nn的BLOG

最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

簿記試験延期! 怠慢のツケ・・・

 昨日のような記事を書く位ですから、CPA試験を通じて、少なくとも自分の試験の準備量については、随分客観的にわかるようになりました。仕事柄、今後も資格試験などを受けさせられることもあるかもしれませんが、この体内時計を手に入れたのは、CPA試験で得た副産物かもしれません。
 そんな自分で自分の状況を考えて、6月10日を目標にしていた簿記1級の受験は、次回の11月まで延期することにしました(, of which I'm so ashamed!)
 残り40日を死に物狂いでして、挑戦だけでもするかどうか、随分迷いましたが、受験料を無駄にしたくありませんでした。(7000円とはいえ、大事!)自分の今の状況からして、1ヵ月後にどこまで持っていけるかというのが、大体、想像がつきます。一通り、トピックスをカバーし終えるところまではいけると思いました。でも、それをやったうえで、問題演習を繰り返すとか、もっと理解を深めるとか、やっぱり、自分がCPA試験でしたやり込みを考えると、もっと深くしなければと思ったのです。
 また、今回、日本の簿記の勉強をして思ったのは、内容がわりと実際的だということ。経理の実務でどこまで「実務」的なのかは分かりませんが、債権者・投資家の立場として財務諸表を読む上で知っておきたいこと、分かっておきたいことなど結構あるな、と思いました。工業簿記も、労務費の計算、CPAのFARよりも細かいですが、お陰で自分の給与明細の意味と会社の人件費とのリンクが前よりずっと具体的に分かったような気がします。これだけ「中身」があるものを、「試験のための勉強」で終わらせてはもったいないと思い、もう少しじっくり付き合いたいと思うようにもなりました。
 受験って、テスト本番では「どれだけ実力を発揮できるか」だけですよね。で、その「実力」を身に着けるのは、テスト直前までの努力の積み重ねです。還元すれば、試験を受ける前から合否は決まっているのだと思います。本番の取り組みよりも、本番までどれだけ頑張れるかで合否が決まるのだと思います。試験当日は、「これだけ頑張りました」と報告しているに過ぎません。今の私の取り組みでは、40日後に「頑張りました」といえるだけの積み上げは出来そうにありません。相変わらず不器用・怠惰な自分だなーと反省しました。
とはいえ、その11月だって、すぐに来てしまうことでしょう。ご覧のように、blogの上部にカウントダウンタイマーを設置。(←これは自動的にカウントしてくれます。ご利用はコチラから。)そして、進捗度ゲージを置きました。これが満タンになったら受験しようと思います。(満タンまでのTO-DOはコチラ
 今月末のちょっとしたプロジェクトの関係で、急遽、中国語を猛復習・猛勉強しなければいけなくなったことも、今回の断念の理由のひとつ。簿記試験の期日は先延ばしになったけれど、日々のタスクはなんだか重たくなった感じです(汗)これも、今まで、なんだかんだ言いながらダラダラやってきたツケですね。負債には利息がつきもの。サボったら、サボった分以上の頑張りを強いられる状況に追い込まれます。まさに今の私・・・
 所以,我再开始学汉语。(そんなわけで、また中国語の勉強も始めなければなりません。)
 It’s so exciting to be busy with many things!
[PR]
by nn_77 | 2007-04-30 17:41 | 簿記一級

USCPA試験、分からない問題のとばし方

試験本番が近づくと、「どれくらい解けるかな?」とか「初めて見る問題や分からない問題が沢山でたらどうしよう?」と思いますよね。
また、受験後は、「手応え」を確かめながら、ドキドキしたり、少し憂鬱になったりしなら結果を待つものです。私もそうでした。

私は4日連続で4科目受験したこともあり、また、受験体験記をblogに記録したこともあって、本試験のときの雰囲気が記憶にあります。

そんな私の感覚だと、だいたい、1テストレット30問(REGは24問)のうち、「う~ん・・・」と思った問題は3問くらいでした。というのも、前もって、「『「う~ん」とじっくり悩む問題は1テストレット中3問まで、と決めていたからです。

ですから、一問ずつといていく中で、即回答のアプローチが見出せない問題があれば、
① とりあえずa)~d)の中から1つ適当に選んで、
② 後から戻ってこれるようにチェックをしておいて、
③ 次に進む

というふうに問題を解き進めていきます。3つ以上こういう処理をすることがないように、どの問題も安易にはあきらめません。一瞬「ウッ」とつまっても、しばらくは問題とにらめっこです。トランプのゲームでパスは三回まで、というのがありますが、あんな感じですね。パスばっかりしているとすぐ3回使い切ってしまうので、パスするタイミングは難しい、みたいな。

しかし、一方で、事前にチェックしていたCPAネットの情報で、「タイムマネジメントが極めて大事」「SIMをする時間がなかった」なんていう体験談を沢山みていたので、1テストレットあたり45分、1問平均1分30秒、というのを決めていました。ですから、安易にパスしないように、ちゃんと問題を考えるといっても、このリズムを崩すほど、とまっては入られません。しかも、いったん飛ばしてから、最後まで行って、また戻ってきて検討しなおさなければならないのですから、秒数に換算すると、結局限られた時間しか悩むことはできません。しかし、こういうこともちゃんと計算に入れながら、本試験中も冷静に自分の状況(何問といたか、あと何分か、ペースは順調か?この問題は後回しにする3問に値するのか)を客観的に見つめて、ペースを「管理」することが大切です。PC相手に、選択問題をなんとなく解くような、ゲーセンのクイズマシンをしているようなムードに陥らないことが大切ですね。

さて、この「後回しにするのは3問まで」という私のルールですが、なぜそうしたかというと、GLEIM-CDを何度も30問単位で解いて、最後、採点のためのボタンを押して正答率をチェックする、という作業を何度も繰り返しているうちに、正答率が80%以上、悪くても75%超になるためには、自分の手応えとしては「あの問題、いまひとつ、つかめなかったなー」という問題は3問くらいまでに抑えなければならないという経験を得たからです。
手応えの感覚というのは人によって違うので、この「3問まで」というのが誰にでも当てはまることは無いでしょう。でも、私の場合は、タイムマネジメントも含めて試験を自分の管理下におくことを考えると、やはり、GLEIMをやってるとき、80%近い正答率を出すためには、悩むのが許されるのは「3問まで」だったんです。本試験前には、GLEIMでそのノリで問題を解いていくようにすることはできたので、逆に言うと、それくらいは勉強した、ということかもしれません。
そのノリとリズムで、本試験にも挑んで、幸い、本試験の手応えも、ほぼそんな感じでした。(BECは若干異色でしたが、、、) GLEIM-CDの正答率の%と、本試験のスコアの%では、その測り方が違うので簡単には比べられませんが、自分の結果を見ると、だいたい、上記作戦があたったのではないかと思っています。
[PR]
by nn_77 | 2007-04-29 12:30 | USCPA (general)

Début as a tennis player

I awoke slowly, confirming the health condition of myself. The cold lingering for a week is almost going away. The headache is gone. But I’m still suffering from the snuffles, which is actually very troublesome because I cannot concentrate on things with my nose stuffed up. So I was reluctant to get out of the bed. There’s another reason that makes me feel reluctant; She’s gonna take me to the tennis club activity of the local community.
We applied to join in the tennis club the other day. The lesson is held every Saturday, which started since last Saturday, when my terrible cold also started. (>_<) So, my wife attended the first lesson on last Saturday though I skipped it.
And seven days passed since then. It’s gonna be the second lesson today. If I skipped the lesson twice in a row, I wouldn’t be able to make up for the delay because I’m quite a beginner. I’m the last person who would enjoy playing sports in the weekends…

We rode the bicycle to the nearby tennis courts, where I found the members are already gathering. Most of them were middle aged, maybe senior to me, and some were younger than I --- most of all were ladies… They all seemed very experienced. Only I was in the brand-new cheap sweat suits, which I just bought the other day.

The lesson started with a running around the court and the following gentle stretching exercise, which was enough to make me so much exhausted! I’ve never had such exercise since the hand ball club activity in the junior high school!

But the warm-up exercise was the hardest part of the day. Once the lesson started, two coaches give a lesson to about 20 members. So I can have a break till my turn comes (^_^)

Today I learned how to hold the racket and hit the ball in forehand stroke and in backhand stroke. In the lesson, I did well, except that I stepped on my own shoelace and toppled down. ( >_< )

The next lesson is on the next Saturday. I have to recover from the cold by then. And also, I have to resume my bookkeeping study as well…

**** ワンポイント *************************

受験英語で習った懐かしの(?) withの用法

with + 名詞 + 補語(名詞の状態を表す語句)
=「『名詞』が『補語』の状態で」

今日の本文、冒頭の風邪の話で出てきたのはコレです。
I cannot concentrate on things with my nose stuffed up.
(鼻づまりで、集中できません。)
直訳すると、「鼻が詰まった状態(stuffed up)で、」ですね。

上記で「補語」はstuffedという、stuffの-ed型(受身の過去分詞)でした。
この「補語」には他にもいろいろ来ます。他の例だと、
【形容詞】
Don’t speak with your mouth full. 口に物を入れて喋るな。
【副詞】
He was there with his hat on. 彼は帽子を被ったままそこに立っていた。
あと、-ing型(現在分詞)なども使えますね。

受験の世界や、書き言葉だけでなく、ニュースや映画を見てると、話し言葉でもよく使われる構文です。
[PR]
by nn_77 | 2007-04-28 09:36 | Sports

Never be hasty in judging friends and enemies in business


43Days before 日商簿記1級

I may not look it, but I have a hot temper.
I always keep myself calm and mild at home, with which rebound I’m sometimes so hard on people when I’m in business.

To be exact, I used to be such a person before. But, after experiencing a lot of things in society, now I’m always trying to conceal such my temper deep in mind. So even when I’m very irritated and angry with somebody, I never show it in communication.

Sometimes I can feel I’m right in doing so, especially when what seems to be a very big problem turns out to be not so problematic later.

A news reporter gave me a call yesterday and we talked over the project of my office which he wanted to cover. His manner of speech and question sounded very rude and sometimes very very defiant to me. I was almost hanging up in a huff. But I forced myself to be patient and kept myself as calm as possible.

He gave me a call today again. Upon hearing his voice over the receiver, I became very cautious. But it was a call to thank me for yesterday’s information. He gave me a call because he successfully finished writing up a story by the due. His manner of speech and tone of the voice was completely different from what I heard yesterday.

Again I leaned that I shouldn’t judge things without giving much consideration, especially when I evaluate people. We are educated to behave in the same way with anybody at any time. But it is very difficult to perform it actually. We often change our attitude depending on the situation we are in, depending on the conflicts of interest in a certain relationship, and depending on the whim of the day. So even when I’m so hurt or irritated by someone’s speech or attitude, I shouldn’t take it at face value. When I have a time to revaluate it later, it could be very different evaluation. So I shall never be hasty to judge or evaluate people so soon or with a single accidental event.

That’s what I learned today.


*** ワンポイント***
● I may not look it, but ・・・ : 見かけによらず
I may not look it, but I have a hot temper.
(見かけによらず、短気なんです。)
  ・・・え? I do look so? 失礼しましたー(笑)

● in a huff :ムッとして
I was almost hanging up in a huff.
(ムカッとしたので、もう少しで電話をきるところだった。)

 in a huff, よくないですね。反省です。。。
[PR]
by nn_77 | 2007-04-27 06:31 | 仕事

Determination

44Days before 日商簿記1級

The terrible headache is still lingering today, which doesn’t seem to go away for some time. And I’m having the sniffles. It’s so hard for me to even breathe. >_<
Still tasks are waiting for me in the office. So I determined to force myself to come to the office.

And UNfortunately enough, today I was welcomed by many accidents and troubles in the office, which tied me at the desk till 9:00 pm. (In fact, I wanted to leave the office earlier because I’m not in good shape!)

But fortunately, I somehow managed to solve many of those accidents, which would have been impossible if I couldn’t speak English, if I couldn’t type Chinese on MS-WORD and convert Simplified Chinese(简体字) to Traditional Chinese(繁體字), or if I didn’t know how to account for a transaction in bookkeeping.

After all, today I was helped by many of my skills which I acquired over the years.

However, I’ve been away from those studies these days. Catching a terrible cold was enough to make me negligent person. (>_<)
But, today it came home to me that all the effort paid over a long period of time surely pays off some time in one’s life. So I determined to resume my study again after I recover from illness.

Actually I was thinking of aborting my plan to sit for the bookkeeping exam in June.
But I decided to resume my study preparing for the exam in June. I guess I cannot prepare myself for the exam in such a short period of time. But, now it seems I should rather keep myself in tensed circumstances. Yes, I’ll try. I’ll sit for the bookkeeping exam in June! I’ve gotta recover from the cold as soon as possible!


*** ワンポイント***
受験で勉強した “主語 come home to 人” (「主語」が「人」に痛切に感じられる)というのを久々に本文で使ってみました。

But, today it came home to me that all the effort paid over a long period of time surely pays off some time in one’s life.
(今日は、ホント、つくづく思いました。長い間努力してきたことって、絶対いつか報われる日がくるんだなーって )
[PR]
by nn_77 | 2007-04-26 12:54 | 仕事

Bad Cold Lingering

45Days before 日商簿記1級

I awoke to find the cold is still lingering. But I cannot afford to take another sick day. So, I dragged myself out of the bed. It was so exhausting to even commute to the office…
As I anticipated, one sick day I took yesterday was enough for business documents to pile up on my desk. (>_<)
I expedited them quickly so that my sick day wouldn’t result in bothering others.
I managed to catch up on my work by the time I left the office today.
It’s tough to carry out responsibility in business, but that is the most basic thing that is required to work as a business person, I think.
Upon arriving home, I had a mild fever and collapsed down on the bed…

****** ワンポイント **********

------------英辞郎---------------------------
linger
【自動-1】 長居{ながい}する、居残る{いのこる}、ぐずぐずする、手間取る{てまどる}
【自動-2】 残存{ざんそん}する、後に残る、いつまでも残る、長引く{ながびく}、なかなか消えない
------------------------------------------------------------------------------------------
上記の---ing型で、形容詞として使われるlingering. 私が良く使う単語です。
本文のように、風邪が長引くとき、悩み事が頭から離れないとき、忘れられないあの人を思い出すとき(!)などなど、私の人生には頻出の単語です(笑)
[PR]
by nn_77 | 2007-04-25 08:58 | 仕事

Complex taxation rules in US

46Days before 日商簿記1級

I’m taking a sick day today, staying at home.
Coughing thousands of times changed my voice so much that my colleague didn’t recognize me when he took a call from me this morning.
I wanted to come to the office to get things done, but I gave it up because now I can’t even think straight...

Lying still on the bed is so tiring. So I checked out the English news program on the web and listened to the report below.

An article from the Online NewsHour
Government Estimates $290 Billion in Missing Tax Revenue

Usually, topics about tax and regulations are tough to understand when they are given in English. But after experiencing USCPA exam prep, you’ll have no problem in getting what they are talking about.

Listening to the program above, I felt it’s funny that taxation rules appears complex and arcane not only to USCPA exam candidates, but also to U.S. taxpayers. ^_^

…I’m now exhausted. Time to get back to the bed….

***(今日の英語のポイント: 動詞+前置詞 vs 動詞+副詞********
up、down、on、など方向や位置を示す短い単語は、前置詞として使われることもあれば、副詞として使われることもあります。前置詞として使われるときは名詞の前に来ますが(「前置」詞だから当たり前!)、副詞として使われるときは、名詞の後に来ることもしばしばです。
【前置詞】名詞の前にチョンと置く。
Climb up the tree(その木に登れ) /Go down the river (川を下れ)/ Don’t stand on the table (テーブルに乗るな!)/
【副詞】名詞の後に来ることもできる
Give it up (あきらめろ)/ Put it down (それを降ろせ) / Try it on (試着してみなよ)
副詞用法でも、名詞が長いときはやっぱり前置詞のように名詞の前に置くほうが自然なので、上記本文でも、”I checked out the English news program on the web”と書きました。
名詞が短いときに副詞の前に持ってくると、ちょっとカッコよく英語がしゃべれている気分になります。(ワタシだけ~?)
面白いです、副詞の用法、please check it out!
[PR]
by nn_77 | 2007-04-24 13:24 | >REG

経験の重み

47Days before 日商簿記1級

このところ、アメリカや日本で銃による犯罪が立て続けにおこっていますね。
イラクで日々戦闘が続いているのは報道の範囲で知っていますが、こうして、普通の町や大学で銃撃なんかが起こるのをニュースで見ると、なんだか信じられない気分です。「映画じゃないのか?」って。 9.11の映像を見た瞬間のことも記憶しています。仕事から帰ってきて、ネクタイを解きながらTVのニュースで見ました。ハリウッド映画をみているようで、「え?これ、本当の映像?嘘やろ?」と思ったのを今でも覚えています。

子供の頃のゲーム、マンガや映画からの知識(?)として、爆弾とかミサイルとか、そんなことを知っているだけで、実際の経験が無いので、どんなに本物の映像を見ても、「怖い」と思うより先に「映画みたい」と思ってしまいます。

戦争の経験は私はありません。祖父から少し聞いたことがある程度です。

私が大学1年生の頃に阪神淡路大震災がありました。私は寮の部屋が少し揺れたくらいでしたが、そのとき、実際に被害にあってその場に居合わせた方が言っていました。「自分は戦後生まれだけれど、きっと戦争ってあんなだったんだと思う」と。

去年、神戸にある「人と防災未来センター」という施設を訪れる機会がありました。
 震災の様子をとてもリアルに再現しています。体験映像などを見ながら、私も思わず号泣してしまいました。あのころ、神戸の友人たちがこんな経験をしていたのだ、と初めて知った気がします。周りの訪問者たちも涙する人が多かったです。実際に震災にあわれた方々は、当時のことを思い出してしまうので、とても行けない、という人が多いようです。 大震災のことは、いろいろメディアで報道されたり、その後もいろいろとりあげられたりして、「知って」はいたのですが、実際にああした施設でリアルに体験してみると、自分が今まで知ったつもりになっていたことは、知っていたうちに入らない、と思いました。
とかく批判をあびるハコモノ行政ですが、この施設は、いいものを作ったと思います。いずれ自分に子供ができたりしたら、連れていかなければ、と思いました。

経験、といえば、十年ほど前、偶然、アメリカで実弾射撃をする機会がありました。射撃場について車を降りると、パン、バーンと射撃の音。ニュースで聴いたことのあるあの音の何十倍も大きな音で、鼓膜が痛くなって、ずっと両耳を押さえずにはいられませんでした。入り口でヘッドホンみたいなものを手渡されて装着。これでようやく鼓膜が痛くなくなりました。それでも射撃場の奥から聞こえてくる音は体に響きます。これだけ激しい音を出す銃はどれほどゴッツイものかと思いながら射撃ブースにでると、そこで使われているのは小さなリボルバー。刑事ドラマで私服警官が内ポケットからだすような小さなものでした。そして、私が手渡されたのもリボルバー。さっき見たものより少しだけ大きく、西部劇で保安官が持っているようなものです。初めて手にしたそれは、ずっしり重く、不気味に冷たかったのを覚えてます。教えられるまま、引き金を引くと、体全体に大きな衝撃が走ります。両脚をしっかり踏ん張り、両手で強くグリップを握らなければ、とても銃口を前に保っていられません。的の板は簡単に割れたり、穴が空いたり。そのあっけなさが怖かったのを今でも覚えてます。破壊力よりもその貫通力にゾッとしました。あんなのが人に当たったらと思うと、本当に怖かったです。的は結構遠かったと思いますが、ほとんど命中しました。素人でもこんなに当たるのだから、犯罪に使われたらどうしようもないですね。そんな経験を経て、前は好きだったゲームセンターとかの拳銃のゲームも、今はオモチャのように思えて興ざめしてしまいました。むしろ「撃つ」ことの恐ろしさを肌で体験し、戦争や銃犯罪の恐怖や痛みがとてもリアルに感じられるようになりました。今、そう感じられるようななったという意味では、貴重な経験だったと思います。

実際に経験してみなければ分らないことってあるんだな、と思います。
情報化社会で、私もネット検索でいろいろ「知る」ことの多い毎日ですが、自分で経験したり、あるいは経験した人の話にしっかり耳を傾けることをもっと大切にしなければと思います。
[PR]
by nn_77 | 2007-04-23 06:32

コチラ不調、 でも、応援してますゾ!

48Days before 日商簿記1級

かに座は今日絶好調!アクティブな一日を過ごそう!
・・・などと星占いは仰るけれど、それどころでは。。。
風邪、悪化。ベッドでウン、ウン、唸る一日だった。

人生、悪いことばかりではないものでして、ウエストを計ったら82cm。
先日メタボリックで悩んでいたのがウソのよう。 体重も1.5kg減。

ヤッター!? かな。。。

うぅ。。。


さて、そんな中、仲間が、アメリカでUSCPA試験に挑戦中です。きっとうまくいくと信じています。頑張ってください。 こんな体ではありますが(涙)、遠く日本から応援しています。 フレー、フレー!


・・・・ハックション!
[PR]
by nn_77 | 2007-04-22 19:11

USCPA試験 リズムとノリを大切に

49Days before 日商簿記1級

最終合格された方からよくご報告をコメントやメールで頂きます。同じ苦労を乗り越えて来ただけに、私も感激します。ささやかながらこのブログも参考にしていただくこともあったみたいで、嬉しいな、って思います。先日、ご連絡を下さった方曰わく、試験での時間配分についての記述が参考になったとのことでした。

このブログで試験テク的な時間管理方法をご紹介したこともありましたが、それも含めて、問題を解くリズムはとても大切です。どんなに深く論点を理解、分析していても、時間内にバランス良く解けなければ、合格は難しいと思います。

 よく、「どれくらい勉強すればいいのか?」と聞かれるのですが、MC100問を1問平均1分30秒位で解いて、正答率8割から9割くらい、が目安だと思います。論点理解が甘いと上記基準達成は困難ですが、逆に言えば、上記をクリアできる程度の論点理解で十分だともいえます。
 
 それだけできればSIMに必要な論点理解も、ほぼできているはずです。ただ、論点理解ができていることと、実際に問題が解けることは違います。SIMもまた、慣れが要るでしょう。ワイリーだと、1問だいたい20~30分くらいで済ませられるようになればいいと思います。
 
 毎日問題演習をして、この回答のリズムを身につけるようにして、あとは、本番も同様に処理するのです。
最初のウチはしんどくて上手くいかないかもしれませんが、慣れれば、ノッてきます。

 これまで何回か書いてきたことですが、少なくとも私はそうやって合格できました。勉強のアプローチは人それぞれだけど、最低限こなさないといけないことは同じはず。そう考えて私の経験談を書いてみました。
 
 そんな、私の簿記試験の方は上記の域には程遠いので、望み薄です。自分で自分の教訓も活かせず
(^^;)

 やらなあかんことは分かっていても、それを遂行するって、ホントに難しいですね。
我ながら、毎日、毎日、「出来へん言い訳のフルコースや~(彦麿呂さん的口調♪)」
[PR]
by nn_77 | 2007-04-21 09:43 | USCPA (general)


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧