nn的BLOG

最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

<   2006年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

大阪定例会レポート

The off-line meeting, or Teireikai was successfully over.

When we had a Teireikai three months ago, some participants, including me, talked and talked till the sun rose in the following morning again. = オールナイト ^_^;

そんなこんなを気遣って下さってか、今回は夕方5時スタート。
1時間前に大阪駅にmamoさんNihao KTさんと集合。
Although we are there to prepare for the party, all the necessary preparation has already been done by mamo and Nihao KT actually. So we were discussing the conception of Cash Conversion Cycle (BEC). It was almost 17:00 when we solved the problem, and so we moved to the venue.

店の前で既にparticipantsの方々が集まっており、改めて20人超のボリュームを実感。すごい集まりです。事前面識があるのはごくわずか。ほとんどが、nice to meet youベースの集まりでコレだけ集まるなんて、すごいと思いました。
いつもながら、本当に色々な方々 with variety of backgroundsが集まりました。今回は多すぎて皆さん一人ひとりとお話しすることができませんでしたが、10人くらいの、お話させていただけた方々だけでも、多岐にわたるキャリアパスを経ていらっしゃいました。企業経理、財務、IPO、海外で仕事をされてこられた方、これから海外で仕事をされる方、外国から日本に留学にこられている方、大学生(で既に3科目合格!)されている方。。。他にもお話できなかったものの様々なバックグラウンドの方がいて、みんなCPA受験に向けて頑張っている。
遠くから参加して下さった方もいて、石川県、徳島県、広島県からの参加者もいました。関西って広い(?)って思いました。コレだけバラエティーに富んだ方々が、いろんなところからドッと集まり、数時間だけ、同じ空間で語り合う。うまくいえませんが、なんだか不思議で、それでも素敵なことだと思いました。あまりspiritualなことは感じない私ですが、あのときあの場にドッと集まった皆さんのパワーを感じたように思います。店では、隣の人の声も聞きづらいくらい周りがウルサイ。誰か他のお客さんかと思ったら、店は貸し切り。うるさいのは私達でした(笑)たった20人なのに、ほんとにみんな熱く語り、とても活発で、とにかく、スゴイ活発な定例会でした。
At the beginning of the party, as many as 5 persons, including me, were announced to have passed all the sections. And they kindly gave us a big applause. It was the very moment that I realized I made it. Thank you very much. Without you guys, I wouldn’t have been able to pass the exam. This is no exaggeration. For example, some people gave me questions about USCPA exam and I gave them my answers, most of which were そもそも私が前回や前々回の定例会で他のメンバーから教えてもらったことです。「情報収集」、「情報共有」ということがよく言われますが、まさにthis is it!

二次会は、Anjo大阪校があったビルの1階でした。まだAnjoがあったころに新しくできたお店で、私も何度か前を通っていたのですが、まさか、その時は、ここで定例会二次回に参加することになるとは夢にも思いませんでした。

二次会もいろんな場所でいろんな話が交わされていました。いやー、みんな、熱かったですね。私の周辺はといえば、

wwさん→nn : 中国語レッスン
・・・ とても刺激になりました!是非とも、中国語を勉強し、中国のことも、これからもっと勉強したい、と思いました!请多关照!

Rさん→nn:英会話レッスン
・・・ 久し振りにお酒を飲みながら英会話ができて嬉しかったです (^_^) さすがプロですねー! nnは話すのはまだまだ苦手ですが、maybe we can get our communication going in English here on the Net.

広島さん→ nn:ラテン語レッスン
・・・熱い!でもぉ、ラテン語は、まだまだ手が届きませんよ~。中国語でも難しくて苦しんでいるのにぃ~、と涙する私です。泣き言いうと、Disce gaudere.(楽しむことを学べ。)と言われてしまいそうですね。また、今度、ラテン語教えてくださいね。

nn →Oさん、Sさん:管理会計 Fixed / Variable OH variance の考え方
・・・I.Wハーパーのロックを呑みながらBECの話をすると、初めて定例会に参加したときを思い出します。思えば、あの時も管理会計の話でした。不思議な縁(?)ですね。(^_^)
(I’ll give a summary on this topic tomorrow!)

とにかく、今回も、遅くまで熱く盛り上がった大阪定例会でした。

遠方からご参加いただいたwwさん、Rさん、無事、お家に帰れましたでしょうか?
姫を守る会同志の皆さんは、無事、朝を迎えることができましたか?

毎回参加して思いますが、本当に、いつもながら、単に「思い出」、というだけで終わらない有意義な定例会、今回も素晴らしいものでした。

Last but not least,
幹事のmamoさんNihao KTさん、名札作りをはじめ、様々な会のご準備ありがとうございました。感謝感謝です。
[PR]
by nn_77 | 2006-09-30 11:05 | USCPA (general)

The 7th Exchange Party for USCPA Exam Candidates in Japan

The 7th Exchange Party for USCPA Exam Candidates in Japan is going to be held in many areas in this month.

The one in Kansai district is
on September 30.


The application period is over;
the number of participants reached maximum enrollment! Thank you!


Click the link-banner below for more details.
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


It’s a very casual drinking session, or “飲み会”in Japanese. Even if you are a lightweight drinker, you can enjoy the party as long as you’re interested in talking on USCPA exam issues.

Among the participants, some are very experienced, and others are quite beginners or window-shoppers who haven’t decided whether to start USCPA exam prep. And every participant has his/her different background. It's really exciting, informative, and very interesting!

This exchange party has been held on a regular basis between the testing windows of USCPA exam. So far, I joined in the party twice.

Click the links below, and you can find what I felt after joining them before.

The diary of my first time participation in March, and its outcome.

The diary of my second time participation in June.

See? It’s not such a formal meeting. You don’t need to be dressed in suits or you don’t have to wear a tie; all you need to be there is your interest in USCPA exam.

I hope you’ll have a wonderful time there!! I hope I’ll be there if I can arrange my schedule.

【My diary is updated everyday below this article. Thank you for visiting!】
[PR]
by nn_77 | 2006-09-30 00:25 | USCPA (general)

For a change /News program on Stock Option

I mailed my application for CPA certificate to Delaware, although the congratulations letter has not arrived yet… Now I have only to wait for their reaction. Hopefully, I’d receive the cert in two months.

I’ve gotta switch the direction of my effort from CPA exam to other issues.

1) to prepare for the exam given by the company
: it’s about practical knowledge about Japanese business law in relation to credit control.
・・・ these issues are very important, but yet not attractive to me because the exams are in Japanese. Those technical legal terminologies in Kanji characters make me very sick…. But I have no choice.(没有办法!)

2) to study English & Chinese
: I have to improve my English. But before that, I strongly wish to acquire the beginner level of Chinese language.
・・・I somehow managed to continue my daily study of USCPA exam partly because they are in English, which encouraged me to keep studying.
Maybe I’m just a foolish ミーハーof English. I think I like using English because writing (or speaking) in English makes me feel as if I were disguising myself as a different person.

When I got tired in CPA exam study, I used to listen to an English on-line news program just for a change.

Following is a link to the website, where I found them talking over Stock Option.

Link to a program of "On line News Hour"
(↑スクリプト付で音声も聞けるので、リスニングの訓練に使っています)

The very basic explanation of Stock option was given in the page above, which I found interesting partly because I was familiar with the topic, and largely because any story told in English is attractive to me.
やっぱり、タダのミ~ハ~でした (って、どう訳すのでしょう?)
[PR]
by nn_77 | 2006-09-29 20:48 | 英语(English)

Notarization

Today I paid a visit to the US consulate to get my USCPA cert. application form notarized. In Osaka, the notarization service at the US consulate is available only from 14:30 to 15:30 on Thursday, which I think is inconvenient.
I somehow managed to spare time for that, which was possible because my current workplace is near the US consulate.

I got my documents notarized successfully, but a lady who was there to get her documents notarized had trouble for that. (, though it didn’t look like CPA documents anyway.)

The staff over the bullet proof glass asked the lady if she understood what’s written there, and she answered 「ええ、多分。大体は・・・」 Upon feeling the uncertainly in her reply, the staff rejected to proceed further. The staff explained; you’re going to give an oath for the contents of the documents, and so you should be pretty much aware of what’s written there. It does make sense. When you’re going there to get notarization, please be careful not to give them the feeling that you’re not sure about the documents you present.

I saw another guy having trouble there. I was 耳ダンボ。
He was also trying to get the documents notarized. It sounded like it was concerning the transaction of a corporation. The consulate staff required an article of corporation, which he didn’t have with him. Listening to their conversation, I was satisfied myself that I could understand the meaning and the importance of “an article of corporation,” which I learned in BEC. Having experience of working in a bank, I am familiar with「商業登記簿謄本」, which document I required in so many cases in a course of the business. But, I didn’t know the term “article of incorporation” until I encounter it in BEC study. No matter how much I might boast my English literacy, I would have been just a fool without practical knowledge about such terminology...

Now, again I concluded my experience in USCPA exam study meant a lot to me.

And, 覚えたことは、極力忘れぬように、今後も思い起こしたり、活用したり、していきたいと思います。 But, できるかな。。。?
[PR]
by nn_77 | 2006-09-28 18:23 | USCPA (general)

Written Communicationのコツ

←「今日の記事は参考になった」と思って頂けたら、清き一票をクリック下さい。ブログの方向性の目安にさせていただいています。  m(_ _)m

今日、会社を出る直前にかかってきた1本の電話。出てみると、昨日のイギリス人さんでした。

先方 “Thank you for your email. I read the message.”

いや、そんな、サンキューって。。。申し訳ない。

nn “Please don’t mention it. We’re sorry that we couldn’t live up to your expectation…”

先方 ”No, it’s all right. I can understand the reasons you gave me. But let me confirm….”

そう、昨日のお断りのメールで私は2つの理由を挙げてお断りしたのです。

先方  「 理由1 については、~~~~ということを考えると・・・・・・なので、その意味では問題ないのではないですか? であれば、残る問題は理由2だけですが、これについてはお互い歩みよれる部分があると思います、というのも・・・」

彼は、それぞれの内容を確認した上で、上記のように重ねて説得を続けてくれました。その内容に感激。

いえ、別に歩み寄ってくれることが感激だったわけではありません。

嬉しかったは、先方の論理的な回答です。私が理由1と理由2を、私なりにキチンと構成した文章で(通じるかな?とドキドキしながら)送ったら、見事に、それぞれの理由をとりあげて、ひとつひとつに答を打ち返してきてくれたのです。端的に、まっすぐ。(端的にまっすぐ返さないとnnの語学力では理解できないと察してくれた彼の優しさかもしれません。)

議論がかみ合った嬉しさです。
語学力のことではありません。論理的なコトバのキャッチボールがかみ合った喜びです。

先方から投げられた「理由1の反証」および「理由2の妥協案」について、それぞれ、私からも反証し、先方が納得。さらに先方もそれ以上の切り札はなかったので、そこで投了となりました。ちょっと、ネゴシエーションしたみたいで(自己満足ながら)気持ちよかったです。

( 関係ありませんが、negotiationはCPA試験(REG)では有価証券の流通、買取のことですね。上記では、「交渉」の意で使っています。)

↓ ココから先は、私の主観、個人的意見に過ぎません。「ふ~ん」くらいに流してください。

ところで、CPA試験のSIMULATION問題のWritten Communicationの問題でも、この点は大事だと思うのです。

もちろん、そのトピックに関する会計ルールや監査ルールについて、正しく記述することは大切です。しかし、これらのことは、MCの勉強を通じて学ぶことも出来ます。基本を押さえていれば、詳細はリサーチツールで本番中に確認することもできます。

そんな中で、あえてWCの為だけに、特化して練習できることがあるとしたら、その一つは、文章を論理的に「構築」する練習だと思います。こう書くと、難しく聞こえますが、基本は、コミュニケーションとして、ちゃんと効率よく成立しているかどうか、ということです。

例えば、冒頭のセールスの電話にしても、

先方が私の理由1と理由2を挙げて謝絶したことにたいして、

もし、先方が、
「でも、他にあんなメリットも、こんなメリットもありますよ。」
とたたみかけてきたらどうでしょうか? 

言っていることが仮に正しいとしても(あんなメリットやこんなメリットが確かにあったとしても)、これでは、「私の謝絶」に対する論理的回答としてはイマイチです。

だって、私は理由1や理由2を挙げているんですから、まずは、それについて分析して答えてくれなければ、コミュニケーションとしてちぐはぐです。

もし、どうしても、追加情報を出して「あんなメリット」や「こんなメリット」で勝負したければ、

「あんなメリット」>「最初の謝絶理由1」
「こんなメリット」>「最初の謝絶理由2」

の説明もセットでしてくれなければいけません。

モチロン、CPA試験のWCでも、単に「○○○○○って何ですか?」のような一問一答的な定義を求めるような問題であれば、ただ、そのまま答えるしかありません。

ただ、中には、例えば、FARなんかだと「Cash basisとAccrual basisではどちらを使うべきなのか?」みたいに、ぼんやりと聞いてくる問題もあると思います。
そんな時、単に、

(1) Cash basisは・・(CBの説明)・・・・・

(2) Accrual basisは・・・・(ABの説明)・・・

(3) だから、ABが望ましい


これでは、(2) と (3) の間の論理の飛躍が否めません。


例えば、下記のようにすると、ずっとマシではないでしょうか?

(1) Cash basisは・・(CBの説明)・・・・・

(2) 1に見られる性質のせいで、CBは○○○○のような問題を引き起こす
こうした問題は投資家など財務諸表の利用者にとってその有用性を毀損するので有害である
( ↑ 決まり文句?)

(3) この問題は1における▲▲▲▲が原因で引き起こされる。

(4) Accrual basisは・・(ABの説明)・・・・・

(5) 4に見られる性質のせいで、ABは▲▲▲▲を引き起こさない

(6) だから、ABが望ましい


とすると、ナルホド、と一応、質問に対する答の形が成立します。

要は、相手の「なぜ?どうして?why?」を察知して、事前に説明してやるようにすればいいのですが、ノウハウの例としては、論理的な文章構築のいくつかのパターンというか、拳法の「型」みたいなヤツを用意しておいて、それに当てはめて書いていくようにするのが簡単だと思います。

例えば、上記の例であれば、下記の「型」に当てはめて書いています。

1.現状説明 (Problem)

2.発生する問題 (Harm)

3.問題の原因 (Cause)

4.対策案 (Plan)

5.「対策案」が「問題の原因」を除去することの説明 (Solvency: problem-solving capability)

6.結論(=「対策案」は正しい)(Conclusion)


確かに、文章構成の練習に注力しすぎて肝心のFASやSASの勉強に手がまわらなくなるといけないので、そんなに注力する事では無いかもしれません。

ただ、私自身、本番の試験で、記憶があいまいなところを突かれてかなり焦ったのですが、そんなとき、とにかく、自分が持っていた文章構築の「型」に、関係ありそうな情報を落とし込んで、段落を組み立てることで、なんとかWritten “Communication”の形に仕上げることができたようにも思うのです。


・・・今日の記事も、ダラダラ書いてしまいました。ごめんなさい。


ギター侍に歌われてしまいそうです。

「本当にnnに整然と構築して書いて欲しいのは・・・、WCよりも、あんたのブログの記事ですから~、残念!!」

失礼しました~。
[PR]
by nn_77 | 2006-09-27 21:36 | USCPA (general)

セールスの電話に注意

先週、広告のセールスの電話がかかってきた。
3コール以内で受話器をとる
「はい、、(会社の名前)のnnです」
一瞬の間
「・・・hello?」
きた! と、魚が釣れたような気持ちになる私。普段、英語を「話す」機会もNOVAに行くお金もない私にとっては、またとないチャンスなのである。
先方はセールス。でも、こっちは英会話レッスン。ゴメンね。一応、ちゃんとオファーの話を聞くから。
聞けばロンドンに本社を置く広告代理店とのこと。そうかー、聞き取りにくいこの英語、米人では無いと思ったが、イギリス英語だったんだ。ノンネイティブだと思ったnnのリスニング能力の低さを恥じた瞬間でした(涙)
その上、30分話した後、結局、私のリスニング能力では先方の申出が正確にメモに落とし込めないので(涙)、最後は「今の話、検討するからメールに詳細を書いて送ってね」となった。
電話を切る直前、
nn “You said your firm is in London. Where are you making this call now?”
ロンドンの企業が日本でどこに事務所を開設しているか聞こうと思ったのだ。やっぱり東京かな?
そしたら、
先方”Now? I’m calling from London.”
え!? これ、国際電話なの?
nn “It’s around 5:00 pm. What time is it there now?”
先方”It’s… 8:30 a.m.”
この時差が正しいかどうかわからないけれど、言ってることが本当なら、日本国内からではないことは確かだ。
いろいろ聞いて申し訳ありませんでした。m(_ _)m

1時間後、電話の内容について、詳細な料金表をつけたメールが届いた。うーん、電話しながら厳しい話だなと思ったが、やはり、この条件では無理だな。
即、上司に相談して、やっぱり謝絶することになった。申し訳ないが仕方が無い。丁寧にお断りのメールを出した。

昔の自分の営業マン時代を思い出して、ついつい、セールスの電話は「ふん、ふん」と聞いてあげてしまうnnですが、これからは、相手が国際電話でないかどうかを注意しなくては、と思ったのでした。
[PR]
by nn_77 | 2006-09-26 19:35 | 仕事

デラウェア州のCertificateに関して

今まで予備校や人の情報を頼りにデラウェアのCertに関する情報を得ていたnnでしたが、この機会に、自分で調べてみました。

たどり着いたのが、
デラウェア州のウェブサイト(http://www.delcode.state.de.us/
     ↓
TITLE 24 Professions and Occupations(http://www.delcode.state.de.us/title24/
     ↓
CHAPTER 1. BOARD OF ACCOUNTANCY
http://www.delcode.state.de.us/title24/c001/index.htm#TopOfPage

上記から抜粋した、下記#106にCert保持(permit to pracitce無し)での名乗り方について、#122に今回の制度移行期間の特例について述べられているように思います。

認識に誤解・不備があるかもしれませんので、有識者の方から、ご訂正やご意見など頂ければ幸いです。

---(QUOTE from the website introduced above)--------------------------
§ 106. Certificate or permit required.
(a) The use of the title or designation "certified public accountant" or the abbreviation "CPA" or any other title, designation, words, letters, abbreviation, sign, card or device tending to indicate that a person is a certified public accountant shall be limited to a person who holds a valid certificate and permit to practice issued by the Board pursuant to this chapter or issued under the laws of another jurisdiction, except that a person who holds a valid certificate, but is not engaged in the practice of certified public accountancy or public accountancy, may use the abbreviation "CPA"; provided, that it is clearly indicated that such person is not holding himself or herself out as practicing certified public accountancy.
(※太字赤字はnnが勝手に施したものです。原文では太線にも赤字にもなっていません。)
-----------------------------------------------------------(UNQUOTE)------------


(nnの理解)
・CPAって肩書きを名乗ったり使ったりしていいのは、certificateとpermit to practice(=つまりはlicense? )を取得した人だけ。
・但し、certificateはあるけどpermit to practiceが無い人も、自分をCPA業務に就いているものとして示すもので無ければ、CPAの肩書きを名乗ったり使用してもいい。


---(QUOTE from the website introduced above)--------------------------
(b) The use of the title or designation "public accountant" or the abbreviation "PA" or any other title, designation, words, letters, abbreviation, sign, card or device tending to indicate that such person is a public accountant shall be limited to a person who holds a valid permit to practice. (27 Del. Laws, c. 98, § 1; Code 1915, § 981; Code 1935, § 1092; 24 Del. C. 1953, § 103; 55 Del. Laws, c. 193; 60 Del. Laws, c. 198, § 1; 65 Del. Laws, c. 167, § 1; 70 Del. Laws, c. 186, § 1; 71 Del. Laws, c. 139, § 1; 75 Del. Laws, c. 128, § 2.)
--------------------------------------------------------------(UNQUOTE)------------

(nnの理解)
・PAって肩書きを名乗ったり使ったりしていいのは、certificateとpermit to practice(=つまりはlicense? )を取得した人だけ。


PAっていう呼称もあるんですね。こちらはCertifiedって、ワンクッション置いてないので、正に「(当然CPAを取得している)職業会計士」ということでしょうか。なので、Cert持ってるだけで、PAと名乗ったら、これはダメ、ということですね。

逆にCPAの場合は、Certifiedとつけることで、逆に、「Certifyされただけ」 という解釈も成り立つので、単なる保有資格として名乗ったり名刺に書いたりする分には、permit to practiceがなくても、差し支えないということでしょう。
逆に、Certificateがあるだけで、permit to practiceが無いのにも関わらず、PAサービスの提供者と思われるような誤解を招くような形でCPAを名乗るのはルール違反ということですね。 なるほど、と思いました。

さて、私にとっては、肝心の移行期間特例ルールの話ですが・・・

§ 107. Certificate and permit requirements for certified public accountancy.

長いのでQUOTEできませんが、上記を読むと、Certificate とPermit to practiceは一緒に付与されるもので、1年以上の実務経験、その他要件があるようです。

但し、コレまでは、certificateとpermit to practiceの間に差を設けていたデラウェア州。下記で移行期間特例を設けているようです。
---(QUOTE from the website introduced above)--------------------------
§ 122. Status of existing certificates preserved.
(中略)
(d) Any person who has applied to take the Uniform Certified Public Accountant Examination listing Delaware as the state of application prior to January 1, 2006, shall be granted a certificate under the prior law and regulations upon submitting an appropriate application to the Board and the Board having approved such application as meeting the applicable requirement as of December 31, 2005. (60 Del. Laws, c. 198, § 1; 65 Del. Laws, c. 167, § 1; 71 Del. Laws, c. 139, § 1; 75 Del. Laws, c. 128, §§ 7, 10.)
-------------------------------------------------------------(UNQUOTE)------------

(nnの理解)
・2006年1月1日より前に、CPA試験に申し込んだ人は、旧ルールでcertificateがもらえる。

ということで、人任せで教えてもらっていた情報、(今さらながら)どうやら本当のようです。あとは、12月中旬に発送した私の願書が、キチンとこのルールに当てはまるように先方で記録されているかどうかですね。Effective when sentであればいいのですが。。。

今週、発送する予定ですので、追って、報告いたします。(うまくいったとして、2ヶ月くらいかかるのかな?)
[PR]
by nn_77 | 2006-09-25 13:22 | USCPA (general)

Ethics合格

この1週間、通勤の行き・帰りの電車内で(必死に?)やってきたEthics、今日、インターネットで受験し、無事95点(100点満点中90点以上が合格)で合格することができました
a0050593_2158431.gif


95点。ついに、K.T師匠の99点は超えられませんでした。やりながらテキストを都度レファレンスできるとはいえ、90%超の正答率というのがどれくらいしんどいかはGLEIMで散々体験していたので、正直、とても緊張していました。

週が明けたら、マネーオーダー作成して、領事館でCert申請書に公証を取得して、EMSで送りたいと思います。

ただし、懸念が2つ。

1: まだ、最後に来るといわれているCongratulations Letterなるものは到着していない。
(それに同封されているというCert申請書はウェブサイトからもダウンロードできるので、待たずに手続きする予定)

2: デラウェア州のCert廃止への移行期間特例に自分は当てはまるのか?
この点は更にブレークダウンすると、
(1)この話、ホントか? →オリジナルソース発見しました。
ANJOソースのこの話だが、デラウェア州のBoad of Accountancyのウエブサイトとか見ていても、どうもそれらしい記述が見つけられない。私がざっと見た範囲だけでは、Certの申し込みにはwork experienceは要らないという記述しかみつけられないのだが。。。予備校から供給された情報だが、結局オリジナルソースは確認していない。。。
→オリジナルソース発見しました。

(2)ホントだとして、私は大丈夫か?
ANJOに再三確認の上、私が願書を出したのは2005年12月12日。返信用ハガキがもどってきたのは翌年1月。一応当時、EMSのウェブトレースで、先方に12月15日には「お届け済み」であることを確認した画面のハードコピーは残してあるのだが。。。

う~む、今ひとつあやふやですが、とにかく申し込んで、あとは先方の出方を待つしかありません。


ところで、今回、ウェブでEthics試験を受けるに当たり、SSN(Social Security Number)が必須入力項目になっていて、唖然。ほぼ、丸一日、インターネットリサーチしたり、掲示板に質問を出したり、バタバタしてしまいました。 もう、国際郵便ベースで解答用紙を送るしかないのかな・・・と、くよくよし始めた、その時、偶然にも、K.TさんからEthicsに関連したemailを頂きました。メールの内容は当然、本件とは別の主旨のものだったのですが、まるで、海の向こうから私の苦境を見ていてくれたかのような、極めてタイムリーなコンタクトでした。

ご連絡いただいた事柄への返信がてら、ついつい、甘えて、自分の困った状況を相談したら、「SSNのところは、誕生日で大丈夫だったよ」とのお答え。 ああ、やっぱりそうだったんだ!
じつは、よっぽど、0000000とか入力しようかと思ったのですが、失敗が怖くてそれはできなかったのです。でも、なるほど、誕生日とは。 入力してみると、さくっと進んで、無事終了しました。(注:本来どうすべきなのかは、正式には分かりませんし、上記やり方をここで推奨・保証するものではありません。ただ、私は今のところ、うまくいっているというだけです。)

些細なことと思われるかもしれませんが、こんなことでも、もし、K.Tさんが教えてくれなかったら、僕は行き詰ってたと思います。(思い余ってAICPAに2度も国際電話してしまった。時差のせいで留守電だったけど。)

勉強内容もさることながら、こうした手続き的な事、本当にこのUSCPA試験については、経験者のアドバイスほどありがたいものはない、と改めて痛感しました。こうしたネットワーク、本当に貴重だと、あらためて実感した次第です。本当に、ありがたかった。K.Tさん、この場を借りて、本当にありがとうございました!

来週は大阪で定例会があります。私も参加したいと思っています。
きっと、貴重な情報交換の場となるに違いないので、本当に楽しみです。
[PR]
by nn_77 | 2006-09-24 21:21 | USCPA (general)

nn's 受験ガイダンス その1: CPA、4科目の概観

CPAの勉強で学んだことは、忘れてしまわないように、これからも復習したり、いろんな分野の関心に幅を広げて応用しながら、これからも活かして生きたいと思います。

でも、CPA「試験」の記憶は、どうしても薄れていくように思います。まだ、記憶が新しいうちに、この試験で感じたことを、今日から数回にわたって、このブログに記録しておきたいと思います。

CPAロードのスタートをきったばかりのかたにもご覧いただいているようなので、今日は、CPAの4科目について、それぞれ、どういったものなのか、確認しておきたいと思います。。

1. FAR (Financial Accountiing & Reporting)
財務諸表の作り方を学ぶ。理論も計算問題も多く、本番で限られた時間で機械的に答えられるようにする為には、「試験のための勉強」的要素も多い。政府やNPOなどが使う、営利企業の財務会計基準とは異なる公会計も少し含まれる。
CPA試験のほかの科目もこのFARの理解が前提となっているといってさしつかえないと思われるくらい、基礎中の基礎になる科目だが、それ故、範囲もかなり広いため、敬遠されがち。

(ひとくちメモ)
日米で差があるとはいえ、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書など、根本の理解は同じ。なので、日本で仕事する上でも、取引先の企業を診る上で是非知っておきたい事柄です。公会計も、その本質を知ると、なぜ、日本の財政事情がここまで逼迫してしまったのかも「なるほど」と思えてきます。

2. AUD ( Auditing & Attestataion)
監査関係の勉強。その根本にあるのは、財務諸表の適正性のチェック。粉飾決算を見逃さないように、という視点の勉強でもあるため、企業の現場の各部署での実際の業務フローを理解することも必要。それ故、財務データ処理が主眼のFARに比べ、数字を処理する問題が少なく、むしろ文章を読んでその企業の運営実態を理解するような問題が多い。
よって、英語が苦手な人には敬遠されがち。

(ひとくちメモ)
内部統制、とか、コーポレートガバナンスとか、耳にしたことはありませんか?そうした事柄の背景にある基礎知識を学ぶことができます。大企業の不正なども問題になる今、旬のトピックです。自分の職場のルールが、「なぜそうなっているのか」といったことと、照らし合わせると面白く学べると思います。

3. REG (Regulation)
税務会計の勉強、と、ビジネス関係法務の勉強。
(1) 税務会計の勉強
数字データの処理能力が求められる点はFARに似ている。ただ、税務ルールの適用は、納税者の実態に応じてそれぞれ異なる。よって、納税者が、個人か? 個人事業主か? 法人か?あるいは、パートナーシップ、S法人など、米国特有の組織形態か?を考え、それぞれのルールを学ぶ必要がある。また、同じ個人でも、離婚しているとか、未成年だとか、事実上扶養家族だ、とかそうした見極めも必要になる。その点では、数値処理だけでなく、AUDのごとく英文から実体を理解する能力も求められる。

(2) ビジネス関係法務の勉強
商売をする上で、契約を有効に結ぶにはどうすべきか、担保はどのようにとるべきか、手形を受領するときの注意点は何か、販売先が倒産したらどうなるか、など、とても大切なことを学ぶ。私としては、後述のBECよりも、ずっと、ビジネスの現場で役立つ知識だと思う。(米国の法律とはいえ、基本的なコンセプトはかなり日本のそれと近いと思う。)やはり、英文読解力はFARよりも求められると思う。

(1)と(2)が、1つの試験の中でごちゃまぜになってでてくるので、REGも敬遠されやすい。

(ひとくちメモ)
今のコンピューターベースのCPA試験になる前は、(1)と(2)は別々の科目でした。それがガッチャンコしているので、膨大に感じられると思います。個別ルールはそれぞれ「米国」のものですが、根本理解は、やはり日本で仕事・生活する上で役立ちます。税務に関して言えば、「収入」と「所得」の違いなど、キチンとおさらいするチャンスかもしれませんし、法務についても、日本のルールにカブる部分が多いと思います。

4. BEC (Business Environment & Concept)
ミクロ・マクロ経済学、管理会計(含、標準原価計算)、財務管理、経営意思決定、さらにはIT関係なども学ぶ。他の3科目との決定的な違いは、BECだけSIMULATION問題(4択ではない、記述なども含まれる総合問題)が無いこと。いずれSIMULATIONも導入される、との噂もあり、今のうちに合格しておこう、という駆け込み人気が高い科目。一方で、毎度問題の傾向が変わるので準備しづらいという意見も多い。受験者の試験後の感想に「簡単だ」という人と「難しい」という人の混在が顕著な謎めいた部分もある。

(ひとくちメモ)
管理会計と財務管理は、仕事・キャリアに直結させやすい内容です。(← やっと「ひとくち」になった!)


明日は、「どの順番で勉強する?」について書きたいと思います。


【今日の反省】
「ひとくちメモ」のほとんどがひとくちではなかったこと。
[PR]
by nn_77 | 2006-09-23 11:00 | USCPA (general)

CPA試験ロード

このCPA試験勉強を通じて、本当にいろいろな方々とお知り合いになり、切磋琢磨できました。みなさん、本当に、ひとりひとりが、異なるバックグラウンド、目的、夢をもって頑張っています。そんな素晴らしい方々なのに、この試験勉強をしていなかったら(あと、ブログをしてなかったら)知り合えなかったんだろうな、と思うと、本当に不思議な気持ちになります。

今、自分が試験に合格して、一番自分の財産だと心の底から思えることは、結果として手にした合格の事実よりも、ここに至るまで、皆さんと刺激しあい、自分と戦ってきたプロセスです。

多分、普通に勉強して普通に合格するだけの試験なら、履歴書の一行に過ぎなかったでしょう。

でも、自分の人生を振り返ったとき、あるいは、今後またいつか苦境に陥って、自分が心のよりどころを求めるとき、きっとそれは手元の合格通知ではなく、皆さんと共に自分自身と戦ってきた日々の記憶と経験だと思います。

もちろん、そんな過去の日々が、今、それほど充実したものに感じられるのは、「合格しなきゃ」と、必死にやってきたからだと思います。「合格」という結果を究極の目標に頑張ったからこそ、今、受験勉強の日々を振り返って、「あの頃は充実してたな」と思えるんだと思います。

でも、そうやって、今、ゴールした私が得た一番高価な賞品は、「(皆さんと共に)頑張った日々そのもの」でした。

3年間走ってきて、自分が、日常の仕事、あるいは過去の学生生活などで学びそこねた貴重な経験や、見落としていた自分の弱点の発見・克服など、受験勉強を通じて、沢山の副産物を手に入れました。いえ、むしろこれらが、本当に得られた貴重なものであり、今となってはCPA合格の事実の方が副産物のようにも思えます。

きっと、私が想像もできないくらい、いろいろなバックグラウンド、フィールドの方が、本当に多様な価値観と目的をもってチャレンジされていることと思います。だから、CPA試験とは何ぞやは、きっと一人ひとり異なるものだと思います。

だから、私は、ただ、今、CPA試験にチャレンジされている皆さんが、それぞれの考え方、やり方で、是非、合格を勝ち取られますよう、心より願っています。

受験勉強中のいろいろな経験や想いが、将来受け取る合格通知の(自分にとっての)Fair valueを何倍にもしてくれると思います。

応援しています!!

そして僕も引き続き、皆さんに、そして誰よりも、CPA受験勉強中の頃の自分自身に負けないように、また走っていきたいと思います。 一緒に、頑張りましょう!
[PR]
by nn_77 | 2006-09-22 00:42 | USCPA (general)


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧