nn的BLOG

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

タグ:時間管理 ( 1 ) タグの人気記事

受験勉強の成果を本番で十分発揮するために

To reflect your effort in USCPA exam effectively

昨日の記事の和訳です。
(Following is the Japanese translation of yesterday’s article

みなさんのブログなどを読んでいると、もうすぐCPA試験本番の方がたくさんいるようです。1年前の自分の試験の時を思い出します。ありがたいことに、本当にたくさんの方から渡航前に励ましのメッセージを頂いて、とても心強く感じたものでした。

あれから1年が過ぎ、私が当時受験で勉強したことも、随分、時代遅れになっているかと思います。何かアドバイスできることがまだあるとしたら、「落ち着いて!パニックにならないように!」ということぐらいかもしれません。

「落ち着いて受験しましょう」なんて、ただの決まり文句みたいですね。でも、これは想像以上に大切なことですし、それなのに見落とされがちなことだとも思っています。

そもそも、受験とは、下記の2つのステップからなります。

STEP 1: 参考書や問題集を使って、受験勉強する。
STEP 2: 実際に受験し、受験勉強で身につけた成果を発揮する。

だから、受験で失敗するということは、下記のいずれかが原因ということになります。

原因1: 準備不足(勉強不足)
原因2: 十分勉強して合格する力があるのに、本番でそれを発揮できなかった

前者(原因1)についてどうしたらいいのかについては、様々な分析が、いろいろなCPA関連のサイトで紹介されていますし、このブログでも何度かとりあげてきました。実際、本当にいろいろなアプローチや勉強方などが、数多くあげられています。みんな、しっかり準備して試験本番に臨みたい、効果的に勉強したい、と思うのだから、当然、これらのことには関心がありますよね。

一方、後者(原因2)、(つまり、十分に勉強したにもかかわらず、それが本番で出せないこと)については見過ごされがちだと思います。ここまで読んでくださった方は、「そんなこと言うのは簡単だけど、実際、そのためにできることなんてたかがしれているでしょう?」と思われるかもしれません。同感です。私もそう思います。でも、そんな「たかがしれている」ことなのだから、どうせならやってみても損はないかもしれませんね。

じゃ、そんな、たかが知れたことってどんなことかというと、

1: 実践的なタイムマネジメント
普段、仕事でも、家でも、時間の制約があるとバタバタして、焦りますよね。USCPA試験も同じだと思います。だから試験中に、時間配分をちゃんと行うことは大切なんです。って、そんなことはわかりきっているんですが、わかっていることと、それを具体的に実践することとは別ですよね。これまで、このブログでも私の作戦(←といっても、これもまた、先輩受験生からオフラインミーティングで教えてもらったことなのですが)を紹介したことはありますが、やりかたは何でもOKだと思います。要は、自分がつかいこなせさえすればいいんです。とにかく、試験本番では、問題を解くのに必死になるので、時間管理にそんなに気を払うことはできませんから、そんな気を払わなくてもきちんと時間管理をできる具体的方法をひとつ、日頃から身につけておくと良いと思います。

2: 「何コレ!?」と思う問題をみたら、まず自分を疑う
見たことも無い問題や予期しなかった問題に出くわすと、これまたパニックになりますよね。
でも、そんな問題がでたら、全く新しいタイプの問題だと考えて、そんなに恐れず、淡々とチャレンジすれば良いんです。見たことも無いその問題が、難しいか簡単かはその時々で違うかもしれませんが、いずれにしても、他の受験生にとっても新しいタイプの問題のなは同じはずなのですから。開き直って淡々と挑戦するしかありません。いずれにしてもパニックになる必要はありません。
ただ、安易にその方針にとびつく前に、今一度、自分の目を疑って見ましょう。普段、後ろから友達を見ても、それが誰だか気付かずに、前から顔をみて、「ああ、君か!」と気付くことがあるように、CPA試験の問題も、パッ見た瞬間は「なんじゃこりゃ」と思っても、落ち着いて別の角度から見ると「ああ、これか!」と気付くものがあると思います。

私の場合、試験本番中に見知らぬ問題に出会ったら、必ず左手を胸に当てて、深呼吸を3回していました。効果ありましたよ。勘違いしていたことに気付いて、「あ、これ、あれやんか!」と思い、後は、日本にいる間に受験勉強でやったとおりに問題を解く、という感じでした。だから、なんだか難しそうな問題に出会ったら、まずは無理にでも自分の気持ちをフーッと落ち着けて、それから、その問題を違う観点から見つめてみると良いと思います。 (当たり前かもしれないけれど、当たり前すぎて、かえってあまり実践されていないのではないかな?なんて思います。)

おせっかいな記事になってごめんなさい。
ただ、皆さんのご努力が実を結んで、成功を収められますように、切に願っています。
[PR]
by nn_77 | 2007-05-23 08:39 | USCPA (general)


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧