nn的BLOG

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:Account Receivable ( 1 ) タグの人気記事

【Q&A】 A/Rの回収期限を延ばすと?

Hello, long time no see.
I’ve been quite busy these days and failed to update the blog for many days.
It’s largely because my daughter came to my house with my wife and taking care of her requires much more enormous effort than I originally thought, though I’m still enjoying it.

Today I came back to my blog because I got a question from Red-tree san regarding the effect of A/R period expansion. Below is her question, which is then followed by my response.

--- 【Question from Red tree-san】-----------------------------------------------

nnさん、こんにちは。

A/Rの回収期限を延ばした場合、期末A/Rにどのような影響がでるか?のような問題はどう考えたらいいでしょうか? FactoringもAssignmentは、A/Rの売却か、担保付き借入のことなので、回収期限については触れていないですよね???

これは、所謂nnも仰っていた”一見A/Rの問題のように見えて”、Bad debt expenseとAllowance for doubtful accountのことを聞いているんでしょうか?

--------------------------------------------------------


Red treeさん、こんにちわ。ご質問、ありがとうございます。m(_ _)m

具体的にどのような問題なのかが分かりませんが、一般的にA/R(Account Receivable:売掛金勘定)の回収期限が延びるということはどういうことなのか考えて見ましょう。

A/Rの回収期間が1ヶ月場合、その会社は常に1か月分のA/Rを抱えていることになります。従って、期末のB/SにおけるA/Rも月商1か月分のはず。
a0050593_13163645.jpg

回収条件がのびて、回収期間が2ヶ月とか、3ヵ月とかになると、だんだん、常時抱えているA/Rの量が大きくなっていき、期末のB/SにおけるA/Rも月商2か月分、3か月分、と膨らんでいきます。

a0050593_131716.jpg


a0050593_1317136.jpg


まず、こうして期末のA/Rが膨らむこと自体が、期末のBS条のA/Rへの直接の影響ですね。

> Bad debt expenseとAllowance for doubtful accountのことを聞いているんでしょうか?

そうですね、更に貸倒引当金にも影響してきまね。期末A/Rに一定の割合を掛けてAllowance for doubtful account(ADA)を計算する場合、期末のA/Rの額が多ければ多いほど、ADAの額が大きくなります。期中に回収条件がのびると、前期末対比、今期末のADAが突然大きくなるので、Bad Debt Expenseも大きくなり、結果的に今期のIncome StatementにおけるNet Incomeも減少しますね。

ところで「勘定合って銭(ゼニ)足らず」とか「黒字倒産」という言葉を耳にしたことがありませんか?これは、Income Statement(損益計算書)上でちゃんと利益が上がっているにも関わらず、資金繰りに行き詰って倒産してしまう状況をさします。勘定合って、つまり、90で仕入れて100で売ったから10儲かるはず、その分黒字になるはず、と計算があっているのに、ゼニが足りずに倒産するとはどういうことか? その典型がA/Rの長期化です。

販売代金回収に関する仕訳を見ると、

A/R 100 / Sales 100

となります。で、後日、回収時に

Cash 100 / A/R 100

となるわけです。

つまり、Sales=売上を立てたる段階で、売上代金の回収までは保障されていないのです。
例えば、ある会社のFinancial Statementをみて、前期Income Statementに比べて非常に売上が伸びていると、その分、会計上の利益(Income Statement上のNet Income)も前期よりずっとよくなりますが、これだけで安心してはいけません。もしも、一方で、B/S上のA/Rが売上の伸び以上に膨らんでいるとすると、これは回収条件の緩和、つまり「お支払はずーっと後でいいから、とにかく買ってよ、売上上げたいから」といって売っているようなものです。本当に儲かっているといえるかどうか、疑問ですね? このように、Income StatementのNet Incomeだけ見ても資金繰りが大丈夫かどうかが分からないこともあるので、後にCashflow Statementが導入されたわけですね。勘定合って銭足らず、の状況では、Income StatementのNet Incomeは黒字なのに、Cashflows from Operating Activitiesはマイナスのはずです。この辺をごまかして儲かっているように見せる粉飾というのがAUDでもありがちな事例として出てきます。

ところで、このような問題を解決する為には、

A/R 100 / Sales 100
↓↓↓↓↓
Cash 100 / A/R 100

これ↑が極力短期で済めば問題ないわけですね。

その為に行われるのが、Factoring、つまりSale of A/Rですね。手数料やらなにやら差し引かれるので、Salesの額に比べると目減りしてしまいますが、直ぐ現金が手にできることで、勘定合って、ゼニも足りる状態にできるわけです。Factoringの他に、A/Rを担保に借入を行うAssignmentが行われるのも同じ事情です。Assignmentの場合、負債が計上されますし、A/Rも消えませんが、Salesに見合うCashをA/Rの回収を待たずに行えるわけですね。
【参考】
Assignment vs Factoring
http://www.allbusiness.com/glossaries/assignment-accounts-receivable/4942968-1.html

日本では約束手形が企業間決済で流通していますが、この場合、

A/R 100 / Sales 100
↓↓↓↓↓
受取手形 100 / A/R 100
↓↓↓↓↓
Cash 100 / A/R 100

となります。現金を手にするまでの道のりが更に遠いですね。

そのために行われるのが手形の割引です。約束手形はPromissory Noteと訳されますが、
これは、受取企業のBS上にNotes Receivableとして計上されます。FARのトピックでDiscounting of Notes Receivableというのがありますが、これが正に手形の割引による売掛金の資金化ですね。REGのBusiness LawでNegotiable Commercial Paperのトピックがありますが、手形割引という行為は正にこのnegotiationです。

以上、「A/Rの回収期限を延ばした場合・・・」という冒頭のトピックについて、思いつくことを書いてみました。後半はAUD、REGに関するトピックにも触れましたが、このように他の科目の関連科目とあわせて考えると、いろいろ見えてきて面白いですね。

I hope I’ll soon be back here again to update the blog. See you again.
[PR]
by nn_77 | 2008-06-07 13:10 | >FARE


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧