nn的BLOG

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Q&A session: What’s Senior NOTE?

Hello, this is nn. Fortunately, I’m still alive here in Tokyo desert!
“Tokyo desert” is a metaphor that refers to people’s life in Tokyo, which is thought to be arid with their lives filled with business, business, and business everyday without any healing. It turned out to be wrong, however. After spending several days here in Tokyo, I found a lot of exciting things both in business fields and in private life.

I’m afraid I cannot update my blog as frequently as before, because I haven’t moved my personal belongings from Osaka yet. (By the way, if I remember correctly, the cost of moving them should be counted as a part of the famous “above the line deductions” in Form1040; Tokyo is more than 50 miles away from Osaka, and I’m a full time employee, working over 39 weeks a year.)

All I have in my room in Toyo are change of clothes and a sleeping bag, which I used to use when I went camping in Boy Scouting activity when I was a student!
I miss my family!! And I miss my PC, too. I can access to the Internet only from an Internet café only when I have time for that.

Since I had to come to an urban site to get a hair dryer and a new cellular phone, I dropped in at an Internet café, where now I’m browsing my own blog after a long interval. And I found many of you left messages here, which encouraged me so much. Thanks a lot!

Among those messages, I found a question from ww-san.
As always, I’ll try showing my answer to the question. But there’s no guarantee that my answer is correct and appropriate. Please be critical enough to read my answer; as critical view and attitude is always required to auditors!


--- Question from ww-san -------------------------------------------
nn先生、質問に来ました。
CPA 勉強範囲にはsenior note出て無かったね。
色々調べて、少し理解できたが。
①米国ある企業bondを早期償還のため、新しくsenior noteを発行する。目的について、よく理解できない。
**a)senior noteは一般bondより何が良いか、よく分からない。
b)またbond のfloating interestって、市場金利変化に応じ、bond yieldも変わるでしょうか?

②senior noteを発行すると言うことは、企業の信用が落ちたため?なぜ普通のbond発行しない。。。
------------------------------------------------------------------


wwさん、こんにちは。ご無沙汰しています。
さて、私も、CPAの受験勉強で、senior noteというのを勉強した事はありませんでした。

ということで、あっさり脱帽して(涙)、インターネットで”senior note”と検索すると、下記のウィキペディアの記事がありました。

http://en.wikipedia.org/wiki/Senior_debt

なるほど、この説明によると、債権者、つまり投資家の側から見たときに、他の債権に優先する債券、ということですね。債務者、つまり債券発行者の側から見ると、他の債務に優先して弁済義務のある債務、ということになります。
ということは、出題されるとしたら、BECか、あるいはREGの破産のあたりかもしれませんね。

企業の資金調達と投資家の投資はコインの裏表の関係です。前者は、返済義務の重さと調達コストのバランス、後者はリスクとリターンのバランスを考えています。

一般的に、Balance sheet上で、上の方に来るほうが、返済義務が重く、下の方に来るほうが返済義務が軽いです。Equity とBondであれば、Bondが上で、Equityが下ですよね。企業にとって、Bondは借金なので、返さなくてはいけません。(投資家にとっては、いわば融資、なので、返してもらわなければいけません) 一方、Equityは、出資なので、企業にとって弁済義務はありません。しかし、その分、株主には経営に口出しされますし、たくさん儲けたら、dividendとしてそれなりの配当が求められます(c.f. bondの利率は、企業業績が良くなったら上がる、ということは普通ありません。)

さて、これら、株式(equity)にも債券(debt)にも、それぞれ、さらに、優先順位の高いものと低いものがあります。順番にならべると、

(1) 返済優先順位の高い債務(債券;投資家側からみると債権)
(2) 返済優先順位の低い債務(債券;投資家側からみると債権)
(3) 配当を優先的にもらえる株式
(4) 普通株式


(3)と(4)は、おなじみのPreferred Stockと、Common Stockです。
(2)は、よく日経新聞などで「劣後債」、とか「メザニン」などと呼ばれて登場する部分で、債券なので弁済義務があるけど、一般の債務より返済順位が低い債務です。
で、ウィキペディアによれば、(1)が、どうやら今回のSenior Noteのようですね。
私のお気に入りネット辞書の英辞郎によれば、「優先債券」と訳されています。

そもそも、弁済順位の低い債券なんて、買う人がいるのか?と思いますよね。でも、いるんです。なぜなら、そうした債券は、弁済優先順位が低い分だけ、金利が高く設定されているからです。つまり、ハイリスクハイリターンということですね。ですから、乱暴に言えば、ローリスクローリターンでいい人は(1)を、ハイリスクハイリターンがいい人は(2)に投資する事になります。

債券の優先順位なんて、どうやって順番をつけるのか?って思いますよね。ウィキペディアの解説を信用すれば、担保の設定によって分けているようです。REGのLiquidationのあたりでもやりましたよね。Chapter7なんて事態になったときに、弁済順位は、collateralized(=secured:有担保) liabilities の方が、uncollateralized(=unsecured:無担保)よりも優先されて、担保処分による弁済をうけることができました。あの理屈をここでも用いていると思われます。

こうして、senior bond(=1: 優先債券)とsubordinated bond(=2:劣後債)に分けるという事は、それだけ、きめ細かく、幅広くマーケットの投資家のニーズをカバーできるので、資金調達がしやすい、というメリットがあります。

どうでしょう、イメージは伝わりましたでしょうか?

ここで、ご質問に戻りたいと思います。


① 米国ある企業bondを早期償還のため、新しくsenior noteを発行する。目的について、よく理解できない。
**a)senior noteは一般bondより何が良いか、よく分からない。


>a) senior bondは、前述の通り、普通のbondよりも返済優先度が高いので、投資家には、劣後bondよりもリスクが低い、というのがメリットです。リスクが低い、ということで、債券発行者、つまり債務者側からすれば、まとまったお金を調達することもしやすいといえるかもしれません。逆に、投資家の立場に立ったとき、リスクをaggressiveに狙わなくて良いのなら、senior noteの方が、比較的安心ですよね。
冒頭で紹介したウィキペディアにも、下記のように書かれています。
“Usually this covers all the assets of a corporation and is often used for revolving credit lines. It is the debt that has priority for repayment in a liquidation.”

Credit lineというのは、融資の上限ラインのこと、またはその上限ラインまで融資を借りられる金融商品のことです。無期限、という事は無いので、期限がきたら、また延長をしたりする(= revolving credit lines)のです。こうした、借入金(またはその限度額)の期限延長、というのは、債権者、つまり投資者サイドからすると、リスクを延長する行為ですので、そのうえ、「次からは劣後でお願いします」と言われると、ちょっと困るわけです。ということで、上記英文のとおり、こうした時にはsenior note、つまり、劣後ではなく、優先債券で対応することが多いようです。社債の早期償還といっても、現金で償還するのではなく、新しく社債を発行しての償還ですから、いわば、借金の期限延長のようなものですよね。ということで、「大丈夫?」という投資家の心配をカバーする為に、企業としては、Senior noteという、優先度の高い債券で対応してあげるわけです。


b)またbond のfloating interetって、市場金利変化に応じ、bond yieldも変わるでしょうか?

--- floating interest, adjustable interestは変動金利、fixed interestは固定金利です。ですから、floating interest rateであれば、市場金利変化に応じて、bond のinterest rate (表面利率)は変わります。これに伴い、多くの場合、bond yield(債券利回り)も変化すると思われます。しかし、表面利率=利回りではありませんので、御注意下さい。(利率vs利回りの話はsenior noteと直接関係無いのでここでは触れませんが、利率と利回りの差異については、以前書いたこの記事が参考になるかもしれません。

http://nn77.exblog.jp/d2007-09-21


② senior noteを発行すると言うことは、企業の信用が落ちたため?なぜ普通のbond発行しない。。。


これは前述した通りです。確かに、企業自体の財務面の信用力という面もあるかもしれませんが、それを抜きにしても、借入金の期限延長というのは、債権者側からすると、「アレ?予定通りに収益を上げて現金で返せるはずの予定がくるったのかな?」と心配になったりもしますので、少しリスクを感じる話ではあると思いますから、senior bondでの対応が一般的なのかもしれませんね。でも、これだって、必ず、ということではなく、諸々の事情によって、劣後(subordinated bond)で対応する事例だってあるかもしれません。一概に言い難い話ではないかな、と個人的には思います。

おお~っと、ここで、1時間半のネットカフェタイムが終了。もう、退室しないと、私がchapter7です!
(洒落にならない。。。)

I reserved this room of an Internet café only for one and a half hours and the time is now running up. I’ve gotta go.
(If I stay here longer, then they're gonna charge me extra money, which I cannot afford. Chapter7 ? No Way!)

I’ll come here again someday when I can, though I cannot be sure about when it is.

I hope I’ll be able talk more about my Tokyo life in the next article.

See you!
[PR]
by nn_77 | 2007-10-28 17:00 | >BEC

Initiation of Mobile SUICA (E money)

Almost a week has passed since I've moved to Tokyo.
One thing that troubled me is the entry to a station.

In Japan, E-money (Electronic Money) is prevailing as a settlement method in using transportaion such as trains and buses.
You can just hold an IC-equiped card over an automatic ticket gate machine, and you can get admitted into the station. You do the same when you exit at a destination station, when the fare settlement is done and the money is debited from your IC-equiped card.

Of course you can buy a ticket with your real money by using a ticket vending machine. But when you are travelling with Tokyo people, you have to have them waiting for you in front of the ticket gate machine; they have IC cards and don't have to buy a ticket while you're hurryng to a vending muchine buying a ticket... this is what happened to me when I moved around Tokyo with my senior colleagues during this week.

In order to avoid such an awkward situation, I decided to get E-money IC Card.

Actually, I've been a user of E money. I used PITAPA-Card, a type of E-money system, in Kansai. But PTAPA-cards' service area doesn't cover Tokyo, and so I had to get one used in Tokyo: SUICA, another specification of E-money prevailing in the greater Tokyo area.

And I decided to use my cell phone as my E money wallet.

In Japan, cell-phones are equipped with IC card, so that you can use your cell phone as E-money wallet.

This morning I installed MOBILE-SUICA application software in my cell phone, and credited some E-money into it. You can deposit your emoney from your credit card, bank account via internet communication with a credit card company or with a bank. Of course you can put real money into your E-money IC, by using an exchange machine around the city.

I tried using the MOBILE SUICA this morning, and it worked smoothly.

Let's get things done one by one until I can get accustomed to the new environment.
[PR]
by nn_77 | 2007-10-23 12:28 | 携帯電話・手帳

Thank you, My good old friend

Now I'm living alone because it takes several weeks for my family to move to the new place.

It makes me feel very uneasy when I have to live alone in a completely new environment with a new line of business, especially when the change happened overnight.

Last night, my old friend in Tokyo kindly spared time to go out drinking with me. It was so fun to exchange our recent news and share old memories again with each other. I was really grateful for his being here in Tokyo.

Thanks to the time I spent with him, I finally got relaxed and came to feel settled down.

おかげで、来週からは順調に頑張っていけそうです。 感謝!
[PR]
by nn_77 | 2007-10-21 13:10 | Memories

Moved to the Capital

Four days have passed since I got started working in the very center of Tokyo.
Received a sudden personnel transfer notice the other day, I was working in Tokyo in the afternoon of the following day!

New assignment here is exciting so much, though I cannot describe the details here on my blog. But I was very surprised to know that the new job really requires my expertiese in English, Financial Accounting, Auditing, Taxation and laws in foreign countires, financial management, and Information Technologies, all of which I learned in my USCPA exam study.

But, Japanese colleagues around me speak English much better than I, and their professional knowledges in those fields are so high and deep that I have to study a lot when I'm back home at night, as I used to do when I was preparing for USCPA exam.

I don't know when I can be back to Osaka.
But, anyway, it seems my Osaka dialect never goes away.
[PR]
by nn_77 | 2007-10-20 22:04 | 仕事

Q&A: IT IS MORE LIKELY THAN NOT

I got a question about English grammar here on my blog the other day.

--- QUESTION from Nihao KT san ---------------------------------------------

ところで英文法の件で少々お教え願えませんか?

「・・・whether it is more likely than not that a tax position・・・」の“it is more likely than not that・・・”って、“it is NOT more likely than that・・・”と、考えても宜しいんでしょうか?この方がしっくりきます。

 実は、CPA勉強で初めて“more likely than not that・・・”という構文に出会って、理解できず面食らってました
------------------------------------------------------------------


MORE LIKELY THAN NOT is an expression that sounds, at times, difficult to Japanese learners of English.

The point is that the term THAN is not a PREPOSITION, but a CONJUNCTION.

そう、THANが接続詞であることを意識すると、わかりやすくなります。


a) Tom loves Mary more than me.
b) Tom loves Mary more than I.


a) 、b) 正しいのはどちらでしょうか?









実は、どちらも正しいのです。

a) Tom loves Mary more than me.
トムは、私のことよりも、メアリーのほうを愛している。
Tom loves Mary more than (Tom loves) me.

b) Tom loves Mary more than I.
私よりも、トムの方がメアリーのことを愛している。
 Tom loves Mary more than I (love Mary).

つまり、than は、後ろに「節」(= 主語+動詞・・・・)が続く「接続詞」なんです。
becauseとか、whenと同じですね。

こうした副詞節の中身は、主節(本体の文)と同じ表現、もしくは推察できるような部分、については省略することがよくあります。

When asked about her profession, she said she was a doctor.
職業を聞かれた彼女は、医者であると答えた。

これも、she wasが省略されているんですね。

When (she was) asked about her profession, she said she was a doctor.

このように、副詞節の中が言葉足らずのときは、何が省略されているかを考えるのがポイントなのです。

で、thanも接続詞でした。

同じように、 A is more likely than not. を考えると、

A is more likely than (A is) not (likely).

つまり、A is likely と、A is not likelyを比べると、前者の方が程度が高い、ということを言っているんですね。

A is likely > A is not likely

= A is more likely than not.

だから、あえてぎこちない訳をすると、「Aがなさそうなのと、Aがありそうなのを比べると、Aがありそうなほうが程度が高い」となります。nn的に訳すと、「ありそうかなさそうかと言われたら、ありそうな感じ。」、ってな感じです。

一方で、ご質問に合った、A is NOT more likely than Bでは、どうなるでしょう。

これは、

A is more likely than B is likely の否定分(=is の後にnotをおく)ですね。
   ↓
  否定文
   ↓
A is not more ikely than B (is likely).


元の肯定文、A is more likely than B is likely をひも解くと、

A is likely > B is likely
A とBを比べると、Aの方がありそうだ。

だから、この否定文、 A is not more likely than Bは、
AとBを比べて、Aの方がありそう、ということはない。
= AもBもおんなじくらい、あるいはAの方がなさそう。


・・・ということで、“it is more likely than not that・・・”を“it is NOT more likely than that・・・”と考えるのは、少し違うように思います。

Thus, it seems to me that there's a wide difference between "it is more likely than not that" and "it is NOT more likely than that..."

Above is just my opinion.
[PR]
by nn_77 | 2007-10-19 21:56 | 英语(English)

Bye, Osaka

Got a personnel transfer order today out of the blue and have to leave Osaka first in the morning tomorrow.
On my way home I told this to my parents, who now live in the outskirts of this prefecture. They seemed a bit sad over the phone, which made me feel guilty somehow.

After all, I cannot make all the people happy. All I can do is to do my best with as much integrity as possible, so that I can see people around me smiling with happiness.
I hope I’ll be back here again someday so that I could make my parents happier.

I met many of you in Osaka USCPA exam candidates’ offline meetings, and you all inspired me so much. I really thank you for what you gave me in our exchange. I really learned a lot. I hope I’ll be able to see you someday in future. Thanks again.

Bye, Osaka!

p.s.
Since I’m in the situation like above, I cannot have an access to my blog or any other uscpa related homepages for weeks from now on, until I can get my PC hooked up to the Internet in my new abode.
Good luck to all of you who are scheduled to sit for USCPA exam in the coming weeks!
I’m always crossing my fingers for you!
[PR]
by nn_77 | 2007-10-15 23:15 | Memories

FIN 48

After getting through USCPA exam, I often review accounting rules by having an access to this homepage, that introduces all the FAS and other accounting principles issued by FASB.

This morning I was collecting information about FIN 48 (FASB Interpretations Number 48), and FAS 157 (Fair Value Measurements); both are such controversial issues in the United States.
I wonder what an impact it’d give to USCPA exam when they appear on the test.

Below is my study memo regarding FIN 48

【 FIN 48 】
As is well known, Taxable temporary differences result in Deferred Tax Asset / Liability.
But FIN 48 requires companies to report additional tax liabilities when a tax position is likely to be denied by IRS.

The first step: RECOGNITION
The enterprise determines whether it is more likely than not that a tax position will be sustained upon examination.

The second step: MEASUREMENT
A tax position that meets the more-likely-than-not recognition threshold is measured to determine the amount of benefit to recognize in the financial statements.

Only the amount that has passed the above two steps can be recognized in the company’s financial statements, which could be different from the amount in the income tax return (let me remind you that here I’m NOT talking about Deferred Tax effect). And that difference is reported additional liabilities in the company’s balance sheet.

This FIN 48 is controversial and causing lots of debates in US.
The burden of companies increases a lot because they have to doubt their tax position in almost all of items. It’s tough to determine how much likeliness is enough to be considered “more likely than not.”
According to an article from CFO.COM, especially those in retail business are in trouble because they have nexus ( * the definition of “nexus”) in many states which have different tax rules from each other. Thus they have to turn to accountant and auditors and have to pay more consulting fees. And it is doubtful how much users of financial reports can be helped by this FIN 48, when we remember the COST vs. BENEFIT constraint. It is only IRS that welcomes this FIN 48, which makes the financial reports more useful for them when they search for possible tax avoidance cases.

Let's see where the controversy goes from now and what'd be the impact on USCPA exam.
[PR]
by nn_77 | 2007-10-14 10:50 | >FARE

Budgetary Accounting, again

Many readers relived me, saying “hey, you don’t have to keep your blog for others; just do it for you own interest and have fun yourself.”
Thank you so much for your kind words ^_^

And, actually I’ve been following that advice for quite a long time.
Most of the memo that I left here are still kept here so that I can refer to them myself.
Even now I often have an access to my own blog in search for information regarding accounting treatments, about which I might have left something here while I was preparing for USCPA exam.

Today I was reading my own article regarding Budgetary Accounting system employed by US federal government, and I found some errors in it. I fixed the error soon.

Let me introduce the article again below.
(wow, I noticed I'm posting an article for four days in a row...)

******************************************************
Governmental accountingで出てくるBudgetary Accounting、「理解」するのに苦労しました。AppropriationsとEncumbrancesってどう違うのか?とか、なぜ、DebitとCreditが逆になるのか?など・・・
初めは「そういうもの」と腹をくくって覚えようとしましたが、それではやはり記憶が定着するはずもなく、問題を解くだけの力はつきませんでした。
最終的に、下記のように考えて、ようやく、腹にはいった感じです。

さて、正しい理解かどうかはさておき、下記に私のノートの抜粋を記録しておきたいと思います。

予算会計の始まりは、議会で予算が可決されるところから始まります。
a0050593_1443130.gif

上記はつまり、
a0050593_14432180.gif

まず、ここで「なんで?」と思ってしまうんですよね。Dr. とCr.が、FARでやった財務会計の 仕訳 と逆ですよね~。

この仕訳 、期末には反対勘定をおこして、全部消しちゃいます。
a0050593_12454773.gif

上記の仕訳 が、冒頭の期初の仕訳 と真逆なので、各勘定科目が互いに相殺しあって消えていくわけです。

これがヒントになって、少しわかりました。結局期末に消してしまうということは、上記の予算可決時の予算会計の仕訳 は、取引の記録として残すものではなく、期中に支出のボリュームを測る目安として使うに過ぎないものだということが。

ボリュームを測る目安として、「秤」という道具があります。小学校の理科の実験で分銅を使って、薬品の量とか測ったあれです。
a0050593_14442120.gif


この秤を使って、予算会計の流れをみてみましょう。

ここでは、支出の部分に着目することにします。(考え方は、他の勘定科目も似たようなものだと思います)

さて、期初の予算可決によって、今期は480だけ支出してもいいことになりました。
そこで、下記のような仕訳を先ずするのですが、これは、この執行可能な予算上限480の分銅を秤に載せたようなものです。
a0050593_14445281.gif

さて、市役所でパソコンを買うことになりました。業者に見積もりをお願いしたら、「LANの工事とかなんやかんやも含めて400でやります」という見積書が送られてきました。

執行可能な予算480と比べても、まだ、80も余裕があるし、400の見積もりは大丈夫だな、ということになり、発注しました。発注した段階で、Encumbrances Controlの仕訳 を下記のように行います。
これは、「さて、400使うと、予算対比どれくらいかな」、と思って、分銅を反対側に載せるようなものです。
a0050593_14451431.gif



1週間後、PCが運び込まれて接続され、無事LANの工事も終わりました。
作業が効率的に進んだので、見積もりは400でしたが、実際の請求額は380に減りました。
見積もりはあくまでも見積もりなので、どうしても実際の額とは、ズレてくるものです。

さて、こうして、実際の請求額は380に落ち着いたので、さっきの分銅の置き換え(仕訳 の整理)を行う必要があります。
a0050593_23444882.gif

a0050593_12463822.gif

こうして、見積額と請求額の差が生じることがよくあるので、いきなりExpenditures Controlの分銅を載せずに、まずは、仮に、Encumbrances の分銅をおいておくんですね。
そして、請求額(実際の支出額)が確定したら、置き換える、というわけです。
この段階で、ExpenditureがDr.(借方:左側)、A/PがCr.(貸方:右側)となり、FARでやった企業の財務会計と同じ感じになります。あとは、出納係で処理をして、期日に業者に振込みをする、つまり、A/PをDebitして、CashをCreditするという、普通の処理をしていくことになります。

期中は、こんなことを繰り返します。
a0050593_144809.gif

さて、期末になりました。冒頭で紹介したとおり、期末には期初の予算 仕訳 の反対仕訳 を行って、結局、消しちゃいます。

今、私たちは、支出の項目(下記青字)に注目しているわけですが、これも、下記のとおり、期初と反対の 仕訳 をすることで、結局消えてしまいます。
a0050593_12474779.gif

つまり、さっきの秤から、予算の分銅を降ろしてしまうというわけです。
a0050593_14485119.gif

もともと、青の予算分銅(Appropriations Control)を載せていた理由は、赤の支出分銅(Expenditures)が期初に可決された予算額をオーバーしないよう、赤の支出分銅の重さ(金額)を測るために載せられていたものです。期末になって、支出額が450で確定し、無事、予算内に収まったことを確認できた時点で、青分銅の役目はなくなるわけですね。

結局、支出項目の仕訳 で残ったのは、下記だけということになります。
a0050593_14513922.gif

これでFARでやったのとおんなじになりました。

予算会計って、初めは、なんでこんなんするんだー、意味がわからない~と思いましたが、結局、予算の執行状況を、秤でチェックしているだけだったんですね。


ところで、これまで見たとおり、Encumbrances Control は、請求書が来た段階で、結局反対仕訳 をして消してしまったわけですが、じゃあ、それって、期初の予算仕訳 Appropriations Controlと同じやん、と僕は思ってしまったのです。どちらも消える運命なのだから・・・。

でも、よく考えたら、ひとつ、違いがありました。
Appropriations Controlの方は、期末になったら絶対に反対仕訳 を行って消す(青分銅を秤から降ろす)のですが、Encumbrances Controlは、そうとは限りません。
例えば、上記で見たパソコン導入案件、期末の前日になって、1台、発注し忘れていたことが判明して、1台だけ急遽追加発注したとします。
すると、見積書はきて、こちらも、予算内なので即OKで発注するので、Encumbrancesは計上されます。でも、さすがにこの段取りだと、期末に納入は間に合いません。
ということで・・・
a0050593_14493469.gif

つまり、期末になっても、反対仕訳 で消去しない(できない)という事態が、Encumbrancesの方にはありえるわけです。

上記の仕訳 ボックスの2つの数字、430と20の意味の違いに注目してみましょう。

430のほうは、まだAPとして残っているので、現金支払いこそ未済ですが、Expendituresの計上をすでに行っているので、予算上は支出が確定し、行われたような状態になっています。つまり、今期予算において、430は支出済、確定ということです。(あとはペンディングのAPを払うだけ)

一方、20のほうですが、これは、まだ見積書の額です。Encumbrancesという茶色分銅の数字、今は20ですが、諸々導入作業が完了して、請求書がきたら15とかになっているかもしれません。まだ、未確定ですね。それゆえ、相手科目(Cr.)サイドで、「Budgetary Fund Balance --- Reserved for Encumbrances」を20おこしているわけです。
これは、B/S上では、右下の、Equityみたいな場所に上がってきます。
つまり、上記仕訳 ボックスを叙述すると「今期430は使って、でも支払いはまだやから430はAPとして負債計上し、更に約20の支出が生じる予定なので、資本(という言い方はしませんが)のところに、来期15なり18なりで確定したら支出しないといけない金額として、今期とりあえず20だけは確保しておかないとダメよ」、というふうになるわけです。

こうしてみると、AppropriationsとEncumbrancesって、共に反対仕訳 で消えていく運命である二人という意味では似ていますが、その役割や、活躍する時期は違うのだな~と思います。
[PR]
by nn_77 | 2007-10-11 23:59 | >FARE

Q&A session: Equity Method

I got a question from a reader of my blog.
Though I cannot always give my response this way on my blog, I’ll do my best to post my answer here whenever time allows me to do so.
I got through USCPA exam but am not in public practice, and I don’t intend to provide any professional or technical service here. Below is just my personal view, which doesn’t guarantee anything about appropriate accounting treatments or information about USCPA exam. Thank you for your understanding.

・・・ということで、早速。


--- QUESTION from s-san ---------------------------------------------
nnさん、こんにちは。

nnさんにとって、USCPAは英語の延長だったかもしれませんが、受験時本気度は参考になります。今下記の問題を考えていますが、まだ理解が足りていないので、唐突ですが、質問させていただきました。

Pear Co.'s income statement for the year ended December 31, 1992, as prepared by Pear's controller, reported income before taxes of $125,000. The auditor questioned the following amounts that had been included in income before taxes:
Equity in earnings of Cinn Co. $ 40,000
Dividends received from Cinn 8,000
Adjustments to profits of prior years for arithmetical errors in depreciation (35,000)
Pear owns 40% of Cinn's common stock. Pear's December 31, 1992, income statement should report income before taxes of:

答えは、$152,000です。
The $40,000 equity in earnings of Cinn is properly included in income. Pear owns 40% of Cinn and uses the equity method. Thus, equity in earnings is included in the income statement while dividends received are not. The $35,000 is a prior period adjustment and should be reported as an adjustment to the opening balance of retained earnings, not on the current period income.
Income as reported $ 125,000
Dividends received     (8,000)
Prior period adjustment 35,000
Income before taxes $ 152,000
APB 18 para. 19

このタイプの問題の考え方がよくわからないので、お時間のあるときで構いません。(似た問題が出ても正解していないです。)
-------------------------------------------------------------------------------------------


That’s a good question. Let’s see how to approach this question.

>このタイプの問題の考え方がよくわからないので・・・
「このタイプ」と仰っておられますが、本問のどの辺りの特徴を捉えて「このタイプ」と類型化されているか分からないので、せめて、私がこの問題を見たときの心理描写つきで書くことで、ヒントになれば幸いです。

"・・・reported income before taxes of $125,000. "
「ふむ、ふむ、Income Statement上で、税引前incomeが$125,000ね。」

"The auditor questioned the following amounts that had been included in income"
「ははあ、つまり、さっきの$125,000のincomeにincludeされているうちの一部にquestionableな怪しい部分があるんだな。(で、auditorが”これって、おかしくない?”と尋ねている)」
              ↓
「まだ、問題文、途中までしか読んでないけど、どうせ、間違ってincomeに計上されている数字を見つけなさい、みたいな問題だろうなぁ。」

"Equity in earnings of Cinn Co. $ 40,000"
「あれ、なんで突然Cinn Co.なんて別会社が登場するの?で、この別会社のearningsにおけるEquity(株主持分)$40,000が、さっきの$125,000に含まれてるって? なんで他社の利益が??? ひょっとして、関連会社で、Equity method適用対象か? う~ん、とりあえず、次を見てみよう。」

"Dividends received from Cinn 8,000"
「こんどは、Cinnからの配当金8000ドルか。これをDividend Incomeに入れるんだったら、Pear社のCinnへの投資は20%未満のはず。この場合は(原則)Equity method対象外だからさっきの40,000ドルはPear社のIncomeに入れたらダメだな。」---(1)
「逆に、20%以上投資している関連会社ならEquity method適用=Dividends Received8000ドルは、PearのB/S上のInvestment in Cinnの簿価を減らすだけで、PearのI/Sには影響しないはず。」---(2)
「やっぱり、この問題、(1)か(2)のどっちなのかを考えて、正しいPearの会計上のIncomeを計算させる問題だな。」

"Adjustments to profits of prior years for arithmetical errors in depreciation (35,000)"

「"Error Correction = R/Eの期初残高の修正対応 = I / S には影響しない"にも関わらず、Pear社のIncome計算するときに減算されてる(カッコ内の数字35,000はマイナスの意味)んだから、調整して正しいIncomeにするためには、この35,000を足し返してあげないといけない、って話だな。やっぱり、この手の問題みたいだな。」

"Pear owns 40% of Cinn's common stock. ”
「おっと、出てきた。ほ~ら、Cinnは20%以上投資してるんでEquity Method適用先。さっき、(1)か(2)かの二者択一だと思ったけど、これで、(1)がOKで、(2)が間違いってことだな。ということで、I/SのIncomeに影響しないはずのDividend Received$8000が今のところ、$125,000に含まれてしまっているのが、過大計上なわけだな~」

Pear's December 31, 1992, income statement should report income before taxes of:
「ほ~ら、やっぱり、間違って加算・減算されている要因を除去して、正しい会計上のIncomeを求める問題だった。」

「もう、答えはでている。(北斗の拳の「お前はもう死んでいる」みたい(笑))さっき確認したとおり、間違ったIncomeが125000。ここから過大計上の8000を引いて、誤って減算された35000を足し返してあげないといけないから、答えは、152,000だ。」

多少、表現の脚色はありましたが (^_^ ; )、 実際、私がこの問題を見たときは、大体、こんな風に思考が展開しました。

よく、「問題の意図」を意識することがポイント、と言われますが、本問では、上記の(1)、(2)を読んだ段階で、「あれ、(1)と(2)は両立しないぞ?」と気づけば、「125,000のIncomeに入るのはどっちだ?→125,000のIncomeに何が含まれて何が含まれてないかが問われているんだ!」と気づくのではないでしょうか。 How about you?

Above is my view about your question. I hope it’ll be of some help for you.
Good Luck!

nn
[PR]
by nn_77 | 2007-10-10 22:52 | >FARE

CONGRATULATIONS !!!

Thank you for leaving lots of comments on my post on Sept. 30, 2007, each of which made me feel so grateful for your kindness.
Mr. K.T, my mentor of USCPA exam study wrote in his comment,
“らく~な気持ちで戻ってきて下さいね。/ Take it easier and you can be back here anytime.”

So I’m back now. (“早っ! // Too early?”)

What with one thing or another, I’m afraid I cannot leave my post here everyday. But I’ll come by when I can.

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

Today I’ve come here to congratulate MS. Justdoitbaby and Mr.どかっち for their passing AUDIT of USCPA exam! They were among the off-line meeting that we had in July. I saw them encouraging each other to get through AUD exam because they were both planning to sit for AUD in the following month. Although it took unusually long time, finally they got passing scores for their AUD.
Some other friends also gave me email messages the other day, which told me that they had passed the exam, though I don’t name them here for their anonymity.

For them who made it this time,
CONGRATULATIONS!!

As I write so very often, I’m always excited so much when I get I- PASSED-message from my friends of USCPA exam candidates; because I can share the same feeling with them--- how exciting it is to be informed of passing the exam after such hardships and enormous efforts.

Efforts didn’t betray me unless I didn’t betray them by being lazy.

I hope things will work out in the same way to all of you!
[PR]
by nn_77 | 2007-10-09 22:38 | USCPA (general)


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧