nn的BLOG

最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

<   2007年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

復習編:Assignmentなど

今日も日中は家族サービス(買い物サポーター)をして、家族が寝静まったころを見計らって勉強。晩酌を発泡酒にしたので、酔うこともなく、順調に仕事の勉強。。。

勉強のトピックが売掛債権流動化になったので、USCPA受験時代のテキストを見なおしてみる。
すると、以前はなんとなくわかったフリをして、及び腰だったこの単元、今、見直すと、今度はスーッと腹に入った。前は全然わかってなかったんじゃないか?よく試験に合格できたものだ。当時は、どんな理解をしていたんだ ( ̄▽ ̄;)
そう思って、当時のまとめ日記を読み返してみた。
なんだ、結構、わかっているじゃないか。
当時のnnも捨てたものではない ( ̄― ̄) ニヤリッ

・・・あ、おかしな記述発見 ( ▽|||)

>have to debit some charges & fees (= factor’s holdback) as expense.

Factor’s Holdbackをas expenseと書いてしまっている。。。当時はそんな風に理解してたんだな。。。これは、今、テキストを読み返すと違いますね。Factor’s holdbackはIncome Statement上で費用化されるのではなく、B/S上で資産計上されるんですね。 だから、as expense ではなくて、as assetが正解。

この機会に、債権の流動化について簡単にメモしておこう。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

そもそも債権は、だいたい、(1) Account Receivableか、(2) Note Receivableのいずれかとして、B/S上のCurrent Assetに計上されている。

この時点で、問題なのはこれらがReceivable、つまり、将来現金化される予定の資産、ということ。このままだと、今、即、お金がいる!となったときに、困る。ということで、これをA/RやN/Rを元手に現金を手に入れる方法を考える。

方法1:Assignment
これは、A/Rを担保に金融機関からお金を借りる方法。仕訳は普通の借入の仕訳

Cash 1,000 / Loan 1,000
(Loan契約時にA/Rを担保として金融機関に差し入れ)

A/Rを担保にしたからと言って、B/Sから消えたりしない。(全く別のFARの問題で、有価証券を担保に入れるとB/Sから消えるか?見たいなのがあったけど、答えはNo.)

方法2:Factoring
これは、A/Rを金融機関に売却して、対価として現金を得る方法。

(Without Recourse)
Cash  1,300     | A/R 2,000
Factor’s HB  300  |
Loss 400        |

A/R2,000をFactorに売る。もちろん、2000では買ってくれない。A/Rが現金として回収できるのは将来なので、現在価値に割り引かれてしまうからだ。言い換えれば、A/Rが現金化するまでの期間の金利が取られる、というイメージ。さらにはFactor宛の手数料なども発生。こうした諸々が差し引かれ、これがLoss 400。このLossは金利費用や手数料費用のような類なので、今期のI/S上でNet Income計算時に減算項目となる。ということで、A/R2,000を売却して、残り1600の現金を手に、、、といいたいところだが、この段階で手にできる現金、実はまだ1,300だけ。残りの300はFactor’s Holdbackとして、留保される。当社としては、Factorからの未収入金、といった感じ。 当社がFactorにA/Rを売却した後で、当社にSalesの返品などがあると、Factorの手元のA/Rの現金化予定額が減ってしまう。それに備えて、Factorは、A/R購入時に、Factor’s Holdbackとして、一定額を当社に支払わず留保している。当社からすれば、FactorにA/Rを買ってもらう際に預ける保証金みたいなイメージかも。Factorが無事債権回収できたら全額戻ってくるし、Factorの債権回収がうまくいかなかったら、Factor’s Holdbackから敷引きされて、残金だけ戻ってくる、といったシステムだ。

また、当社とFactorの交渉次第では、遡及権付きでの債権売却になることもある。その場合は、当該A/Rの貸倒リスクが売却後も残ることになるので、貸倒見込額(←Allowance for Uncollectible Accountsでやりましたね!) を負債に計上しなければならない。結果的に、A/Rの売却損が膨らむことになる。

(With Recourse)
Cash  1,300     | A/R 2,000
Factor’s HB  300  | Recourse Liability 100
Loss 500        |


方法3:Discounting Notes Receivables
会社は、売上債権のA/Rの他にも、貸付債権としてNote Receivableを保有していることがある。日本の場合は、売上債権のA/Rを回収するときに、現金だけではなく、約束手形(Promissory Note)で回収することがあるが、これもNoteの一種。こうしたNoteは第三者(金融機関など)に売却して、対価として現金を得ることができる。もちろん、Factoringの時と同様、Noteの期限までの間の利息部分を負担する必要がある。Noteが期限に現金化するのを待てないから、今、売却するのだから、利息部分の支払は、いわば時間をお金で買うようなものかもしれない。

Cash 900     / Note Receivable 1000
Interest Expense 100

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

久しぶりに復習して、スッキリした。

Oh, it’s now midnight!  ( ̄◇ ̄;)

いかん、仕事の勉強にもどらないと!

ヴ、next topic is 会社法。。。(T▽T)
[PR]
by nn_77 | 2007-12-30 00:35 | >FARE

幸運と努力

2007年も、もうすぐ終わりです。
今年終盤から東京にきて、新しい業務について、目まぐるしく環境が変わる中、いろいろと翻弄されることもありました(eg 迷子になる事、限りなし! Navitime使うこと多数!)

そんな中で、今も変わらないのは、このblogを通じて知り合った皆さんとのご縁や、そうして知り合った方から受ける刺激の数々です。

CPA受験を終えて1年以上過ぎ、大阪を離れてしまった今も、受験仲間から試験の結果についてメールなどでご連絡を頂きます。最終合格された方や合格科目数を増やされた方もいますし、残念な結果だった方もいます。皆さんから、こうして今もコンタクトを頂くことができたり、私の方からblogを通じて、何かフィードバックができたりする、こうした場を持てることができるようになった巡り合わせ、というか運というか、本当にありがたく思っています。(先日のDEPSの公式のことなど、すっかり忘れていたのに、こうしてご質問を頂くことができるおかげで、時々復習することができています。ありがたや~)

そういえば、以前、こんな本を読みました。
宿澤広朗 運を支配した男

その中で、努力は運を支配する、という記述がありました。こちらでも少し紹介されています。

確かに、そうだと思いました。仕事や、家庭や、人生、みんな巡り合わせ、運、の影響が非常に大きいと思います。でも、宿澤さんは言ったそうです。普段から努力していなければ、せっかく幸運が来てもそれを掴むことができない、と。

USCPA試験の受験勉強経験があると、うん、うん、と思うフレーズではないでしょうか。そしてこのことは、試験勉強に限らず、何事もそうなんだろうな、と思います。
諸々充実している今、そのご縁、巡り合わせ、幸運に感謝すると共に、それを逃がさぬよう、掴み続けられるように、これまで以上に努力=勉強しなければ、と思う毎日です。

・・・なのに、忘年会など続いたりして、有言不実行の日々が最近続いています。
そんな中、昨日、職場で唯一このblogのことを知っている同僚(以前、定例会で偶然お会いした同じ会社の方を含め、少なくとも社内で2人にはこのblogのことがバレています;汗)から「自分もUSCPAの勉強始める」宣言を受けました。このまま同僚に追い越されないように、自分も走り続けなければいけません。年末年始は、挽回を図るべく、机に噛り付きたいと思います。ガリガリガリガリガリ~~~

Ps) 先日、たい焼きの尻尾の固いところをかじって、歯が欠けたnnでした(←治療済)
[PR]
by nn_77 | 2007-12-29 11:48 | USCPA (general)

祝、合格!!

今日会社で残業していると、携帯がブルブル・・・
見てみると、USCPA受験仲間のwwさんからのメールでした。なんと最終合格のお知らせ!

wwさん、おめでとうございます!!!!!

中国から日本に来られて、英語と日本語という二つの外国語を駆使して勉強されて、USCPAに合格されたwwさん。本当に凄いです!

やっぱり努力は人を裏切らないですね。本当に、そう思います。

受験勉強を通じて知り合った仲間の合格、本当に我が事のように嬉しいです。不思議ですね。

それと、wwさんも、残り3科目をまとめて受験して刈り取ってましたね。
やっぱり、この試験、複数科目をまとめて済ませてしまうのが合格のコツだと思いました。
(逆に、そうじゃないほうが難しいかも!)


しかし、本当に素晴らしいクリスマスプレゼントでしたね。
本当に、本当におめでとうございます!メリー、クリスマス!
[PR]
by nn_77 | 2007-12-26 00:24 | USCPA (general)

Q&A: 【重要】 Diluted Earnings Per Share


今日も、ご質問をemailで頂戴しましたので、下記の通り、nn的解法案と共に、問題を皆さんと共有させていただければと思います。

今日まとめてみた分野は、少しややこしいけど、基本中の基本です。
公式の丸暗記に頼ると、すぐ忘れるし、類似の公式と紛らわしくなるし、応用問題がでると凹む分野です。しかし、ひとたび理解して腹に入ると、公式の暗記も超スムーズになる分野です(東京に来て、今、初めて「超」を使ってしまいました;汗 “めっちゃ”という意味です;笑)

その分野とは、ずばり、DEPS!

前置きが長くなりましたが、下記が頂戴したメールの抜粋です。

--- Question from T-san ------------------------------------
今回はdiluted earnings per shareの問題についてわからないことがあり
メールをさせていただきました。おわかりになれば教えて下さい。

問題
A company reports net income of $500,000 and pays its preferred stockholders cash dividends of $60,000. There are 100,000 shares of common stock outstanding so that the basic earnings per share to be reported $4.40 ($500,000 minus $60,000 equals $440,000 divided by 100,000 shares). The company also has 10,000 bonds outstanding. Each bond can be converted into two shares of common stock. If the company has a tax rate of 30 percent, what should be reported as its diluted earnings per share for the period? (round to the nearest penny)
a, $3.08
b, $3.26
c, $4.08
d, $4.25

答え: c

解説では(500,000-60,000+70,000-21,000)÷120,000株=4.08 となっています。
なぜ「-60000」があるのですか?
converted bond での希薄化は”If converted”methodで計算すると認識しています。転換後の普通株式数と社債に対する利息が無くなる。
{NI + interest exp.(net of tax) }÷{weighted-average of CS outstanding + shares issued upon conversion of preferred &conversion of bonds}
(500,000+70,000-21,000)÷120,000株 じゃないのですか?
---------------------------------------------------------------


Diluted Earnings Per Share(希薄化後一株当たり利益)に関するご質問です。
ご質問のポイントは、$60,000のpreferred stockholders cash dividends(優先株式への現金配当)を分子の減算項目として勘案するか、しないか?ということです。

EPSもDEPSも基本的な考え方は同じですので、自分自身の復習も含めて、どうしてそもそもEPSの計算においてpreferred stock dividendsを分子の減算項目にしたのか、確認してみましょう。
基本的一株当り利益(EPS)の計算は下記の通りです。

Basic EPS= (Net Income – Preferred Dividends) / Weighted Average Number of Common Shares Outstanding

これは、普通株式(Common Shares Outstanding)を保有する投資家が、「自分が持っているこの株、一株あたりどれだけの利益を生んでいるんだろう?」と考えるときの目安です。
単純に考えると、

Basic EPS= Net Income / Weighted Average Number of Common Shares Outstanding

となりそうです。
しかし、この分子のNet Incomeからは、普通株主への配当をする前に、まず先に、優先的に、優先株主への配当(Preferred Dividends)が支払われます。これは、普通株主からすれば、企業のNet Incomeから天引きされるというか、とにかく、自分の手元にはまわってこない利益の部分です。だから、普通株主が「自分が持っているこの株、一株あたりどれだけの利益を生んでいるんだろう?」と考えるときには、計算に入れないんですね。
ということで、

Basic EPS= (Net Income – Preferred Dividends) / Weighted Average Number of Common Shares Outstanding

となるわけです。

これがEPSの計算において分子のNIからPreferred Dividendsを減算する理由であり、この考え方は、DEPSを考えるときも基本的には同じです。

さて、DEPSのケースを考えて見ましょう。

Diluted Earning Per Share(希薄化後一株あたり利益)を考えないといけない理由は、当該企業がConvertible Preferred Stock(転換優先株式)、Convertible Bond (転換社債), Stock Option(株式購入選択権), Warrants (新株引受権)なんかを発行しているときです。こういったものを発行していると、転換されたり権利行使されることによって、EPS計算の分母になる株式数が増えてしまい、そして、分母が増えるということは、一株あたりの計算上の利益は減ってしまう、つまり希薄化(dilute)してしまうわけです。

しかし、実際には、転換したり権利行使したりするかしないかは、まちまちなので、いちいち、「何%が転換されて、何%が転換されなくて、、、」なんて考えてられません。

ということで、「もし全ての転換○○が転換されたら」とか「もし、権利が全て行使されたら」と仮定して計算するのがDEPSです。

で、「もし全てのConvertible Preferred Stockが転換されたら」とか「もし全てのConvertible Bondが転換されたら」というのを考えるときに使うのが、if-converted methodなわけです。

ここで、転換を仮定する対象になるのがConvertible Preferred Stockなのか、Convertible Bondなのか、によって計算式が微妙に変わるので注意です。

では、まず Convertible Preferred Stock。これが全て転換されると、何が起こるかというと、次の2つです。

1:Common Stock Outstandingが増える(分母が増える)
  ⇒これがそもそもDEPSを考えはじめた理由

2:Preferred Dividend が無くなる
  ⇒全部転換されて、Preferred Stockが無くなったら、Preferred Dividendsは無くなる

ということで、このときのDEPSの計算は、次のようになります。

DEPS
=(Net Income – Preferred Dividends)
/ (Weighted Average Number of Common Shares Outstanding + Shares issued upon conversion of Preferred Stock)

赤字取り消し線の箇所にある、分子のPreferred Dividendsの減算項目が消えているのがお分かりでしょうか。

ところが、これがConvertible Bond だと、少し異なります。Convertible Bondが全て転換されるとどうなるかというと、

1:Common Stock Outstandingが増える(分母が増える)
  ⇒これがそもそもDEPSを考えはじめた理由

2:Interest Expense for Bond が無くなる
  ⇒全部転換されて、社債が無くなったら、支払利息は無くなる(負債→資本)

ということで、このときのDEPSの計算においては、「1」の分だけ分母を増やして、「2」の分だけ、分子のNet Incomeを増やしてやらないといけません。なぜなら、Net Incomeは、Bond Interest Expense差し引き後の数字だからです。Bond Interest Expenseが無くなったと仮定するなら、Net Incomeに足し返してやらないといけませんね。
ということで、計算式は次のようになります。

DEPS
=(Net Income – Preferred Dividends + Bond Interest Expense)
/ (Weighted Average Number of Common Shares Outstanding + Shares issued upon conversion of Convertible Bonds

上記二つのDEPSの共通点は、if-converted methodを用いて、「もし転換されたら?」を考えている点です。しかし、それがConvertible Preferred Stock なのか、Convertible Bondなのかで、違いがあることがわかると思います。この違いが、まさに今回頂いたご質問のポイントですね。

今回頂いたご質問の問題では、Preferred StockはConvertibleとはなっていませんConvertibleなのはBondだけです。なので、この問題において、普通株式を保有する投資家が、「自分が持っているこの株、一株あたりどれだけの利益を生んでいるんだろう?」と考えるとき、Convertible Bondについては「もし、これが全部転換されたらどんだけ希薄化するんだ?」を検討するわけですが、Preferred Stockについては、転換される可能性がないので、( Basic EPSを考えるときと同様に )Preferred Dividendを分子のNet Incomeから減算して考えるわけです。

いかがでしょうか?
実際の問題では、DEPSを計算させる問題で、当該企業がConvertible BondとConvertible Preferred Stockを両方持っている場合も出てきます。その場合は、上記の二つの式を組み合わせてればいいわけです。

DEPS
=(Net Income + Bond Interest Expense)
/ (Weighted Average Number of Common Shares Outstanding + Shares issued upon conversion of CPS & CB)

今回は触れませんでしたが、当該企業がStock Option(株式購入選択権)やWarrants (新株引受権)なんかを発行しているときは、上記とは少し違い、「もしこれらの権利が行使されたら、分母が何株増える(何株か増えるけど、対価として投資家から受け取るお金で買い戻せる株式数を勘案すると、差し引き、純増は何株)?」を考えるTreasury Stock Methodを用いるのでしたね。

さて、上記、いかがでしょうか?
私も久しぶりにDEPSを整理したので、受験勉強時代の参考書や手帳を見直して、自分自身復習しながら書いてみました。不足、不備などありましたら、ご指摘ください。
読者の皆様はどうか、Critical Viewをもってお読みいただければと思います。

さて、これから、少しデートに出かけて(笑)、

夜はまた、仕事の勉強にいそしみます(徹夜かも、涙)!
[PR]
by nn_77 | 2007-12-24 14:39 | >FARE

Walked around Azabu and Roppongi

I took my family out to enjoy the air of Christmas in the town.
We walked from around Azabu area to Roppongi area.
a0050593_23584066.jpg

a0050593_2358577.jpg

Many foreign country embassies were established here and there and a lot of foreign people were walking on the streets. It was such an exotic area!

In Azabu, we visited a traditional Japanese bean cracker store and enjoyed shopping there.
a0050593_23591826.jpg

Next to the bean cracker store was a famous Taiyaki shop.
a0050593_23593750.jpg

Taiyaki is a fish-formed cake filled with bean paste jam.
a0050593_23595158.jpg

The taste was very nice, of course.

After enjoying such a unique cityscape of Azabu, we moved further to Roppongi, and we were welcomed by Roppongi hills tower.
a0050593_001072.jpg

A painter was playing performance at the foot of Roppongi hills gate tower.
a0050593_002651.jpg

In the nearby performance hall, a little group of choir was singing a series of carol in front of such a huge audience and we enjoyed it for half an hour with other passer-bys.
a0050593_004819.jpg

By the time we were leaving Roppongi, it was getting dark and we enjoyed the illuminated beauty of Tokyo tower.
a0050593_011088.jpg

The end of today’s one-day trip was finished with a dinner at a French restaurant.
The dishes cooked by a French chef were very delicious. Inside the restaurant was a little dark and a candle on our table gently lit up the dishes. The restaurant was three-star ranked one. I can hardly afford such a restaurant. But I chose it to show my gratitude to my wife for her everyday support. It might have been a bit too lavish. I have to pray God’s forgiveness; it may well be forgiven in the Christmas season.
[PR]
by nn_77 | 2007-12-23 00:02 | Travel

Have to Squeeze myself

最近很冷, 冬天来了。我习惯新工作了。
但是, 我必须学很多的东西。我准备美国会计考试的时候, 我太学了。
现在, 考上的后, 我更要学。(>_<)

I really have to learn and memorize a lot to do business in my current division.
At home, however, I don’t study when my wife is awake because I want to spare as much time as possible for my family. When I was preparing for USCPA exam, I couldn’t take care of my family that much.
After passing the USCPA exam, I got involved in a new line of business where I’m required to learn much more professional (and updated) knowledge. I suppose I’m now much busier than I was when I’d been preparing for USCPA exam.
But, this time, I made it a rule to study behind my family so as to spare time for my family as long as possible.
Now my wife is going out to meet her friends for lunch, and so now I’m at the desk to finish making up an essay report that I’m going to submit next Tuesday.
After finishing the report, I have to prepare for the company’s internal exam held on the middle of February. I don’t much time left, because, in January, I’m scheduled to have a business trip in Singapore, Thai, Taiwan, Vietnam, Indonesia, and Hong Kong. And I’m afraid I cannot study as much effectively as I wish when I’m out there.
After all, I gotta keep squeezing myself into as hard as possible so as to accomplish something valuable in my life!
[PR]
by nn_77 | 2007-12-22 12:16 | USCPA (general)

Prophecy

I went out for a social drink with senior colleagues tonight.

Among casual conversations, I also gave a lot of questions about our business and I got a lot of precious pieces of information. These were the questions that arose since I started working here in the new division. In the last few weeks, I’ve made a research on those issues on the internet, at the libraries, and at bookstores, but those of my questions had never become clear until I learned those things from them at the bar today.

Upon saying good bye to them in front of the bar, I took out a notebook from my bag and started scribbling those things that I’ve just learned from them. It was such a fruitful drinking session to me tonight.

My brain was filled much. So was my stomach.

But, I didn’t wanna let my wife know that I ate dinner outside, and so, arriving home tonight, I didn’t tell her that I had already eaten outside, and took the dinner that she’s prepared. My stomach was almost bursting out, but I ate them up. Actually her dinner was always delicious, as always. I’m gaining weights again. Haha.

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

Having an access to the internet after a long interval, I found WW-san, my old friend of USCPA exam candidate, had passed FAR and BEC! 可喜可贺!!

A year ago, I was almost giving up developing my career in an international business field. But, at that time, she encouraged me and foretold that I’d have such a chance someday.

One year has passed since then and she was proved to be right. I got the chance. And she has been making continuous efforts herself since then, and now she got through three of four sections of USCPA exam.

Now I foretell that she’s gonna make her dreams come true.
[PR]
by nn_77 | 2007-12-20 01:06 | USCPA (general)

大切なこと

今日は遠くの部署(遠すぎて普段は会うこともできない)の人と交流する機会がありました。
そういえば、昨日も自分とバックグラウンドの異なるプロの方たちと交流してきました。

こうした交流を経て、考えさせられました。

仕事をする背景が違うと背負うものが当然変わってくるわけです。そして、その根底に流れる価値観は、一朝一夕に生まれるものではなく、そこには、そこで仕事をしてきた人の想い、そこで生きてきた人の思い、そこでギリギリに追い詰められながら頑張ってきたひとの思いがあるんですね。

当たり前のことなのかもしれませんが、今回、改めて実感しました。どんなに専門知識があっても、どんなに仕事ができても、こうした相手の想いが共有できなければ意味が無いと思いました。

これからも、もっといろんな人からいろんな世界を学びたいと思います。

今の自分を活かす為にも。
[PR]
by nn_77 | 2007-12-17 22:51

感謝の気持ち

私が東京に来て2ヶ月近くになります。
先週は、blogで知り合った異業種のblog仲間達が、これを機会にとランチ会を催してくださいました。
今日は、USCPA受験時代の仲間で、合格後、私より一足先に東京に進出されてプロの道を歩まれている同志(?)達が"nn東京歓迎会"を開催してくれました。
本当にありがたいことです。
地理的に不案内な場所に来て、何のゆかりも無く、昔からの知人も本来ならいないこの首都にぽーんと飛び出してきて、これだけ心強い気持ちになれるなんて、夢にも思っていませんでした。本当に、心から、感謝の気持ちでいっぱいです。

でも、同時に、こうして知り合った皆さんは、nnにとって、みんなライバルです。
でも、それは、仕事で上とか下とか、先とか後とか、そんなライバルではありません。

どれだけ自分の人生を一生懸命生きているか、のライバルです。

先週、今週と食事をご一緒させていただいた皆さん、みんなそれぞれのお立場で、ご自身の人生を真摯に生きていらっしゃる方々ばかりで、nnは、本当に刺激を受けました。

日々の業務に忙しく埋もれて充実した「ふり」をするのではなく、本当に、自分の人生のビジョンを考えて、ポリシーを意識して、生きている皆さん。そんな皆さんとこうしてblogを通して知り合えて、こうしてoff lineでお会いできて、私が異国(?)の地で途方にくれていても(笑)、こうして、お声をかけてくださる皆さん、本当にありがたく思い、感謝の気持ちでいっぱいです。


ほんとうに、ありがとうござます。


そんな皆さんに負けないように、これからも、これまで以上に頑張っていこう!と誓った、少し、ほろ酔い気分のnnなのでした。。。
[PR]
by nn_77 | 2007-12-16 23:07 | Memories

【Q&A】 DE州でCertを取得した後、CPEは必要?

Hi, all. How have you been?
I've been struggling to get myself accustomed to the new working environment. (>_<)/

To my honor, I've been receiving questions regarding USCPA exam by email from the readers of my blog. And I make it a rule to introduce those Q&A communications when it seems to be public interest among USCPA candidates.

I got one the other day, which was:

--- Question from S-san ----------------------------------------------
こんにちは、初めてお便りさせていただきます。
デラウェア州CertificateでのCPE要件についての情報をあつめようとウェブサーフィンしている間に貴ブログにたどり着きました。
デラウェア州CertificateでのCPE要件についてご存じでしょうか?
実は私、本年2月にDelawareのCPA Certificateを得たのですが、CPE要件がどうなっているのか今ひとつわからず困っております。
Delaware州のウェブサイトをみるかぎり「Certificate」の場合には毎年のCPE受講は要求されていないように見えるのですが、今ひとつ確信が持てません。
せっかく得たCertificateをCPE要件未達などで失いたくはないと思い、どなたか詳しい方はいらっしゃらないか、と探している次第です。
-----------------------------------------------------------------------------

And, below is my response:

結論から申し上げると、私は、デラウェア州では、Certificate自体はCPE(continuing professional education )などしなくても期限が切れたりするものではないと考えます。

というのも、デラウェア州のウエブサイト上のFAQにある、この部分に当該記述があるからです。


デラウェア州に関して言えば、Certificate取得のルールが、ココにも書かれているように、2006年1月1日よりも前に出願した人と、2006年1月1日以降に出願した人とで違います。

2006年以降の出願者は、Certificateだけの取得というのはできず、Permit to practice、いわゆるライセンスの取得も同時に行わなければなりません。ライセンスを保有するからにはCPEも必要です。 実際、これがあるべき姿なのでしょう。受験に合格して、Certを取得して、名刺にCPAなんて書きながら、CPEはしていない、、、というのは確かに問題ありですものね。

2006年よりも前に出願していた私は過渡期ルールの適用対象となり、Certificateだけの申請が可能でした。 ということもあって、CPEは特にしていません。。。

nnは会計監査の仕事には従事していないこともあり、名刺にはCertified Public Accountant of the United States (not in public practice)と記載しています。
そうすると、名刺の受け手からは、当然、その手の知識・情報を求められてしまいますので、今でも、機会があるたびに、勉強したことを復習したり、時々は米国の会計、税務事情をネットでリサーチして情報を仕入れたりしています。

It's not easy to keep working in the daytime and studying at night, but , obviously, that would make a big difference!
[PR]
by nn_77 | 2007-12-15 14:13 | USCPA (general)


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧