nn的BLOG

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:減損会計 ( 1 ) タグの人気記事

【Q&A】Impairmentとrecoveryの関係 パート2

===前回のあらすじ============================================
Impairment accounting(減損会計)も含め、資産の会計処理におけるrecoveryという単語の意味は、「減価償却費用の計上=初期投資コストの回収(recovery)」というものだった。
ところで、「一度、減損処理したら、その後、万が一、時価>簿価だったとしても、時価評価にあわせて簿価を回復させるということはしない」というルールの中の「回復」に当たる言葉、これもやはりrecoveryなのだろうか、それとも他の英単語がつかわれているのか?(他の単語の方が、紛らわしくなくていい)
==============================================================

ということで、リサーチをすることにしました。

nnはいつもGoogleからリサーチを開始します。
今回も、

減損、impairment、fas

などのキーワードで検索。

すると、FAS144が、減損会計に関するstandardだということが分かりました。
FASの見方は、以前この記事でも紹介しましたが、こうしたFASBのサイトに、PDFで連番で上げられているので、URLのFASの番号が入るところに、144と入れてやると、すぐに見つかりました。

コレです→ http://www.fasb.org/pdf/fas144.pdf

あとは、このPDF上のどこに、「時価評価にあわせて簿価を回復させるということはしない」という記述の英文があるかを見つけるだけでした。


・・・が、ココからが大変でした。ザーッと目を通してみたり、PDFの検索モードで色々調べてみるも、ノン・ネイティブのnnには荷が重過ぎました。 (T▽T)

まずは、recoveryやrecoverで調べてみたのですが、昨日書いた減価償却による当初投資コストの”回収(recovery)”の意味での使われ方しか見つかりません。

「時価評価にあわせて簿価を回復させるということはしない」とう日本語の英訳を考えて、improvementとか、fair valueとかで調べますが、うまく見つけられません。

ANJOのテキストも、この辺は和文で説明されていて、引用英文がありません。

こまった。

さて、どうするか。。。  (-。-)y-゜゜゜

と、何気なく本棚を見ると、目に留まったのはWILEY。

そうだ、僕は英文の問題集を持っているじゃないか。この解説欄には、きっと英語で説明がある。

WILEYのどこを見ればImpairmentの記載があるかなんて、受験から1年たった今でもすぐ分かる。(WIELYがうまく構成されているだけのことだけど)

あった、ここだ。MCの解説をみるとするか。どれどれ・・・

“・・・ SFAS144 specifically states that restoration of previously recognized impairment loss is prohibited.”

あった (^_^)v ナルホド、RESTORATIONか~!

でも、今思えば、最初からコレを見ていれば、減損会計=FAS144ってすぐわかったのだ。
(――;)

さて、FASBのサイトのFAS144のPDFで、”restoration”で検索すると、、、


ページが分かれてて見にくいけど、書いてますね。
“Restoration of a previously recognized impairment loss is prohibited.”

a0050593_23464434.jpg


ということで、

「一度、減損処理したら、その後の減損テストを経て、万が一、時価>簿価だったとしても、時価評価にあわせて簿価を回復させるということはしない」

・・・の部分は、「impairment後は recover restor しない筈」と覚えればもう、ここでつまずかない、といことですね。

以上、前回と今回の記事を経て、本件、解決!(^o^)/

ということで、SIMのWritten Communicationの締めの決まり文句で、今日も締めくくりたいと思います。

If you have any further question, please feel free to contact nn.
[PR]
by nn_77 | 2007-07-23 23:45 | >FARE


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧