のみです。これが2015年度にReverseして、税務上の15年償却に伴う調整に幕が閉じる、というわけですね。

ですから、

2013年度末のB/Sでは、
DTA-Current・・・$40
DTA Noncurrent・・・$40


2014年度末のB/Sでは、
DTA-Current・・・$40
DTA Noncurrent・・・$0


となります。で、このDTA-Cが2015年度にreverseして終わり。
なので、2014年度末のBSには、DTA-Currentは計上されますが、DTA Noncurrentは計上されません。これが英文解説の最後の一文、” In Year 14 the remaining deferred income tax asset is classified as current since no deferred income tax asset will reverse in more than one year.”の意味ですね。

DTAの問題、私にとっては、とても厄介な問題でしたが、冒頭の3つのポイントを押さえることができて、最終的には、理解ができたと思います。

CPA試験、大切なのは苦手なトピックを作らないことです。マイナーな問題や変てこりんな問題はさておき、上記のような基本の問題(ど真ん中ストレートの球)は、どんなトピックであっても打ち返せるようにしておかなければいけません。

受験勉強に限らず、仕事も他のことも、みんな同じかもしれませんね。
私も頑張らないと(汗)
[PR]
by nn_77 | 2007-08-28 13:53 | >FARE

Hate digging into details

74 Days before 日商簿記1級
【5:20 a.m.】
Good morning!

I’m keeping working on bookkeeping study. Now I’m studying accounting treatments for consolidated financial statements. In Japanese bookkeeping exam, they ask me more in detail than they did in USCPA exam.
For example, when a parent company sold goods to its subsidiary on account, then the A/R of the parent company and the A/P of the subsidiary should be offset with each other, which I learned in USCPA exam context, too. But, the bookkeeping exam textbook requires me to go so far as to eliminate both the allowances for uncollectible accounts reserved for the A/R and the bad debt expense, which leads to higher (consolidated) book income than the taxable income, that results in the necessary adjustments by deferred tax accounting…. I got sick of it, because I’m a typical blood type O person; being rough and NOT good at sticking to details!
But, yeah, I have to get along with it!
[PR]
by nn_77 | 2007-03-27 05:24 | 簿記一級

その他有価証券と税効果会計 その3

77 Days before 日商簿記1級
先日、その他有価証券の評価損益に関する繰延税金資産について書きました。
じつは、あの話には、まだ、おまけがあります。
というのも、日商簿記1級では、「その他有価証券」の「含み損」の処理について2通りの処理方法を示しているんです。ひとつは、「含み益」同様に、Unrealized Lossも資本直入、つまり純資産の部のマイナス勘定として計上する方法。(, which is called 「全部純資産直入法」) これは、先日の日記でご紹介した方法です。USCPA試験で勉強したASF Sec.の処理もこんな感じでしたね。OCIをマイナス計上し、そのマイナスの数字がそのままAOCIに入っていきます。

日商簿記1級で紹介されているもうひとつの「その他有価証券」の「含み損」の処理方法は、Unrealized Lossを損益計算書の営業外費用に計上する、というものです。(含み益は純資産の部に計上。) これを「部分純資産直入法」と呼ぶそうです。
保守主義(Conservatism)っぽい考え方ですね。利益は実現するまで、B/Sで保留。でもLossは、即、損益計算書に計上して、当期の利益に影響させること!みたいな感じです。

整理すると、

全部純資産直入法
 含み益:B/Sの純資産の部(Equity)に加算計上。
 含み損:B/Sの純資産の部(Equity)に減算計上。

部分純資産直入法
 含み益:B/Sの純資産の部(Equity)に加算計上。
 含み損:損益計算書の営業外費用)に計上。



以上、おわり! キ~ン・コ~ン・カ~ン・コ~ン (チャイム♪)

。。。ならいいのですが、こうなると、この間確認した税効果会計にも影響してきます。

そう、会計上と税務上の利益の差が「当期」に発生してしまうんです。

部分純資産直入法だと・・・

【Unrelalized Loss】

会計上: 損益計算書に計上されるので、当期利益に影響する。

税務上: 損金不算入なので、当期の課税所得に影響しない。




つまり、先日みたような、(僕が)USCPA試験勉強で勉強したような全部純資産直入法と異なり、Tax expense diferred (法人税等調整額)を使う必要が出てくるのです。

また、例をつくって考えてみました。


部分純資産直入法だと・・・

【20X0年度に1000円でその他有価証券購入】
(その他有価証券) 1000     (現  金)    1000

【20X1年度に100円の含み損発生、
その他、本業で利益は2000円計上、税率40%】

(その他有価証券評価差損益)   100  (その他有価証券) 100    
(繰延税金資産)             40     (法人税等調整額)  40
(法人税等)             800        (未払法人税) 800


これで、会計上は 1900円(=2000円 -含み損100円)の40%である
760円の税金費用が当期発生した計算になっています。

  ※ 760円=法人税等 800円 -法人税等調整額貸方残 40円

一方で、税務上は、100円の損金不算入額を無視した2000円に対する
40%の税金、800円の納税義務が発生するので、これが負債に「未払法人税」
として計上されて、会計上も税務上もつじつまがあっています。

【20X2年度に当該証券を900円で売却、100円の含み損がまるまる実現。
その他、本業で利益を1000円計上、税率40%】

(現   金)     900         (その他有価証券) 900
(法人税等調整額)   40       (繰延税金資産)   40
(法人税等)           360         (未払法人税 ) 360
       
会計上は、簿価900円の有価証券(前期に含み損を計上済み)を売却し、売却益=0円。したがって、課税されるのはその他利益1000円に対してなので、会計上の税金費用は、40%の400円。
※ 400円=法人税等 360円 -法人税等調整額借方残 40円

一方で、税務上は、当期に初めて100円の譲渡損の計上が許される(損金算入される)ので、譲渡損勘案後の課税所得900円(=1000円-100円)に対する40%納税義務である360円が「未払法人税」として負債計上されています。

またまた、会計上と税務上のつじつまが合いました。




よくできたシステムですね。本当に、最初に税効果会計を考えた人って凄いなぁ!

さて、手を抜かずに、同じシナリオを、この間確認した「全部純資産直入法」で追って見ましょう。

全部純資産直入法だと・・・


【Unrelalized Loss】
会計上: 損益計算書を通さないので、当期利益(Net Income)に影響しない。
税務上: 損金不算入なので、当期の課税所得に影響しない。




でしたね。

さて、この点を、具体例で追ってみると、


【20X0年度に1000円でその他有価証券購入】
(その他有価証券) 1000     (現  金)    1000

【20X1年度に100円の含み損発生、
その他、本業で利益は2000円計上、税率40%】

(その他有価証券評価差額金) 60     (その他有価証券) 100    
(繰延税金資産)          40  
(法人税等)        800            (未払法人税)   800


(1) これで、会計上は 2000円(含み損100円は損益計算書を通らないので無視)の40%である800円の税金費用が当期発生した計算になっています
→「法人税等」=800円

(2) 一方で、税務上も、100円の損金不算入額を無視した2000円に対する40%の税金である800円の納税義務が発生するので、これが負債に「未払い法人税」として計上されています。

(3) このように、当期の会計上と税務上の税金費用が一致するので、「法人税等調整額」(Tax expense deferred)を使う余地が無いわけですね。

(4) ただ、将来実現する評価損についても、正味の「損」は税金勘案後の数字です。上記の例だと、評価損について損益計算書上の費用100が発生しますが、その分、課税所得が減って、「法人税等」(Tax Expense)が40減るので、税引き後利益は60です。なので、資本直入する「将来の利益」も税引き後の数字である60にしないと、資本の課題計上になってしまいます。そうする為に、「繰延税金資産(Deferred Tax Asset)」を計上してるんですね。

【20X2年度に当該証券を900円で売却、100円の含み損がまるまる実現。
その他、本業で利益は1000円計上、税率40%】

(現   金)          900       (その他有価証券)          900
(その他有価証券売却損)   60     (その他有価証券評価差額金)   60
                          (繰 延 税 金 資 産)         40
(法人税等)           400      (未払法人税 )          360

(1)会計上は、簿価900円の有価証券を売却損益0円なので、税金費用は、その他利益1000円に対する40%の400円。

(2) 一方で、税務上は、100円の譲渡損が勘案されたあとの課税所得900円(=1000円-100円 )に対する40%の360円の納税義務が生じるので、360円を未払法人税(Tax Payable)に計上。

(3) ということで、(1)、(2)の通り、会計上と税務上のそれぞれの筋を通しながら、貸借は一致するということになります。




今日で、「その他有価証券と税効果会計」は終わりです。
もう、忘れないぞ!
[PR]
by nn_77 | 2007-03-24 15:11 | USCPA (general)

その他有価証券と税効果会計 その2

79 Days before 日商簿記1級
I was a night owl last night, getting absorbed in bookkeeping study. (I'm getting behind the schedule again... )

In order to catch up with the plan, I had to work a lot for bookkeeping study, and it was 3:00 a.m. when I felt very sleepy...

If I don't study tonight (or early in the next morning), all the effort that I made last night would turn out to be for naught...

But, I'll show up in a drinking party tonight.

神様に試されているのかもしれません。。。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

先日の記事、「その他有価証券と税効果会計」(2007.3.20)で、?をつけている箇所がありました

それは良いとして、ここでDTLが登場?
しかも、相手科目は「法人税等調整額)(Tax Expense-deferred )ではなく、「その他有価証券」(ASF securities) ?

ここでDTL/DTAが登場する理由については、3/20の記事内で完結させましたが、なぜ相手科目が「法人税等調整額)(Tax Expense-deferred )」にならないのかについては、理解していませんでした。

。。。が、その後、ウダウダ復習を重ねて理解できました。

その他有価証券の含み損益(Unrealized Gain / Loss on AFS Sec.)については、日商簿記の世界では、損益計算書を通らないで、貸借対照表の純資産の部に直接計上されます(注記1)。いわゆる「資本直入」です。それゆえ、「当期の」税金費用については差異が発生しないんですね。

【Unrealized Gain】
会計上: 損益計算書を通さないので、当期利益に影響しない。
税務上: 益金不算入なので、当期の課税所得に影響しない。

【Unrelalized Loss】
会計上: 損益計算書を通さないので、当期利益に影響しない。(注記2)
税務上: 損金不算入なので、当期の課税所得に影響しない。

それ故、「法人税等調整額)(Tax Expense-deferred )」を計上して、「当期の」Tax-Expense (「法人税等」)を増減調整する必要がないわけです。

コレがまさに、本件において繰延税金資産/負債(DTA/DTL)の相手科目が法人税等調整額(Tax Expense deferred )にならない理由ですね。

しかし、3/20の記事でも書いたように、来期以降に当該有価証券を売却するなどして、Unrealized Gain / Lossが、Realizeしてしまったら、それはその期の課税所得に影響を与えます。しかし、その原因はその期ではなく、DTA / DTL を計上した期に発生した評価損益に起因するものです。したがって、例えば、来期以降にRealized Gainが生じて課税所得が増えて、「未払法人税等」(Tax Payable)を計上する必要はあっても、その期の「法人税等」(Tax Expense)は調整してはいけない(←その原因が今期に発生したことではないから)ことになります。

だから、すとーりぃを作ると、

【20X0年度に1000円でその他有価証券購入】
(その他有価証券) 1000     (現  金)    1000

【20X1年度に100円の含み益発生、税率40%】
(その他有価証券) 100     (繰 延 税 金 負 債)    40
                  (その他有価証券評価差額金) 60

【20X2年度に当該証券を1100円で売却し、
100円の含み益がまるまる実現。税率40%】

(現   金)    1100    (その他有価証券) 1100
(繰延税金負債)   40     (未払法人税 ) 440
(法人税等) 400

【20X2年度】の未払法人税(Tax Payable)が440円となって、ちゃんと、1100円の所得に対する納税義務は負債計上しており、その一方で、当期のTax Expenseは400円のみ、つまり【20X1年度】の100円の含み益発生に関しては、当期の法人税等の計算に含まれないようになっているのがミソですね。

税効果会計、って本当によく出来てますね。考えた人、エライ!と思ってしまいました。



(注記1)
USGAAPでは、Other Comprehensive Incomeは、
   1) Income statementの下部
   2) Comprehensive Income Statement
   3) Statament of Changes in Equity
のいずれかに表示すればいいとしています。

FSAS 130
(FASBのウェブサイトより引用)

Alternative Formats for Reporting Comprehensive Income

22. An enterprise shall display comprehensive income and its components in a financial statement that is displayed with the same prominence as other financial statements that constitute a full set of financial statements. This Statement does not require a specific format for that financial statement but requires that an enterprise display net income as a component of comprehensive income in that financial statement. Appendix B provides illustrations of the components of other comprehensive income and total comprehensive income being reported below the total for net income in a statement that reports results of operations, in a separate statement of comprehensive income that begins with net income, and in a statement of changes in equity.


(注記2) 実は、「その他有価証券」の未実現損失(Unrealized Loss)を、その期にRealized Lossとして計上してしまうやり方もあります。「部分純資産直入法」と呼ばれるものです。
これについては、また、明日(or later)。。。
[PR]
by nn_77 | 2007-03-22 19:28 | >FARE

「その他有価証券」と「税効果会計」

81 Days before 日商簿記1級

Today I studied 日商簿記, and went over the topic of Deferred Tax Accounting, or 税効果会計.
今日は、この税効果会計の分野で、「その他有価証券」(Available for Sale Securities)の評価差益の仕訳を勉強しました。私が使っていたAnjoのテキストでは、税効果会計のところでAFSの期末評価の話は出てこなかったので、ちょっとびっくりしました(忘れてただけかな?)

日商簿記テキスト曰く、当期に1000円で購入した「その他有価証券」の時価が期末に1100に上がったら(評価差益=100)、次のような仕訳になるとのことです。(実効税率40%)

(その他有価証券) 100             (繰 延 税 金 負 債)    40
                             (その他有価証券評価差額金) 60

USGAAP的に記述すると、多分、こんな感じでしょうか。

Investment in AFS Sec. 100
                           Deferred Tax Liability 40
                           Unrealized Gain on AFS Sec. 60

この「その他有価証券評価差額金」は「純資産の部」に資本直入されるので、Unrealized Gain on AFS securitiesがOther Comprehensive Income(ISの下の方)を経てAccumulated OCH(BSの(右)下の方)に計上されるのと良く似ています。

それは良いとして、ここでDTLが登場?
しかも、相手科目は「法人税等調整額)(Tax Expense-deferred )ではなく、「その他有価証券」(ASF securities) ?

でも、よくよく考えると、この「未」実現利益の100が実現したとしても40は税金で取られてしまうのだから、資本直入するとしても60が限界だし、一方で、繰延していることになる税負担は40なのだから、、、と考えると、上記仕訳はナットクの行くものでした。

はてさて、CPAの勉強では、どうだったかな?
ホコリをかぶったAnjoのテキストを開いてみました。

「Investment」の章をみると、「Available for Sale Securitiesは時価評価。評価差額はOCIを経てAOCIに計上」とあります。これは、その通りですね。「Deferred Tax」の章をみてみると・・・やっぱり、AFS Sec.についての言及は特にナシ。やっぱり、そうでしたか。記憶にないはずです。そんな話、覚えがありません。どうしたものかと思いながら、「OCI」の章をみると、「・・・財務諸表上で表示する場合には、税引後(Net of Tax)で、その他の包括的利益(Other Comprehensive Income)の項目に加減する形で報告される。」

そうか、Net of Taxって、そういえば、ここでやりましたね。確かに、覚えてます。
ここの部分のAnjoの解説をみると、「1000で購入したAFS Sec.の期末の時価が1100であった場合、税率が30%であれば、OCIで報告されるUnrealized LossはNet of Taxで70と表示する」とあります。

この差益100とNet of Tax 70の差である30について、日商簿記のテキストでは繰延税金負債を計上するよう説明されていたわけですね。
USGAAPでもこの差額はDTLを計上するのかな?そうしないと仕訳は合わないようなきがするけど。。。でも、Anjoのテキストにはそんな説明がないな。。。

ま、今は日商簿記の勉強優先だから、良いとしましょう(?)
しかし、USCPA受験勉強当時、ここの部分に、自分は疑問もたなかったのかな?

・・・持たなかったんだろうな。。。 Net of Taxで表示、ハイ、そうですか。というノリだったに違いありません。 反省 (>_<)
[PR]
by nn_77 | 2007-03-20 01:50 | 簿記一級

平成18年、初日本語 / 繰延税負債

今日は(ブログ本文で)今年初めての日本語、初日本語。
なんか日本語のほうが気恥ずかしい。(ま、読者も少ないので、気にしない気にしない。)

日本語の方が恥ずかしい、この事実が、僕が日本人ネイティブであることの証明やなあ。
母国語なのでニュアンスが良く分かるから、かえって気になる。

普段はここで、勉強のつもりで、英語と、ほんのチョビッとの中国語を使っている。いつも日記は一本5~10分くらいで書く。(たまにヘビーなやつを長々と書く以外は) 結局、英語やったら、語彙や表現力に制限があるから、ひとつのことを言い表すのに選択肢がひどく少ない。なので、推敲の余地が無い。その結果、ある意味「すらすら」書ける。きっと、ネイティブと呼ばれる人たちがみたら、カタコトの英語なんやろうなあ、とは思うが、自分には「どんな感じ」なのかはわからへんから、気にしようが無い。(一応、不自然な表現じゃないかとか、軽ーくgoogleなんかでリサーチすることもあるんです。。。)

去年は(多分)まぐれでTOEIC990点を取ったけど、TOEICが公表しているPROFICIENCY SCALEでも、「Non-nativeとして」とか「Native Speakerの域には一歩隔たりがある」とわざわざ書かれている。

海外経験など何のバックグラウンドもない僕にはいつまでたっても外国語の域を出ないんかな、やっぱり。そう考えると少しさびしい。年初からネガティブ思考ではアカンねんけど。。。

悩んでも仕方が無い。やるしかない。英語も中国語も、引き続きこつこつやらんとアカン。(中国語はコツコツではおいつかへんな。。。)


とはいえ、



目下の最注力項目は、他でもない、米国公認会計士試験(exam for USCPA: US Certified Public Accountant)。受験申し込みは済ませて、今はNTS(Notice To Schedule)という書類待ちだが、タイミングが悪いと5月下旬、うまくいけば7月中旬ぐらいに試験を受ける。アメリカの試験なので、受験もハワイとか、あっちに行かねばならない。交通費が馬鹿にならないので、そうそう受け直しはできない、のが辛い。。。

ネット上で見ていると、本当にいろんな人たちが、この試験にチャレンジしている。大変刺激を受ける。刺激を受けただけでもよかった、なんちゅう事のないように、試験は受ける以上受からなければいけない、のがこれまた辛い。。。

まあ、こんなに試験にひたむきになれるのも(諸般の都合により)人生でこの半年が最後やろうから、死ぬ気でやらんとな!

ということで、明日からも英語とほんの少しの中国語で、日々の進捗を確認しながらブログをつづり、CPAの勉強に邁進します。今後もご意見、ご指導、ご鞭撻、皆さんよろしくお願いします
m(_ _)m


追伸:

日本語で書いたついでに、今日やったワイリーの問題でひっかかった点をひとつ。自分の勉強不足を露呈するようで恥ずかしいですが、日ごろから露呈しているのでいまさら。。。ね。
もし、ご指導いただける方がいらっしゃったら、ご教示いただけると幸いです。
(一応、ANJOさんにもメールで照会中です。有用な解答をいただけたら、またここでフィードバックいたします)

WILLEY CPA EXAM REVIEW 2005 MODULE12 Q.28 (461ページ)
Deferred Tax Related to Business Investmentsに関する問題

<問題文要旨>----------------------------
・被投資会社B社の30%のCSを保有するA社はEquity methodでこれを処理している。
・ある年のB社のReported EarningsはUS$900,000で、この年のB社の配当はUS$300,000であった。
・本件は80%DRDが適用される。
・計算に使用する税率は25%とする。
以上において、A社が当期に計上すDTL はいくらか?
-------------------------------------------
WILLEY回答要旨---------------------------
(1) 会計上の利益はEquity Methodにより270,000.
    900,000×30%= 270,000.

(2) 税務上の課税所得は受取配当金相当額90,000.
300,000×30%

(3) 上記(1)、(2)の差額180,000.このうち、80%DRDにより発生する永久的差異を除いた額に適用税率を乗じた額がDTLとなる。

(4) 本件では、180,000×80%=144,000.が永久的差異となるので、(180,000.-144,000.)×25%=9,000.がDTLとなる。
----------------------------------------------

<nnの疑問>----------------------------
上記「WILLEY回答要旨」の(1)~(3)までは分かりますが、(4)の段階でのDRD控除額の計算に疑問があります。
本件では、受取配当金額はUS$90,000.なのだから、この9万ドルに80%を掛けた金額がDRD控除額、すなわち本問の永久的差異の額になるのではないでしょうか?
なぜ、会計上利益と課税所得の差額に80%を掛けるのでしょうか?
------------------------------------------
           ↓
           ↓
Jan 8th, 2006: ANJOさんからご回答がありました。
私が上記「問題文要旨」に書き漏らしていた(見落としていた)下記1文がポイントでした。

"In addition,・・・中略・・・ All the undistributed earnings of Rex (←A社) will be distributed in future years."
、、、つまり、問題文の設定で、「A社は稼いだ利益を全部配当として還元する方針。今期に配当しない分も将来にわたって全て配当に回す予定」となっていたのでした。

よって、Differ(受領が将来に繰り越し)されるのは
「今期~将来にわたってA社に還元される全ての配当US$270,000」
から
「そのうち今期受け取る90,000」
を差し引いた
「180,000」
となります。

従って、この180,000に本問での適用税率を掛けた金額がDTL となるわけです。

そもそも、僕が大事な一文を見落としたのが失敗の原因でした。
問題文をちゃんと読む、っちゅうのはやっぱり大事やな。反省。

ANJOさんからの回答メールの最後の一文に
「9万ドルに80%を掛けた金額は単に当期の非課税所得にすぎません。」
と書き添えられていました。無論、納得。

皆さん、お騒がせしてたらごめんなさい。

もっと勉強せなあかん、と痛切に思いました。(- . -;)
[PR]
by nn_77 | 2006-01-07 19:20 | >FARE


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧