nn的BLOG

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:Assignment ( 1 ) タグの人気記事

復習編:Assignmentなど

今日も日中は家族サービス(買い物サポーター)をして、家族が寝静まったころを見計らって勉強。晩酌を発泡酒にしたので、酔うこともなく、順調に仕事の勉強。。。

勉強のトピックが売掛債権流動化になったので、USCPA受験時代のテキストを見なおしてみる。
すると、以前はなんとなくわかったフリをして、及び腰だったこの単元、今、見直すと、今度はスーッと腹に入った。前は全然わかってなかったんじゃないか?よく試験に合格できたものだ。当時は、どんな理解をしていたんだ ( ̄▽ ̄;)
そう思って、当時のまとめ日記を読み返してみた。
なんだ、結構、わかっているじゃないか。
当時のnnも捨てたものではない ( ̄― ̄) ニヤリッ

・・・あ、おかしな記述発見 ( ▽|||)

>have to debit some charges & fees (= factor’s holdback) as expense.

Factor’s Holdbackをas expenseと書いてしまっている。。。当時はそんな風に理解してたんだな。。。これは、今、テキストを読み返すと違いますね。Factor’s holdbackはIncome Statement上で費用化されるのではなく、B/S上で資産計上されるんですね。 だから、as expense ではなくて、as assetが正解。

この機会に、債権の流動化について簡単にメモしておこう。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

そもそも債権は、だいたい、(1) Account Receivableか、(2) Note Receivableのいずれかとして、B/S上のCurrent Assetに計上されている。

この時点で、問題なのはこれらがReceivable、つまり、将来現金化される予定の資産、ということ。このままだと、今、即、お金がいる!となったときに、困る。ということで、これをA/RやN/Rを元手に現金を手に入れる方法を考える。

方法1:Assignment
これは、A/Rを担保に金融機関からお金を借りる方法。仕訳は普通の借入の仕訳

Cash 1,000 / Loan 1,000
(Loan契約時にA/Rを担保として金融機関に差し入れ)

A/Rを担保にしたからと言って、B/Sから消えたりしない。(全く別のFARの問題で、有価証券を担保に入れるとB/Sから消えるか?見たいなのがあったけど、答えはNo.)

方法2:Factoring
これは、A/Rを金融機関に売却して、対価として現金を得る方法。

(Without Recourse)
Cash  1,300     | A/R 2,000
Factor’s HB  300  |
Loss 400        |

A/R2,000をFactorに売る。もちろん、2000では買ってくれない。A/Rが現金として回収できるのは将来なので、現在価値に割り引かれてしまうからだ。言い換えれば、A/Rが現金化するまでの期間の金利が取られる、というイメージ。さらにはFactor宛の手数料なども発生。こうした諸々が差し引かれ、これがLoss 400。このLossは金利費用や手数料費用のような類なので、今期のI/S上でNet Income計算時に減算項目となる。ということで、A/R2,000を売却して、残り1600の現金を手に、、、といいたいところだが、この段階で手にできる現金、実はまだ1,300だけ。残りの300はFactor’s Holdbackとして、留保される。当社としては、Factorからの未収入金、といった感じ。 当社がFactorにA/Rを売却した後で、当社にSalesの返品などがあると、Factorの手元のA/Rの現金化予定額が減ってしまう。それに備えて、Factorは、A/R購入時に、Factor’s Holdbackとして、一定額を当社に支払わず留保している。当社からすれば、FactorにA/Rを買ってもらう際に預ける保証金みたいなイメージかも。Factorが無事債権回収できたら全額戻ってくるし、Factorの債権回収がうまくいかなかったら、Factor’s Holdbackから敷引きされて、残金だけ戻ってくる、といったシステムだ。

また、当社とFactorの交渉次第では、遡及権付きでの債権売却になることもある。その場合は、当該A/Rの貸倒リスクが売却後も残ることになるので、貸倒見込額(←Allowance for Uncollectible Accountsでやりましたね!) を負債に計上しなければならない。結果的に、A/Rの売却損が膨らむことになる。

(With Recourse)
Cash  1,300     | A/R 2,000
Factor’s HB  300  | Recourse Liability 100
Loss 500        |


方法3:Discounting Notes Receivables
会社は、売上債権のA/Rの他にも、貸付債権としてNote Receivableを保有していることがある。日本の場合は、売上債権のA/Rを回収するときに、現金だけではなく、約束手形(Promissory Note)で回収することがあるが、これもNoteの一種。こうしたNoteは第三者(金融機関など)に売却して、対価として現金を得ることができる。もちろん、Factoringの時と同様、Noteの期限までの間の利息部分を負担する必要がある。Noteが期限に現金化するのを待てないから、今、売却するのだから、利息部分の支払は、いわば時間をお金で買うようなものかもしれない。

Cash 900     / Note Receivable 1000
Interest Expense 100

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

久しぶりに復習して、スッキリした。

Oh, it’s now midnight!  ( ̄◇ ̄;)

いかん、仕事の勉強にもどらないと!

ヴ、next topic is 会社法。。。(T▽T)
[PR]
by nn_77 | 2007-12-30 00:35 | >FARE


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧