nn的BLOG

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
CPA試験: 無料の模試..
from USCPA試験を独学で勉強中
内藤大助vs亀田興毅
from 新聞を読んでもわからない人の..
亀田興毅 今
from 今、知りたいニュース集めました
[ blog ] 青年b..
from chow-chow diar..
Special thanks
from The Red Tree
一人で見る夢は、それは夢..
from 名言ブログ
配当金 源泉 法人情報
from 株ネット
Counteroffer
from The Red Tree
REG-simulation
from The Red Tree
Cash Method ..
from The Red Tree
Bond発行と購入の違い
from The Red Tree
公会計-期中の仕訳
from The Red Tree
チッコイ手帳
from 5_18-webで外国語
沖縄 就職 天国!
from 沖縄 就職 天国!
税効果/税効果
from なるほどキーワード
第9回CPA定例会のお知らせ
from 「元」CPA受験勉強・現上海..
ポストイット/ポストイット
from なるほどキーワード
検索

CPA試験 合格の目安?

CPA試験でよく話に上がるのが、スコアが前回より上がった/下がった、ということや、今回は手応えがあった、とか、手応えがあったのにfailだった、とかいう話です。問題集を解いていて90%以上解けているのに、本番で60代のスコアが出てしまう、、、といった話も耳にします。このギャップはどこからくるのでしょうか?

まず、「手応え」とは何でしょう?恐らく、本試験で出た問題が、自分が見たことのある、解き慣れている問題のシェアが高い場合、「手応えあり」という感想になるのだと思います。

ところが、
自分が見たことのあ問題がたくさん出た=良いスコア
とは限りません。

下記で採点方法のことが書かれています。
http://www.cpa-exam.org/cpa/computer_faqs_3.html
この中で、The passing score is 75 on a 0-99 scale. The scale of 0-99 does not represent "percent correct." と書かれています。
A score of 75 indicates examination performance reflecting a level of knowledge and skills that is sufficient for the protection of the public.
ということですから、問題集でMC30問中23問正解することと(正答率76%)、本試験で75点を取ることとはかなり差があるように思います。「sufficient for the protection of the public」が75点になるようになっているということですから、75点を獲得する為に必要な「正答率」というのはかなり高いような気がします。

また、受験者にとっては、どうしても、「正答率」の感覚が手応えになるのですが、この正答率を正確に見積もることはとても難しいように思います。CPA試験の中には、採点されないダミーの問題もあると聞いたことがあります。だとすると、めっちゃできた問題の中に採点されないダミー問題がいくつかあって、わからないから飛ばした何問かの問題の中にダミー問題が全くなかったら、それだけで「正答率」すら変わってきます。

さらには、MCは4拓問題ですから、とにかくa~dのいずれかを選択して、回答欄を埋めることが出来るので、本当はできていなくても、なんとなくできた気にもなります。計算問題ではなく、セオリーを問うような問題だとその傾向が強いかもしれません。

よく、正答率が高いと、テストレットが進むにつれて難易度があがる、といいます。これはどうも本当らしいのですが、しかし、受験生が本試験を受験していて「お、難易度があがった」と正確に体感できるケースは少ないのではないかと思います。テストレットが進むにつれて上がる「難易度」は、テスト運営者側が客観的基準に基づいて問題の難易度を割り振っているのだと思いますが、実際に本番の試験会場で受験者が感じる「難易度」は、それよりももっと遥かに主観的なものです。BONDが苦手な人にとっては難易度が高い問題も、BONDが得意な人にとっては難易度が低~中なわけです。「オレ、確かに難易度があがっていった」と思っても、単に、自分が不得意な分野のMCが多かっただけかもしれませんものね。


私の本試験での「正答率」の「手応え」は90%くらいだったと思います。1つのテストレットの中で、見たこともない問題は1~2問くらいで、あとは全部解けた「つもり」でした。見たこともない1~2問も、その場で考えて、自分なりの答を創りだして、それにもとづいてa~dの間で答を選びました。「ど・れ・に・し・よ・う・か・な」でa~dを決めた問題はありません。(例外的にBECだけは、1つのテストレットに3問くらい「わからない」問題がありました:涙)

その結果がこれです。

AUD: 79(Aug.1 '06)
BEC: 79(Aug.2 '06)
FAR: 89(Aug.3 '06)
REG: 85(Aug.4 '06)

合格者の中には、90代を取る人も居ることや、私なりに、上記の「正答率」の「手応え」であったことを考えると、「思ったよりも低い」数字であったことになります。しかし、本稿の冒頭でみてきたことを考えると、このんなものかな、とも思います。
[PR]
by nn_77 | 2007-09-27 09:19 | USCPA (general)
<< 質問回答コーナー: Accum... blog... >>


USCPA受験記録
カテゴリ
タグ
(74)
(18)
(16)
(14)
(12)
(11)
(9)
(9)
(9)
(9)
(7)
(7)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧