nn的BLOG

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

<   2006年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

辛苦了 / Otsukare sama deshita

Today I joined in a party which was held to host people from overseas. There were twenty of them in the party, and one third of them are from China and Taiwan. I had a strong determination in mind: “I’d try some Chinese expression that I learned so far!”

But I was such a chicken that I could only say “辛苦了 (xin-ku-le).” Due to four tones constraint, it’s more difficult to have verbal communication in Chinese than in English.

In English, our Japanized English still make sense somehow. In Chinese, however, they distinguish the meaning of the words by those tones; I don’t make any sense if I give a word with wrong tone.
After all, I spent most of the time talking with people from Europe and U.S…

I was painfully aware of my lack of Chinese linguistic skill. I have to work harder and harder for Chinese language acquisition!


**********************************************
By the way, 辛苦了 is translated as “otsukaresama deshita.”
When I learned this expression, I felt we have certainly something in common with Chinese people, because I always had a trouble in translating this “otsukaresama-deshita“into English.

A direct English translation could be “You must be tired,” “Good Job” or “Good work today.” But Japanese people use this “otsukaresama deshita” just as a greeting after an event. So, sometimes it’d be more appropriate to translate “otsukaresama-desita” as “see you,” “bye,” or “good evening.”

On the other hand, both Chinese and Japanese have such an expression
[PR]
by nn_77 | 2006-11-30 08:55 | 汉语

to be an even weirder guy

【5:55 a.m.】

早上好! (Good morning!)

... I should have make it ealier... But it's still dark outside.

In the dawn’s silence, I read Nikkei News paper to get info that I could associate with USCPA exam topics, and then listen to an English web radio program.

In my commuting hours, I use my cell phone as a music player; but I don’t listen to music. Instead. I listen to Chinese. (I used to listen to Anjo’s lecture video with my cell phone.)

I used to be mumbling audit reports on the street ---- a weird guy (>_<)
Now I’m mumbling Chinese words to memorize them ---- an even weirder guy

I don’t care. I just don’t want to waste my time. I don’t want to idly wait for a traffic light to turn green.

This is the behavior that I acquired in my prep for USCPA exam. I’ll make the most of it!!


----(( Why is nn in trouble in learning Chinese? ))----

Chinese language has four tones. When I learn a new word, I have to memorize not only its pronunciations, but also the rise and fall on the voice for the word.

the 1st tone is flat tone, which is symbolized with a “-”code
the 2nd tone is rising tone, which is symbolized with a “/”code
the 3rd tone is fall-and-then-rise tone, which is symbolized with a “ V ”code
the 4th tone is falling tone, which is symbolized with a “ \ ”code

For example, 考试, which means an exam or a test, is pronounced

kǎo shì

kao is the 3 tone, and so “V” is put on “o” to indicate that.
shi is the 4th tone, with “\” on “i.”

The Chinese lesson audio file starts with the 1st tone – 1st tone words, like 参观 (cān guān), 参加 (cān jiā) ,and then move onto the 1st tone-2nd tone words, like 当然(dāng rán), and then 1st tone-3rd tone words. It keeps on going till it comes to the 4th tone-4th tone language.

It’s not easy. (不容易。很难。) But never give up!
[PR]
by nn_77 | 2006-11-29 05:52 | 汉语

Good Morning!

【5:30 a.m.】
  Good morning! Let's get started with Early Bird Operation first! ^_^
I awoke to find many encouraging comments and emails for me. I really appreciate all of them. Thank you so much.
  I'm still wondering what should be my best practice now that I have to do so many things to improve myself.
  Well, as a starter, I'll start reading the newspaper more intensively than before so that I can catch more information, finding more meaning in those pieces of information.
[PR]
by nn_77 | 2006-11-28 05:38 | 英语(English)

ブログタイトル変えました

変更前:nn的为USCPA和汉语的努力
(nnのUSCPAと中国語のたの努力)

変更後:nn的USCPA考试后的天天努力
(nnのUSCPA試験後の日々の努力)

前は「試験」という言葉をタイトルに入れていなかったので、今回は「ただ試験に受かっただけだよ~」と「考试后/試験後」という表現を入れました。

「天天」というのは、毎日、といった意味合いだそうです。ww先生にご教授いただきました。(ww先生、ありがとうございました!)

また、アクセスログを見ると、「nn的」で検索して入ってくる方が殆どです。私自身もそうです(笑) なので、やはり「nn的」を残すことにしました。

ということで、「プロの職業CPAではなく、単に試験を終えただけのnnが、その後の日々の(自己研鑽のための)努力を書き綴る」サイトにしたいと思って、上記の通り変更しました。

・・・ 相互リンクしていただいている方へ ・・・・・・・・・・・・・・・・
変更していただけると嬉しいですが、お手数でしたら、特段のご対応は不要です。私にとってのblogの位置づけを明確化したい為に仕切りなおししただけで、皆様にとって中身に大きな変化はないと思いますので。結局は「nn的ブログ」ですものね (^_^)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・今後、CPA試験で学んだことを忘れないように復習する備忘録的内容は日本語で書いていきたいと思います。英語で学んできたことを、今度は、日本語で表現する練習です。この訓練は日本で仕事するnnにとって大切!

・中国語の勉強に関することは、日本語と英語を混合して書きます。中国語を勉強していて、英語に似ているところと日本語に似ているところとがそれぞれあるように感じるので、そこはケースバイケースで。

・毎日、勉強っぽいことばかり書き続けられるほど、勤勉なnnでもありません(←あかんやん!)。普通の日記、っぽい、どうでもいいような徒然記(先日の旅行記みたいなのとか、大好きな携帯や手帳の話、その他、miscellaneousな事柄 )は、英語のみで書きます。まだまだ英語が力不足だと感じるのに、CPA試験が終わって、ますます英語から離れていきます(涙)せめて、blogで勉強していなかければ、勉強するチャンスがありません。お茶の間留学ならぬblog留学ですね。

・・・といった、事柄をblogに落とし込むこの「nn的」は、私にとって、自分自身を日々、ウェブ上の衆人環視の環境下において、「怠けたら恥をかく、嫌なら勉強しなさい」と自分を縛るための、nn的internal controlです。

英語の記述や、中国語試験に向けた取り組みの記事が増えることにはなると思いますが、総じて、皆様にとってのnn的はそんなに変わらないと思います。
今、ご覧頂いている方の殆どが、USCPA試験という共通項で出会えた貴重な皆さんです。このご縁を無駄にすることなく、今後も、「試験勉強どうする?」「この問題はなぜこうなる?」といったトピックを通じた交流も今後、引き続き行っていけたらと思っております。
過去の記事や、受験体験気を初め、各手続きに関する参考リンクなども、そのまま残していますので、今後とも宜しくお願いいたします。
[PR]
by nn_77 | 2006-11-27 18:27

Trip in Kyoto to find Japan's beauty

   Yesterday I visited Arashiyama and Sagano area in Kyoto. I had been to Arashiyama, but never been to Sagano until today. When I had an interview program with a foreigner who lives in Japan for many years, he recommended me to visit Sagano. So I took a one-day family tour in the area. And it was so lovely. If I had a chance to take my friends from overseas to somewhere in Kansai, especially in autumn, I’d definitely take him/her to this area.

   I took a train on Randen line of Keihuku railway, which runs from near the center of Kyoto to north-west part of the prefecture, sometimes running on the railway like an ordinal train, and occasionally running on the road with automobiles like a trolley.

   Upon getting off the train at the terminal station Arashiyama station around this time of the year, you’d be greeted by colorfully decorated hills.
a0050593_13233574.jpg

   And you’d recognize you’re in Kyoto by finding a rickshaw service here and there.
a0050593_1324644.jpg

   Today’s our trip covers northern ward from here. Upon leaving the station, soon you’ll find the famous Tenruji-temple. I didn’t visit there because people were swarming… Avoiding those bustles of people, I passed by Tenruji temple and got into Chikurin no mich, or the bamboo road.
a0050593_1325682.jpg

   Walking a narrow road surrounded with bamboo walls, you’d definitely find a glimpse of something Japanese here.
a0050593_13261183.jpg

   Getting through the Chikurin no mich, you can enjoy half an hour hike, seeing the beautiful countryside scenery until you reach Gio-ji temple.
a0050593_13265855.jpg

   In the silent presence were a small house and a garden. The collaboration of green, yellow and red leaves enchant visitors.
a0050593_13275990.jpg

   Many of temples and shrines charge admission charge of less than US$10. Gio-ji was selling an admission ticket bundled with the one for Daikaku-ji temple, which means if you get the bundled ticket it costs less than buying the admission tickets of the two temples respectively.So we got a bundled ticked, deciding to take another half an hour hike to get to Daikakuji temple.

   On our way to Daikakuji temple, we took a lunch at Sagami, an udon restaurant (udon is Japanese wheat noodle).

I took kama-age-udon
a0050593_1329599.jpg

, and rice with takana pickles
a0050593_13293458.jpg

It was so delicious, and having udon lunch on tatami mat reminds me of nostalgic Japanese memory.

   After finishing lunch, it didn’t take so long till I get to Daikakuji temple.
Getting over a little stone bridge, you can find a Japanese traditional temple standing in a solemn air.
a0050593_1331213.jpg

   You enjoy a tour inside the temple. The roof or the connecting corridor is about 6 feet high ceilings, which indicates Japanese people in the ancient ear were very short in height.
a0050593_13312830.jpg

  When you visit a traditional Japanese architecture, you should enjoy elaborated subtle craft of Japanese artisans. The gold one, for example, is just a hasp of a door, on which they carve a cicada. It’s so real!
a0050593_13323578.jpg

There was a separate building which was colored red.
a0050593_13325545.jpg

And, a hanging bell.
a0050593_1333962.jpg

Nearby the Daikakuji temple was a large pond, named Osawa ike.
The beautiful color of the autumn leaves is reflected on the water.
a0050593_13351278.jpg

On the lakeside was a very traditional Japanese boat, which I often see in a Japanese costume play, or jidaigeki in Japanese.
a0050593_13354262.jpg

   By the way, I consulted the dictionary for a translation of such a "historical drama." Do you call such a drama “costume play” in English ? If you say costume play in Japanese, it’d mean cosplay in English!
a0050593_14315673.jpg

↑Yes, this is the traditional costume of Japanese travelers!

...Wait a minute! Have I slipped back in time to Shogun period?

Fortunately I haven’t. (^_^ )
It was a film shooting of TV drama. I happened to encounter a location shooting. I got a bit excited because I'd never seen it before.

Leaving Daikakuji temple, I walked a lot again, arriving Togetsu bridge.
a0050593_13374532.jpg

On the bridge you can enjoy a beautiful view of colorful hills.
a0050593_1338120.jpg

Togetsu bridge is in Arashiyama area, which means our one-day trip in Arashiyama and Sagano area was over.

Before getting back to Osaka, I visited Sijo area of Kyoto.
Getting off Kawaramachi station, soon you can find Ponto Cho street.
a0050593_13382395.jpg

It’s a very narrow aisle street between restaurants. Giving a meaning to such a narrow space is a characteristic of Japanese sense of beauty.
a0050593_1339754.jpg

Here we had a dinner at a Chinese restaurant named Ippinko.
The dishes were very delicious and the price was reasonable.

Having enjoyed an autumn view of nature, air of Kyoto, and delicious dishes, we really had a very good time today.

If you have a chance to visit Japan with one day off, and if you want to experience something Japanese, why not visit Sagano!
[PR]
by nn_77 | 2006-11-26 13:40 | Travel

Eureka!

先日の反省を経て、皆様から頂いたアドヴァイスも踏まえ、自分の迷いを分析してみました。その結果、ひとつ気がついたことは、ブログの運営スタンスがずれてきていることです。
もともと、このブログは「自分自身の為の備忘録」的存在でした。私自身が、後日、過去の自分を振り返って成長の有無をチェックするためだったり、あるいは、文字通り、将来のためのメモとして学んだことのメモや撮った写真のアルバムとして、ずーっと継続していくことが出来ればと思っていました。
ただ、それをアナログにノートでするのではなくブログにすることで、独善的になっている時は他の方からご指摘を頂けたり、またそんなことを通じて、他の方と意見交換ができたり、交流の場にもなるのではないかと思い、ブログにしたのでした。

ブログをはじめてから1年半が過ぎ、その間に、いろんな人と知り合って、自分自身も伸ばすことができました。本当に皆さんのお陰です。閲覧してくださる方々、コメントしてくださる方々に育てていただいたブログだと本当に思います。

そうして続けるうちに、「そんな皆さんに僕も何か還元できるものがあれば」、という想いが芽生えてきたんですね。きっと、元祖K.Tさんのウェブサイトに助けられ、激しく感謝している自分の気持ちもあって、そんな想いが一層強くなったのだと思います。

結果的に、自分のために書いていたUSCPA備忘録が、いつの間にか、読者の方への情報提供を主眼としたUSCPAメモに変わっていっていたのでした。皆さんから、ありがたいお言葉を頂戴して、よけいに有頂天になっていたんですね。でも、そうした、誰かのために、という気持ちが、今では「思い上がり」だったな、と気付きました。人のために何かをしてあげようとするなんて100年早いnnでした。当初ブログをはじめた頃のように、日々、一生懸命頑張って、その一生懸命にできた(或いは、できなかった)記録を、自分の為に残す、ただ記録する、というその行為が、結果的に、見てくださる方にも一番面白いのだろうと思いました。

思えば、K.Tさんの日記に出会ったときも、そこで得られる情報も貴重でしたが、何より、私にとって尊かったのは、「毎日」「頑張る」ひたむきさでした。

それに気付いた今、CPAの勉強情報を皆に還元しようとする自分の気持ちが、とっても思い上がったものに思え、恥ずかしくなりました。( >_< )

誰かのため何かをしようという気持ちが実はとても傲慢で、自分の為に一生懸命頑張る(そして、その結果、たまたま誰かが刺激される)ことの方が実は大切。一見、逆のように思うけど、そうじゃないんだな、って今日は自然に、ふと、思いました。

今日気付いたことを、大切に、これからも頑張って生きたいと思います。

こうやって、何でもいいから、毎日気付いた大事なこと、頑張れたこと、将来の自分にremindさせたいこと、そんなことを書いていくようにしようと決めました!(あ、それって、僕のUSCPA受験勉強の「ちっこいノート」とおんなじですね)

でも、今後、僕のこのブログは「USCPAと中国語の為のnnの努力(和訳)」のままでいいんだろうか?

USCPAに関連することも、モチロン書いていきますよ。だって、普段仕事してたり、新聞読んだり、ニュース聞いたり、自分のキャリアを考えたり、どこだってついてまわるはなしなので、きっと、日々、受験勉強で得た知識に照らして書くこともあるはずですから!

ブログの欄外のメニューバーにも、USCPA受験の大切な思い出をタグで残してあります。
ブルーな時は、頑張れた自分の記録をみて、発奮したいと思います。

でも、試験に合格して(まだ来ないけど)Certificateまで申し込んだ私が、USCPAというタイトルのウェブサイトをやるのは、また、気が緩んだら、冒頭で反省したばかりの思い上がったサイトにしてしまいそうです(弱い人!)

ということで、気取らないタイトルに変えます。

nn的备忘录 (nnの備忘録)

そうそう、もともとそうだったんですよ。こんなのがいいや。

でも、単なる日記にすると、自分の成長をどの側面から管理しているか分らないな・・・
ここをぼやかしてしまうと、漠然と日々を送ってしまいそうだ。

中国語は続けるけれど、英語ももっと頑張りたい。USCPAの勉強も継続的に復習していきたいけど、もっと幅広く見聞や分析の幅も広げたい。

うーん、もう少し、自分を縛ることのできるタイトルにしよう。

考えなきゃ!

でも、とりあえず、今日はブログの方向性を再発見できただけでも、大きな収穫でした。

皆さん、ありがとうございました。 それでは、また!
[PR]
by nn_77 | 2006-11-25 19:22 | USCPA (general)

ブログの奇跡

今日は、USCPA仲間の方々にお会いする機会がありました。

見事合格されて、東京という大きな舞台でご活躍される方々とお会いし、お祝いを申し上げながらもエネルギーをもらうことのできた、素晴らしいひと時でした。

他にも同席された、こうしたオンライン活動を通じて知り合う事のできた方々とも再会を果たし、こうして皆さんと知り合えた奇跡を改めてかみ締めたひと時でした。

ほろ酔いで帰宅すると、「nn的~」にもいろいろなコメントをいただいていたり、他のUSCPA試験ブロガーさんに動きがあったり、激動の一日でした。

試験からちょうど帰ってこられた方がいたり、今まさに試験渡航に出ようとする方がいたり、実は今日、合格しました!のコメントをこちらに下さった方が居たり(光栄です!うれしいです!)・・・

沢山の人が、それぞれの人生を背負いながら、たまたまUSCPAという共通項で触れ合って、人生のある瞬間において切磋琢磨し会えること、そして、インターネットのおかげで、ただ人生を生きているだけでは知り合う事のできなかったはずのそうした方々とコミュニケーションが図れること。どれも本当に素晴らしい事だと心底思います。

この奇跡を僕にもたらしてくれたブログ、やっぱりやめちゃいけませんね。

ここに来てくださる方々と、今後もお会いして交流していけるように、そんな価値のある自分を実現するために日々努力できるよう自分自身を見張るためにも、やっぱり続けなくては!!

でも、一方で、受験生の方を惑わせないようなスタイルになるよう注意しなくてはいけない。そこをどうするかは、よく考えよう。

試行錯誤だな。。。でも、このUSCPAの受験勉強を始めたときも試行錯誤だった。今の中国語や他の事についての勉強や修行も、いまだ試行錯誤だ。

そんな迷える自分を飾らずにさらけだせれば、きっとmisleadingなブログにはならないはず。初心に戻って、また、頑張ろう。

いろいろ気づかせてくれた皆さん、本当に温かいお言葉をありがとうございました。

これからも、素朴に、できる範囲で、身の丈にあった、ありのままの「nn的~」でやって行きたいと思いますので、今後とも、変わらぬご指導・ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------------

USCPA試験仲間があつまると、話題満載・意見活発な為、
お酒は進むのに、箸が動きません(笑)

なので、今日も良く呑んだので、帰りにTAKOYAKIを買いました。

深夜の駅前のたこ焼き屋台で、私より先にならんだ酔っ払いのおじさんが、たこ焼き屋さんに、からんでいました。私より20歳くらいご年配の方でしょうか。

たこ焼き屋さん「ソースと醤油どっちがいいですか?」

のんべえさん 「んなもん、ソースにきまっとるやんけ!
          そんなこと聴くなや! なんやねん! 青海苔ないんか!? ヒック。」

たこ焼き屋さん「はい。。青海苔が人気無くて。。。代わりにネギをふりかけてるんです。」

のんべえさん 「ネギなんか、そんなもん、ヒック、要らんわい。 だいたい・・・」

見かねたので、私も酔った勢いで・・・

nn 「おっちゃん、ネギ、美味しいでー。ヒック。 サッパリして、結構、いけるでー。」

のんべえさん 「おう、兄ちゃん。ヒック。いい加減なこというなや!」

nn 「ホンマですよ。ヒック。まあ、一回、だまされた思うて、食べてみて下さい。今晩みたいに、お酒をいっぱい呑んだ日は、ヒック、特にこのネギのあっさりしたトッピングがさっぱりして、美味しいですから。」

のんべえさん 「おっしゃー、分かった。ありがとうな、兄ちゃん!」

と、私は何もしてないのですが、勢いで御礼を言われて、一応、無事解決。

私が割り込もうと割り込むまいと、うまくその場を交わしていたであろうたこ焼き屋の親父さんも、一応、ねぎらってくれて、8個いりのたこ焼きを頼んだのに、9個入れてくれました。

うれしーねー。ヒック。

と、このたこ焼きを賞味しながら、ブログを書いて、今日は就寝。おやすみなさい。。。

a0050593_1292877.jpg


(注) 全ての関西人が飲み会のあとでたこ焼きを毎回買うわけでも、「ヒック」(しゃっくりの声)が停まらないほど呑んでしまうわけでもありません。全ては、nn個人の所業であります。。。



nn
[PR]
by nn_77 | 2006-11-24 01:28 | USCPA (general)

【重要】 2006.1.12 のSale-leasebackの記事に誤りがありました。

2006.1.12 のSale-leasebackの記事に誤りがありました。ご指摘を頂き、早速訂正手続きをいたしましたので、ご報告させていただきます。当時記事をご覧いただいていた方には大変ご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。深くお詫び申し上げます。

かねてから自分の中で懸案だったのですが、これを機会にブログの継続可否と、もし継続するのであれば、その方向性について、今一度、よく考え直したいと思っています。

始めた頃は、私の英語も、中国語も、CPA勉強の記事も、机でノートひらいているだけでは、独りよがりで終わるところを、ブログ化することで、多くの人に見てもらって、誤りを指摘してもらったり、議論を通じて理解を深めていけるのではないかと思ったのです。
(実際に、沢山の方と知り会う事ができ、皆様から刺激を受け、また励まされてました。)

ブログにするのに間違った事を書いてはいけない、ではなく、間違ってるかもしれないからブログにして皆に見てもらおう、指摘大歓迎!という・・・

なので、ページ右下には
Disclaimer:Please be aware that my understanding and explanation here on my blog could be wrong.
としてきました。先日までは上記のdisclaimerに「まだ、受験生ですし、科目合格もしてませんから」とも書いていたのですが、試験に合格した今、状況は変わりました。

今となっては、合格した人が書いてるんだから、正しいだろう、と感じるのはreasonableだと思います。特に、昔のnnの悪戦苦闘ぶりをご存じなく、今からblogをご覧いただいている方は、なおさらそう感じても当然だと思います。

Ethicsの授業でブログについては書かれていませんでしたが、やはり、現実を踏まえると、試験に合格した今、そうしたmisleadingな行為は、もやは慎まなければならない立場にあるのだと思いました。

もちろん、これまでの記述はチャランポランに書いてきたわけではなく、いたって真面目・かつ真剣に書いてきました。ただ、私の実力がともなっていないので、誤りを包含していたということです。

そう考えると、プロとして教えている先生や予備校は本当にすごいなと思います。
今回、その事も、改めて強く認識いたしました。

試験合格の前後で自分のキャリアビジョンや勉強への価値観がブレることはなかったのですが、ブログについてどうするかは、答えを出さずに2ヶ月過ごしてきたように思います。上記反省を踏まえて、今回、しっかり考えなければいけません。

今日は、示唆を頂けそうな方々とお会いする機会がありますので、そこで伺うお話なんかも踏まえて、よく考えたいと思います。

「nn的~」について、どんな結論に至るにせよ、今、CPA試験にチャレンジされている皆さんがゴールのテープを切る日を迎える事、そしてその日に向けて、毎日一歩一歩前進することができる事を、強く祈り、応援しています。私も、気がついたら自分だけ遅れをとっていた、という事の無い様に、次の目標と自分のレベルアップに向けて一層努力したいと思います。お互い、これからも頑張っていきましょう!!
[PR]
by nn_77 | 2006-11-23 14:09 | USCPA (general)

CPA Net Forum again.  

CPA net forum is an on-line forum held in US, which I frequently visited when I was preparing for USCPA exam.
実際にアメリカ人に説明して説得する必要があるので、まさにシミュレーション。かねてからWCの練習にも利用していました。

I haven’t been there since I got through USCPA exam.
But, today I gave some posts in CPA NET after a long interval.
One was to answer a question concerning a treatment regarding available for sale securities.

My (trial) answer was:
The unrealized gains or losses from available for sale securities should be reported as a component of the "other comprehensive income," which is reported either at the bottom of the income statement; in a separate comprehensive income statement; or in the statement of changes in shareholders' equity.
  And, then, the amount is kept in "accumulated other comprehensive income" in the balance sheet until the gains or losses are realized when they are actually sold, at which period the realized gain is recognized as a component of net income in the income statement.


I could be wrong if I didn’t get the questioner’s point correctly. But it’s fun to be able to exchange views in a way like this.

I should check the site at times to go over what I learned in USCPA exam prep; otherwise I would forget those things that I learned spending a lot of time!

And about Chinese. Now I’m giving an effort to learn Chinese language at a higher pace, though it doesn’t go as smoothly as I want.

I decided to start with filling a page with Chinese everyday.
a0050593_6564736.jpg

After all, continuous effort is the only way to the success! 我要努力。

Ah, that reminds me of the title of my blog: nn的为USCPA和汉语的努力, or nn’s effort for USCPA (study) and Chinese language.
[PR]
by nn_77 | 2006-11-22 06:53 | USCPA (general)

Binary Digits

0+1 = 1
1+1 = 10
10+1=11
11+1=100
100+1=101
101+1=110

Reading those calculating formulas above, you may well think I got insane.
Above is correct, however, on the binary digit basis, or 2進数 in Japanese.
In our ordinary life, we often talk on decimal number basis, or 10進数, where we have 10 types of numbers, including 0,1,2,3,4,5,6,7,8, and 9. Since we have as many as 10 types of numbers,

1+1 = 2
2+1 = 3

Like this, the number can be added up until 9. On decimal number basis, we don’t have any larger number than 9, and so we have to use the combination of two numbers to express a larger number, i.e. 9+1=10

In contrast, we have only “0” and “1” in the binary world. To express larger value than 1, therefore, we have to use the combination of two numbers.
Thus, 1+1=10, and 11+1=100

Here we have a very classic lesson: we have to doubt ourselves before doubting / denying others.

It’s easy to deny, criticize, or reject his or her idea just because it appears so strange from my viewpoint. It’s like saying, “1+1=10? You’re totally wrong. 1+1=2. You should know better. ”

So, even when someone’s idea sounds strange to me, I prefer to ask WHY he or she reached such a conclusion, instead of denying such an idea upon hearing it.

人と意見や考えが食い違うとき、自分が正しくて、なおかつ相手も正しい事って、この世の中あると思います。自分の正当性を示して相手を否定したり蔑んだりするのではなく、互いの立場を等しく理解し、大局的な立場で考える事のできる自分でありたいと、常に思い、これからも精進していきたいと思います。
[PR]
by nn_77 | 2006-11-21 01:37 | 英语(English)


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧