nn的BLOG

最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

<   2007年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

slobbing

70 Days before 日商簿記1級

I did nothing today.
But 24 hours have gone as always.
No matter how I spend a day, time goes by in the same way at the same pace.
Time is fair. Being fair might be the ultimate truth in nature.
I wanna be such a fair person as time.
But it’s not easy; it’s easy to advocate punctuality, but human beings can hardly be as punctual as they advocate, which might be called another ultimate truth in the world.
But there’s no absolute truth in this world. Truth is always relative.
After all, it depends on how I do think in my mind.
Another day starts from tomorrow. I shall never leave it as it is now.
[PR]
by nn_77 | 2007-03-31 00:33

FY 2006 ended

71 Days before 日商簿記1級

FY2006 was over today.
I reviewed how my performance was in business in this fiscal year.
I think I improved myself in that I achieved very precise and strict schedule management for every project of which I was in charge, setting a due date for every tiny action so that no one would waste one’s time in the course of project. As a result, I gave no single stupid excuse like “we should have done it by now, but …” ← This is the phrase I often used several years ago. After going through Spartan on-the-job training, it seems that I improved myself somehow, which I proved in this FY.

However, I have to take a second look at what I called “improvement” above. To achieve the situation above, I was very strict with myself, and I was very strict with others, too.
I am not such a type who roars at people. So I don’t yell. But, I pursued rational behavior in every business I committed with. When a vendor failed to meet the due date, I always ask “why?” If it was due to such an unexpected accident, I give him/her a second chance. If it was just because he or she was lazy, I couldn’t trust him/her and that’s the end of business with the vendor.

Of course, in order to behave in such a strict manner, I had to be strict with myself first. So, I forced myself to meet all the dues they gave to me.

It’s just fair, and that’s the way business should go---- I thought so.
But I gave a second thought to it. Those people I dismissed due to their failure could have done a better job if I carefully guided them to the right track. If I motivated them to give a positive outcome in a designated schedule, then the outcome of the project could have been greater.

I could have behaved in such a manner by which people are more encouraged to meet the due and produce things at a lever higher than originally expected.

My strict attitude in this FY led to certain achievements, actually. I achieved 100%.
But, in the coming FY, I’ll reform my style a little in such a way as I mentioned above, so that I can achieve 120% this time.
[PR]
by nn_77 | 2007-03-30 10:45 | 仕事

Thank you so much!

72 Days before 日商簿記1級

I was so much disappointed yesterday that I found myself moaning about it here on my blog and on the SNS website.

Since then, I haven’t been able to access to the internet because I’ve been struggling with one thing or another in the last spurt of my business projects.

Arriving home now, I accessed to the internet and found I’ve received a lot of spurs, advice, and encouraging messages from many people: each of them touched my heart and helped me a lot. Now I finished writing my response to those messages respectively, but let me thank you again for your kindness.

Thank you so much !!

Having read your advice, I gave a thorough consideration about what I should do from now: should I keep studying those technical matters, or should I rather work on developing more general skills required for good management & effective teamwork?
And I reached a conclusion that I should do both of them, giving a good balance between them.

I don’t think it’s easy to pursue it. But I have no choice but to try and verify how it will work out --- with self-responsibility, because this is MY life.

I hope that, running on this road, someday I can achieve the goal and then I will look back this day, remembering you guys and, definitely, I will thank you all again.

I'm gonna get started again!
 p( ^ 。^ )q
[PR]
by nn_77 | 2007-03-29 22:49 | 仕事

I knew it

73 Days before 日商簿記1級

A month ago I had an interview for a chance to work in the Int’l dept.
Today I received a sheet of result notification, on which it says I failed.

I’m now having very complex feeling mixed with sadness, anger, frustration, sorrow, abstraction, desperation, and…

I knew I have a problem: things that I really have to learn about are not such technical things as accounting, IT, laws, and foreign languages. There are some other things that I have yet to learn in the course of business experience, human relationship, and self-development. It’s easy to avert my eyes from what I really have to do and escape into study at desk. But what I really have to do is to nurture other aspects of myself, which is no easy at all.

I knew that by myself. So I should have been ready for today’s news by now.
Yet I felt so shocked when I heard the failure notice today. I still feel I was knocked down. Can’t write any more today.
[PR]
by nn_77 | 2007-03-28 00:40 | 仕事

Hate digging into details

74 Days before 日商簿記1級
【5:20 a.m.】
Good morning!

I’m keeping working on bookkeeping study. Now I’m studying accounting treatments for consolidated financial statements. In Japanese bookkeeping exam, they ask me more in detail than they did in USCPA exam.
For example, when a parent company sold goods to its subsidiary on account, then the A/R of the parent company and the A/P of the subsidiary should be offset with each other, which I learned in USCPA exam context, too. But, the bookkeeping exam textbook requires me to go so far as to eliminate both the allowances for uncollectible accounts reserved for the A/R and the bad debt expense, which leads to higher (consolidated) book income than the taxable income, that results in the necessary adjustments by deferred tax accounting…. I got sick of it, because I’m a typical blood type O person; being rough and NOT good at sticking to details!
But, yeah, I have to get along with it!
[PR]
by nn_77 | 2007-03-27 05:24 | 簿記一級

Almost there

75 Days before 日商簿記1級
【5:30 a.m.】
Good morning!
I'm now making up arrears in my bookkeeping study.
It might be possible for me to cover all the topics of commercial bookkeeping and move on to the industrial bookkeeping next month!
Now I’m studying the accounting treatments in business consolidation. Yesterday I encountered the pool of interests method, a famous one as a typical difference between JGAAP & USGAAP; pool of interests method cannot be used in any case in USGAAP which instead adopts purchase method in all cases.
If I hadn’t learned about accounting treatments in business consolidation in USCPA exam prep, I haven’t been able to finish this topic so quickly. I’m lucky!
Let’s keep working at this pace till I finish all the topical areas!
[PR]
by nn_77 | 2007-03-26 05:35 | 簿記一級

過去をひきずってみようっと

76 Days before 日商簿記1級
【5:30 a.m.】
おはようございます。

昨日はNHKのドラマ「ハゲタカ」の最終回をやっぱり見てしまいました(笑)

バルク、M&A、Proxy Fight、TOB、EBO ・・・ いろいろな事例が少しずつでてきたドラマでしたが、経済用語お勉強のドラマではなかったように思います。最終回は、物事が「見える人」と「見えない人」の違いが描かれていました。

過去を引きずって、そして過去から逃げないで、直視し、向き合って、戦おうとする人には見えるもの、見てきたもの、それが、そうした経験のない人、経験をしていても見ようとしない人の目には映らない、といった様子が昨日の最終回には何度かありました。

バブルの負の遺産を背負い、失われた10年といわれる期間を過ぎて、今後の日本経済がどこへ向かうのか?、というモチーフのもと、一人ひとりの人間の生き方もまた、過去の過ちをどう反省して、今後どう生きていくのかを考えなければならない、ということを伝えているドラマのように思いました。

過去をひきずって、とか、将来に向けてこうしなければいけない、とかいう表現を使ってしまいましたが、本当はそんなネガティブに考えなくてもいいのかもしれません。

それが大きな失敗でも過去にそうした経験をしたのであれば、キチンとそのことと向き合った上で将来に向けて一歩踏み出せれば、そんな経験がない人よりも、ずっと大きな一歩を踏み出せるのかもしれません。だから、過去の失敗やその記憶は、大きな武器・財産にであって、だから、どんなに嫌なことでも、逃げたいことであっても、記憶からそれを切り捨ててしまってはいけないように思いました。

他にも、役者の台詞のひとことひとことに、いろんなメッセージを感じました。(感情移入しすぎ?)


さて、今日は一日、簿記の勉強です。今月中に商業簿記に目処がつかなければ、6月の簿記受験は断念します。とにかく、3月の残り6日間(内、1日は飲み会あり:驚!)、悔いのないように頑張りたいと思います。
[PR]
by nn_77 | 2007-03-25 06:02 | 仕事

その他有価証券と税効果会計 その3

77 Days before 日商簿記1級
先日、その他有価証券の評価損益に関する繰延税金資産について書きました。
じつは、あの話には、まだ、おまけがあります。
というのも、日商簿記1級では、「その他有価証券」の「含み損」の処理について2通りの処理方法を示しているんです。ひとつは、「含み益」同様に、Unrealized Lossも資本直入、つまり純資産の部のマイナス勘定として計上する方法。(, which is called 「全部純資産直入法」) これは、先日の日記でご紹介した方法です。USCPA試験で勉強したASF Sec.の処理もこんな感じでしたね。OCIをマイナス計上し、そのマイナスの数字がそのままAOCIに入っていきます。

日商簿記1級で紹介されているもうひとつの「その他有価証券」の「含み損」の処理方法は、Unrealized Lossを損益計算書の営業外費用に計上する、というものです。(含み益は純資産の部に計上。) これを「部分純資産直入法」と呼ぶそうです。
保守主義(Conservatism)っぽい考え方ですね。利益は実現するまで、B/Sで保留。でもLossは、即、損益計算書に計上して、当期の利益に影響させること!みたいな感じです。

整理すると、

全部純資産直入法
 含み益:B/Sの純資産の部(Equity)に加算計上。
 含み損:B/Sの純資産の部(Equity)に減算計上。

部分純資産直入法
 含み益:B/Sの純資産の部(Equity)に加算計上。
 含み損:損益計算書の営業外費用)に計上。



以上、おわり! キ~ン・コ~ン・カ~ン・コ~ン (チャイム♪)

。。。ならいいのですが、こうなると、この間確認した税効果会計にも影響してきます。

そう、会計上と税務上の利益の差が「当期」に発生してしまうんです。

部分純資産直入法だと・・・

【Unrelalized Loss】

会計上: 損益計算書に計上されるので、当期利益に影響する。

税務上: 損金不算入なので、当期の課税所得に影響しない。




つまり、先日みたような、(僕が)USCPA試験勉強で勉強したような全部純資産直入法と異なり、Tax expense diferred (法人税等調整額)を使う必要が出てくるのです。

また、例をつくって考えてみました。


部分純資産直入法だと・・・

【20X0年度に1000円でその他有価証券購入】
(その他有価証券) 1000     (現  金)    1000

【20X1年度に100円の含み損発生、
その他、本業で利益は2000円計上、税率40%】

(その他有価証券評価差損益)   100  (その他有価証券) 100    
(繰延税金資産)             40     (法人税等調整額)  40
(法人税等)             800        (未払法人税) 800


これで、会計上は 1900円(=2000円 -含み損100円)の40%である
760円の税金費用が当期発生した計算になっています。

  ※ 760円=法人税等 800円 -法人税等調整額貸方残 40円

一方で、税務上は、100円の損金不算入額を無視した2000円に対する
40%の税金、800円の納税義務が発生するので、これが負債に「未払法人税」
として計上されて、会計上も税務上もつじつまがあっています。

【20X2年度に当該証券を900円で売却、100円の含み損がまるまる実現。
その他、本業で利益を1000円計上、税率40%】

(現   金)     900         (その他有価証券) 900
(法人税等調整額)   40       (繰延税金資産)   40
(法人税等)           360         (未払法人税 ) 360
       
会計上は、簿価900円の有価証券(前期に含み損を計上済み)を売却し、売却益=0円。したがって、課税されるのはその他利益1000円に対してなので、会計上の税金費用は、40%の400円。
※ 400円=法人税等 360円 -法人税等調整額借方残 40円

一方で、税務上は、当期に初めて100円の譲渡損の計上が許される(損金算入される)ので、譲渡損勘案後の課税所得900円(=1000円-100円)に対する40%納税義務である360円が「未払法人税」として負債計上されています。

またまた、会計上と税務上のつじつまが合いました。




よくできたシステムですね。本当に、最初に税効果会計を考えた人って凄いなぁ!

さて、手を抜かずに、同じシナリオを、この間確認した「全部純資産直入法」で追って見ましょう。

全部純資産直入法だと・・・


【Unrelalized Loss】
会計上: 損益計算書を通さないので、当期利益(Net Income)に影響しない。
税務上: 損金不算入なので、当期の課税所得に影響しない。




でしたね。

さて、この点を、具体例で追ってみると、


【20X0年度に1000円でその他有価証券購入】
(その他有価証券) 1000     (現  金)    1000

【20X1年度に100円の含み損発生、
その他、本業で利益は2000円計上、税率40%】

(その他有価証券評価差額金) 60     (その他有価証券) 100    
(繰延税金資産)          40  
(法人税等)        800            (未払法人税)   800


(1) これで、会計上は 2000円(含み損100円は損益計算書を通らないので無視)の40%である800円の税金費用が当期発生した計算になっています
→「法人税等」=800円

(2) 一方で、税務上も、100円の損金不算入額を無視した2000円に対する40%の税金である800円の納税義務が発生するので、これが負債に「未払い法人税」として計上されています。

(3) このように、当期の会計上と税務上の税金費用が一致するので、「法人税等調整額」(Tax expense deferred)を使う余地が無いわけですね。

(4) ただ、将来実現する評価損についても、正味の「損」は税金勘案後の数字です。上記の例だと、評価損について損益計算書上の費用100が発生しますが、その分、課税所得が減って、「法人税等」(Tax Expense)が40減るので、税引き後利益は60です。なので、資本直入する「将来の利益」も税引き後の数字である60にしないと、資本の課題計上になってしまいます。そうする為に、「繰延税金資産(Deferred Tax Asset)」を計上してるんですね。

【20X2年度に当該証券を900円で売却、100円の含み損がまるまる実現。
その他、本業で利益は1000円計上、税率40%】

(現   金)          900       (その他有価証券)          900
(その他有価証券売却損)   60     (その他有価証券評価差額金)   60
                          (繰 延 税 金 資 産)         40
(法人税等)           400      (未払法人税 )          360

(1)会計上は、簿価900円の有価証券を売却損益0円なので、税金費用は、その他利益1000円に対する40%の400円。

(2) 一方で、税務上は、100円の譲渡損が勘案されたあとの課税所得900円(=1000円-100円 )に対する40%の360円の納税義務が生じるので、360円を未払法人税(Tax Payable)に計上。

(3) ということで、(1)、(2)の通り、会計上と税務上のそれぞれの筋を通しながら、貸借は一致するということになります。




今日で、「その他有価証券と税効果会計」は終わりです。
もう、忘れないぞ!
[PR]
by nn_77 | 2007-03-24 15:11 | USCPA (general)

How to check out FAS, Financial Accounting Standards


78 Days before 日商簿記1級

I'm ashamed to confess that I failed to wake up to study this morning.
来週もひとつ飲み会あり。そろそろ、飲み会で飲まずにすませる術を体得しなければ。。。

Since I cannot write a lot here on my blog today, let me give you only a small tip for you.

今日は、時間が無い(仕事と勉強のノルマがヤバイ!)ので、プチ情報だけ。

~~FASの調べ方~~

例えば、昨日みたFAS130は、FASBのウェブサイトで、下記のようなURLにPDFが置かれていました。

http://www.fasb.org/pdf/fas130.pdf

なので、上記URLの3桁の番号のところ(上の例だと、"130"のところ)に、見た
いFASの番号を入れると、当該PDF(オフィシャルなやつ)が見つかるかもしれま
せん。


That's all for today. See you later.
 
[PR]
by nn_77 | 2007-03-23 06:25 | USCPA (general)

その他有価証券と税効果会計 その2

79 Days before 日商簿記1級
I was a night owl last night, getting absorbed in bookkeeping study. (I'm getting behind the schedule again... )

In order to catch up with the plan, I had to work a lot for bookkeeping study, and it was 3:00 a.m. when I felt very sleepy...

If I don't study tonight (or early in the next morning), all the effort that I made last night would turn out to be for naught...

But, I'll show up in a drinking party tonight.

神様に試されているのかもしれません。。。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

先日の記事、「その他有価証券と税効果会計」(2007.3.20)で、?をつけている箇所がありました

それは良いとして、ここでDTLが登場?
しかも、相手科目は「法人税等調整額)(Tax Expense-deferred )ではなく、「その他有価証券」(ASF securities) ?

ここでDTL/DTAが登場する理由については、3/20の記事内で完結させましたが、なぜ相手科目が「法人税等調整額)(Tax Expense-deferred )」にならないのかについては、理解していませんでした。

。。。が、その後、ウダウダ復習を重ねて理解できました。

その他有価証券の含み損益(Unrealized Gain / Loss on AFS Sec.)については、日商簿記の世界では、損益計算書を通らないで、貸借対照表の純資産の部に直接計上されます(注記1)。いわゆる「資本直入」です。それゆえ、「当期の」税金費用については差異が発生しないんですね。

【Unrealized Gain】
会計上: 損益計算書を通さないので、当期利益に影響しない。
税務上: 益金不算入なので、当期の課税所得に影響しない。

【Unrelalized Loss】
会計上: 損益計算書を通さないので、当期利益に影響しない。(注記2)
税務上: 損金不算入なので、当期の課税所得に影響しない。

それ故、「法人税等調整額)(Tax Expense-deferred )」を計上して、「当期の」Tax-Expense (「法人税等」)を増減調整する必要がないわけです。

コレがまさに、本件において繰延税金資産/負債(DTA/DTL)の相手科目が法人税等調整額(Tax Expense deferred )にならない理由ですね。

しかし、3/20の記事でも書いたように、来期以降に当該有価証券を売却するなどして、Unrealized Gain / Lossが、Realizeしてしまったら、それはその期の課税所得に影響を与えます。しかし、その原因はその期ではなく、DTA / DTL を計上した期に発生した評価損益に起因するものです。したがって、例えば、来期以降にRealized Gainが生じて課税所得が増えて、「未払法人税等」(Tax Payable)を計上する必要はあっても、その期の「法人税等」(Tax Expense)は調整してはいけない(←その原因が今期に発生したことではないから)ことになります。

だから、すとーりぃを作ると、

【20X0年度に1000円でその他有価証券購入】
(その他有価証券) 1000     (現  金)    1000

【20X1年度に100円の含み益発生、税率40%】
(その他有価証券) 100     (繰 延 税 金 負 債)    40
                  (その他有価証券評価差額金) 60

【20X2年度に当該証券を1100円で売却し、
100円の含み益がまるまる実現。税率40%】

(現   金)    1100    (その他有価証券) 1100
(繰延税金負債)   40     (未払法人税 ) 440
(法人税等) 400

【20X2年度】の未払法人税(Tax Payable)が440円となって、ちゃんと、1100円の所得に対する納税義務は負債計上しており、その一方で、当期のTax Expenseは400円のみ、つまり【20X1年度】の100円の含み益発生に関しては、当期の法人税等の計算に含まれないようになっているのがミソですね。

税効果会計、って本当によく出来てますね。考えた人、エライ!と思ってしまいました。



(注記1)
USGAAPでは、Other Comprehensive Incomeは、
   1) Income statementの下部
   2) Comprehensive Income Statement
   3) Statament of Changes in Equity
のいずれかに表示すればいいとしています。

FSAS 130
(FASBのウェブサイトより引用)

Alternative Formats for Reporting Comprehensive Income

22. An enterprise shall display comprehensive income and its components in a financial statement that is displayed with the same prominence as other financial statements that constitute a full set of financial statements. This Statement does not require a specific format for that financial statement but requires that an enterprise display net income as a component of comprehensive income in that financial statement. Appendix B provides illustrations of the components of other comprehensive income and total comprehensive income being reported below the total for net income in a statement that reports results of operations, in a separate statement of comprehensive income that begins with net income, and in a statement of changes in equity.


(注記2) 実は、「その他有価証券」の未実現損失(Unrealized Loss)を、その期にRealized Lossとして計上してしまうやり方もあります。「部分純資産直入法」と呼ばれるものです。
これについては、また、明日(or later)。。。
[PR]
by nn_77 | 2007-03-22 19:28 | >FARE


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧