nn的BLOG

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:BSC ( 2 ) タグの人気記事

VBMとBSCのバランス

ブログで知り合ったCPA受験同志のきょろいちさんから下記コメントを頂きました。
ありがとうございます。

Commented by きょろいち at 2006-05-04 22:12 -------------
こんばんは。
BSCって、「financeの視点だけではあきまへんで!」というところが根っこだと理解しています。とはいえ、financeは第一義と置きつつ
「では、どこの気をつければよいか」
を具体的に示しているものなんじゃないすかね。
ココのwebpageなんか、結構参考にしました:
http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/bsc.html

ではでは♪
----------------------------------------------------------

いつも試験の本質に関連付けたナイスなコメントを頂いて、大変参考になっています。
お返事コメントをしたら、「○○○字以内でお願いします」とブログシステムにはねられてしまいました。長すぎたようです。ということで、3日連続になりますが、日本語で、今日も投稿させてください。


**************************************

きょろいちさん、おはようございます。

 CPA試験的には、確かにおっしゃるとおりですね。私たち受験者のイメージ的には、VBMでは財務面に偏るので、他の「視点」もいれてバランスのとれた評価をしよう(BSC)と。その上でStrategy MapやValue Chainが大切だと。

 ただ、実務面では、一世を風靡したISOと同じで、BSCは導入コストと効果が直接的でない(長期的成長を視野にいれているのであたりまえですが)ので、短期的成長にこだわらない、「余裕のある」企業でないとなかなか難しい、というのも実情のようです。例えば、Customer Perspectiveでの改善は、短期的にはコストでしかなく、そうしたコストは長期的な効果とmatchingがなかなかできないので、会計上はやはり費用化することになり、会計面からすると経営を圧迫します。

 最近のエコロジーの流れで日本でも導入されはじめた「環境会計」にしてもそうですが、業績評価の指標としては、その理念と現実とのズレがなかなか埋まっていないのが現状のように見受けられます。

 当然、財務面だけで突っ走っては長期的安定的成長は難しいのだと思いますが、目先の手形が決済できず銀行取引停止処分になっても大変なので、その辺の舵取りが「経営判断」になってくるのだと思い、またコンサルさんたちの腕の見せ所なのだと思います。個別にその企業の分析もせずに、やれISOだ、環境会計だ、BSCだと、流行をセールスに来るコンサルさんには気をつけましょう(笑) 

 バランスという点から、メタ理論的視点で表現すると、自社の状況を鑑みて、VBMとBSCの両者をバランスよく導入していくことが大切なのでは、と思います。

 しかーし、私もUSCPA受験者としてブログを書いている以上は、CPA試験的に誤解の無い記述に努めなければなりませんでしたね。きょろいちさんのご指摘の通り、今後は、より簡潔かつ的確な記述に努めようと思います。コメント&参考URLありがとうございました。では、また。
[PR]
by nn_77 | 2006-05-04 08:31 | >BEC

サラリーマン

 ブログを通じて知り合った(といっても面識はまだありませんが)川島さんから、昨日の日記TBを頂きました。広告会社の経営をされており、経営者のお立場からご感想を頂いたものです。

 経営者の方からこうしたお声を聴くことができると重みがありますね。貴重なご意見、大変参考になりました!川島さん、TBありがとうございました。感謝です!!

 さて、話はすこし変わりますが、このところ、業績評価の手段であるはずの財務指標がいつしかノルマ、という形になって業務目標そのものになってしまい、結果的に企業のCSR(Corporate Social  Responsibility)を毀損してしまうような事例が相次いで表面化しています。このような時代、我々サラリーマンとしては、そもそも自分の会社が社会の中でどういう位置づけにあるのか、を十分に自覚して行動し、所属部署の方針に疑問を感じたら、何らかの形できちんと整理する勇気を持つ必要があります。「その計画の採用は、確かに当部のノルマ達成に大きく貢献しますが、当社全体からみるとマイナスになるのではないですか?」って。

 たとえ、意見具申してもどうしようもないときでも、自分が本当におかしいと思ったら、自分が納得できる方法で、なんらかの調整が大切です。何も考えず(?)、上の言うとおりにしていて、結局、何か事が起こったとき、結局それに自分が加担してしまうことになるわけですから。。。

 天に向かってツバを吐くと、結局自分に降ってくる、というのはサラリーマンとしては常に心のどこかに意識しておくべきことですが、一方で、組織のいうとおりにしていても、結果的にそれが誤りだったときに、組織が自分を助けてはくれないのも、また事実です。さらに言うと、組織が助けてくれるからと言って、「何か違うなー」と思っていることをすることは、、、うまく表現できませんが、基本的に、自分に嘘をついてそのままやったらあかんように思います。自分が誤解をしている可能性もあるので、自分の理解不足でないか確認しなおすことも大事でしょう。

 何はともあれ、自分の会社、それ自体が社会に、確実に何がしかの財やサービスを提供しているのだ、ということに自負があるのであれば、それを日々守っているのは役員室に座っている経営陣よりも、間違いなく現場の人間です。裏を返せば、何か会社が誤った方向に走るとき、その暴走を、止められるのも、本当は一社員のはずです。私はいまだヒラですが(笑)、目線はいつも会社を動かす社長と一緒でいたいと思います。だって、お客さんのところにいったら、自分が会社の「代表」なんですから!

 さて、CPA試験(BEC)において、erformance Measures(業績評価)の単元で、VBMとBSCというものが出てきます。

1.VBM: Value-Based Management
ROI、Residual Income、EVA(Economic Value Added)、その他さまざまな経済的指標に照らして企業価値を測定し、それを経営に活かしていこうというものです。

2.BSC: Balanced Score Card
財務面のみ注視することなく、様々な視点からバランスよく業績評価を試みるものです。
様々な視点、具体的には以下の4つです。(問題集でよくでてますね!)
・Financial Perspective:財務的視点。これだけではダメ、ということです。
・Customer Perspective:顧客の視点。例:Customer Satisfaction(CS)
・Internal Business Process Perspective
 :Supply Chainの観点。コスト、品質、顧客に届くまでの各プロセスに要する時間に注意。
・Learning & Growth Perspective
:お客様の為の目標や財務面での目標を達成する為に、
・従業員
・社内のインフラ
・チーム作り、、、等
の観点から業績を評価。例えば、従業員満足度や、研修時間、ITインフラのための支出をどれくらいしているか、などの面からチェックします。

--- 典型的な問題: Wiley 2005 BEC Module43 #5 より引用------------
The balanced scorecard and value-based management are techniques that are being used by a number of corporations. In comparison to the balanced scorecard, value-based management focuses on

a. Nonfinancial measures
b. Financial measures
c. Both financial and nonfinanical measures.
d. Quality measures

→ Correct answer is (b).
--------------------------------------------------------

 一般的には、VBMだけでも、BSCだけでもダメで、それぞれを上手に使っていく見極めが大事だといわれているようです。結局ここが「経営判断」ということになるのでしょうか?

 会社の経営、などといったことに携わることができるチャンスは一生めぐってこないかもしれませんが、自分の人生の舵取りは、つねに自分の判断で自己責任のもと行わなければならないので、まずはそこから、VBM(問題集正答率75%突破!)やBSC(うわべだけの理解になっていないか?、自分の仕事やキャリアとの関連付けは大丈夫か?無理して体調は崩さないか?)的な発想でやっていきたいと思います。

PS) サラリーマンって英語にできないですね。Salaried perosnとかemployed personということではなく。。。日本語の「サラリーマン」って言外の意というか、連想させるイメージというか、独特のものがありますよね(笑) 日本語の「サラリーマン」を一語で言い表す単語ってあるのかな?

明日こそは、英語で書くぞ!オー!!


[PR]
by nn_77 | 2006-05-03 21:06 | >BEC


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧