nn的BLOG

最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

<   2008年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

【導入成功】nn 的「情報は一冊のノートにまとめなさい」

奥野さんの著書「情報は一冊のノートにまとめなさい」の方法をnn的に取り入れて1ヶ月以上がすぎ、すっかり定着してきたので、もう、成功といっていいでしょう。

一番恩恵があるのは「メモの一元化+メモの索引のテキスト化」。今日も、「その話、前月もなんかいってたなぁ」というような話が持ちかけられ、携帯電話に入れているテキストファイルのメモ索引をみると、9月15日にそんなメモらしきものを発見し(ここまで約7秒)、別途週次で移し替えているシステム手帳メモリフィルバインダーの当該ページを開くと、はたして、ありました。当時のメモが!(ここまで、最初のアクションから15秒程度。)

ふむふむ、思い出した。そうそう、○○さんが、、、で、当時あ~なって、こ~なって、、、細かな点まで鮮やかに記憶がよみがえります。

おもえば、USCPA勉強法も、同じように、メモ/ノートを一元化していました。あのときのノートは単元事にリフィルを並べ替えればよかったので索引を作る必要はありませんでした。

一方で、仕事の情報は、一つ一つが、顧客別、案件種別、国別、優先度別など、いろいろな属性を持つので、割り切って時系列に記録して、あとで索引メモテキストファイルからデジタル検索できるのが一番です。

いやいや、この、「情報は一冊のノートk、、、」のやり方、非常に便利です。特に、いろんな方面との調整事が多い私のような営業職の方にはオススメですね。

おかげで、システム手帳もかなり使いやすくなりました。とにかく時系列でメモしまくって、一週間たまれば、テキストファイルの索引に追記して、あとはバサッとリフィルバインダーに綴じればよし。整理や分類がいらずただ「バサッ」とすればいいのが、ものぐさな私でも続いている一番の理由です。システム手帳だからといってリフィルタイプ別に別に管理しようとか、内容毎に整理しようとして、結局できない、情けない、、、という(私にとっては)ありがちな悪循環から解放されました。スリムなシステム手帳なので、常に携帯しています。奥野さんのいうA6ノートより管理しやすいのは、スケジュールとタスク管理も一冊で管理できることです。「情報は一冊の~」では、A4のスケジュール紙を折りたたんでA6ノートの巻末に挟む方法が紹介されていますが、これでは、開くのにもたもたしますし、片手で操るのが困難です。私はシステム手帳なので、普段から、話がアポイントのアレンジに及ぶときも、予定は3秒以内にチェックできます。(常に携帯して
いるからですが。)

私は営業なので、スピードはとても意識しています。こまかな時間のロスの積み重ねの恐ろしさを感じるからです。nn的にカスタマイズしましたが、この「情報は一冊の~」は、今後の業務管理の基本になりそうです。10年かけて、ようやくノート術が落ち着きそうな予感です。
[PR]
by nn_77 | 2008-10-29 20:41

標準原価計算と経済学

以前、BECの管理会計でFIXED OHに関する記事を書いたことがあります。かなり力を入れて書いた記事で、読者の皆さんからもご好評をいただきました。

固定費をnormal hoursで割ることで、固定費部分について、一時間当たりの標準原価を計算するのでした。

受験者時代、生産設備は、サボらなければ、normal hours一杯まで使うものだと思っていました。

しかし、今朝、日経の11面「激震、半導体」の記事を見て、normal hours一杯まで設備を使うことで、供給過剰になって、製品の市場価格が下がってしまうんだぁ、と思いました。

需要と供給、これもBECでやりましたね。管理会計、標準原価計算と経済学がこんなかたちでコラボするとは!

通勤電車で読む日経でCPA試験ネタを見つけてはニンマリするマニアなnnです。
( ̄ー ̄)
[PR]
by nn_77 | 2008-10-28 07:22

ネイティブを目指して

今日は仕事帰りにマッサージに寄りました。施術中にマッサージ師が「骨盤を支える筋肉が随分張っている。坐骨神経を刺激して骨盤を緩めて楽にします。」とのこと。痛かったけど、かなり良くなりました。

しかし、骨盤を緩めるとか、坐骨神経とか、英語でなんていうか分からないや。専門用語と言えど、こうして素人も日常で触れる言葉なのだから、こういうのをしっかり押さえないと、ネイティブには、遠く及ばないな。

やること、まだまだいっぱいあるなあ!!


(追記:帰宅してから調べました)

骨盤(名): pelvis [pe'lvis]
骨盤の(形): pelvic [pe'lvik、]
坐骨神経(名): ischiadic nerve
坐骨(名): ischium [i'skiэm]

んなもん、知るかい!! ・・・な~んて言っていては、いけませんねぇ。。。
[PR]
by nn_77 | 2008-10-24 21:35 | 英语(English)

国際会計基準 VS シンガポール会計基準

今日も外部からの照会に対応するため、ある会計処理について、国際会計基準とシンガポールの会計基準を比較調査していました。

ネットでみていると、どうやらシンガポールGAAPのAuthorityはASC: Accounting Standard Councilのようです。いわゆるGAAPもFRS:Financial Reporting Standardsとして公開されています。FASBとのFASと同じようにちゃんと公開されてますね。FASのほうはPDFベースでしたが、FRSはワードファイルでした。

国際会計基準についてはいろいろと調べましたが、直接、IASBが公開しているページを見つけることができませんでした。有償でなければ手に入らないのでしょうか?

結局、Deloitteのサイトを参考にさせていただきました。調べていたのは「IAS 32 FINANCIAL INSTRUMENTS: PRESENTATION」という金融商品の開示に関する内容だったので、これでOKでした。

面白いと思ったのが、FRSの当該部分もFRS32に載っていたこと。 私が調べていた項目については、ルールが同じで、それを表現する英語表現までまったく同じでした。

国際会計基準と各国GAAPのコンバージェンス、進みぐいあいはそれぞれのようですが、英語の国だと、比べるのが容易ですね。 やっぱり、universal languageとしての英語、会計の政界でも重要です。

今日の照会対応も、私が米国公認会計士資格をもっているから来たのではなく、私がたまたまそうした案件に巡り合ったというだけのこと。 たぶん、勉強する前は、訳もわからず、そうした案件が目の前を素通りしても気づかなかったのでしょう。 今日も資格で勉強したことを仕事に活かせた一日でした。
[PR]
by nn_77 | 2008-10-23 17:21 | >FARE

No.1はMACRS

このブログに来ていただいている方々の検索ワードランキング。

a0050593_17414526.jpg


以外にも、堂々の一位はMACRSでした。

右のメニュー欄にも挙げているタグを見てみましたが、MACARSは下のほう・・・

クリックしてみたら、このトピックで上げている記事は一つだけ。

これです。

受験のサンプルテストの解説かな?割と一生懸命書いた記事ですね。

今も誰かの役に立っているようでよかったです (^^)/
[PR]
by nn_77 | 2008-10-22 17:45 | >REG

小切手決済 日本 vs アメリカ (2)

以下、昨日の記事の備考です。


アメリカの小切手は遠隔地決済の手段として発達したものです。それゆえ、小切手を振り出してから、実際に交換所を経由して決済(引き落とし)になるまで何日もかかります。それゆえ、小切手を受け取る側もfloatを意識することになり、ロックボックスなどの利用による決済の早期化を図ろうとするんですね(BECでやりましたね)

このように、決済まで日数がかかりますし、振り出したほうは、小切手がいつ回ってくるかわかりません。小切手を振り出したからにはChecking Accountの残高をきちんと維持しておく責任があるとはいえ、いつ回ってくるかわからない小切手を意識して残高を管理するなんて難しいですね。だから、残高不足にたいするペナルティーも日本のように厳しく課さないわけです。残不足の場合も、銀行に所定の手数料を払って不渡りの処理をしてもらうだけ。これを2回しても、日本のように銀行取引停止処分などにはなりません。(回数が増えると、与信審査のスコアは落ちるらしいですが)

アメリカと言えば、電気代やクレジットカードの代金も、自動引き落としではなく、小切手で決済する文化ですね。請求書が来て、内容を確認してから小切手をきって、郵送する。。。 請求相手を信用していないわけです。日本は自動引き落としですよね。まさか電機会社やガス会社が不正請求しているとは思わない。(社会保険庁はいい加減でしたけどね)

こうした文化の中で使われるアメリカの小切手と、手形と同じような文脈で使われる日本の小切手。同じ小切手でも、扱いに違いが出てくるのはうなずけるような気がします。
[PR]
by nn_77 | 2008-10-21 10:55 | >REG

小切手決済 日本 vs アメリカ (1)

昨日、かかってきた照会。

先方 「nn、アメリカって小切手の引き落とし、銀行に事前に届ければとめられるのか?」

nn 「確かに、止められます。アメリカの銀行ではよくあるサービスですよ。」

先方 「nn、でも、日本でそんなんあかんやろ?」

そういえば、そうだ。形式要件が具備されていれば、その小切手振り出しの原因となる商取引などが有効か無効かにかかわらず、銀行は決済を行う。残高がなければ不渡り。不渡りは2回で銀行取引停止処分になるので大変だ。詐欺にあった、紛失したというなら、別途供託金を提示して「残高はあるけど、払おうと思えば払えるけど、払わないんだよ。裁判するよ。」という意思表示をしないといけない。

アメリカって、その辺、イージーなんだっけ?そういえば、REGの問題でそんなのがあったなぁ。銀行に通知すれば止められるって。。。

家に帰ってANJOのREGのテキストを見てみると、、、あったあった。「口頭での支払い停止は14日間有効である。一方、書面における支払い停止は6ヶ月間有効であり、更新もできる。」だって。

インターネットでUCC(Uniform Commercial Code)を調べてみた。

-------U.C.C. - ARTICLE 4 - BANK DEPOSITS AND COLLECTIONS
..PART 4. RELATIONSHIP BETWEEN PAYOR BANK AND ITS CUSTOMER

--------------------------------------------------------------------------------

§ 4-403. CUSTOMER'S RIGHT TO STOP PAYMENT; BURDEN OF PROOF OF LOSS.
(a) A customer or any person authorized to draw on the account if there is more than one person may stop payment of any item drawn on the customer's account or close the account by an order to the bank describing the item or account with reasonable certainty received at a time and in a manner that affords the bank a reasonable opportunity to act on it before any action by the bank with respect to the item described in Section 4-303. If the signature of more than one person is required to draw on an account, any of these persons may stop payment or close the account.
(b) A stop-payment order is effective for six months, but it lapses after 14 calendar days if the original order was oral and was not confirmed in writing within that period. A stop-payment order may be renewed for additional six-month periods by a writing given to the bank within a period during which the stop-payment order is effective.
(c) The burden of establishing the fact and amount of loss resulting from the payment of an item contrary to a stop-payment order or order to close an account is on the customer. The loss from payment of an item contrary to a stop-payment order may include damages for dishonor of subsequent items under Section 4-402.

[PR]
by nn_77 | 2008-10-20 10:22 | >REG

携帯予備バッテリー

先日、仕事帰りに携帯電話の予備バッテリーを購入した。(余っているポイントを使ったのでタダみたいな感じ)

D905iの電池は小さいので購入した電池は財布の中に入れています。金属端子部分が硬貨に傷つけられないように、買ったときに入っていたビニール袋にいれた状態で。

これが非常に便利。僕は携帯をよく使う。。。電話以外の用途で。出張先でのナビゲーションや、Google検索、中国語のリスニングや、英語、中国語の辞書としてなど、など、など、、、
なので、出先で電池がなくなることがしばしばあった。コンビニなんかで充電器を買うこともしばしばであった。

予備バッテリーを買ってからは、いつでももう一つの電池パックが財布の中に入っているので、取り替えればそれですむ。

もっと早くこうしておけば良かった。
[PR]
by nn_77 | 2008-10-19 23:15

USCPA資格を取得して

日経新聞の昨日の記事でEVA、今日の記事でBSCについての記事がありましたね。BECはITも含め聞き慣れない言葉がたくさん出てきます。こうして新聞などで扱われたときに注意して読みながら、復習しておきたいと思います。

USCPA取得後、仕事の幅も広がり、会社のなかでも自分が活かせる部署に移ることができました。今の部署はUSCPAが三人もいます。お客様のところにいって名刺交換したら、相手の名刺にも米国公認会計士とあったりすることがときどきあります。
こうなって来ると、ただ「試験にうかりました」というだけでは意味がありません。知識が陳腐化しないように、復習やアップデートを続けていくことかとても重要になってきます。

勉強は終わりがありません。
[PR]
by nn_77 | 2008-10-18 20:52

我要加油!

昨晩は中国語検定受験のインターネット申し込みがなぜかできず、どうせ勉強も進んでいなかったので、ま、いいか、と諦めていたら、今日、主催者からメールガ届きました。システム障害により昨晩申込みを受け付けられなかったことへのお詫びと、申込期限を1日延ばすとの連絡でした。
さすがは日本、迅速な対応ですね。NASBAとは違う!

さて、ということで受験することになりそうです。

4000円チョットの受験料ですが、記念受験にはもったいないな。

我要加油!o(^o^)o
(頑張らないと!)
[PR]
by nn_77 | 2008-10-17 21:46 | 汉语


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧