nn的BLOG

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:Copyright Law ( 1 ) タグの人気記事

著作権 Copyright Law

←Click here if you liked today's diary. Thank you.

I can study only for 4 days before the exam.

(I'll be leaving Japan on the next Monday!)


7月23日の日記のコメントのやり取りで、私がこんなコメントを残してしまいました。

「実は、もともと、copyrightは50年だったのですが、あのDisneyの著作権が50年経ってexpireしそうになったので、その後、70年に延長されたという経緯があるんです。 だから、今はcopyright70年ですよ。」

知ったかぶりで書いてしまいましたが、CPA試験受験勉強の観点からは説明不足、下手をすればミスリーディングであったと反省しましたので、下記の通り、ちょうど昨日復習したWileyベースで、少しCopyrightについて言及したいと思います。

基本的に、copyrightの問題に出会ったら、次の2種類のうちの、どっちの話なのかを見極めます。

(1)企業のソフトウェアなどの商品のcopyright
少し前の話であれば、松下電器産業とジャストシステムの係争などが思い出されますね。
あれはpatent(特許権)の例ですが、“イメージ“としてはそんな感じのものだと思います。

(2)上記以外のもの。俗に、著作物を作ったら発生するもの
僕みたいな素人が勝手に物語を書いても著作権が発生します。

なぜ、この(1)(2)の見極めが必要かというと、それぞれ、copyrightの存続年数が異なるからなんです。

昨日復習につきあってもらったWiley君いわく、

“8. ・・・ in the case of corporation or business, the copyright is valid for the shorter of 100 years after the creation of the work or seventy-five years from its date of publication.”
Multiple Choice Answer Explanations, Module 31 Property, Wiley 2005より

上記は、(1)の例ですね。この場合は、「著作物ができてから100年」または「世に出してから75年」のうちの短いほうとなっています。


次に、(2)の例についてもWiley君が示唆してくれました。


“13. Diane Trucco recently wrote a novel which is an excellent work of art. She wishes to copyright and publish this novel.”
Module 31 Property, Wiley 2005より

上記の状況において正しい選択肢を選ぶ問題なのですが、答は”Her copyright is valid for her life plus seventy years.”

つまり、この場合、著作者の死後70年間存続するとあります。

後者の問題を前者の問題と対比すると、(2)だぞ、と強調しているのが、ひしひしつたわってきて可笑しくなります。
・著作者が個人
・優れた芸術作品
・小説

本だって、売ればビジネスやんか、と思うのですが、上記のようなフレーズから、(2)のケースであることを感じるしかないのかもしれませんね。

まとめると、

(1)企業がソフトウェアなどの商品へのcopyright
著作物ができてから100年」または「世に出してから75年」のうちの短いほう

(2)上記以外のもの。俗に、著作物を作ったら発生するもの
著作者の死後70年間

・・・ということになるようです。

上記のストーリーは、Wiley2005ベースのnnの体験談に基づいています。また、それ以降改定もあると思いますし、私の英文解釈に誤りがあることもあります。ご注意下さい。

また、冒頭のように、私のブログでは、少しあやふやなお話を載せてしまうこともあります。

私は、自分の勉強のため、そして少しでも、皆さんと情報共有できればと思い、今後もこうした記述を時々行いますが、どうか、ご覧頂く際には、皆様、懐疑心をもって、批判的に読んでくださいね。(Auditorのprofessional skepticismみたいに!)

ブログ右下にも、一応、disclaimerを載せてあります。
どうか、か弱いnnをstrict liabilityで責めないでくださいね。
[PR]
by nn_77 | 2006-07-27 12:13 | >REG


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧