nn的BLOG

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

カテゴリ:USCPA (general)( 314 )

久しぶりのUSCPA質問回答コーナー(を邪魔する娘)

久しぶりにUSCPAの質問回答コーナーです。yuwaさんからREGの質問を頂きました。
ご質問が4点にわたっていますね。

1.減価償却-簡便法/Mid-quater convention

2.Gift/Estate tax(贈与・相続税)/
   Income tax for Estate&Trust(信託と遺産の所得税)

3.TrustのDistributable Net Income

4.Tax benefit rule


こうして今もUSCPAの質問コメントを投げていただけるのはありがたいことです。
私にもいい復習の機会になりますからね。

nnが試験合格後、2年、3年たってもこうしてUSCPA関連記事やQ&Aセッションをブログで続けているので、「よく覚えてるなー」と思う人も多いかもしれません。

しかし、実際は、ほとんどの場合、「ああ~、なんかそんな論点あったな~。あれ、どんなんやったっけ?」と過去のノートや参考書を見直しています。数字が古かったり、制度が変わったりしている子もあるので、インターネットで確認したりもしています。(今回も2008年度のStandard Deductionの数字を確認したり、ね。)

とはいえ、最近、こうした記事を書くペースが以前に比べて格段におちているのは、

1.以前よりも格段に仕事が忙しくなっている、
2.中国語の勉強を(だらだら)している、
3.家での時間の大半を1歳の娘に充てている

・・・せいでございます。 特に「3」は最近顕著です。


今回もyuwaさんから頂いた質問について、「おー、こんな話し合ったな~。どうやったっけ?」と、机に向って、いまは亡きAnjoインターナショナルの参考書を開いて復習するところから始めたわけですが、途中で娘が「わーわー」言い出すので、膝に乗せるわけです(奥さんはキッチンで食事の支度中)。

すると、案の定、



























a0050593_17593440.jpg


うぉ~、ページがむちゃくちゃになるぅ~!!!

こんな娘と格闘しながら、参考書を読みなおし、インターネットで情報収集をした上で、yuwaさんへの回答原稿をノートPCに向かってパチパチとタイプ。

その間は、娘を床に置いて、ひとりで遊ばせています。ノートPCするのに膝に載せていると、新しいおもちゃをみつけたように、目の色を変えてキーボードたたきまくりますからね。

さて、30分程度で回答原稿を書き上げて(後ほど本ブログで公開します)、

「ふぅ~。終わった。 あれ、静かに遊んでいるな。どれどれ・・・」 と、

椅子をくるりと後ろに回転させて振り返ると、































a0050593_1833128.jpg


ぐっちゃぐちゃに書棚の本をばらまかれていました(涙)

腕白ですね~。ま、元気だからよしとします(笑) そのまま、元気に育ってね!

さて、yuwaさんからのご質問4点については、あす以降の記事で、1つずつ、掲載していきます。
その方があとからタグでも検索しやすいですしね。 

それでは、また。 I'll be back soon.
[PR]
by nn_77 | 2009-04-12 18:06 | USCPA (general)

営業で

はじめてのお客様を訪問し、プレゼンを始めて3分で「nnさんは、関西の方ですか?」とのこと。
あっさり見破られました。 丁寧語では関西弁は出にくい/出ないはずなのに、、、秒殺でした。

なんて話を会社に戻ってまわりにすると、私の言葉はあきらかに大阪弁だそうです。

こうしてブログに書いてるような丁寧語口調なのですが。。。イントネーションでしょうか?

ま、でも。それならそれでいいです。After all, I'm proud of my accent of 大阪弁. No problem!


あと、お客様のもとを訪れてよく話題になるのが、名刺に刷っているUSCPAの文字。

お客様にもUSCPAの方がいたり、「公認会計士」の文字で「おぉ」と言われたり。

話題作りに役立っています。今の仕事が会計や税務や監査のトピックにも絡む仕事なので、その意味でも役立ちます。取得に100万円ちかくかかりましたが、十分もとはとれてます。

あきらめずに勉強を続けて良かったと、本当に思います。
[PR]
by nn_77 | 2008-12-06 01:54 | USCPA (general)

祝、最終合格! Red_treeさん!

またまた最終合格のご連絡をいただきました。
このブログにも何度もコメントを寄せていただいたRed_treeさんが、REG・AUD・FARを一気にノックアウトしての最終合格!
Congratulatioooooooooooooooooooooons!!!

Red_treeさんとはこちらのブログで何度もやりとりをさせていただいたので、自分も一緒に合格したような気分になりました。

USCPAブロガーの皆様から続々と吉報を頂き、日々励まされます。

この頃何かと仕事で凹むこともある日々を過ごしていますが、私も負けないように頑張らなくては!
[PR]
by nn_77 | 2008-11-27 06:32 | USCPA (general)

祝、最終合格! ulala5151さん!

今日、ulala5151さんのblogを拝見したら、最終合格のお知らせが!

おめでとうございます!!!

いやー、嬉しいです。数年前、同じ時期に blogを始めたulalaさんのサイトを見つけたのは、まだ当時情報量の少なかったこの試験についてホームページをサーチしながら、自分自身、ブログを始めてみようと思ったそんな時期でした。いわば同級生の気分です。

同朋の最終合格、心より嬉しく思います。お祝いメッセージを打つ手が震えていました(笑)

いつも皆さんの努力には励まされますが、いつまでも周囲の方々のファイトの傍観者にならないように、私自身、頑張らなくては!
[PR]
by nn_77 | 2008-11-25 20:12 | USCPA (general)

【Q&A (中途半端。。。)】 DE州 CPA合格後申請手続きの件


1. 最新版の申請書の9に、「Ethics Examの結果をBoard officeへ送るようAICPAにリクエストして」とあるのですが、こちらの手順についてご存知でしょうか?

2.申請書13に、「Dates Attended」「Degree」とありますが、こちらは単位取得日、取得単位数という理解で問題ないでしょうか?

3.どうも最新版の申請書からSocial Security NumberのExemptionなるものが必要になったようです。このExemptionの3に、「私は○○として、Delaware Licenseを申請します」とあるのですが、この○○になんと書けば良いかもしおわかりになれば、教えていただけないでしょうか?



oshimaxさん、こんばんわ。返事が遅くなり大変申し訳ございませんでした。。。

どうすべきかという正解はわからないにしても、自分のときはどうだったのか、をせめて紹介できれば・・・と思って申込書をみたのですが、oshimaxさんの申請書の番号(9,13)が私が見ているものとずれています。 私が見る先がまちがっているのでしょうか?

2006年以降に申し込んで合格した人は下記フォームで、
http://www.dpr.delaware.gov/boards/accountancy/documents/Accountancy_CPA_Certificate_and_Permit_to_Practice.pdf

私のように2005年以前に申し込んで合格した人は下記フォームかとお思うのですが、
http://www.dpr.delaware.gov/boards/accountancy/documents/Accountancy_CPA_Permit_to_Practice.pdf

項目番号からすると、oshimaxさんとは異なる用紙を私がみているのでしょうか?

oshimaxさんはいつ受験申し込みをされたのでしょう?


上記のズレが解決しないとミスリードになるかもしれませんが、とりあえず、下記見てみましょう。。。


1. 最新版の申請書の9に、「Ethics Examの結果をBoard officeへ送るようAICPAにリクエストして」とあるのですが、こちらの手順についてご存知でしょうか?

私の頃は、何にもしませんでした。Ethicsの結果は自動的にBoard Officeに送られるということだったので。事実、そうなりました。(ただ、掲示板で、何人かの方が、ここがスムーズにいかず、時間がかかった、というお話をされていたのを読んだ記憶があります。)


2.申請書13に、「Dates Attended」「Degree」とありますが、こちらは単位取得日、取得単位数という理解で問題ないでしょうか?


私の時の申請書で「Dates Attended」や「Degree」を書いたのは学歴、つまり、日本の大学の学歴と、DE州で受験申込するにあたり必要な会計・監査の単位をANJJO経由でとったモンタナ州立大学の単位取得履歴です。下記のように書きました。
a0050593_239578.jpg



3.どうも最新版の申請書からSocial Security NumberのExemptionなるものが必要になったようです。このExemptionの3に、「私は○○として、Delaware Licenseを申請します」とあるのですが、この○○になんと書けば良いかもしおわかりになれば、教えていただけないでしょうか?


私が合格してから、アメリカの規制が厳しくなっていろいろな州で手続きにSSNが要るような話を聞いたことがあったのですが、こうしたexemption formがちゃんとあるんですね~。知りませんでした。 やっぱり、Certified Public Accountantとか書くのでしょうね。州のBoardはいろいろな資格の承認をやっているので、「どの資格」というのが特定できればいいような気がしますが。でも、これもまた公証をもらう書類なんですね。。。



なんだか、パッとしない回答ばかりでごめんなさい。申し訳ありません。

このblogをご覧になられている方で、最近の手続きをご存じの方がいらっしゃたら教えてください。宜しくお願い致します。m(_ _)m
[PR]
by nn_77 | 2008-11-07 23:24 | USCPA (general)

取り急ぎ・・・

バタバタが続きなかなかブログ触れず、ごめんなさい。。。

取り急ぎ
http://nn77.exblog.jp/tags/Certificate/
[PR]
by nn_77 | 2008-11-06 06:05 | USCPA (general)

【Q&A】 Written Communicationの練習法

-------Question from Yuwaさん-----------------------------------------------
Hello, nn.
One of the things annoying me recently is "written communication" practice. When I checked your blog, I reached this article written last year.
Could you let me know more details how you use CPA net forum and how you practiced for written communication either using the forum or other method? I've looked at AICPA release questions in the past.
I tried to write answers by myself, but I was just freezed.
I guess my knowledge is not enough to work on that... but want to overcome this situation.
-----------------------------------------


Hi, yuwa, Thank you very much for you contribution to this blog.
It seems WC is a big headache for you as it was for me. I hope my article below would be some help for you.


I tried to write answers by myself, but I was just freezed.


この症状を改善するために、どうするか、ですよね。
掲示板などでWCに悩む人たちのスレッドをみていて思うのは、いろいろな要因でWCに悩んでる人がいるのだな、ということです。 大切なことは、自分の場合、何が原因なのか?を見つけること。複数の原因がある場合にも優先順位をつけて、かならずそれらの原因を特定し、撲滅していくこと。日々の勉強・練習がその為のものになっていなければ、「勉強しているのに改善しない・成果につながらない」症候群になると思います。

僭越ながら、yuwaさんの英語を拝見する限り、英語が問題だとは思いませんので、今回は英語には言及しません。

ではなぜfreezeするか?たぶん、下記のうちのどちらかです。


ケース1:知識不足。問題を見て「論点」や「ポイント」が浮かばない、思い出せない。

 引っかけ問題とかもないことはありませんが、普通、WCの問題の場合、「Situation」を一通り読んで、「WC」の問題をみると、何の話題なのかは解ります。「あ、これ、Bondのamortizationだな」とか、「うわ~pentionのあれやんか。出んといてほしかったなー」とか。
これは、もう、WC特有の問題ではなく、MCと同じで、「どれだけちゃんと勉強するか」の世界です。この部分をさらに掘り下げるとまた長くなるので書きません。
 
 でも、ひとつ要確認なのは「MCはだいたいできるのに、WCが苦手で・・・」という方がこのケース1の場合に当てはまっていることがあります。つまり、この場合、MCはだいたいできている、というのが幻想で、MCがたまたまできているだけなのです。MCがたまたまできるくらいの知識だと、WCはしんどいです。四択問題ではなく、四択の正答にあたる部分をきちんと英語で説明しないといけないのですから。

 自分がWCができない理由がWC固有ではなく、そもそもそのトピックに疎いことが理由となっている場合は、MC対策同様、まずはそのトピックをしっかり押さえること、ということになります。


ケース2: 書くことに慣れていないので書き方がわからない

 こちらがWC特有の問題です。三択の女王 竹下景子(クイズダービー)ならぬ四択の女王レベルまでMCを持ってきたのに、ちゃんとトピックスは頭に入っているのに、いざ、実際にWCの問題となったら、「う、書けない。どう書く? あぁ、時間が過ぎていく。。。」という方もいるでしょう。私も最初のほうはそんな感じでした。

・・・でも、すぐに慣れました。

 WCで求められている程度の記述をするノウハウのバックグラウンドがあったといえば、あったのかもしれません(英語はいうまでもありません)。

 ひとつは文章を組み立てるコツ。以前、"Written Communication"という記事を書いたときに、下記のような文章構成について触れたことがあります。

1.現状説明 (Problem)
2.発生する問題 (Harm)
3.問題の原因 (Cause)
4.対策案 (Plan)
5.「対策案」が「問題の原因」を除去することの説明 (Solvency: problem-solving capability)
6.結論(=「対策案」は正しい)(Conclusion)

このブログのほかの記事で触れたかもしれませんが、上記は、私が大学時代にESSのディスカッションセクションで学んだ文章校正のいわば方程式です。y= f(x)みたいな。

なにか、ものを書く事態に直面したとき、だいたい、上の1~6のうち、いくつかは最初から見えてたり、決まってたりするんです。で、かけている部分をみつけたり、埋めていったりすれば、論理的な文章がつくれたり、グループディスカッションで合意形成ができたり、みんなで考えていたことの答えが見えてきたりします。

上記に当てはめて考えるのが習慣なので、私のこのブログの記事も、多くの場面で上記構成が使われていると思います。メタ的になりますが、この記事自体もそうなってませんか?

学生時代に学んだ上記思考方法ですが、サラリーマンになった今も活用しています。お客様の抱える問題点へのアドバイス、会社の各部からの照会事項への回答、上司を説得するときの文章・・・など、です。仕事、それもサラリーマンをしていれば、こうしたやりとりは日常的にあると思いますが、そういうときに意識的に文章を書いていると、WCの文章は英語であることを除けば、いたって日常的な文章です。もちろん、私の仕事は会計でも監査でも税務でもないので、WCの解答例のような文章をそのまま書くことはありませんが、本質は同じ:つまり、誰かが困っていて、それに回答したり、誰かを説得したくて、理由をつけてそれを書いたり、ということです。

知識のないうち(ケース1)は、文章の型・関数をもっていても、変数の部分を埋める知識がないので苦労しましたが、そのうちに、ある程度の文章が書けるようになったと思います。

WCの文章も、本当に同じようなものだと思います。私は、AUDを受験したとき、WCで問われたことがそのときの私の知識でカバーできないところだったので、リサーチ機能でいろいろSASを調べて、「お、こんなルールがあったのか」とその場で見つけて、それを盛り込んだWCを書いたりしました。(今でもあっていたのかどうかわかりませんが:汗)
普段、仕事をしていて、ネットで調べたこと、専門書で調べたこと、会社の過去のレポートで調べたことなどを盛り込んで文章を書くのと同じことです。

こうしたことに慣れていれば、あとは、USCPA試験のこの種のことに慣れればいいのです。

どうするか?

これまたこのブログでも何度か書きましたが、自分で自分にお題を出すのです。通勤の帰り道なんかによくやりました。「FOFOとLIFOだと、どっちのほうがどんなとき得なんだ?なぜ?自分の会社が・・・・な時、どっちをつかう?」みたいな。その答えをまた自分で答えるんです。「在庫がふくれてて、物価上昇局面だと・・・」、みたいに。ひとりで落語みたいにして、飲んだ帰りに自転車に乗りながら、英語でこれをやって。。。 よく前を歩く女性の人に避けられました。変質者状態ですものね(笑)

もちろん、自分で問いながら、自分で答えを出せないこともたくさんあります。そんな時は、家に着いてからテキストやネットでしらべたり、いろいろ追及して答えを導いていくわけですね。そうやって考えることで、トピックスの理解も深まるし、人への説明も説得力がでてくる。自分自身が苦しんで得た理解だから。 そして、WCも書けるようになる、というわけです。

ほんと、そんなやりかたです。僕の勉強はいつも。

how did I use CPA net? I used it for the same purpose in the same way!

自分で自分に問題を出していると、どうしても片寄ってしまいます。
テキストの過去問だと、回答をみていい例文を覚えるのにはつかえますが、自分の解答がいいのか悪いのかよくわかりません。

そこで、CPA netに参戦して、そこに飛び交う玉石混合の質問にチャレンジしていくわけです。
独りよがりの文章だと相手に通じず、誤解を招きます。「あ~、そういう意味じゃないのに~」と思いながら、また次のコメントを入れていくんですね。

そうやってCPA netを使っていきました。
ちなみに、CPA netに載っているほかの人の解答は、たとえそれがネイティブの英語でも、あまり参考にはしませんでした。とにかく、自分が書いたことで相手をどれだけ説得できるかがカギです。自分の記述内容を洗練するための表現や知識はあくまでもテキストから盗りました。

ざぁーーー、っと書いてしまいました。
文章の構成とは・・・なんて途中でエラそうなことを書きながら、最後はダラダラ~、と終わってしまうのもnn式ですね。ここはまねしないで、どうか、WC向上にむけて、頑張ってくださいね!

応援しています!!  Thanks for reading my blog. See you again!
[PR]
by nn_77 | 2008-10-13 22:25 | USCPA (general)

祝、合格

今期はCPA受験ブロガーの合格ラッシュではないだろうか。Justdoitbabyさんは最終合格を果たし、mioママさんコモモさんulala5151さんもFARを打ち取り、次のステップへと進まれた!先日コメントを頂いたむーすけさんもやはりFARに合格されたとのこと。みなさん、本当におめでとうございます!!!
合格情報にふれると本当に胸が熱くなります。そこに至るまでの道のりがいかに大変かというのが、自分自身経験してきたのでよく分かるからかもしれません。

次へ次へと進んでいく皆さんを見ていると、本当に自分も頑張らなくては、と、あらためて思い知らされます。先ずは、仕事に偏重した生活リズムを軌道修正するところから始めなければ!!!

人間いつからでも変われるはず。やり直せるはず。スタートを切るのも切らないのも、全ては自分の心次第だと思う。
[PR]
by nn_77 | 2008-09-23 23:10 | USCPA (general)

東京と大阪でCPA定例会が開催されます

今月、東京と大阪でCPA定例会が開催されます。
CPAに挑戦している方、これから挑戦する方、CPAホルダーの方そんなCPAに関係する皆さんの「交流の場」を目的にしています。決して、お堅い集まりではありません。飲み会(食事会)感覚で、お気軽にご参加下さい。
ちなみに、私が参加した時の様子についてはコチラの記事一覧をご参照ください。
今回のCPA定例会の開催概要は東京、大阪、それぞれ下記のとおりです。奮ってご参加ください!

=東 京=
開催日: 2008年9月13日(土) 午後5時~
場所:  都営三田線 春日駅近く
参加費: 5,000円

【申し込み】
★★★定員になり、締め切りました!★★★

今回の主幹事は、この会の立ち上げメンバーの一人で
あるMollyさんです 。

=大 阪=
開催日時 2008年9月20日(土)18時から
場所   JR大阪駅 or 梅田駅 付近
参加費  5000円

【申し込み】
★★★定員になり、締め切りました!★★★

詳細はコモモさんのブログへ


[PR]
by nn_77 | 2008-09-09 07:58 | USCPA (general)

☆ USCPA試験の勉強法 (昨日の記事の補足) ☆

昨日はあのように書きましたが、もちろん、問題集をやりまくることも非常に大切です。
特に、試験環境のようにして、30問をワンセットで、本番のタイムマネジメントを意識しながら、試験とおなじ時間的制約で、効率よく問題を解いていく「技術」を積み重ねる必要もあると思います。こっちのほうは、結構軽視されがちですが、とても重要だと思います。だから、このブログでも何度もふれてきました。CPA試験も、TOEIC同様に、それなりに受験本番の作業のコツ、があると思います。

確かに、昨日申し上げたような勉強を通じて「理解」をすることは大切です。これは大前提です。
でも、「おれ、これだけ理解しているのに、合格できない」、「これ以上、何を勉強したらいいのか」といった状態に陥っている場合は、本質は十分に理解しているのに、問題を解く「作業」のスキルがまだ合格に達していないのかもしれません。

逆に、「模試で9割いつもとれるのに」「過去問やって全然まちがえないのに」合格しない、となると、今度は、「作業効率」がいいのに、前提となる「理解」が浅いのではないかと思います。

結局バランス、ということになってしまうのかもしれませんが、自分の状態をできるだけ客観的にみつめて、自分の弱点を見つけることがとても重要だと思います。

これは仕事もおなじですね。私も、自分を見失うことがあるので、冷静に自分を見つめなおせるようにならなくては!
[PR]
by nn_77 | 2008-09-08 22:48 | USCPA (general)


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧